2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー

昨日の夜は『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』をやっていました。


参加された方は、バレエを始めて1ヶ月と1年の方と、ベリーダンス2年の方でした。
毎回最初に、今日これだけは聞かないと帰れないということを聞きます。
前回は「脚を耳の横に上げられるようにならないと帰らない。」と最初に宣言されたので、では布団のご用意を・・・と言うことになり(笑)、まあ結局は上げ方は分かったんだけどね~というところまでで終了してしまいました。


スミマセン・・・


まあ、そんなに一朝一夕に脚が上がる位なら、皆苦労は無いわけでして。
昨日は始められたばかりの方でしたが、これがけっこう簡単に見えて奥の深い問題ではありました。
簡単とは言ってもご本人にとっては、大変な問題なんですけどね。
一つ一つ説明をさせて頂き体感して頂きました。
ありがとうございました。大変為になりました。とお帰りになられたので、なんとかヒントの糸口くらいにはなれたかと思っております。
今回、最初に聞いた内容は。

・股関節が開かない。
・腕を上げると肩が上がる。
・首が縮まる。
・1番で立つと骨盤が前に倒れる。
・ターンの時、首が上下する。
・コントラクションが胸骨あたりで出来ない。
・爪先を伸ばすと足裏がツル。
・片脚で身体を前に倒して反対脚を上げると重心が上手くとれない。

幾つかは『根性ですっ!(笑)』なんてことも織り交ぜながら、骨から考えればどうか筋肉から考えればどうか、と言うことと個々人の持っているものの違いで説明をしました。
私は生まれながらにして股関節は開かないのではないか?とか、私は人に比べ身体が硬いので脚は上がらないのでは?とか、まあそう言った確信(!?)に近い疑問というか疑いはある訳ですが、ほとんどそんなことはなく。
誰しも個性はあってクセや身体の状態はありますが、だいたいはストレッチや生活を見直すことで、柔軟性は増すしダンスのスキル・レベルも上がるものです。
先日はピルエットが回りたいという方もいらっしゃいましたし、ポアントに乗れないという質問も頂いたりします。


活動は地味ではありますが、ぼちぼちと大人バレエの方々の福音となるような説明が出来れば良いかなと思って続けようかなと思います。
遠くて参加出来ない方はテキスト( >>> )も作りましたので、よろしかったらどうぞ。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 12月20・21・22日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月16~19日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

練習

Img00015身体の向きを見ています。

どっちに動きやすいか。
簡単なことです。
ムツカシクはありません。

これが分かると、左右の身体の回旋を調整することが出来ます。
簡単でムツカシクはありません。
でも、胸椎棘突起の動きをトレースするようになると、ちょっと変わってきます。
それが分かるようになると、胸椎の変位を調整することが出来るようになります。
これは、ちょっと練習が必要になってきます。

今月の土曜スクールは骨格調整。
スクール生も数回目という方が多く、卒業生と骨格調整専科の方もセラピストの方だったので、かなり早く進むことが出来ました。
なので練習と繰り返しをすることが出来ました。
何度も練習することで、手順を覚え患者さんの感覚が分かるようになります。


来月の土曜日は基本手技。
基本に戻ってからだをゆるめる手技を練習します。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月29・30日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月16~19日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>


Img00009

Img00004

フェッテ・アテール

患 : アラセゴンでディベロッペする時なんかぜんっぜん違うんですよ。
    楽にね
    す~っと上がるんです。

僕 : そうすか

患 : ええええ 
     ドゥバンも全く違うし・・・

僕 : へ~

患 : アラベスクはね・・・
    背中が硬いからね~
    ちょっとまだなんですけど。

僕 : そこですよね~
    でも今日はかなり違うと思いますよ。

患 : ほっホントですか?

僕 : ええ
     たぶん

患 : うっわ~
    今から午後のレッスンが楽しみ。

午前中の患者さんだった。
最初、とにかく全身が鉛というか粘土のような身体で武装してこられたのだったが、ここ数回はタラコのような感触になりつつある。
血液が流れてるんだな~と言うのが分かるようになって来た。
最初はひょっとして・・・この人は・・・ホントに血液が・・・
ははは
それは冗談ですけど。
数回、いらっしゃるうちに、バレエレッスンでの自分の体の感覚の違いが顕著になって来て、上のような会話になったという訳だ。


スプリッツなんっか センセ
ッス~~~ッ ですよ。


とおっしゃる。
良かった良かった。
その、患者さんと話をしていたら、こんなことをおっしゃった。
「あの、片足でアテール・ルルベ・アテール・ルルベってしながら、ピルエットを連続して回るのあるでしょ。」
はあ、たぶんフェアテって言うんだと思うんです、と僕。
僕も過去にレッスンでやっていたことがあって、そのフェアテってのを聞き間違えていて『てあて』って聞いて、それに引っ掛けて整体院の名前にしたんですよと言うと。
「そ~なんですか、だ~からてあてなんですね。へ~」とのこと。


でも、良く考えてみたら、フェアテはフェッテ・アテールってことだろうと思うが、フェッテアテールだったらその”片足でアテール・ルルベ・アテール・ルルベってしながら、ピルエットを連続して回るアレ"ではない気がしてきた。
フェッテって片足の膝から先を回す運動ですよね。
32回転とかやるやつ。
でも、僕が思っていたのは、5番からルルベして片足パッセで(アンデオール)ピルエットしたら、また5番アテールになって続けるアレなんです。


間違っっちゃったかしら・・・


どなたかご存知なら教えて下さい。


(今日はバレエな方向けの語彙でお送りしました。)


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月29・30日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月16~19日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

スクール・スケジュール

スクールのスケジュール(>>>)を更新しました。
毎週の授業内容・名古屋教室の日程・セミナーなどです。


ところで、数日前から富士山が綺麗に見えるようになりました。
富士山が見えると季節が変わったということを感じます。
もう秋というか冬ですね。
関西に住んでいたので、二月堂のお水取りで春の気配を感じます。
まだそんなに暖かくはなりませんが、そのころから春の気配を感じます。


今日は時間があったので、珍しく映画にも行かず来年のことを考えていました。
考えているだけではと、書き出してみたら全然時間がないということに気がつきました。
どうすんべかな~
整体院のことスクールのこと個人のことなど、どれもこれもやりたいなと思うことばかり。
出来ることと出来なそうなことがあります。
しかし、出来ないと思ってしまうと出来るものも出来ないようになってしまいます。
実現性はともかく書き出すことで、走り出す可能性はあります。
しかし、これだけのことをやるとすると、時間管理ももう少しきちんとやらないといけないかなと思っています。
そこは難しいところです。


METに来ていたカイロの先生が3店舗目を出すと言っていたので、僕もやってみたいな~なんて言ったら、スクール生が、先生面倒がってやらないでしょ分院なんて(笑)・・・と言っていました。
ある意味当たっているだけに、言葉が出ませんね。
しかし、考えていない訳でもない。
でも、やっぱり難しいところはあります。
やろうと思えば出来るとは思うのですが、自分の時間を縛るために会社を辞めた訳ではないし・・・なんて思ったりもします。
それでもやってみたいこともあるし・・・なんて、思ったり思わなかったりしていました。


来年の手帳を買いました。
これで本当に年末という感じがして来ました。
来年は金色の世界地図のモチーフのものです。


世界平和目指しますっ! (^0 ^)v


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月29・30日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月16~19日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

整体

整体には沢山の種類があります。
技術的にも考え方的にも。
受ける側から見れば、時間や金額や書いてあることの違いで分かりますね。
ま、受けてみれば分かるというものですが・・・


僕の整体院はだいたい60分位で6、000円というのが基本になっています。
1回20分5、000円という先生もいらっしゃいます。
逆に60分15,000円という先生もいると思います。
それぞれにそれぞれの患者さんが居て、それぞれに満足したり今一だったりすると思います。
僕はどんな先生も整体院も、それを必要としている患者さんがいるように思っています。
10分3、000円も30分10,000円も、それぞれに考え方があってやっているからです。


僕は患者さんとお話をします。
整体師なので身体のことや生活習慣のことなども聞きますが、それ以外のことも聞いてしまうことがあります。
たまに、ナンデコンナコト話しているんだろうと思うこともあります。
でも、だいたいは患者さんと、はははと笑っていることが多いので、それも良いんだろうと思っています。
もちろん、そんな話が必要ないと思った時はしませんけどね。
ぎっくり腰の時にそんな無駄話ばっかりしていたって、お互いの利益にはなりませんものね(笑)
先ずは痛みを軽くして、それからその周りの話はするかもしれませんけどね。


整体師になりたいと言う人がいると、どんな整体師になりたいのかを聞くことが良くあります。
僕自身は今は今のような整体師になりたいと思っているので、今の僕のスキルやレベルが上がるように頑張ろうと思っていますが、そのなりたい自分がないと何に向かって努力をすれば良いか分からなくなります。
患者さんとお話するときも同じようなことを聞くことがあります。


どんな状態になりたいのか。。。


先日いらした方は、なんとかゴルフを回れるようになりたいとおっしゃっていました。
僕のその方に対する目標もそのことにしました。
今はシーズンオフなので来春には再デビュー出来るといいなと思っています。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月29・30日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月16~19日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

セミナーをやってました。

Img00004METセミナーをやりました。
今回で31回目の開催です。
これまでに、のべ240名以上の方に参加して頂きました。


今日は遠く大阪からの参加も頂きました。
カイロプラクティックを学んでいる青年。
そしてもう一人は、これから3店舗目を出そうとしているカイロプラクターの先生。
それにスクール生と卒業生がやってきました。


骨盤の調整から始まって、腸腰筋・梨状筋・四頭筋、頚椎・胸椎・腰椎の調整。
そして、今日は時間があったので、大腿筋膜張筋・腸脛靭帯や骨盤底筋などもやりました。
カイロを勉強している方は、触診を良くしているので、調整前後の変化にすぐ気がつきます。
そうなると理解も早くなりますね。
自分のやったことの結果がすぐに分かるということが良いのかもしれません。
これから整体師になろうという人は、触診をがんばりましょう。


それにしても今日はさすがにちょっと疲れました。
名古屋授業のある週の前後は、10日間授業が続きます。
東京授業3日→名古屋授業4日→東京授業3日、で10日間です。
そしてその最終日の今日にMETセミナーだったんですね。
そりゃ少しは疲れます。
それでも参加して頂いた方に喜んでいただけたようなので、疲れも心地よいものになりました。


METは今年はこれで最後です。
あとは来年になると思います。
大阪や名古屋での開催も検討していますので、未だ受けていない方は受けてみてください。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月29・30日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月16~19日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

最初に伺った時は、酷かったんですから・・・

そうでしたっけ・・?

最近、良くモノ忘れをする。
毎月来て頂ける患者さんも、何でこんなに毎月来てくれるんだろう?と思うことがある。
今日、その訳の一端が分かった。
今日は腰がちょっとぎっくり気味になりそうで怖いんです、という男性の方。
毎月来て頂いて4年半くらいになる。
身体を触るといつもよりも柔らかい感じだが、脚長を見ると左右の差が大きい。
腰椎の変位もある。
いつもは筋肉が動きにくい質の方なので、変な状態で固定されつつあるのかな・・・と思い、動いてない関節を見つけては、動きを出していく。
位置はそんなに変化はないが、体幹と四肢が"通る"感じがしてきた。
それでも腰椎と脚長は少し気になったので、位置を調整する。


はい終わり。


んん、良いようです。
と笑顔が出た。
オッケーかな。


でも、最初に伺った時は、酷かったんですよ。
今日の腰痛なんて屁(失礼)じゃないくらい。
と患者さん


エッ
ソウデシタッケ・・・?


と冒頭の言葉が出た。
そう言えばこの患者さん、ナンデ毎月きちんと来てくれるんだろう。
もう毎月のメンテは習慣みたいになっているので、考えたこともなかった。


そうでしたっけ?
と聞くと。
そうです。


だって、最初に来た時は、大学病院の各科を受診して、レントゲンもMRIも何もかにも色々検査して、結局分かったのは首がまっすぐですねってことだけで、こちらはそれでも具合が悪いんです、手足がしびれるしふらつくし肩凝りもあるし首も凝るし冷えるしで大変なんですって言うのに、もう西洋医学では手の打ち用がありませんなんて言われて、途方に暮れていたんです、あとは東洋医学くらいしかないのかなって・・・結局見放されたみたいなもんで。
と・・・


そ~でしたっけ~
そうかそうか、そうですよね、良かったですね~
なんて言いながら、やっと頭の中で思い出した。
この方、けっこう大変だったんだ~
会社も休み勝ちとか言っていたし、とにかく肩凝りというか肩の張りと痛みははもう長年だったし。
それが少しずつ取れていって、月一になってリピートしてくれていたんだな。
定期的なメンテで日常を”平気”で過ごせるようになったってことなんだと思う。


しかし、忘れるってのもほどがあるね。
こう言うことくらい覚えてても良さそうなもんだ。

そう言えば、次の患者さんも手足の痺れの男性だった。
今、そんな季節なんですかね?
しびれは辛いですからね。
ゆっくり身体の通りを良くして行きましょう。

大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月24・29・30日 
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

ヤング@ハート

僕のこと・・・


ではありません。
名古屋で見た映画です。
時間があったら是非、観て頂きたい。
元気になる映画です。


ヤング@アットハート 公式サイト >>>


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月24・29・30日 
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

帰りました。

4日間の名古屋授業を終えて帰ってきました。


今回は症例別の授業。
患者さんの症例をどうやって診て行くのか。
僕の基本的な考え方をお話しつつ、テクニック的なことや視点などについてもお話しました。
整体院を貸して頂いている元内弟子一号と、治療について・・・なんて話もしたりして。
ここのところ自分がもやもやと考えていることが、こう言うこととああ言うことのコトについて考えているんだ、ということについて整理出来たような気分になった4日間でした。
ナンノコッチャカ・・・


明日からは東京授業。
月曜日にはMETのセミナー >>>もやります。
まだ申込みは出来ますので、あっ・・・ヤバッ・・・と思った方は連絡を下さい。
ついでにダンスの身体のしくみと・・・も大丈夫です。


名古屋はしんしんと冷え込む予感のする陽気でした。
カミサンの実家のある新潟の雲に似ていました。
僕はどちらかと言うと寒い方が好きなので、コートを着てマフラーをぐるぐる巻きにし、ポケットに手を突っ込んで目を細めて歩いていました。
もうイルミネーションはクリスマス。
そんなに急がなくてもねぇ・・・


実は今年は計画は漠然としたままスタートしました。
数値計画だけは立てたんですが、諸々細かいことを決めずに突っ走ってみっかと思っていたんですね。
そうしよう、と思ってそうしましたが、僕にとっては計画は立てた方が良かったようです。
計画アル派もナイ派もいると思いますが、僕はアル派に属するようです。
なので、来年は計画を立てます。
そのために、これから少し今年の分析というか、状況を判断し、先ず少し長いスパンで考えてみて、そして来年にやることを考えようかと思います。


世の中は不況と言うことのようですが、不況も好況も自分が立てる計画の環境でしかありません。
もてる材料を使って、現下の状況に何を提案し何を提供するのか・・・
考えることは楽しいことです。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月24・29・30日 
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

今週とその後のスケジュール

11月18~21日は名古屋に居ます。
てあて整体スクール名古屋教室で授業をやっています。
期間中はメール返信やサイト・ブログ更新が遅れることもありますのでご了承下さい。
その後の簡単なスケジュールです。


11月

18日(火) スクール名古屋説明会 >>>
19日(水)                     ”
20日(木)                     ”
21日(金) ”
24日(月) スクール東京説明会 >>>
      マッスルエナジーテクニック・セミナー >>>
29日(土) スクール東京説明会 >>>
      ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>
30日(日) スクール東京説明会 >>>


12月

 1日(月) スクール勉強会(非公開)
 7日(日) 触診教室 >>>

1日のスクール勉強会はスクール生と卒業生のみ参加可能です。
他のスケジュールは募集中ですので、宜しくお願いします。

大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

三つ葉

Img00008三つ葉です。

種類は知りませんが、名古屋の東別院というところの庭に生えていたのから、種を頂いて植えてみました。

けっこう可愛いもんです。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月24・29・30日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

後方距骨

足首に痛みの患者さん。
後方距骨気味で距骨と踵骨の関節に動きがあるようなので、写真のようなテーピングをしてみました。


白テープは踵骨の動きを安定させるため。
伸縮テープは頚骨の位置を後ろに矯正。
(ちょっと無理やりだけど。)


これだけでほぼ痛みは無くなった様子。
けっこう使えますよ。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリック↑すると別サイトが開くので、一番下まで下がると申し込みできます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>


Img00004

スタイル

卒業生が開業している足利に行ってきました。
突撃隣の整体院てことで、開業した卒業生は必ず僕の襲撃にあいます。
去年の春に卒業し、ぼちぼちと整体の仕事を始めていったので、昨日までずるずると訪問が遅れていました。


いや、素晴らしい。


こんなにくつろげる空間を作っているとは思ってもいませんでした。(失礼!?)
足利自体が素晴らしい土地でしたが、それにも増して素敵な空間でした。
木造塗り壁にこだわり、畳の上での施術にこだわる。
この家が見つからなかったら、ここまで出来たかどうか・・・と仰るのも頷けます。
アプローチから玄関、施術室へと続く花と植物。
看板は壁に架けた丸看板と入り口に取り付けられた小さな案内だけ。


一階は施術・問診スペースと塾のスペースに分かれています。
以前の経験を生かして、今も夜は高校生に英語を指導しています。
朝から夕方にかけては整体の時間。
ゆっくりと問診をした後、畳の部屋で基本手技を行い、簡単な調整をベッドの部屋で行う。


塗り壁が呼吸しているようで、開け放たれた窓からは足利の静かな空気が流れ込んできます。
落ち着いた街というのはどこにもありますが、窓を開けていてこんなに静かで物音のしない空間は珍しいと思います。
この空間で脱くすりを標榜し始めてから、患者さんは口コミで増え、先月は予約をもう入れられないほどになってしまったそうです。
やっと安心して生活も出来るようになってきたので、今月からは少し人数を絞って自分に投資を始めようと思っているとのことでした。


地方都市で個人で整体院を開業する場合の、一つのスタイルがあるように思いました。
ホームページは作っていません。
チラシと名刺を作り、とにかく目の前の患者さんを一生懸命やることに専念する。
手技は沢山覚えたものを駆使するのではなく、基本的なものをきちんと丁寧に行う。
患者さんの言うことに耳を傾け、自分が出来ることは何か、患者さんには何をどうしてもらいたいか、これからどうなって行きたいのかという目標を共有する。

『脱くすり』を標榜するのは昔からの夢で、けして医療否定や薬をやめてしまえという過激な考え方ではない。
薬や手術に代表される現代医療の手の届かない部分を補完することが出来ればという切な思いゆえだと思う。
自分の信じることを患者さんにきちんと説明し、自分自身も勉強を続けていく。
そのことがどこにでもある治療院・・・に埋没してしまわないための、一番大切で重要な点ではないかと思います。
その上で患者さんを向かえる体制(院の内装・照明・場所・空間等)を整えていくことが出来れば良いかと思います。


昨日は僕自身が良い刺激を受けてきました。


Img00043Img00041
Img00045Img00046
Img00049Img00027












大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリック↑すると別サイトが開くので、一番下まで下がると申し込みできます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

コンテ

このところ週に1回くらいはコンテのクラスに行ってます。
今日は神楽坂某スタジオ。
弟子候補見習をつれて行って来ました。
先週も同じクラスに出て、実は一昨日やっと筋肉痛が抜けたところでした。


懲りない男です。


前半は体をゆるめるエクササイズ。
と思ってやってると、でんぐり返し…から首と肩と片手だけで逆立ちなんてことにも繋がります。
コンテンポラリー・ダンスなんて高尚な言い方は似合わない、楽しい動きの発見クラスです。


では、二人組で向き合って、手で相撲しましょう。
と言うことになる。
足を固定して手だけで相手を倒すあれ。
小学校の時なんかにやったことがあるあれです。
性格出るんだよね~なんて言いながら数回同じ人とやってみる。

じゃ、目をつぶってやってみて…
じゃ、相撲じゃなくて、一人がリードしてもう一人はそれに付いて行ってみて。
じゃ、役割を変えて。
じゃ、ジャンプとかも入れられる?
じゃ、目をつぶって同じことをやってみようか。
じゃ、3人でやってみよう。
じゃ、4人でやってみよう。
じゃ、2人がリードするとどうなるの?
じゃ、性格悪い感じでやってみて。
じゃ、みんなが従順な感じでやってみて。


と、どんどん続く。
小学生の遊びをやっていたと思ったら、コンタクト・インプロビゼーションになっていた。
さっすがだな~
なんて思いながら、汗をぬぐっていました。


久しぶりにあった人たちの近況と、年末の舞台の情報を聞いて、今日は帰って来ました。
やはりダンス。
身体を動かすのが好きです。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリック↑すると別サイトが開くので、一番下まで下がると申し込みできます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

先生と生徒の通訳


今日はダンスなバレエなみなさんへ。。。


今朝、バレエの指導をしている患者さんに、最近僕が作った大人バレエ組向けテキスト(>>>)について話をしていました。
結局は言葉の違いと勘違いがあるという話。


生徒さんはトウで立てませんと言う。
どうやって立てば良いんですか?と聞く。
でもね~先ず立って下さいよ。ということになってしまう。
ここに実は”立つ”ということの解釈の違いが、あります。
生徒さんはトウシューズの中で親指の爪先の上に全体重を乗っけてバランスを取ろうとします。
小学校の掃除の時間に、手の上に箒を乗せて倒れないようにバランスとったことありませんか?
あれと同じように、身体を一本の木のようにしてバランスを取ろうとするんです。
ってその先生に話をしたら。。。


???
そんな・・・


という反応。
あたりまえです。
先生は足指を縮めて親指の爪一本の上に乗ろうなんて思っていませんよね~と確認すると。
ええそうです。でもそんなこと生徒さんは本当に思ってるんですか?とのこと。
トウシューズを履くと、最初にエシャッペの練習するでしょ。でもあれ、ほとんどの大人の生徒さんは、トウで立つ練習ではなく、エシャッペというパかもしくは軽いジャンプの始まりの練習だと思っていますよ。と僕。


大人からバレエを始めた人は、トウの上に親指の爪で立ってバランスを取ろうとします。
1番に開いた足の内側を締めるようにして、トウシューズの内側をつかむようにして上に立っているのを、ただヤジロベイのようにバランスを取っているんだと思っているんです。
だから、大人バレエの生徒さん達の多くは、足の裏を使うという意識というか感覚というか発想自体がありません。
足の裏全体でトゥシューズの足底を掴んでいる、だから内股側の筋肉を使う、だから爪先の方向に乗り込んでいくような方向(脚の前側に飛び乗るような方向)には力は働かない、ももの前側に乗るという感覚ではない、ということは全然理解出来ないと思います。
同じようなことが他にもあります。
一番基本的なことでは。


バーレッスンはフロアでのバレエの練習の前の、ストレッチやウォーミングアップや筋トレのようなものだ。


と言うものです。
大人からバレエを始めた生徒さんの多くは、そんな風に思っているはずです。

1~5番でのプリエ・アップ
ルルベ
タンデュ
ロンデジャンプ
カンブレ(前・後)
ルチレ(パッセ・ルルベ)
タンデユからの軸足の移動

これを組み合わせることで、ほとんど全てのバレエのパが出来上がっているということを知りませんし、そんな風には全く思っていません。
バーとフロアは全く別のものだと思っているんです。
だから、バーは適当にストレッチとしてやって、フロアの練習(=バレエの練習)をしたい、と思うんです。
ついでに言うと、フロアで出てくる動きも全部別のものだと思っているので、バレエには大変沢山の動きがあると思っているはずです。


なんて、そんな話をしていました。
センセ~それテキストにしてっ!なんて言われてしまいました。
指導者と生徒の間を結ぶ通訳本ですね。


う~ん
考えます。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリック↑すると別サイトが開くので、一番下まで下がると申し込みできます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>
これからの整体師のための触診教室 12月7日>>>

リビング・イン・ア・ボディ

3日間、リビング・イン・ア・ボディというセミナーに参加していました。
ピラティスやフィットネスなどのボディーワーカー、インストラクター、教師養成指導者パフォーミングアーツ関係者、競技・スポーツ関係者、セラピスト、医療関係者などを対象としたワークショップでした。
内容は、ボディマッピングという人が持っている身体に対する認識と、実際の身体をすりあわせる作業を、人に指導する為のものでした。

例えば、首はどこから始まるか?
一般の普通の人は、耳たぶの下・襟足あたりから下、もしくは、あごの下あたりからを首と思って動かしていることが多いようです。
でも、実際は耳の穴を結んだ中心辺りから首の骨は始まっていて、動きもそこから始まります。

では胴体の形は?だいたい円柱?それとも卵形?
答えは卵形でした。
胸郭(肋骨で包まれた部分)は上が狭く下が広がっています。
骨盤は上が広く下は狭くなっています。
胴体の中央辺りには骨はありませんが、胸郭と骨盤の形をつなげていくと卵形になりますね。

では、腕はどこから?足はどこから?
お尻の中は筋肉?それとも内臓が詰まっている?
なんてことを3日かけて勉強しました。

正直言って知っていることばかり、というか頭では理解していることばかりでした。
患者さんにもそんなことを説明していました。
見えているものと実際の骨格・筋肉は違うんですよ・・・その違いが身体の使い方を不自由にしているんですよ・・・なんて。
でも、自分の説明と違う説明・視点を教えてもらい、徹底的に体感するという作業は代えがたい経験になりました。


これからの患者さんに活かして生きたいな~なんて思っていましたが、たぶんそれよりも、今日からの整体をする自分が変わったということが大切な3日間だったような気がしています。
今週末に大阪でも開催されます。
興味のある方はどうぞ。(>>>)

大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリック↑すると別サイトが開くので、一番下まで下がると申し込みできます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>

52-48=4


一年は52週あります。
てあてスクールは月4回あるので年48回(週)あります。
そうすると年に4回(週)はお休みということになります。
明日からの週末と月曜日がそうです。


スクール休み…


いや~
申し訳ないんですが嬉しい。
というか少し気が楽。
スクールをやりたくないということでは、もちろんありません。
ただ、毎週毎週続いていると、年に数回来るスクールのない週というのが、なんとなく気分が軽い。


それに明日から3日はセミナーを受講します。
『 リビング・イン・ア・ボディ >>> http://liab.enlighten.jp/ 』
体の使い方を指導するためのボディワークのワークショップ。
なんだか少し回りくどい・・・けど、インプットが出来るということが、これまた嬉しい。
しばらく会っていなかった仲間も参加するようだし。


ということで、3日間は連絡が取りづらくなります。
リフレッシュしてパワーアップしてバージョンアップして戻ってきます。
ので宜しく。

大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリック↑すると別サイトが開くので、一番下まで下がると申し込みできます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>

12月の触診教室

触診教室です。


12月7日(日)10:00からです。
11月2日が好評でしたので、時間を少し長くして12:00までの2時間です。
前回参加した方も今回が初めての方も、参加希望の方は申込みをお願いします。

日時 : 12月7日(日)10:00~12:00
場所 : てあて整体院(大泉学園)
料金 : 3,000円(スクール生は1000円
申込 : メール >>> teate@nifty.com
詳細 : http://homepage3.nifty.com/teate/workshop.htm

ついでと言ってはなんですが、スクール生・卒業生・手技勉強会メンバーへの告知です。
12月1日(月)16:00から手技勉強会です。
今回のお題はナシ。
自由練習・自主練習・自主トレです。
危険でない手技であれば何を練習しても構いません。
僕は居ますので症例や手技に対する質問もOK、ただし僕から教えることはないと思います。

スクール生・卒業生以外で参加希望の方も連絡下さい。
スクール生・卒業生・僕を知っているという方なら、基本的には大丈夫だと思います。


もひとつついでですが、12月29日(月)は授業終了後に大掃除を行います。
参加希望・・・というかお手伝い頂けるスクール生・卒業生はご連絡下さい。
アゴアシ付きってことになってるので、人数の確認が必要です。


ヨロシクネ

大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
 やっとテキストが出来ました。
 クリックすると別サイトが開きます。

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 11月15・17日 
てあて整体スクール 名古屋教室 >>> 11月18~21日
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>

ありがとう

2001年9月11日

アメリカであの大きな事件が起きた日、僕は新宿中央公園のすぐ隣にある会計事務所にいました。
会社(整体学校)を辞めて暫くはゆっくりしようとぶらぶらしていましたが、生来の貧乏症なのかそう長くもブラブラ出来ず、そろそろ仕事を始めようと思うという話を、懇意にしていた会計士に話していました。
それじゃ早くした方が良い、整体院のオープンは何時にしますか?と聞かれ、来月ではあまりにも早いからと、11月の大安の日にオープンすることを決めました。
組織はどうしますか?ということになり、会社を作ろうかな、ならば登記関係はお願いします、とその場で仕事の依頼をしました。
一ヶ月後に会社を登記し、同時進行で整体院の場所を探し契約し、二ヶ月後には『てあて整体院』をオープンしました。


それが11月6日。
ちょうど7年前の今日でした。


整体院をオープンした直後から、整体師入門講座とかバレエの身体の使い方などのセミナーを始め、数年後にはスクールをオープンさせました。
2005年12月28日にその年の最後の患者さんを返した後、今の整体院に引越しをしました。
直線距離で500メートルくらい、歩いても3分くらいの場所です。
最初の整体院は駅徒歩5分でしたが、北向きの窓しかない5階建ての4階で、エレベーターは止まらない所でした。
整体院をオープンする前は、整体学校(けっこう大手)で事務と開業・就職・附属治療院の担当をしていました。
整体学校を辞めて数週間はダンスばっかりやっていましたが、すぐに飽きてしまい、青山にあるクイック系の整体院で修行をしました。


昨日は丁度満7年の日でしたが、昼間はダンスのワークショップに行き、夕方から患者さんを診て、ダンス関係のテキスト(>>>)をネット販売することになりました。
象徴的だな~なんて、ちょっと嬉しくなっていました。
みんなみんな、みんなのおかげだと思っています。
患者さん、スクール生・卒業生のみんな、セミナーに参加してくれた方々、業者の皆さん、友達、家族、あと僕の周りの皆。


ありがとうございます。
これからも頑張ります。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>>
てあて整体スクール 名古屋教室 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

マッスルエナジーテクニックセミナー 11月24日 >>>
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 11月29日 >>>

大人から始めた人のための 今すぐ出来るバレエのコツと体の使い方

 『大人から始めた人のための
  今すぐ出来るバレエのコツと体の使い方』


て、テキストを作りました。
ダンスを始めて25年、整体師になって10年が経ちました。
この間、大人バレエ・ダンス組の故障を見て、テクニックの相談に乗ってきました。
こんなテキストがあったら良いのにな~と、自分自身が整体師なる前に思っていたような内容になっています。
バレエ独特の体の使い方や、発表会前の疲れないレッスン方法とか、体を柔らかくするためのストレッチ方法など、僕の持っている知識と経験は全て出したつもりです。
後は個別に診せてもらうしかありません。
遠くていらっしゃれない方や、先ずはテキストで勉強したいという方は、どうぞご一読下さい。


◆大人から始めた人のための
 今すぐ出来るバレエのコツと体の使い方
 → http://www.teate.co.jp/letter/index.html

 4,800円です。
 上のサイトからお申込み下さい。

11月 てあて整体スクール スケジュール


今月のスケジュールのお知らせです。


てあて整体スクール 説明会 >>>
  →11月15・17日

 整体スクールの説明会です。
 授業を受けて説明を聞いて下さい。
 実技はどんなものか、生徒さんの様子はどうか確かめて下さい。


マッスルエナジー・テクニック・セミナー >>>
  →11月24日(月・祝)15:00~20:00

 METのセミナーを休日に開催します。
 関節モビライゼーションとファシリテーションを併せた手技。
 なかなか参加出来なかった皆さん
 是非どうぞ。


ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>
 →11月29日(土)17:00~20:00

 今月は土曜日に行います。
 レッスンも大切ですけど、理論も楽しいですよ。
  

てあて整体スクール名古屋教室説明会 >>>
  →11月18~21日9:00~

 名古屋教室も生徒募集中です。
 卒業生整体院でやっています。
 先ずは見学から。

元気

10月29日に観た舞台の二部の作品。
『ポエティックな箱庭』
フライヤーに書いてあった言葉達が印象的でした。
作者に了解を頂いたので転載します。
皆、読んでね。

****************************************************************


元気に食べてますか。

元気に歩いてますか。

元気に感動してますか。

元気にがっかりしてますか。

元気に話してますか。

元気に笑ってますか。

元気に怒ってますか。

元気に泣いてますか。

元気だったら、ノープロブレム。

あなたが今していることは、絶対に正しい。

こっちは元気です。ノープロブレム。

あなたが遠くでがんばってると思うと、(負けられないなぁ)と勇気づけられます。

「ありがとう」っていうのも変かもしれないけど。

まっすぐで一生懸命な友だちがいることが、なんだか急にうれしくなったので。

(ますます負けられないなぁ)と思ったので。

だから「ありがとう」


****************************************************************

てことで。


『ポエティックな箱庭』

振付・構成・音編集:菊地尚子
出演:坂木眞司、塙琴、横洲良平、菊地尚子
スタイリング:川口知美(COSTUME80+)
コトバ&映像 : FLATONIC


◆ てあて整体スクール 授業体験・見学会 募集中 >>> ◆
◆ てあて整体スクール名古屋教室 >>>
◆ てあて整体スクールの様子をお知らせする学級新聞。◆

触診教室

触診教室だった。
実は第二回。
以前にも一度開催したことがあった。
でも、今回は別企画。
僕には珍しくテキストを作らないでセミナーをすることにした。
開業したばかりの先生やスク-ル生が集まってくれた。
触診は整体の基本。
手を作る、目を作ることを目的にぼちぼちと続けて行きたいと思っている。


先ず触診についての解説。
どこを触診するのかどう触診するのか。
手の当て方は、そしてそこから何を読み取るか。
練習の方法は沢山あるが、先ずは順番を決めてそこを何人も触診する。
一人ひとりの体の違いが分かってくることになる。


途中、いくつかの質問があった。
センセイ股関節はどうやって診るんですか。
センセイ胸郭はどうやって診るんですか。


股関節は体の外から触ることも出来るが、場所が場所だけに直接はムツカシイ。
大転子の位置を見て、外旋筋の筋肉テストをし、トーマステストやその変形のテストをして様子を診ることになる。
胸郭は動きを見ることで、肋横関節や肋椎関節の状態を知るようにする。
それよりも、その肋間筋の動きを出す手技をおまけに指導することにした。
一緒に梨状筋も緩める手技。


今日は何人も触診して手を作ること、そして少しだけ動きを見て見たものから判断することを練習した。
次回約束したのは全身の触診を何人もやって手の練習をすることと、膝の診方をやること。
今後は参加者を患者さんに見立てて、ケーススタディーをしていきたいと思う。
この人が腰痛だったら原因はどこか、それをどうやって見つけていくか。
同じことを膝痛や肩凝りでもやってみる。
沢山参加してくれるから出来ることをやってみたいと思っている。


■触診教室

日時 : 12月7日(日)10:00~12:00
場所 : てあて整体院
料金 : 3,000円(スクール生1000円)
申込 : メール >>>  teate@nifty.com


◆ てあて整体スクール 授業体験・見学会 募集中 >>> ◆
◆ てあて整体スクール名古屋教室 >>>
◆ てあて整体スクールの様子をお知らせする学級新聞。◆

Img00019

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »