2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 整体師開業講座 | トップページ | かたこり整体院 »

むかしむかし

昨日、自転車で家に帰りながら昔のことを何故か思い出していた。
最近の人(この言い方もどうかと思うが)には、全く信じられない話なんだろうな~と思ったのでここに書いてみたいと思う。


僕が子供のころ(1960年代くらいまで)は一家に一台テレビはありませんでした。
で、電話もなかったんですね。
地方だったからかも知れませんが、隣の家の電話を借りたり隣に自分ちの電話が掛かってきたりしていました。
そういえば新幹線がない時代というのも知っています。


大学生のころ(1970年代後半)はあのディスコ全盛時代でしたが、街の飲み屋に行くと軍歌を歌っているおっちゃんが居た記憶があります。
新宿で一度だけ”流し”の方を見たこともあります。


そういえばカラオケというのも、その大学時代くらいから出てきた記憶があります。
僕の大学時代は生演奏というのが全盛で、ギターやピアノを弾く人が飲み屋に雇われていて、歌いたい曲を決めると本を見ながら歌ったものでした。
その後、8トラック・カセットテープ・レイザーディスクと変って、今のような通信カラオケになったと思います。


社会人になった頃(1980年代前半)は、パソコンがほとんどありませんでした。
98シリーズが1980年代に入って発売されたんだと思いますが、84年頃に本社異動した時は、パソコンは1台しかなくホストコンピューターを管理するでかい部屋がありました。
90年代に入ってパソコン通信というのが流行った時代があって、今のメールのようなものだと思いますが、少しずつ個人がパソコンを持つようになっていきました。
この頃、パソコンを持っている人は、今でいうとオタクという感じがしていましたね。


同じころ自動車電話というのがありました。
今の携帯ですが、会社のえらい人が乗る自動車に設置されていた移動電話のことです。
その後、PHSが出て携帯が出て、今のように電話は機能の一部というようになったのは、ここ数年のような気がします。


それにしても、つい20年くらい前と、これほど隔世の感を感じる時代というのも珍しいんでしょうね。
本当に便利になったのか、実は不便になったのか、よくよく考えると分からなくなってきますね。


注:流し=飲み屋等でお金を払うと、その場でギターを引きながら歌を歌ってくれる方のこと。
    飲み屋を行ったり来たりしながらお金を稼いでいました。

« 整体師開業講座 | トップページ | かたこり整体院 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/8892596

この記事へのトラックバック一覧です: むかしむかし:

« 整体師開業講座 | トップページ | かたこり整体院 »