2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

お知らせ

4月1~4日の間お休みを頂きます。


メールやお問合せに対する返信は難しいと思います。
申し訳ありませんが宜しくお願いいたします。
1日はセミナーで2~4日は旅行に行って来ます。
セミナーは前橋で、旅行は何故かムニャムニャ・・・


え~っと
ムニャムニャで見かけても、声は掛けないで下さい。
ムニャムニャ


ところで、3月は内弟子経験者が2人開業しました。
けっこう飛ばしているみたいなので、どんなだかご興味のある方は行ってみて下さい。


ここから整体院(名古屋・金山) >>>
 女性のための女性による整体院
 ストレッチとダンスはおまかせです。
 名古屋の皆さんこんにちは

いやしろ整体院(湘南山手) >>>
 ヨガ・ストレッチ教室も主宰してます。
 湘南山手の静かな住宅街にあります。
 駅まで送迎いたします。

儲かる整体師 ③

整体師として儲かるためには・・・


先ずは技術的な問題として、『鑑別』し『施術方針を立て』『施術できる』必要がありましたね。
ポイントは『鑑別』『施術方針』でした。
次に必要なのは。
患者さんを集めることです。
これを、整体の技術的な問題とは別に考えてやります。
方法は簡単です、あなたの整体院とあなたを知らない人にあなたの整体院とあなたを知ってもらうことです。
選んだ媒体毎に、目的を持って内容を作ることです。


さて患者さんを増やします。
答えの一つは出ています。と書きました。
患者さんを増やす方法は2つしかありません。
新患を増やすことと、来院された患者さんにリピーターになってもらうことです。
(リピーターとは2回以上来院されている患者さんのことです。)
つまり患者さんを集めることで、最初の方法はクリア出来たということになります。


次は来た患者さんにリピートしてもらうということです。
ここで最初と同じ間違いをする人がいます。
「技術がしっかりしていれば。」「症状が痛みが取れれば。」患者さんは、”自然に”次の予約を入れる。


幻想です。
そんなことはありません。
患者さんが欲しているのは、症状の軽減はもちろんですが、ナンデ痛クナルノ?であり、コレカラドウナッテイクノ?なんです。と書きました。
だから鑑別(触診・望診等)して方針立てて・・・ということになる。と書きました。
施術をして何もしなければ、患者さんは『これで良かったのか・・・』と思ってお金を払ってお帰りになられます。
ちょっと首をかしげながら、次に来なくて良いのかな~、自分はどうすれば良いんだろう~と思いながら帰ります。


では、どうすれば良いか。
整体師が決めることになります。
施術の方針を決めるのは整体師だと書きました。
だから、現状がどうなっていて今日はこんなことをした、だから「今後はこういう施術をすれば。」「こんな風になっていく。」ということを整体師が決め、患者さんに話しをします。


もちろん、だから来院するかどうかは患者さんが決めることです。
でも、現状を診た整体師として、自分の鑑別結果と施術内容を説明し、”自分が”やるなら次は何日位に来てどれくらいの期間通う必要があるかを提案することになります。
その提案が無いと患者さんは、来るか来ないかの判断材料がないため、首を捻りながらお帰りになることになってしまいます。


簡単なことです。
自分でやったことを話して、今後の方針を話すだけです。
で、次の予約を提案します。
予約を提案する・聞くというのは、営業的で整体という治療行為と相容れないという人が、たまにいらっしゃいます。
でもね、それは勘違いか自信のなさの表れです。
整体師は身体のプロです。
患者さんよりも患者さんの身体の状態を知っています。(というかそうあるべきです。)
ならば、今後どうすべきというのは整体師に与えられた義務のようなものだと思います。
整体師は沢山いますから、沢山の整体師の中からあなたを選ぶかどうかは、患者さんが決めることです。
でも、施術の方針はあなたが決めることですね。

だから、リピーターを増やすのは、『施術方針を提案して、患者さんに聞く。』ということになります。
簡単ですね。


※てあて整体スクール >>>

おめでとう!

てあて整体スクールの認定者が出ました。


Yさん
おめでとうございます。
よくがんばりました。


合格には1ヶ月位かかりましたが、今日の手はOKでした。
こういう場合本人には分かりませんが、受ける印象が激変するタイミングがあります。
この方の場合、最初からほとんど大丈夫でしたが、手が変わる瞬間を待っていました。
だから、今日は受けた瞬間に合格が分かりました。


おめでとうございます。
あとは、いかに緊張を解くか・・・
そのポイントがクリア出来ればデビューも近いですよ。

てあて整体スクール >>>

Img00015_2

儲かる整体師!?②

整体師として儲かるためには・・・


気合です。
情熱です。
思い込みです。
やる気です。


ってことを書きました。
な~んだ、なら簡単だ・・・と思うでしょ。
そこが間違いのもとです。
100メートル走じゃないんだから、ただ気合を入れて情熱をもって思い込みとやる気で成功する訳ではありません。
そこには以外と地味な活動が必要なんです。
気合と情熱と思い込みとやる気はとりあえず置いといて、地道にやるべきことがあります。


最初にやらないといけないのは、まあ当然ですが整体の技術的な問題です
開業するんだから、肩こりや腰痛やある程度の関節・筋肉の痛みを『鑑別』して、『施術方針を立てて』『施術できる』必要があります。
ポイントは『鑑別』『施術方針』ですね。
『施術は』当然なんでこれもちょっと置いておきます。


鑑別しないで方針も立てないで施術に入る・・・これけっこうあるみたいなんです。
いけません。
患者さんが欲しているのは、症状の軽減はもちろんですが、ナンデ痛クナルノ?であり、コレカラドウナッテイクノ?なんです。
だからというか、当然ながら鑑別(触診・望診等)して方針立てて・・・ということになります。

整体師として既にきちんとされている先生には、バカバカしいことと思います。
スミマセン
これはこれから整体師になろう、整体師になって間がない、これからがんばろうという人のために書いていますのでお許しを。


その鑑別と方針を立てる方法は・・・
それはそれぞれの学校で学んだことを元に組み立てて下さい。
そんなの何でも良いんです。
どんな学校やスクールもきちんとした芯があります。
その芯のところを理解してやって下さいね。


では次に必要なのは。
患者さんを集めて、患者さんを増やすことです。
これを、整体の技術的な問題とは別に考えてやることが大切です。
一緒くたにしないで下さいね。
何故かというと、技術的なレベルを上げていくことは当然のことで、それをやることで『何かをやっている』と思い、安心して必要なことをしないようになって欲しくないからです。
だから、技術的なレベルアップは当然のこととして続けて下さい。
それを続けている前提での話です。


患者さんを集めます。
方法は簡単です、あなたの整体院とあなたを知らない人にあなたの整体院とあなたを知ってもらうことです。
知ってもらわなければ、患者さんにはあなたの整体院もあなたも居ないのと同じです。
だから先ず知ってもらいます。
その方法も簡単です。
というかなるべく簡単な方法、効果的な方法を考えます。


新聞チラシ
フリーペーパー
手配りチラシ
看板
DM
インターネット
電話帳広告


これらの媒体は患者さんにとって少し意味あいが違います。
目的による注目度と調査・検索方法です。
例えば、仕事帰りに身体を休めたいと思っている人は、電話帳広告を見るのは大変ですね。
たぶん、朝、駅で配っていた手配りチラシは気になるかもしれません。
また、会社近くで行くならフリーペーパーは有効かもしれないですね。
家庭の主婦が肩こりをなんとかしたいと思った時、もしDMがそのタイミングで来たら行ってみようと思うかもしれない。


そういった観点から見て、インターネットはどうでしょうか。
インターネットは、必要な人に必要な情報を提供するのに、非常に有効な媒体です。
検索するときのことを考えれば分かります。
だいたいは検索エンジンでキーワードを打ち込んで、「自分に必要なことが書いてありそうな」サイトを見て行き、これだと思った情報を読みます。
腰痛の時ならたぶん、腰痛・行きたい地域などを打ち込んで検索しますね。
検索結果には沢山の整体院や接骨院、腰痛に関する情報ページが出てきます。
この時に、最初の方に表示され、必要な内容が書いてあれば、探している人はその中から選んで行くことになります。


ホームページは自分でやったって何とかなります。
ネットの業者に高いお金を払う必要はないです。
出来ることをやるだけでも、地域で10番目くらいまでには表示されるようになると思いますよ。
ここで、必要になってくるのが、気合です。情熱です。思い込みです。やる気です。
目一杯気合を入れてページを作って下さい。
綺麗なページでなくて良いです。
あなたとあなたの整体院を知らない人に、ナントカしてあなたとあなたの整体院を知ってもらいます。
ある程度読みやすい必要はありますね。
でも、簡潔にする必要はないと思います。
書きたいことをどんどん書いておいて良いと思いますよ。
必要だと思う人は読みます。


ホームページ以外の媒体はどうでしょうか。
さっきも書きましたが、誰が何時何処でどんなシチュエーションで見るのか、が大切です。
朝、駅で配られているチラシを見て、難しい施術方法が書かれていても読まないかもしれないですね。
何が良くなるのか、何に効くのか、いくらなのか、帰りに寄れるのか、近いのか、など、必要なことが書いてあるといいかもしれません。
同じように、選んだ媒体毎に、目的を持って内容を作ることです。


あとは、気合です。情熱です。思い込みです。やる気です。
どんなシチュエーションでも自分と自分の整体院を売り込んでいくことが大切です。
さて、今日はこの辺にします。
少し長くなりました。
次は増やし方ですね。
これも簡単・・・というか簡単な方法を考えましょう。
答えの一つは出ています。


てあて整体スクール >>>

儲かる整体師!?

昨日、師匠の一人と話をしていて思い出した。
最近、整体師や開業についてあんまり書いていませんでした。
もっと詳しいのは、別ブログ( >>> )がありますが。
なのでちょっとだけ・・・


ソウハ言ッタッテ整体師ハ食エルンデショ?
という問いに、僕も師匠も同じ答えを言います。


なかなか難しいですね。
簡単に誰でも食えると思ったら大間違い。
厳しい世界ですよ。
廃業する人も多いし・・・


そう言った途端に腰が引けるのはおじさん達が多いですね。

エエッ
だって先生達、良い暮らししてるみたいだし、楽しそうに整体やってるし、患者さんは来ているみたいだし、休みには旅行とか行っているみたいだし、趣味も充実していそうだし、患者さんには感謝されてお礼まで言われてその上お金まで頂いているみたいだし、そのお金だって安い金額じゃなくてけっこう高い金取ってるみたいだし、仲間も多くて交友関係もにぎやかみたいだし、若いのに数年で成功しているみたいだし、上司はいなくて怒鳴られることもなさそうだし、ノルマもなさそうだし、自分で自分の時間を決められて悠々自適みだいだし、ああだし、こうだし、だって、ええっそんなウソデショ、上手く行ってるはずだよ、というか上手く行くんですよね・・・だってねえ・・・


てな顔になる。
で、うつむき勝ちになってくる。
女性の方はそうでもないですね。

へ~
まあいいや
私は私だから。
やりたきゃやります。
てな感じ。


さて、そんなおじさんたちが入学した後の思考はどんなものでしょうか・・・

先生早く教えてくれないかな。
どうやってやればいいんだろう。
これやってれば治るのかな。
何時治し方を教えてくれるんだろう。
指はどうやって当てるのかな。

そしてそのまま開業すると・・・
あれっ
治んないな
どこをどう見れば良いんだろう。
あれっこういうの”教わって”無いな・・・
どの手技使えば良いんだろう。
こんな症状、”聞いてない”な・・・
これで治るって言ってたのに。

患者さん来ないな。
やっぱり技術を高めないとダメなのかな。
時間が掛かるって言うしな。
ネットじゃ集まらないって言うからな。
チラシ撒くの恥ずかしいしな。
なんで次の予約入れてくれないんだろう。
予約の話するのは営業みたいだしな。
今度、電話するって言ってたから何時電話くれるんだろう。
良かったって言ってくれているのにな・・・
な~んてね。


で、患者さんは増えない、売上は上がらない、貯金は減る、家庭での会話が少なくなる、険悪になる・・・・・
ってな感じですかね。
まあ、ここに書いたような生徒さんは、てあてスクールにはいませんけどね。
だって、最初にうつむき勝ちになった時点で、入学を断念するみたいです。


この悪い流れを止めるのはけっこう難しいかもしれないし、簡単かもしれない。
簡単に言うと

気合です。
情熱です。
思い込みです。
やる気です。

その心は・・・
今日は時間がないのでこの次ね。

開業サプリ!! 整体師として成功するために >>>

師匠の師匠

師匠の家に行った。
逗子の山の上にある邸宅だ。
ほとんど別荘でしたね。
海が見えて山があって風が吹いてて・・・


バカになりそうでした。
あまりにも良い環境で。
素晴らしかったな~
しばらくは口が開いたままになって、言葉が出てきませんでした。

 
今日はお仕事の話でした。
その話自体はまとまりませんでしたが、久しぶりに色々と話をさせてもらいました。
もんのすごく有意義でした。


最近の師匠は週休5日。
で、売上は変わっていないという。
あら木さんも時間は大切ですよ・・・と言う。
僕には休みがほとんど無い。
でも、よくよく考えてみたら、週に2日はアレキサンダーの勉強に行き、もう2日はダンスのリハーサルに行っている。
月に1回は別のセミナーを受けていて、週休1日くらいはなんとか休むようにしている。
計算してみると、週に3日分くらいは、施術やスクールやセミナーをやっていないことになる。
時間を自分に使っていることになる。


師匠のところも整体スクールをやっている。
僕が学んだくらいだからあたりまえか・・・
で、最近、見学に来る人は、恰好良い所ばっかりを見るという。
新居や休日の多さやなんやかや・・・
特におじさんがだめですよね~と、変なところで意気投合してしまった。
二人とも立派なおじさんなのに。


師匠は僕が整体学校で働いていた時の生徒さんだった。
ちょっと複雑な師弟関係ね。
もちろん他の場所や学校でも学んでいたので僕の勤めていた学校が最初ではなく、キャリアも相当なものだったはずだ。
でもね、当時の彼は伝説的でした。
とにかく良く勉強してました。
解剖学の本を片手に附属治療院に一日中居て、担当の先生を独り占めして質問攻めにしていました。
そういった努力があって、今の彼があると思います。
最初から恰好良い服を着て、休みも多く普通の倍以上の料金で施術をやっていた訳ではありません。
そういった過去があっての今なんですよね。


さて、ひるがえって僕はどうでしょうか。
頑張ってンのかな~
心配になります。

ちゃんと自分に投資してるかな。
目の前のことだけで仕事をしていないかな。
なんてね。


思いついて花を買いました。
何となくぼやっと色々考える日でした。

Ts320375

自主勉強会

後ろで話し声が聞こえます。


卒業生と内弟子と在校生が話をしてます。
ベリーダンスの話です。
さっきはストレッチの方法なんかの話でした。
で、その前は膝痛の原因についてなんかの話をしていました。
授業は3時間前に終わっています。
患者さんの施術をしている間は、別の部屋で息を潜めていたのに、今は大きな声で話をしています。


ど~なんですかね~
まあ、良いんでしょうね。
たまに来る卒業生は新入生と交流をして行ってくれます。
最近仕入れた情報や知識を、ポロッポロッと落として行ってくれます。
新入生は目を白黒させて、聞き入っています。


重要ですね~
あっそうか・・・
ってのがね
大切です。


僕も刺激を受けたりして、楽しんでいます。
ははは

しゅうりょ~

Img00014_3METセミナーでした。

今回は神奈川や徳島・熱海などの柔道整復師の方や針灸あま師の方にも参加を頂きました。
遠くからの参加ありがとうございました。
接骨院やマッサージ治療院でも、是非使って下さい。
必ず効果の出る手技だと思っています。


 
METに限らず手技を使う場合には、いつも言っている同じことがあります。
それは目的は何かを頭において行なうということです。
よく『腰痛の時はここをこうやって、次はこうやって・・・』とか『五十肩の方は先ず、ここをこうして、あそこをああして』とか、『○○ならば□□』とか『ああすればこうなる』とか『Aの次はBで、その時拇指はここにおいて、左手はここにおいて』とか、まあそういった教え方をすることがあります。
でも、僕はそう言った覚え方をしてほしくありません。


自分のことでなんですが、僕は手順や作業など覚えたことは忘れてしまいます。
が、目的を知っていて、そのために関節をどうしたいとか、○○筋をどうしたいとかいうことさえ覚えておけば、あとは自分でも組み立てることが出来ると思っています。
マッスルエナジー・テクニックは正にそれで、理論的な根拠や基本的な手順は本当に簡単です。
その理論的根拠や基本的手順だけ頭にあれば、部位別にはその部位の関節面の角度や筋肉の起始停止などさえ分かっていれば、自分なりに応用が利く手技になっています。


別に腰椎の調整の時は、患側が下で下側の下肢を伸ばしてもらって、手は組んでもらい、棘突起にコンタクトしたまま、床側の手を引く・・・とか覚えなくてもいいんです。
患者さんに側臥位になってもらって、『棘突起のゆるみを四肢の方向に取っていく』と覚えれば、足の位置や手を引くことやなんやかやは考えればなんとかなる問題なんですね。
そのほうが簡単だし、自分なりの応用も効くし、自分や患者さんの体格や年齢にあわせることが出来ると思っています。


さ~てね。
次は名古屋でやります。
5月20日です。
金山にある『ここから整体院』をお借りします。
中部地方の皆さん、是非、受けに来て下さい。

※ マッスルエナジーテクニック・セミナー in 名古屋 >>>

Img00010_3
Img00013_4
Img00011_3

始めます

今日はこれからマッスルエナジーテクニックのセミナーです。


東京では2ヶ月ぶりですね。
神奈川・東京・徳島・熱海からの参加がありました。
遠くからありがたいことです。
使える手技を覚えていってもらいます。

ガンバリマスッ!

一発合格

てあて整体スクールの認定者が出ました。
久しぶりの一発合格です。


練馬で足つぼサロン『足の癒』を開業中の鈴木先生
おめでとうございます。


認定試験の一発合格は3人目かな~
久しぶりでした。
少し時間が掛かるかと思いましたが、ストレートな刺激の入る手になったと思います。
これからは、足つぼサロンをボディケアサロンにしようかな・・・と仰っていました。
足つぼでは、もう6年も営業をされている老舗の先生です。
交通の便の良い立地にありますので、お近くの方は是非お立ち寄り下さい。

Img00003_4足つぼサロン

『足の癒』 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー

スミマセン・・・


4月14日開催の『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』は定員(15名)に達しました。
ご検討中の方は次回以降にお申込下さい。
次回は5月に名古屋で7月に京都で開催予定です。
詳しい日程・場所などが決り次第、告知させて頂きます。


ご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします。


※ METセミナー >>>
※ てあて整体スクール >>>

ここから整体院オープン

明日、3月22日に名古屋金山で内弟子一号が開業します。
女性のための女性整体師の整体院です。
ダンスとストレッチと女性のことが良く分かる整体師です。
ご近所の方はご贔屓に。


ここから整体院 >>>


住所     : 〒460-0022 愛知県名古屋市中区金山1-7-13 明和レジデンス8C

営業時聞  : 12:00~20:30 (当日最終受付 19:00)

料金     : 7,000円(約90分、全身スッキリコース)
           6,000円(約60分、ストレッチ個人指導コース)
          ※初診時に別途、1,000円の初診料を申し受けます。

定休日    : 日曜・祝日

ご予約    : tel : 052-321-0210  mail : start@cocokara.in

整体のモニター募集

整体のモニター募集


ダンスの故障を抱えている方を募集します。
てあて整体スクールを卒業して、ダンス関係の患者さんを診ていこうという内弟子が、施術を担当します。
もちろん、院長あら木も一緒に診ます。
内弟子はダンス経験20年以上で、現在はダンスのインストラクター・ダンサーとしても活躍中です。

全3回(3/28、4/11・18予定)です。
お礼は出来ませんが、終了後に施術を受ける場合は初診料を無料にします。
お願い出来る方は連絡下さい。


■募集要項

内容 : 内弟子の整体施術を受けていただく。
      受けた感想をお聞かせいただく。
人数 : 1名
条件 : 女性でダンスの故障と思われる症状をお持ちの方。
      (腰痛・膝痛・関節痛等)
      趣味のダンスで構いません。
      3回連続して来院出来る方
期日 : 3月28日、4月11日、18日
      時間はご相談に応じます。
場所 : てあて整体院(大泉学園駅下車3分) >>>
お礼 : 特にお礼は出来ませんが、次回から初診料を無料にします。
申込 : メールでお願いします。 >>>

施術は院長あら木と内弟子で担当します。
したがって2人に見られながらの施術になります。
将来的に施術経過をブログなどで公開させて頂く可能性があります。
(写真は後姿に出来ます。)

痛みのある方はご検討下さい。
尚、現在てあて整体院で整体を受けたことのある方はご遠慮下さい。
申し訳ありません。

行ってきました。

セミナーに行ってきました。
徒手療法のセミナーです。
クラシカル・オステオパシーと言うんですが、良かったですね。
先ず基本の考え方が好きです。


部分ではなく全体
構造(解剖)だけでなく機能(生理)
我々は患者さんが治る準備をしている
治癒とは我々が行なった力学的な治療に対する患者さんの反応である。
人体は硬構造と軟構造(張力)でテンセグリティーのように起立している。
などなど


は~
またお腹が一杯になりました。
消化したら色々と吐き出していきます。
患者さん生徒の皆さんお楽しみに。


日本クラシカルオステオパシー協会 >>>

セラピストのお仕事

昨日はアレキサンダーのレッスンを受けた。


アン・ワックスマンという女性のティーチャーからのレッスンだった。
トレイニー(アレキサンダー教師になる勉強をしている人)向けのクラスだったので、普通のクラスではなく、手の触れ方や考え方などの話を聞いた。
詳しくは別のブログ(>>>)に書いているので、そちらに譲るが、彼女はNYから来て日本で名古屋・京都・東京とレッスンをしていた。
今日、最後のレッスンをやって次はハワイに行くという。


ハワイでもレッスンをやって・・・
そしてビーチにも行くという。


アレキサンダー教師の指導者ではこういうケースも多々あるという。
そう言えば、去年から受け始めた教師育成コースでも、アメリカ人のマーサやフランス人のマリ・フランソワーズらのレッスンを受けた。
彼女達はそれぞれに乞われて日本に教えに来ていた。
今年はたぶんブルースという、僕が勉強をしている団体(アレキサンダー・アライアウンス)の人が来る。
彼もアメリカ人らしい。


卑近な例えで申し訳ないが、僕も京都や名古屋に指導に行くことがある。
僕の場合は乞われて・・・という訳ではないが、セミナーを計画して自分で行く。


楽しいですよ。


サラリーマン時代も色々な地方に行きましたが、全く違う感覚があります。
僕は西の方を中心に全国の6割くらいの県に行きましたが、ほとんどが店舗や会議場と駅と飲み屋しかしりませんでした。
でも、京都や名古屋では一人で少し散歩も出来たし、患者さんから聞いた情報でうどん屋さんに行ったり、買物をしたりしました。
自分でスケジュールを組めるからですね。


これが海外にも広がったら・・・
なんて空想していると、ついニマニマと笑ってしまいます。
荒唐無稽だと昔は思っていましたが、今は荒唐無稽とまでは思わなくなりました。
仕事を作って自分で行くということなら、可能性はなくはないな~なんて思うようになりました。
そのための準備は大切ですけどね。


セラピストの仕事はサロンの中で施術をしているだけではないですね。
どんなことでもその人がやれば、その人の仕事になります。


てあて整体スクール >>>

アレキサンダー・アライアンス東京校 >>>
 右下の項目にレッスン料金と場所などあります。

ストレッチ教室

ストレッチ教室だった。
今日の参加者は2名・・・


少ないっす。


宣伝してないからな~
しかし、今日の方はものすごくお得だったと思う。
だって、個人セッションのような内容になったからね。
身体の使い方・バレエでやってはいけないこと・こうやると良いということ、そして、それをどうやって意識して練習していくかということなどなど。
盛りだくさんな教室になりました。


昨日、名古屋で内弟子をやっていた『ここから整体院』の美人カリスマ整体師(そろそろこの呼び方もやめよっかな・・・)も、ストレッチ教室をやっていた。
当方の事前の調査によれば10名程度の参加者があったという。

むむむ
う~
負けた・・・


ちゃんと宣伝して沢山の人に来てもらえっ!!
ってのは何時も僕が言っていたこと。
それを聞いていて頑張ったんだな~なんて思っていたら僕自身がこの体たらく。
ははは
笑えません。


しかしね、スクールの卒業生整体院では半数以上がストレッチ教室をやっています。
多くの人に健康な身体になってもらうために、自分達に出来ることとしてストレッチの指導は良いよ~と言っていたのが、だんだんと浸透してきている・・・と思うと、またまた嬉しいです。


本当は曜日と時間を決めてやるのが一番なんでしょうが、色々と外出なども多くご迷惑をお掛けしています。
なるべく早くに予定を決めてお知らせするようにします。
来月の予定が決りましたのでお知らせです。


ストレッチ教室(東京) >>>

 日時 : 4月17日(火)19:30~21:00
       4月27日(金)19:30~21:00
 場所 : 大泉学園 勤労福祉会館2階和室(大)
 料金 : 2,000円(当日精算)

 コアを緩めるストレッチと、前ももを使わない体の使い方を指導します。


Ts320362そう言えば畳が入れ替えてあって、イグサの良い匂いがしていました。

なんだか落ち着きますね。

セミナーのお知らせ

マッスルエナジーテクニック・セミナー(METセミナー)

 日時 : 3月25日(日)10:00~16:00
 場所 : てあて整体院
 料金 : 25、000円(当日精算)

 今回はまだ空きがあります。
 患者さんにも施術者にも負担の少ない手技です。
 

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー

 日時 : 4月14日(土)17:00~20:30
 場所 : てあて整体院・勤労福祉会館
 料金 : 10,000円(当日精算)

 残り数名です。
 ダンスをする時に必要な簡単な解剖学
 ダンスの身体の使い方を学びます。
 その後、それを実感するストレッチ教室です。


METはまだ空きがあります。
ダンスの・・・は残りわずかです。
検討中の方はお早めにどうぞ。

卒業

息子の卒業式に出てきました。
中学を今日卒業しました。
義務教育が終わったことになります。
少し肩の荷が下りた感じがします。


昨年の半ばくらいに一度、息子に聞いたことがあります。


「高校へは行くのか?」

「うん」

「別に行かなくても良いんだよ。
 なんで行きたいんだ。
 皆が行くから行くってのは、理由にならんからな。」

「え~と・・・ 大学に行く。」


というような会話がありました。
彼の今なら、それも目標でしょう。
今日、卒業式の資料を見ていたら、就職する子が男子1人女子1人居ました。
その二人は社会人になるわけです。


つまり、うちのバカ息子も社会人になれる人間にまで成長したことになります。
成長したのかただ時間が経過したのかは分かりませんが・・・
たぶんこの後、高校大学と進学してから、社会人になることになりますが、しかし、今の時点で彼は既に一人前なのかもしれません。
自分の息子がそういった状態になるということは、あまり考えていませんでしたので不思議な感じがしています。
ただ、カミサンには感謝してますね。
僕はほとんど何もしてませんから。


スクール生が卒業する時にはこんな感じはありません。
期間的に短いことと、彼らの前職や現職を知っているからでしょう。
ところが、開業ということになると少し状況は違います。


あああ~
卒業するんだ・・・
という感じですかね。
やっと一人立ちしても良い状況まで"成長"したのかな・・・なんて思います。
寂しいような
嬉しいような
まあそんな感じです。


今日は寒い日です。
来月には入学式が待っています。
その時はどんなことを思うんですかね。
楽しみです。

リハーサル

5月に出る舞台のリハーサルが始まっています。


先週から始まりましたが、さっそく先週の稽古中に右ハムを傷めていました。
ばかですね。
気をつけなければいけないことは、十二分に分かっているんですが、つい自分のことになると過信してしまって・・・
毎日アイシングをしています。
リハーサルはやっと振りがはいり、相手の女性との呼吸というかカウントや動きや息の確認が始まりました。


あ~
実際には息までは確認出来ません。
振りとカウントの確認がやっとです。
で、位置を確認して、やっと動き出すというようなことです。


デュエット作品で、相手のダンサーは既に一度別の相手と踊っています。
だから僕がほとんど教えてもらっているという状態になっています。
かなり接近して動く場面が多く、タイミングや息をあわせないとガツンをぶつかることもあります。


やってしまいました。

最初からその女性の頭を腕でぶん殴ったようなことになりまして・・・

いや

申し訳ない。


だからと言って、離れてしまったりタイミングをずらしたりすると踊りにならないんですよね。
そこがまた難しいところです。
今日はなんとか通して踊れるようにはなりました。
そして分かってはいましたが、課題を再確認しました。


歩くということです。
やっぱりそこが一番難しい。
これからが勝負です。
はい

今朝の富士

Img00002_3
今朝の富士です。

てあて整体院の窓からは
富士山が見えます。

夜になって反対側を見ると
新都心の夜景も見えます。

かなり贅沢なロケーションです。

バレエによる膝の痛み

バレエを始めて3年
最初の2年は行ったり行かなかったり。
ここ1年は毎週通うようになり、数ヶ月前から週3回レッスンに行っている。


スポーツクラブの初級のバレエをやっている。
前半はストレッチで後半にバー、そしてフロアも少しだけやる。
ピルエットとピケ、プチジャンプくらい。
30歳代後半の女性である。

 
バレエを始めたころから左膝の内側が痛い。
左右の開脚ストレッチをやっていると痛みが出るという。
電話があって予約になり、昨日施術をさせて頂いた。
ご本人の確認が取れたので、状況をこれを読んでいる整体師と大人からダンスを始めた方と共有したいと思う。


最初
左膝内側が左右開脚で痛いとのことだったので、左股関節の開きが悪い(外旋角度が小さい・可動域が小さい)ために、下肢の後内側の筋(縫交筋・薄筋・半腱様筋)などの腱が炎症を起こしているのではという『予断』を持っていた。


予断はいけないんですけどね。
つい


触ると熱感がある。
今日は患部はあまり触れないな~と思う。


触診や望診や検査をやっていると、左股関節のほうが開く(外旋角度が大きい)ことが分かった。
あれれ
では何故、膝内側に痛みが出るのか・・・
もう一つ考えられるのは、プリエをする際に股関節の開き(外旋)よりも爪先を開い(外旋)てしまい、膝関節にねじれ(回旋)の力が加わって痛みが出ているということを考えた。


で、1番でドゥミプリエをやってもらった。
ぱっと見たところ股関節の開き(外旋)と爪先の方向は違っていない。
ということは膝にはひねり(回旋)の力は加わっていない。
あれれ
では・・・


もう一度
1番でプリエをしてもらうことにした。
痛いのでグランプリエは出来ないという。
ちょっと試してもらうが、やっぱり出来ない。
なら、ドゥミでということになった。

Img00054左手バー

Img00052右手バー

さて
分かりますかね。
左手でも右手でもプリエをするとき左足に乗っています。
しかも、左足がローリング(外反、土踏まずがつぶれる)しています。
ようするに、拇指側に体重が乗って、外側広筋側が主に使われているということです。


ここで写真を見てもらいながら説明しました。


ようするにプリエをする際に、下肢のターンアウト(股関節外旋)が出来ておらず、太腿の前側を使って降りていっている。
そして左足の拇指側に乗っていっているので、膝に無理な力が加わって痛みが出ているんでしょう。
という判断になった。


僕 : では、足裏の3点に乗ってプリエをしてみて下さい。

患 : イッ痛いです。

僕 : え~っと、なら、小指側に乗ってみますか。

患 : う~ん痛いです。

僕 : じゃあ、右足に重心を掛けてみますか。

患 : えええ~ どうやるんですか???

僕 : ・・・

患 : ・・・

僕 : そうだっ、左足の親指を浮かしてプリエしてみて下さい。

患 : え~ そんなこと出来ません。

僕 : ・・・


ということで、左足の拇指あたりの下に台(ブロック)を置いてみた。
これを踏んでプリエすると、拇指に力が入らないかもしれないと思った訳です。
難しいかな~
ダメかな~
と思ったが、反応は違っていた。

Img00061患者 :

あれっ
痛くない

あれっ
全然痛くない
ひょっとして・・・
Img00062_1患者 :

わわわっ!?

せせせ
せんせいっ

ななな
ナンデ!?

全然痛くない。

出来るっ!
グランプリエが

何で
痛みが無いの?

ウソだっ 3年も痛かったのに。
ええ~先生なんでですか。


それからまた説明をしました。
ようするに、自分としては前ももに力を入れている意識はないが、実際にはそこに最初に力が入ってプリエをしていること。
そして、重心が左足の拇指側にあるので、それを取り除いてみたこと。(ブロックでね)
そしたら、痛みの出る筋肉の腱を使わなくなったので、痛みが出なくなったということ。

当日はその後、軽く全身を緩めたあと、1番で立った時の重心の位置、プリエの考え方と方法、タンデュやルチレでの下肢の使い方を指導して終わりました。
その日、痛みが消えませんでしたが、炎症が治まりプリエなどバレエのテクニックが正しく使えれば痛みが出ないことが分かってその方は笑顔で帰られました。


ダンスの身体の使い方は独特です。
ほんの少しの重心の位置や脚の踏み方で痛みが出たり、綺麗なフォルムが出たりします。
少しでも参考になればと思います。


※1番=股関節を左右で180度外旋させて立つポジション
     爪先が真横を向くのが正しいが、普通そこまでは開かない。

  プリエ=膝を横に広げていく運動
       股関節・膝関節・足関節を屈曲させる。
       腰を下ろしていくと解釈すると間違いが起こる。
       ドゥミプリエ→かかとが浮かない位置まで
       グランプリエ→かかとが浮き下まで

  ピルエット=片脚軸で回転
  プチジャンプ=その場でのジャンプなど
  ローリング=1番などポジションにした時、爪先だけを外旋させるため
          土踏まずが落ちて足部が内側に倒れること
  ターンアウト=股関節の外旋方向に下肢を使うこと
           バレエでは常にこれが要求される。


あら木って・・・?

なんだか不思議だな~と思う。


10年前に思い立って整体の勉強を始め、整体師として最初に認定されたのが平成10年でした。
しばらくして大手整体学校に入り、後に独立して整体院を開業し、スクールを立ち上げました。
整体院は足掛け7年目でスクールは4年目になります。


不思議なことに、その間も毎年ダンスの舞台に立たせて頂いています。
既に今年は1回目が終わり、5月には2回目の舞台、そして7月11月にもまたあるかもしれません。
まだ決ってはいないですけどね・・・
しかも、サラリーマン時代には、ほとんど自分の先生の舞台にしか立っていませんでしたが、最近は全く個人としてプロの公演にも立たせて頂くことがあります。
(たま~にです。たま~に)
もちろん、僕自身がプロだなんて微塵も思ってはいません。
でも、アマチュアで踊っていて、こんなに舞台に立たせて頂けることに自分自身驚いています。


なんでかな~

つらつら
考えてみました。


時間が自由になるんですよね。
サラリーマンであれば、休みは基本的に会社が決めます。
最近は自分の裁量権が大きくなってきている場合(年棒制、フレックスタイム制等)もあるようですが、それでも自由に休みを決めたり就業時間を決めたりには、かなり制限があると思います。
それが、自由になるんです。


僕の師匠の一人が、独立したら時間の自由が大切だと良く言っていました。
お金よりも時間とも言っていたように記憶しています。
たしかにそう思います。
なんとか食えるのであれば、時間に制約されない生活というのは本当にすばらしいものだと、今更ながらに思います。


さて、先日
内弟子からこんなことを言われました。

センセ~ね
開業講座とか経営的な話するんだったら、センセ~の経歴書いたほうが良いよ。
だって、センセ~のサイト見たって、分かりにくいんだもん。
オラオラすげ~だろってのが、あまり好きじゃないのは知ってるけどね。


だそうです。
ダンスのことばかり書いていたので、昔の僕の仕事をあまり書かなかったみたいですね。
だからちょっと書いてみます。


僕は10年前までは某一部上場企業で仕事をしていました。
在籍していた17年間のうち15年くらいは、経営企画部門にいました。
売上管理・在庫管理・経費の管理、事業計画の立案、新規業態プロジェクト等、スタッフ部門と呼ばれている部門です。
流通小売でしたので、店別月別品目別の売上・仕入・在庫等の計画と予実管理、全店の同様の計画と予実管理、同様の経費管理などを実務としてしばらく行い、最終的にはその管理部門を見ていました。
新設店舗の投資回収計画なども立てて取締役会に諮ったりしていましたね。
部次長というのが肩書きでした。(職能的には部長の一番下だったようです。)
売上高予算は最大で600億円くらいだったかと思います。
その時期は新しい流通センターの立上にも関っていました。


そして退職後、大手整体の教育機関の事務局に3年間勤めました。
たぶん規模としては業界最大手だと思います。
ここでは、事業計画などのほか附属整体院の管理運営、新規カリキュラム構成立案、雇用能力開発機構などとの業務の担当をしていました。
100名単位の職業(整体)指導を計画して行なったりもしましたね。


そんなことがあって今があります。
僕はただの整体師ですが、これから整体師になろうという人には、けっこう参考になる情報を沢山持っていると思います。
店舗の立上や整体院の運営・スタッフ指導、そして整体の技術的なこと症例についても経験があると思っています。


う~
なんか
自慢マン
みたいになってきた。


まあ、皆が上手く行くように。
ダンスを踊りつつ、整体やセミナーやスクールをがんばります。
だはは


※ てあて整体スクール >>>
※ マッスルエナジーテクニック・セミナー >>>
※ ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

ここから整体院

名古屋に嫁いで9ヶ月・・・
なんとかオープンが見えてきたみたいです。
内弟子1号として半年間の修行の後、名古屋のサロンでさらに修行を積み、満を持しての開業です。
女性の女性によるサロンを、名古屋の金山駅前で始めるそうです。
東海地方の方はご贔屓に。


サイトがアップされたのでご紹介します。


ここから整体院 >>>

 JR金山駅北口徒歩3分 3月22日(木) オープン
 12:00~20:30 日祝定休
 TEL 052-321-0210  mail : start@cocokara.in

日々是好日

昨日から舞台のリハーサルが始まった。


始まったと言っても昨日は顔合わせのようなもので、少し身体を動かしてビデヲで以前踊られたものを見て終わりだった。
今回の舞台はTOKYOZAというスタジオの30回記念試演会というもので、日本のジャズダンスの中では非常にユニークな活動をされてきたエムザブロウ先生(ジュンキョウヤ改)のオリジナルナンバーを踊るということになった。


DUOである。

ようするに女性と踊ることになる。


しかしそのダンスが・・・
振りの少ないダンスで、ダンサーそのものが出てしまうようなものだ。
ダンサーそのものが出るということは、ようするにあら木が出るということでして・・・


あ~
こまったこまった

踊る前から
困っている次第です。


本番は5月5日
練馬文化会館でやります。
今日も夜にリハーサルがあります。
だから、これから機嫌悪そうに電話に出たら、リハーサルで疲れてるんだな~と優しい目で見て下さい。


さて言い訳はこの辺にして。


春だからですかね。
このところ弟子達が整体院をオープンし始めています。


3月1日には内弟子2号の『いやしろ整体院』
3月後半には内弟子1号の『ここから整体院』
5月には内弟子5号の『整体院きくや』(仮称)


こう見ると、皆ひらがなの名前ですね。
てあて整体の卒業生だからでしょうか。
そういえば、3月3日にめでたく2周年を迎えた卒業生1号の整体院は『かたこり整体院』です。


ははは
面白いですね。


え~っと
内弟子4号が来ました。
触診をしたいというので身体を貸します。
今日はこの辺で。

ふ~

どうもこうなんというか息をしないで考えていたり何かをやっていたりすることが多くなっているようないないようなそんな感じがしてきた・・・

いかんいかん

26日に舞台の本番を終えてから、京都でストレッチ・METとセミナーをやり、名古屋で弟子治療院チェックをして、帰って施術・スクール・施術・スクールときて、昨日の勉強会だった。

あれあれ~
次の休みは何時だっけ~
と手帳を見ると・・・

あれあれあれ~
23日まで実質的な休みがないことに気がついた。

故障の原因は疲れですっ!
なんて言ってるくせに、全然休んでないじゃん。
いけません。
せめてゆっくりお風呂に入って睡眠時間を取ることにしましょう。
で、ない時間を見つけて映画にでも行って気分転換することにしましょう。

あ・と・は・・・
患者さんと無駄話でもするか。

と、ちょっと窓を全開にして
一息ついてみました。

ふ~

寄付

書き忘れました。

昨日の勉強会では2000円の参加費を徴収しました。
19名参加で38,000円が集まりました。
このお金は全て、NPO法人芸術家のくすり箱に寄付させて頂きました。

参加した皆さん
ありがとうございました。
領収書が来たら証拠品としてアップしますね。

アレキサンダー勉強会

勉強会をやりました。

今回はアレキサンダーテクニークの先生を講師に呼んでワークショップ形式の勉強会です。
アレキサンダーは僕が昨年から勉強を始めたボディーワークで、一言で言えば身体の使い方を学ぶということになるのでしょうか。
詳しく書くと、明後日くらいまで掛かってしまうので、知りたい方は直接受けてみて下さい。
アレキサンダー・アライアンス東京校ディレクター石坪さんのサイト >>> )

参加者は僕を含めて19名、それに講師の石坪先生ともう来月にも卒業を控えた3人のトレーニー(勉強中の人)でした。
てあてスクールの在校生・卒業生・知人の整体師・これから入学する人、そして僕の師匠も参加してくれました。

先ずはアレキサンダーって何さっという話を、僕も含めたトレーニーと石坪さんがそれぞれに話をしました。
話の後はハンズオン
ハンズオンというのは、アレキサンダーテクニークの真骨頂である、手を添えるワークのことです。
ようするに、立ったり座ったりしている人の、肩や首や腕・脚などに手を触れていくというものです。
手を触れることで、自分の中の状態に気付き変化に気付くということが起こってきます。
それは悪いことでも良いことでもなく、そういうことが起こっているということを、日常では感じないことを感じるということですね。

そして、皆で感想を話し合い、また別のトレーニーのハンズオンを受ける、ということを繰り返しました。
最後には、開脚をしている人にアレキサンダーのワークをしたり、整体の動きをしているところにワークをしたりしました。
それぞれに、楽に開脚出来る・・・楽に整体が出来ると不思議がっていました。

僕個人としては皆の反応が良いのに驚いていました。
自分自身が最初に受けたのと同じような驚きをもってもらえたことに、ちょっとした喜びを感じていました。
少し時間を超過して、9時頃に終了して、どどど~っと懇親会に雪崩れ込み、ひさしぶりに卒業生1号と師匠とこみっちりと話をしました。
昨日は楽しい時間だったな。

参加された皆さん
ありがとうございました。

アレキサンダー・アライアンスの皆さん
ありがとうございました。

定期的ではないにしても、必ずまたやりたいと思います。
その時もまた宜しくお願いします。

アレキサンダー・アライアンス東京校 石坪 >>>
アレキサンダー・アライアンス

Img00068
Img00058
Img00044_1
Img00055
Img00064
Img00035

勉強会

明日は恒例になった勉強会をやります。

最初に始まってから約1年が経ちました。
最初は内弟子1号が、知合った整体師の卵と練習をしたいので、センセ場所貸してンうふっというところからだった。
場所は貸すけど口は出さないということで、皆が練習をしているのを眺めているだけでしたが、そのうち卒業生が乱入して色々と仕入れてきた技(テクニック)などを披露したりもしていた。
では、と僕も自分の師匠に来て頂いて手技を見せてもらったりを始めました。

そして今回はアレキサンダー・テクニークを紹介してもらうことにしました。
アレキサンダーは僕が昨年春から勉強を始めたもので、ボディーワーク(ソマティクス)の一種だ。
身体の使い方がスムーズになったり、軽くなったりするというもので、整体などの手技療法には関係が深い。
その僕のアレキサンダーの師匠にお願いをして、イントロワークショップというのをやってもらうことにした。

日本ではなかなかなじみの薄いものだが、海外のパフォーミング・アーツ系の学校では必須の科目になっているものだ。
整体を勉強している人や実際に開業して患者さん取っている卒業生が、どんな反応を示すか楽しみだ。
そして僕自身もワークショップを経験することが出来る。

勉強会はこれからも続けていくつもり。
基本的にはてあてスクールの卒業生とその仲間を中心に集まることになる。
今後はどういう展開になるか分からないが、次回は一応予定を決めてある。
5月にピラティスのワークをやろうかなと思っています。
参加予定の皆さん、お楽しみに。

セミナー等スケジュール

恒例のセミナー等スケジュールです。


マッスルエナジーテクニック・セミナー in 東京 >>>

  3月25日(日)10:00~16:00
  てあて整体院で行ないます。

ストレッチ教室 >>>

  3月16日・30日(金)10:00~11:00
  大泉学園 勤労福祉会館でやります。

整体師開業講座 >>>

  3月4日・11日(日)19:00~21:00
  開業準備・顧客獲得について

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

  4月14日(土)17:00~20:30
  前半はお話で後半は実際に身体を使います。
  講義とストレッチ教室を併せたワークショップのようなセミナー

てあて整体スクール 無料体験説明会 >>>

  3月4日・5日
  スクール授業の前に行ないます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

内弟子経験者が今月動き出しました。
ちょっと彼らの宣伝です。

名古屋 前屈/コア・ストレッチ教室 >>>

 日時    2007/03/15(木)
        前屈ストレッチクラス  18:15~19:15
        コア・ストレッチクラス  19:30~20:50

 場所    名古屋市短歌会館 B1階展示室  

 定員    各10名 (男女不問)

 料金    1クラス 2,000円  2クラス 3,500円

 ※ここから整体院(3月22日オープン予定)の主催です。

ムーブメント ストレッチクラス  3月17日
  ストレッチヨガクラス        3月25日

 場所  逗子新宿会館

 料金  2,000円

 ※いやしろ整体院主催です。

開業サプリ!!

開業サプリ!! 整体師として成功するために! というブログがあります。

もう1年くらい前から連載をしていたんですが、全然ヒット数が伸びない。
そっちはそっちでこのサイトと読者を変えたいと思っていたんですが・・・
無理ってことにやっと今頃気がつきました。
なので、ここで公開したい・・・というか、あるよと言いたいと思います。
けっこう面白いことを書いたつもりなので、興味のある方は読んでみて下さい。

これから整体師を目指そうとする人
整体師の勉強をしている人
整体師になってまだ日が浅い人

そんな方にはオススメの内容です。

開業サプリ!!整体師として成功するために! >>>

京都・名古屋出張報告 ③ここから整体院

■ここから整体院 訪問

と言っても、まだ整体院になっていませんでした。
物件の引渡しが終わったところ・・・
名古屋に嫁いだ内弟子1号の整体院です。

3月中にはなんとか愛知県の金山という街でオープンします。
場所は金山の駅から徒歩3分の、とにかく便利な場所。
日当たりも良く、患者さんがゆるゆるになる条件の揃った環境でした。

詳しくはHPが出来てからということになります。
現在、鋭意尻を叩いております。

ブログをご覧になりたい方は コチラ >>>

おらおら1号っ
はよせなあかんで~

っと、ブログに情報が上がったのでコピペします。
『ここから整体院』について詳しくは >>>
-----------------------------------------------------------------
名古屋・金山駅から徒歩3分、女性による女性専用の整体院が
3/22にオープン(予定)します。

ここから整体院
愛知県名古屋市中区金山1-7-13 明和レジデンス8-C
TEL 052-321-0210  e-mail:start@cocokara.in
営業時聞 12:00~20:30(当日最終受付 19:00) 定休日:日曜・祝日

場所は、金山ダイエーのすぐ裏です。
http://blog45.fc2.com/s/sisin/file/20070302212716.jpg

料金およびコース…
 初見料:1,000円 ※オープン記念につき、ただいま無料です
 全身すっきり整体コース (90分前後) 7,000円(税込み)
 ストレッチ個人指導コース (60分前後) 6,000円(税込み)
  ※ お時間に十分な余裕を持ってお越しください。

ただいま、ご予約承り中です。
メールまたはお電話にて、お気軽にお問い合わせください。
-----------------------------------------------------------------

京都・名古屋出張報告 ②METセミナー

■マッスルエナジーテクニック・セミナー in 京都 (2月28日)

ストレッチ教室の次の日に、整体サロンピンポイントでMETセミナーを開催しました。
急用で来られなくなった方を除き5名での開催になりました。
理学療法士の先生、既に整体師として働いている方、クイックサロンで働いている方、勉強中の方など色々な面々が集まりました。

METはいつも書いているように、非常にソフトな上に効果が高く、患者さんの納得性も高い療法です。
にも関らずセミナーが少ないというのが現状です。
汎用性が高く色々な療法との相性も良いので、多くの人に使ってもらいたいな~と思い京都での開催することになりました。
とは言っても場所を提供してくれる先生がいなければ、成立しなかったんですよね。
先生を紹介してくれた内弟子1号、場所を提供してくれた整体サロンピンポイントの鎌田先生、本当にありがとうございました。

終了後に懇親会に行きましたが、関西の先生って本当によく勉強してますね。
東京の勉強会でお話を聞くのとは大違いでした。
そういった意味では、僕自身も大いに刺激を受けて帰ってきました。
今回、参加出来なかった方がいらっしゃいますので、夏か秋には必ずまた京都に戻ってきます。

Img00013_3
Img00020_2

京都名古屋出張報告 ①ストレッチ

2月27日から昨日まで、京都・名古屋方面に出張に行っておりました。
ので、ご報告。


■ストレッチ教室 in 京都(2月27日)

ウィングス京都の音楽室を使ってのストレッチ教室でした。
京都へは頻繁に来られる訳ではないので、なるべく多くの種類を紹介するようにしました。
そして、家に帰ってからも練習できるように、テキストを作って参加者の方には配りました。
13名+1名(妊婦のため見学)の参加で、整体師の方と大人からダンス組が多く参加されていました。

先ずはウォーキングで今日の参加者の状態を見ます。
皆けっこう良い感じ。
股関節も膝・足関節も動いている。
ならばと、色々なストレッチを紹介していきました。

僕のストレッチはコアを緩めるストレッチで、特に脊柱周り・股関節・肩関節周りを緩めることを主眼としています。
ゆるゆると動きながら、じわ~っと緩めていくので、身体に無理なくストレッチすることが出来ます。

同じようなストレッチを東京以外でも受けることが出来ます。

 ・名古屋 前屈/コア・ストレッチ教室 3月15日 名古屋短歌会館(地下鉄栄駅)>>>
  内弟子1号ことカリスマ美人整体師おおのが指導します。
  岡崎のジャズダンススタジオでもこのストレッチを指導中。

 ・湘南ストレッチクラス(逗子市新宿会館) >>>
  内弟子2号こと『いやしろ整体院院長 町野先生』が指導します。
  東京の僕のクラスでも指導経験ありです。

Img00003_3
Img00006_1

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »