2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 整体師は手が命 | トップページ | 突撃! 隣の整体院 ~ 整体や 三日月 »

くじら

伊勢湾で18メートルの鯨が浮かんでいたという記事を読みました。


そう言えば実家の隣町(富田)では、鯨舟祭り(>>>)というのがありました。
毎年、夏のお盆の時期に、張りぼての鯨と鯨舟と呼ばれていた山車のような船が街中を練り歩き、最後は鳥出神社の境内で鯨を射して捕まえる所を奉納するというものでした。
鯨はたしか親子で居て、深い緑色をしていました。
鯨のことを『くんじゃ』と呼んでいたのと、境内で鯨船が右に左に倒されて、上に乗っている子供が落ちそうになるのを毎年見ていました。
昔、伊勢湾には鯨が来ていたんだろうと思います。
有名なのは紀伊半島の南にある太地ですが、鯨取りは志摩地区で行われていたと聞いたこともあります。


富田は伊勢湾の再奥にある漁港です。
漁港近くを『はま(浜)』と呼んでいて、今も富田浜というJRの駅があるのがその名残だと思います。
浜に行っても煙突が見えるばかりになりましたけどね。
小さな港もあるので、漁師町であることに変わりはないのかもしれません。


ちょっと思い出していました。

« 整体師は手が命 | トップページ | 突撃! 隣の整体院 ~ 整体や 三日月 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/40001351

この記事へのトラックバック一覧です: くじら:

« 整体師は手が命 | トップページ | 突撃! 隣の整体院 ~ 整体や 三日月 »