2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スクール見学会 | トップページ | ”体育の日”に想う »

授業の盛り上がりが違う!!

ヘンなところで授業で盛り上がることがあります。
今日はまさにその盛り上がりのある日でした。

肩こりの症例を話していて、胸郭出口症候群の話になりました。
整体を勉強している人は分かると思うけど、ようするに首から胸に向かう血管や神経が肩の周りでナニモノカに圧迫されて、血行が悪くなることによって手のしびれなどが起こることです。
書いているとなんだかモノモノしいのですが・・
これ、検査ですぐに分かります。

今日もいくつか整形外科的な検査をやっていて、ライトテストというのをやったんですね。
撓骨の手首(手首の親指側)で脈を取って、そのまま手を横から頭の横に上げていきます。
肘を伸ばしたまま手を上げていくと、脈がなくなる人がいるんですね。
この場合、胸の筋肉(小胸筋)か肩にある突起(烏口突起)によって、脇の下の動脈が圧迫されていることを示しています。

で、

イマシタ・・

脈がほとんどなくなる人が・・

こういうとき、何故か授業は盛り上がります。
テストをしていても、格好だけやってみたりするのと、実際に脈がなくなるのとでは、全く違います。
人間の身体の不思議を目の当たりにして、なんとなくウレシクなってしまいます。
(もちろん不謹慎な心ではないですよ。)

脈がなくなった方は、手にしびれなどはなく、拳法をやっていて肩がこりやすい方でした。
こういう方は胸筋関係・大小円筋などを緩めていくことになります。
ちなみに今日はPNFで少し緩めてもらいました。

整体師は健康が一番ですが、授業の時は少しくらい症状があっても・・・いいな・・・と、思います。

« スクール見学会 | トップページ | ”体育の日”に想う »

整体師の日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/6324150

この記事へのトラックバック一覧です: 授業の盛り上がりが違う!!:

« スクール見学会 | トップページ | ”体育の日”に想う »