2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 名古屋スクールでした。 | トップページ | 根本治療と痛み止め »

日本経済と無給休暇と健康と

経済が急速な悪化を続けているそうである。
○○○○の人員削減1万6千人、○○○の営業利益1兆円減のショック、契約社員の首切り雇い止めなどなど。
留まるところを知らない感じです。
15年くらい前にも同じように、リストラの嵐が吹き荒れていた時期がありました。
その時は渦中にいてあわあわ言ってましたが、今回はなんとなく蚊帳の外の感じです。

 
以前、書いたことあるかと思いますが、患者さんから”貰う”ことがない僕は、患者さんからソレを”受け流し”ているのかもしれません。
今回の社会状況も、なんとなく受け流しているようなことになっています。
それは、僕のところまで危機が迫っていないからで、自分の身に火の粉が降りかかって来たらそれどころではないよ、と言われそうです。
そうなったらそうなった時にあわあわ言うと思います。


10月くらいに聞いていた時には、年末年始はけっこう働く方が多かったようですが、ここ数週間聞いていると27日の土曜日から9連休という方が増えているように思います。
残業代を増やすよりはお休みを消化しようということなのかもしれません。
しかし9連休です。
これはけっこう長いですね。
ちょっと視点を変えてみても良いかもしれません。


今まで仕事仕事で会社にいた時間を、家にいて自分の為に使えるようになった・・・なんて思えませんかね。
どうせ頑張ったって売上の伸びには限界がある。
なら、今出来た時間を自分のために使ってみてはと思います。

時間を自分に投資して『健康』を手に入れたり、読めなかった本を読んで自分の中身をを変えてはどうでしょう。
そうすればしばらく後、この不況が過ぎ去った時に、健康と仕事のためのスキルを手に入れているということも出来なくはない。

今まで出来なかった”金のかからない趣味”をやっても良いかもしれない。
散歩はただで気分も爽快になり健康にもなる。
絵を描いても良い。
楽器の練習をしても良いし、本を読んでも良い。
古本屋に行けば100円均一で沢山良い本が並んでいます。

とにかく会社でなく自分のために時間を使ってみる。


企業の側もそんなことを考えても良いかもしれません。
無給休暇を制度にして、雇用を確保なんて出来るかもしれませんね。
無給休暇を導入すれば、全体の給与総額は変えずに雇用人数を増やすことが出来ます。
働いている人は、出来た時間を自分のために使う。
いいじゃありませんか。


そんなことも考えられる9日間にしたいですね。
不況不況とうつむいて暗い顔してても始まりません。
出来た時間を楽しく過ごしましょう。


(てあて整体院は28日まで、整体スクールは29日までやっています。)


大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体スクール 授業体験見学会 >>> 12月21・22日 
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 1月20~23日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

これからの整体師のための触診教室 1月11日>>>
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 1月12日 (2月11日名古屋) >>>
ダンスの体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 2009年1月4日>>>
ストレッチ教室 in 名古屋 1月22日、2月10日 >>>

« 名古屋スクールでした。 | トップページ | 根本治療と痛み止め »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

本当にそうですね~。

だいたい、IT環境がかなり整備されたこのご時勢、
ホワイトカラーの多くが毎日出社し、
定刻勤務する必要なんてないと思います。
そうすれば通勤ラッシュも改善するし、
いらん腰痛やうつもずいぶん減るだろうし、
何よりエコだし。

結局仕事というより、
誰にも管理されない事への恐れや、
他人と足並みをそろえる習慣から、
今の日本は出来ているのだと思います。

今までの繁栄にはそれが必要だった。
けれどもうそれだけではやっていられない。

先人達に感謝をしつつ、
私達は新しい社会へと向かわなければならない。

おそらくそういう時期に来ているのでしょう。

そう
そういう時期の始まりの始まりって感じですね。

車も化石燃料も金融証券も、制度疲労と言うより基盤が成り立たない感じになって来ているんだろうと思います。
あわてないことかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/43484176

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済と無給休暇と健康と:

« 名古屋スクールでした。 | トップページ | 根本治療と痛み止め »