2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ストレッチとダンスの身体の使い方セミナー | トップページ | ありがとうございます。 »

親不知

今朝、歯医者さんに行って抜いてきました。


親不知


ただいま麻酔が切れてきている途中で、非常にヘンな感じでこのブログを更新しております。
1ヶ月ちょっと前から左下の奥歯がおかしい、と気付いてはおりました。
なんかちょっとグラグラするしちょっと痛い。
ということで、行き着けの歯医者さんに行ったところ、こりゃ親不知で使っていないんだから抜くしかないですね。
とのころ。
しかし、僕はその奥歯(と思っている親不知)を使ってるんですけどね~と主張。
いや、相手の歯がないですから、とニベもない返事。
しかしね~
では、歯の周りをお掃除して、しばらく様子を見ましょうか。
ということで、結局ほったらかしにしておりました。


スクール生にも卒業生にも患者さんにもカミサンにも。
そりゃ抜くしかない。
と言われ。
そこまで言われると生来の天邪鬼が首をもたげてきて、そんなに言うなら・・・もうちょっと待ってみようか、と変な決意をしたりしておりました。
というのは半分嘘で、面倒でほったらかし・・・という状態だったんですね。
それが、一昨日くらいからグラつきが激しくなり、食事をする毎に痛みが出てくるしまつ。
今朝、起きた瞬間にコリャ抜くしかないと思って、今度は別の歯医者さんに直行しました。
アポなしです。
ちょっと待って頂ければということで診てもらうことが出来ました。


その歯医者さんも、この歯は使っていないから抜くことになるという話をされ、でも僕の主観としてはこの歯は使っていると一応主張して、でも結局は抜くことにして抜いてしまいました。
(レントゲン撮ったらちゃんとこの歯の相手の歯はありました・・・斜めだけど・・・と悪あがき)
レントゲンを見ながらの抜くまでの会話で、他の歯の状況などもお話を聞き、状況は予断を許さない感じだということに気付かされました。


セカンドオピニオンってのはやはり有効です。
どんな名医でも患者さんの診方にある方向性があると思います。
その方向と別の方向(視点)から診ると、全く別の問題が見えたりすることがあると思います。
今回は、そんなことも思ったのでした。


しかし、麻酔の取れかかってきた歯は・・・ではなく歯茎はまだ少し痛む。
しかし、なんとなくさっぱりした気分で新年が迎えられるという気分もしてきているのです。


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 1月17・18・19日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 1月20~23日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>
これからの整体師のための触診教室 1月11日>>>
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 1月12日 (2月11日名古屋) >>>
ダンスの体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 2009年1月4日>>>
ストレッチ教室 in 名古屋 1月22日、2月10日 >>>

« ストレッチとダンスの身体の使い方セミナー | トップページ | ありがとうございます。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

虫歯になったり、ぐらついたりして、歯が抜けるのは、体の歪みを整える為の自然な作用だ・・・と言ってる治療家がいましたが、どうなんでしょうね。
そう思えるような思えないような・・・。

今になって親知らずに変調をきたすということは、体が何か変化したってことでしょうか?老化とか!

失礼しました。

ふふふふふ。。。

先生、
とりあえず予後のために、
抜いちまった歯とその相方の歯に一言、

「すまん!m(_ _)m」

と謝っておきましょう。
抜いた歯もあら木先生の一部ですからね。

内弟子弐号君

そうなんだ・・・
歳なんだ・・・
なんてね。
お久しぶりです。
元気にしているようですね。
また一度遊びに来て下さい。


maoさん

そうなんです・・・
僕の一部・・・なんですけどね。
これが、抜いてみると少しさっぱりした気分にもなるもので、そこが少しフシギです。
余計なものだとは思わないですが、手放しても良いものだったのかもしれませんね。
合掌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/43524708

この記事へのトラックバック一覧です: 親不知:

« ストレッチとダンスの身体の使い方セミナー | トップページ | ありがとうございます。 »