2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« みしん | トップページ | ダンス関係の方々へ告知です。 »

おさいほう

Img00286_1患者さんからお花を頂いた。


と、言っても内弟子2号が・・だ。
昨日、舞台があって頂いた花のお裾分けとのことだった。


ダンサーの方である。


美しい花だったので活けようと思ったら、花器がなかった。
小さな花器はいくつかあるが、少し大きめのものがなかったので、近くで購入し入口に活けてみた。


やはり良い・・・


花の名前は知らない。
よく花屋さんや花束になっているのを見る花だ。
ピンクで綺麗。
自分では絶対に買わないなと思いつつ、花というよりは玄関に合うような花器を買っていた。


で、お裁縫の話だ。
昨日の続きです。


実は母親が長く洋裁学校の先生をやっていた。
実家に居たころは他人様の洋服を縫っていたのを良く覚えている。
今でも自分の着るものはほとんど自分で作っている。(らしい)
門前の小僧は何でも覚えるもので、洋服の作り方もナントナク手順だけは分かっていた。


一度、オクサンにノースリーブのワンピースを作ったことがある。
もう10年近く前だったと思う。
暇だったのか金が無かったのか、某キンカ堂で生地とパターン(型紙)を買ってきてその通りの順番で作った。
ジッパー(ファスナーと言うの?)をつけるところと、裏地をつけるところが難しく、鍵ホックの縫い方が素人っぽかったのを覚えているが、しかし、ナカナカのもんだったと自分では思っている。
そのあたりからダンスで舞台に出るときは衣装を自分で作ることが多くなった。
昨年もスカートを作った。
ワンピースも何度か作った記憶がある。


整体師は何でも出来なきゃいかん、と言って授業中に餃子を焼き始めた師匠がいた。
某大手整体学校の先生で柔道整復師の方だ。
かなり太い指でかなり器用に餃子の皮をたたんでいたのを覚えている。
そして、かなり旨かったのも忘れられない。


外科医や整体師は手先は不器用よりも起用な方がね・・・

どうでしょう?

« みしん | トップページ | ダンス関係の方々へ告知です。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

デンファレですかね。
奥の白いのは画像が小さくてよく分からない…

どうもそうらしい・・・
名前までは分からんけどね。
玄関にはやっぱり、生物(なまものではなくいきもの)ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/12133436

この記事へのトラックバック一覧です: おさいほう:

« みしん | トップページ | ダンス関係の方々へ告知です。 »