2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

中高年のためのバレエ入門

大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』と言うテキストを作って半年以上が過ぎました。
そろそろ次を考えましょう…と、そのeブックを企画してくれた方からは、3カ月目くらいからお話を頂いている。
次何にしようかな~
なんて考えながら、整体のスクール生のために解剖学のテキストを作っていましたが、これがやっと今月に入って完成しました。
と言うことで、次の企画を考えました。


『中高年のためのバレエ入門』


ほとんど綾小路さんのパクリのように聞こえますが、そんなことはありません。
大人になってからバレエを始めた方のための、入門書を作りたいと思っています。
バレエ独特の身体の使い方については、もう作った訳なので、次はバレエ独特の言い回しについて解説してみようと思っています。
大人からバレエを始めると、困ることが沢山あります。
身体が硬いとか動かないとか、バレエ用語についての解説などは沢山書かれていると思います。
僕が書きたいのは、『先生が言っていることが理解できない。』って話なんです。


一番最初に驚くのは、『はい、脚を開いて下さい。』ってことでした。
バレエではつま先を外に開いて踵を内側に向けることを、脚を開くと言います。
足と足を離すことを言うのではありません。
さすがに、これは初日に覚えてしまいますが、実はこういうことが沢山あります。
それをひとつひとつ解説していこうと思っています。
今考えているのは、以下のような言葉(文章)です。
言われたことのある方は沢山いると思います。
でも、完全にその意味を理解しているかどうかは疑問ですよね。


1.お尻を締めて!
2.肩を下げて!
3.背中を下げないで!
4.頭を天井から吊るされるように!
5.身体の軸を取って下さい。(感じて下さい。)
6.腕は身体の中心(背中の真ん中)からです。
7.胸を絞めて・横隔膜を絞めて!
8.膝を絞める!膝裏をつけて下さい!
9.パッセは高く!
10.ピルエットは回らない!立つだけ!
11.プリエは座らない!
12.足指で床を掴んで!
13.顎を引いて!
14.前ももで足を上げない!
15.肩甲骨を広げて。背中を広く。
16.土ふまずを上げて立つ!
17.ふくらはぎを起こす!
18.肋骨と股関節を繋げる。身体を捻らない!
19.股関節を回して立って下さい。
20.空中ではつま先は伸びているものです。
21.プリエから伸びる時に脚の付け根を引き上げる。
22.プリエはつま先と膝の方向を一緒に。
23.プリエとルルベは人差し指の方向に上がっていく。・
24.坐骨の上に立つ。
25.肘を上げて、肘を遠くに離す。


今考えているのはこれくらいです。
他にもあると思います。
解説して欲しい言葉があったら、メッセージをお願いします。
先生の言わんとする所を説明しようと思います。



▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

早いもので。

今日は6月29日、明日は30日で明後日は7月1日。


気がつけば上期も明日までで終わりです。
うむむむむ。
いつもこうやって唸っては時間を過ごしております。
早いものです。
景気が悪いと言われて早半年以上。
そんなに悪いのかな~???などと思っていたら、結構悪い。
実際に我が身にも降りかかって来ているようです。
しかし、まあねえ。
まだ暮らしは成り立っているのでありがたいと思っております。


夏の計画をそろそろ立てる時期になって来ました。
8月にあるセミナーの案内がいくつか来ていて、どれにしようかと考え中です。
京都で開催…なんて魅力的なお誘いもあったりして、心悩ますのは楽しいものです。
セミナーやワークショップは出来るだけ参加するようにしています。
手技療法のセミナーは少なくなって来ている半面、周辺のものには参加しています。
直接関係なくても身体を扱っていることの話を聞くと、色々と刺激されたり気付かされることがあったりで、これもまた楽しいものです。


それにしも明後日から下期。
ねぇ。
早いです。


そう言えば、昨日の朝から『ぎっくり背中』のような状態で。
酷くはないのですが、気がつくとチクッと痛かったりして。
始まりを覚えているので良いのですが、そのままにしておくと、筋筋膜性の痛みなのに内蔵系の痛みなのか?って方向に変化するので不思議です。
こうやって心配は連鎖して色々なことが起こったりするんですね。
自分の不調もこうやって客観視してみると、心配になったりはあまりなくなります。


整体をやっていたら、ぎっくり背中はほぼ良好に。
ふっふっふ
明後日のジャズクラスには行けそうだな。

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー

Imgp0648


2ヵ月ぶりに『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』をやりました。
皆さんお疲れさまでした。
今回も参加された方の個人的な悩みを聞きました。
毎回、セミナー終了までに、なるべくそれに答えるようにしています。
今日聞かれた内容は・・・


・片足立ちの時の重心のおき方。
・ポアントでの軸の取り方。
・開脚180度はどうやってやるのか。
・脚が湾曲しているようだが、ポアントではどこに力を入れれば良いか。
・仕事終わりで行く夜のレッスンは、レッスンにすぐに入りにくい。
 どうやって楽しんでいけば良いか。


気がついたことがありました。
このセミナーは2006年から続いているのですが、ここに来てポアント(トゥシューズ)に関する悩みが増えてきたと言うことです。
たぶん、大人からバレエを始めて3年目くらいになって、ポアントを履かせてもらえるようになる人が増えて来たんだろうと思います。
昔ではありえないことでしたが、こんなに早く履けるようになった…もしくは履くようになった…と思います。
色々な意見がある所だと思いますが、僕は良いことだと思っています。


バレエは楽しみです。


様々な楽しみ方があるので、ポアントもその楽しみの一つとして重要な位置を占めていると思います。
ただし、気をつけないと怪我や故障に繋がってしまうと言うのも事実です。
怪我や故障を防ぐためにどうすれば良いか。
そこのところをお知らせしていくことが出来ればと思っています。


テキストに沿って説明をし、身体を動かしました。
そして、上のような質問に対してお答えして行きました。
今、読み返してみると、Iさんの質問に一部答えていませんでしたね。
でも、楽しかったと言ってくれたのもIさんだったので、ヨシとしましょうか。
もし今日の話から類推出来ないことでしたら、また連絡を頂ければと思っています。
次回東京は決まっていませんが、名古屋では8月4日(火)13:15~16:15に伏見の短歌会館で行います。
平日の昼間ですが、名古屋では半年ぶりくらいになりますので、興味のある方はいらして下さい。
( 詳しくは >>> )

Imgp0647
ターンアウトとプリエの感覚を器具を使って体感してもらっています。


▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

突撃隣の…   恵比寿加圧スタジオ rinato (リナート)

Imgp0635


卒業生の整体院に…いや、加圧トレーニングスタジオに行ってきました。
恵比寿にある『rinato(リナート)』(>>>)です。
写真右の彼が卒業生森さんです。
普段は某大手スポーツクラブでパーソナル・トレーナーとして仕事をしています。
今月から恵比寿で加圧トレーニングスタジオを始めました。
中はこんな感じ。


Imgp0628

Imgp0633


加圧トレーニングのことは聞いていましたが、どんなものかついでに体験させてもらいました。
ほんの入り口でしたが、おじさんは大変なことになってしまいました。
恥をしのんで写真を公開させて頂きます。


Imgp0638

Imgp0642

腕や脚の付け根を縛ることで血流を制限し、乳酸が溜まりやすくすることで軽い負荷でトレーニング効果を上げようとする…らしい。
ついでに成長ホルモンの分泌も促されるようで、トレーニング効果や女性にはアンチエイジング(お肌)にも良いらしい。


で、やってみましたが、これは面白い。
腕の付け根を縛って手をグーパーするだけで、手がシビレてきます。
この状態で2キロダンベルでアームカールとエクステンションをやってみる。
20回やって10秒くらい休んで15回。
簡単…なはずなのに、15回の最後の5回は腕が動かなくなってくる。
疲労感はないのに筋肉が疲労しているのが分かる。
脚の付け根を縛って、足指を閉じたり開いたり、足首を曲げのばしする。
太ももの筋肉がパンパンに張ってくる。
この状態でスクワットをする。
スクワットはやりやすい。
筋肉にテンションが掛かりやすいので、スクワットの動き自体はやりやすくなる。
が、腕と同じで筋肉の疲労がすぐにやってきて深く腰をおろしにくくなる。
出来るのに筋肉が動かない感じ。
僕らの年代が大好きな『やった感』がすぐにやってくる。
これは、好きな人は好きだな~と思う。
あっそしてちょっと怖い。
腕や脚を縛って身体を動かしていると、何だかどこかがプチッと切れてしまいそうな不安を感じました。
でも、そのためにトレーナーが隣で見ていてくれるということなんですね。
安心安心。


森さんは某スポーツクラブではナンバーワンのパーソナルトレーナーです。
個人に合わせてたトレーニング方法やストレッチの方法も指導してくれます。
彼と一緒にやっているスタッフも、同様の経験と実績のある方と聞いています。
非常に勉強熱心な方で、整体の技術や知識も取り入れているとのことでした。
恵比寿で夜11時までやっているようなので、加圧トレーニングを体験したい方はどうぞ。
6・7月は入会金や料金が割安になっているようです。


恵比寿加圧トレーニングスタジオ rinato(リナート)

 営業時間 平日 10:00~23:00
 土 15:00~20:00
 休館日 毎週日曜日、年末年始
 住所 〒150-0012
 東京都渋谷区広尾1-1-28リースランド広尾2F
 TEL:03-6805-3719(セッション中はお受けできません)



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

重力ピエロ

なんとなく俳優陣の名前を見て『重力ピエロ』(>>>)を観に行った。
吉祥寺バウスシアター
ここは、場末って雰囲気で安心して映画を観ることが出来る。
映画は…
後味が良くなかった。


僕が映画に求めるのは後味の良さ、なのでこれはいまいち。
後味の良さはハッピーエンドとは違う。
良い人が出てくると言うのも違う。
清々しさが感じられるかどうか。
元気が出るかどうか。
僕にとってこの映画はその範疇にはありませんでした。
でも、良い映画でしたよ。
色々考えさせられる映画でした。


帰りに時間があったので井の頭公園まで足を延ばして、ひるびーるをやってみました。
公園の奥にあるペパカフェ。
ここは半オープン・カフェのようになっていて、のんびりするのに良いのです。

Imgp0621 Imgp0625

2敗目を飲んだら少しぼーっとした。
Imgp0622


昨日は良いお休みを頂きました。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

う~ん 寂しい

マイケル・ジャクソンさんが亡くなった…らしい。


寂しい。


先日、忌野さんが亡くなった時にも感じたことだが、どうも寂しくていけない。
ありがとう…やりたいことをやりつくしたんだから…とか、亡くなっても心にいつまでも残っている…とか、そんな風には思えない。
もうその肉声を聞くことが出来ない。
過去の声や歌しか聞くことが出来ない。
もう"新しい"彼に会うことは出来ない。
同年代だからなのか、どうも寂しくていけない。


マイケル・ジャクソンさんは僕と同じ年の生まれ。
キング・オブ・ポップと呼ばれ、子供のころから世界的な歌手として活躍していた。
歌は別格。
ダンスについても、彼は新しいシーン・時代を作り出したと言っている人がいる。
彼の前まではフレッドアステアの時代。
ヒップホップを日本に紹介したのも、彼のビデヲが最初だったと思う。


あああ
それにしてもな。
しばらく冬眠して70歳くらいになったマイケルの、マン・イン・ザ・ミラーとかヒール・ザ・ワールドとかBENとかアイルビーゼアとか聞きたかったな。


ご冥福をお祈りいたします。

ああすればこうなる !?

正解があると思っていたのは20世紀病…と言ったのは橋本治さんだったか。
ああすればこうなる…なんてことはない、と言ったのは養老先生だったと思う。
最近、ああすればこうなると思っている人が多いように思う。
かく言う僕もその一人だった…と過去形で言いたいと思っている。


整体の質問をスクール生や開業したばかりの卒業生や知人から受けることがある。
○○な患者さんが来たらどうしますか?
A=Bではないので、○○だったら□□と決まっている訳ではない。
スクールではそう言うことを口を酸っぱくして言っているので、○○な患者さんが着た時に気をつけるべきことを話したりする。
???と頭の上にフキダシが飛び出して、首をひねる人もいるが、そりゃ~やっぱり目の前で患者さんを見ないと何とも言えまへんがな。
整体スクールを入学検討している人の質問を受けることがある。
腰痛の人には腰をモミますよね…、痛みが出ている時にモンだりして問題はないんですか?なんて聞いてくる。
そこんところ教えてもらえるんでしょうか、なんて聞かれる。
『腰痛=腰をモム』とイコールで結ばれているらしい。
『腰痛=腰を触らない』だったらまだしも、症状別に手順が決まっていると思っているようだ。
そんなことはありません。
症状別に手順が決まっているのなら、皆こんなに苦労して勉強したりしやしません。
ああすればこうならないのが人の身体なんです。


安心したいのは分かります。
僕もそうだったし今も少しそうですから。
でも、ああすればこうなると言うことはありません。
残念ですが、ああしたらこうなる?んだろうかと考えながら、ああしないといけない時代です。
そしてこうならない場合に、どうしよう?と悩みながら続けていくことが大切ですね。


でもその点、身体はある程度ああすればこうなるので安心です。
離婚の危機(>>>)を克服するため、今日も空き時間にダンスレッスンに行ってきました。
ちょっと身体が硬く右股関節に違和感があったので、早目に行ってストレッチを十分やってから踊りました。
気をつけて少しずつゆるゆると身体を緩めて行きました。
ダンスはジャズ。
コテコテなので楽しく踊ることができました。
終わってストレッチ。


開脚してゆっくりと身体を前に倒し、両手をついて呼吸を止めずに背中を伸ばしていきます。
頭の方向に背骨をゆっくりと引き延ばして、太ももの力を抜いて上半身の体重が股関節を回転(屈曲)させるのに任せていました。
しばらく(30秒くらいかな)すると身体が少し前に倒れます。
来た来た。
もう一度呼吸を楽にして背中を頭の方向にゆっくりと引き、股関節の力を抜いてももの力も抜いていきます。


着いた。


胸がゆっくりと床につきました。
写真がないのが残念ですが、1年ぶりくらいに胸が床にくっついてベッタリと開脚することが出来ました。
念のため、ゆっくりと起き上がって股関節を緩め、もう一度開脚ストレッチを行いました。
で、またくっついた。
僕の個人的な経験則ですが、6月は一番体が柔らかくなる月です。
いつもサボってばかりいますが、6月だけは開脚ストレッチで胸が床につくことがあります。


身体はああすればこうなるんですよね。
ある程度。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

東京で一番旨い中華そばと『骨』展

Imgp0580

板橋区大山にある『伸龍』さん。
板橋文化会館の斜め前にあります。
ここには僕が東京で一番旨いと思っている中華そば(500円)がある。


Imgp0581

Imgp0582


手打ちラーメンて書いてあるのに、メニューには中華そば500円とあります。
サラリーマン時代板橋区役所そばで働いていた時に来ていました。
さっぱりした東京醤油ラーメンです。
麺は手打ちと言うか手もみのような感じで、幅も厚みも太さも長さもまちまちで、1本の麺のこっちとあっちでも太さも厚みも幅も違います。
だから茹で時間がちょっとでも長いと、薄い麺や細い麺はペロペロになってしまいます。
それでも麺自体の味が好きなんですね。
そして昔ながらの醤油味。
とてもほっとする味です。
最近増えている背脂ギトギト系やとんこつ系や色々こってり系などとは違い、さらさらと食べられてしまう旨さが好きです。
とにかく麺が美味しい。
たまに行きたくなる味ですね。


■ 伸龍 ■

東京都板橋区大山東町22−1−101
℡ 03-3963-2404‎
東武東上線 大山駅北口徒歩3分


と、ここは和光市にある卒業生整体院(>>>)に行った帰りに寄った訳ですが、全く関係ないんですが『骨』展にも行ってきました。

Imgp0569

六本木にある21‐21DESIGN SIGHT(>>>)でやっています。
『骨』展と言っても、解剖で扱う骨ではなく骨をイメージした作品群の展示になっていました。
実際の骨もダチョウの骨格と、蛇や何種類かの哺乳類の骨格写真がありましたけどね。


全て面白い作品だったんですが、中でも映像を使った作品が好きでした。
照明の前に立つと壁に自分の影が出来るんですが、その影に骨のような縁取りが出来ていきます。
動きは処理されて時間差で現れ、骨もそれにつられて動いていきます。
骨と言っても骨格ではなくて枠踏みみたいな感じですけどね。
面白くて一人で照明の前をうろうろしてしまいました。
ちょっとポーズを作って見たりして。
踊りの作品に使いたいな~なんて思いますね。


今日は東京は31度になるとか。
日差し対策と水分補給をしましょうね。

膝痛

またまた整体スクール授業風景です。
何をやっているのでしょう。


これと
Imgp0607


この検査で
Imgp0610


だいたいの膝痛の原因が分かります。

膝はももの骨(大腿骨)の下側(遠位)と、すねの骨(頸骨)の上側(近位)あたりのことですね。
コレが膝というピンポイントでは言えない部位です。
ま、身体のどの部位も同じようなもので、コレがソレですと言えるものはほとんどありません。
例えば『肩』ってどこでしょう。
首の付け根あたりから腕の付け根あたりのことですね。
ココが肩と言えるポイントはありません。(ココ"は"肩と言えるポイントはあると思いますが。)


そうなると、膝の故障は膝辺りのことだけを考えていても、良くなりませんね。
ももの骨の下側の問題は、ももの骨全体の位置や動きと関係します。
ももの骨全体の位置や動きは、股関節や骨盤の位置や動きが関係していることになります。
これは仰向けになって、股関節を動かしてみれば(膝を持ち上げてみれば)わかります。

同じように、すねの骨の上側の問題は、すねの骨全体の位置や動きと関係します。
すねの骨全体の位置や動きは、膝関節でのすねの骨の位置や動きと関係します。
これはうつ伏せになって、膝を動かしてみれば(膝を曲げてみれば)わかります。

それぞれの動きをみて、痛みが出ている側と痛みが出ていない側の違いを比べ、痛みが出ない動きに合わせるようにすればよいということになります。
もちろん、これだけで良くならないこともあります。
でも、ほとんどの膝痛にはこれで対応することが出来ます。
大切なのは、それを発見する目を育てるということです。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ストレッチ

Imgp0606

二人で並んで立ちます。
一方の人がもう一方の人の肩に手を置きます。
肩に手を置いた人は、そのまま頭を下げ反対の手を床に伸ばしていきます。
写真のような感じになりますね。
床に伸ばした手が床に近づいたところで、反対側の肩に置いた手を離して床に伸ばします。
前屈をすることになりますね。


あ~ら不思議。


こうすると、最初から前屈したよりも、より深く倒れることが出来ます。
何故でしょう。
色々考えられますが、僕にこれを教えてくれた人は『人は本来的に人を信頼している。だから肩に手を置くことで安心感が生まれ、筋肉が緩みやすくなるのではないか。。。』と言っていました。
それを聞いた僕は、たぶん胸椎の回旋と屈曲が同時に起こるので、それが関係しているのでは、と言いました。
どちらも本当なのかもしれませんね。


整体スクールのストレッチの授業の一コマです。
整体スクールでは腰痛や肩こりなどを改善する施術方法を勉強します。
でも、整体院に来る患者さんは、それだけでは満足しません。


自分でもどうにかしたい。
痛みが出ないようにストレッチやトレーニングをしたい。
予防したい。
と思う方が多いものです。
僕ら整体師としても、『なるべく整体に通わなくて良い身体』になってもらいたい。
『自分でなんとか出来る時は自分でなんとかして欲しい』と思ったりしています。
そのために、ストレッチの方法も勉強します。
上の写真はストレッチではないですけどね、人の身体は割合に簡単なことで変わりますよと言うためのデモンストレーションです。
手品みたいなもんですね。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

携帯が使えません。  追記

携帯の調子が悪い。
というか故障だなこりゃ。


今朝、雨の中をカッパを着て、ずぶ濡れになって整体院に来たんですが、鞄は雨で中までびしょびしょ。
携帯も濡れてしまいました。
直後から、勝手に住所録の登録画面が出るようになり、それが終わったと思ったら、今度はいくつかのボタンを押しても応答しなくなりました。
決定ボタン(と言うのか)が効かないようになってしまったので、メールを見ようと思っても上手くいかないし、返信を書こうと思っても書けない状態です。
色々、あっちこっち押したりしていると、たまに反映されたりするので、困っています。
今来たメールには電話をして返事をしたのですが、ご迷惑をおかけすることになるかもしれません。


これを読んだ方はメールはPCにお願いします。
teate@nifty.com
です。


ご迷惑をおかけしますが暫く宜しくお願いします。




(追記)

修理に出してきました。
修理が上がるまで代替機を持たされています。
当然のことながら使いにくい。
さっきメールを打ってみたが、倍くらいの時間がかかってしまった。
電話が掛かって来たら出られるんだろうか。。。

引き続き暫くご迷惑をおかけします。

すまぬすまぬ

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

まだ間に合います。

ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー …  やります。


バレエを習っているんだけど、どうも言葉の意味が分からない。
大人から始めたから、理由が分かって身体を動かしたい。
先生が言っていることは、なんとなくは分かるけど、もう少し詳しく聞いてみたい。
初めて1年以上経つから、今更聞けないことがある。
そんな皆さんの疑問・質問・不安に答えます。


ほとんどの方は大人からバレエを始めた方です。


バーレッスンでの身体の動かし方は分かります。
1番5番でも一応立てます。
でも、軸を意識して…?とか、背中を落とさないで…?とか、床を踏んで…?とか、そんな言葉の意味がいまいち分かりません。
フロアで身体を動かしていると、どうしても前ももに力が入ってしまいます。
脚を高く上げたいのに、前ももを使わないでとか振り上げるとか言われます。
正直言うと、言葉は理解出来るけど、それを自分の身体でどうやってやるのかが分かりません。
もう2年もやっているのに身体が硬いと言う方。
どうやってストレッチすれば良いのか、スタジオの皆は最初から柔らかかったみたいだし…


そんな方が多く参加されています。
まだ間に合います。
来週の日曜日、午前中に開催します。


ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

日時 : 6月28日(日)9:00~12:00
場所 : てあて整体院(西武池袋線 大泉学園駅3分)
料金 : 15,000円
内容 : 簡単な身体の仕組み(解剖学)
      ダンスの身体の使い方
申込 : メール >>>
講師 : あら木(現代舞踊協会会員・整体師)

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

思考の整理学

外山滋比古さんの著作。


『思考の整理学』 >>>


を読んだ。
1983年刊行の本だ。
パソコンが一般に普及する前、携帯は自動車電話と言われていた時代。
海外との連絡はテレックスを使っていた。
この時代までとこの時代以降は『情報』と『通信』については全く違った状況になっている。
自分の思考を整理していく方法について、エッセイの形式で書かれている。
分かりやすい。
大学生が読んでいると言うのも分かる。


一番最後のチャプターに、コンピュータが出てきて知的活動の中心がずれること、これに伴って教育に求められることが変化してくることが書かれている。
全くその通り。
しかし、指導内容は未だほとんど変わっていない、と言うのが現状のように思う。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

てあて整体院・サテライトルーム

てあて整体院には部屋がいくつかあります。
施術用には3部屋を使っていて、僕は2部屋で1部屋が問診や調整をする部屋で、もう1部屋は床で整体の基本手技を行う部屋です。
そしてもう1部屋、デシベヤ(弟子部屋)と呼んでいる部屋があります。
ここでも基本手技と調整が出来るようになっています。
この部屋がいまいち…と思っていたのです。


何とかしたいな~


と思ってもう3年。
やっと重い腰を上げて模様替えをしました。
最初はこんな感じの部屋でした。

Imgp0583

Imgp0584


そこにこんなものを購入してまいりまして。

Imgp0585


で、こんな風に滑り止めを敷いたりして。

Imgp0586


そしたらこんな感じになりました。

Imgp0587

Imgp0588


お遊びで、間接照明を点けたりしてみたら。
こんな感じになりました。
これで整体はしませんけどね。

Imgp0605

Imgp0604


ちょっと落ち着いて良い雰囲気になりました。
『すっきり整体』の患者さんも、ゆっくりと身体を休めて頂けると思います。




■てあて整体院 >>>

 練馬区東大泉1-26-12-507
 (西武池袋線 大泉学園駅北口3分)
 ℡ 03-3922-7230 
 mail : teate@nifty.com

 すっきり整体 4,000円(月火曜日だけ)
 整体施術   6,000円(初診の方は別途初診料あり)


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

出張隣の整体院 ~ アティック整体院

Imgp0578

昨年末に、てあて整体スクールを卒業し開業準備を進めていた佐藤先生が、整体院をオープンしたと言う連絡を受けました。
卒業生の整体院にはどこでも必ずおじゃまして、色々とうるさいことを言っているのですが、今回は先月オープンしたアティック整体院におじゃまして来ました。
アティック整体院は東上線和光市駅から徒歩3分という便利な場所にある整体院です。
駅から近いにも関わらずとても静かで、電車の音も聞こえず落ち着いた雰囲気の整体院でした。
入り口が少し分かりづらいのは玉に傷ですが、それも慣れてしまえば問題はありません。
中はこんな感じ。

Imgp0575

Imgp0576


佐藤先生はサラリーマン経験もあるので、じっくりと話を聞いた上で、個人に合わせた施術を組み立ててくれます。
また、小さな整体院ですが、女性スタッフも常駐しているので女性の方にも安心して利用して頂けます。
予約制ですから他の患者さんとバッティングすると言うこともありません。
日頃の疲れや腰痛・肩こり・膝痛など、なんとかならないかな~と言うような症状はどんどんご相談下さいとのことでした。
今日は僕自身も少し疲れていたので、基本コースを受けて身体が軽くなって帰って来ました。


■アティック整体院

 和光市丸山台 1-10-10 アントワープ305
 ℡ 048-487-8851
 mail : attic_go@sky.plala.or.jp

 営業時間は10:00~20:00
 基本コースは6,300円ですが、現在はオープン記念特別料金でやっています。
 料金についてはお問い合わせ下さい。


ところで、『アティック』って何なんでしょう。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ハゲタカ

日本のこんな映画も面白いかと思って観てきました。


ハゲタカ >>> (音が出ます)


全体のストーリーは面白いと思うのですが、投資ファンドの仕組みやTOBや買収・合併などについて、実際の動きや仕組みには全く触れられなかったのが残念。
説明的になると面白くなくなるのは間違いがないですが、情緒的にすぎるきらいはあると思う。


15本目

臓器移植法改正案 衆院通過

昨日、臓器移植法改正案が衆院を通過しました。
この後、参院で審議され採決されて法律として成立するかどうかという所に来た。
新聞やTVなどのメディアで報道を読んでいて、色々なことを考える人が多いと思う。
僕もその一人。
人の『死』の定義や臓器移植の是非についても様々な考えがあると思う。
新聞を読んでいて違和感を覚えたことがある。


脳死は人の死かどうか…について。
脳死は人の死ではない、と僕は思う。


何故か。


新しい概念が出来る時、新しい言葉が生まれる。
同様に新しい言葉が出来る時、新しい概念が生まれる、と考えられる。
であれば、死という言葉の代わりに脳死という言葉が出来た時、死ではない概念が出来たと考えるのが普通だろうと思う。
脳死は条件付きの死ということになる。
であれば、今回通過した法案に書いてある、脳死は一般的に人の死という解釈は、このままにしておくと今後も問題が出てくる可能性があると思う。
僕自身は脳死はやはり人の死ではないと思っている。


もう一つ。
二大政党を標榜する両党はともに、この改正案が個人の死生観にかかわるとして党議拘束をかけなかった。
不思議なことだ。
今回扱っているのは法律上での死についての判断であって、個人の死生観に関わる死の問題ではない。
と思う。


臓器移植を希望する人がいて提供を希望する人がいるのであれば、それを可能にする法律を作るということについては、僕自身は是とする意見を持っている。
ただし、自分自身については移植も提供も受けないと思っている。
難しい問題ではありますが、避けては通れない問題でもあると思います。

ジャズダンス

一昨日に続いて、これも久しぶりのジャズダンス。
スポーツクラブのクラスとは言えあなどれません。
知人のダンスの先生の昔からの友人が指導しているクラスに行ってきました。


今日はコテコテのジャズ。
レイニー・ブルースだかレインディ・ブルースだか、とにかく懐かしさ満載のリズムアンドブルースの曲にのって、本当にコテコテのジャズを踊って来ました。
ダンスをやったことのない方には分からないと思いますが、やったことのある方には分かる。
あの70年代80年代の、まったりしたと言うか、引きずるだけ引きずると言うか、粘っこいと言うか、とにかくアフタービートで音を目いっぱい使って身体をうねらせながら踊るアレです。
踊っていらっしゃる方々も、その年代に青春を謳歌された方が多いようで、全く違和感なく踊っているのが面白かった。


こう言うのは良いですね~
何も考えずに汗を流せる。
僕は人知れずカッコウ付けるのは好きですが、人前で人様に分かるようにカッコウ付けることは普段はしません。
ところが曲がダンダダンダダンダダンダヅッダダダ~ン♪、なんて掛かるとつい人の目を無視して踊ってしまいます。
ちょっと間が空いたので、踊る前の身体は重いんですが、踊ってしまえば軽くなります。
後は夜までもつのかってところですね。
でも、しばらく続けていれば動く体力も戻って来ます。


腹のアレが気にならなくなるまでは、ちょっと頑張って続けようと思います。

博多ラーメンにおける紅ショウガとコショウについての一考察

確か内田先生の『態度が悪くてすみません』の中に書いてあったように思うが、読後に何度探しても出てこない。
こんなことが書いてあった。

 
自分独自(オリジナル)だと思ってやっていることは伝統的なことが多く、伝統的なことだと思ってやっていることは独自のものが多い。

 
だったかな。
ようするに、独自性を追求していくと伝統的になり、伝統を踏襲して追及していくと独自のものが生まれる、と言うことらしい。
確かにそんなものだろうなと思う。
このところ、整体の手技のことが良く話の俎上に上がる。
何故なんだろうと思っているが、たぶん開業したり勉強を始めたりしてしばらくすると、そんなことを考え始めるらしい。
僕自身もそうだったと思うし、今もそんな傾向がある。


何やってんだろう。。。
と自問する瞬間があるということですね。
当然。
答えは出ない。
ただ、言えることは来て頂いた患者さんに満足してもらうということ。
これがけっこう間違いやすい。
開業したばかりだと尚更だ。
自分の満足と相手の満足を混同してしまうことがある。
『健康』という割合と一般的な概念を扱っているからだとも思う。


だって、腰は痛くない方が良いし肩だって痛くない方が良いでしょ。
でも、相手が求めていることが別だったら。。。


福岡で屋台のラーメンを食べたことがある。
豚骨白濁スープに棒麺が入っている。
僕が行った当時、出来あがったラーメンに紅ショウガを乗せコショウを振って出してくれた。
それが博多ラーメンだと言えばそれまで。
でも、最初に出された時は驚いた。
何の前触れもなく、ラーメンに紅ショウガはどうなんだろう…と思いましたね。
もちろん、美味しかったのでそれで良しなんですけどね、
紅ショウガは具のひとつとして成立すると思うんですけど、コショウはどうなんだろうとか。
一般的にはテーブルの上に『どうぞ』と置かれていますよね。
不思議でした。


ちょっと話がそれました。
でも、開業して最初にする間違いは、ここらあたりが多いようです。
腰痛で来たのに肩コリに手をつけてしまう。
先ずは腰痛で良いんではないかと思う。
健康が一番と考えすぎると、患者さんの生活を否定してしまったりもします。
不健康は良くないとは思いますが、世の中には方便ということもあったりして。


で、何だっけ。
そうだ伝統はオリジナルに繋がるって話。
開業する方が増えていると思いますが、先ずは教えられた通りに独自の方法なんて考えずにやってみてはどうでしょう。
そうやってやっていると、熟練したころにはあなただけのそれが出来るようになると思います。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

出張隣の整体院 in 名古屋 ~ 江本施療院

Imgp0552

名古屋で開業した整体スクール卒業生の整体院に行ってきました。


江本施療院 >>>

名古屋市昭和区山手通 2-7-1
コートハウス201
℡ 052-832-5955


地下鉄名城線の八事日赤駅から徒歩3分の、とても静かな環境の良い場所にあります。
中はこんな感じ。

Imgp0541

他にも写真を何枚も撮って来たんですが、どうもデータ量が大きすぎてダメみたいです。
もっとパソコンのことを知っていれば、何か対策もあるんでしょうが、今回はこの写真だけでご勘弁を。

本当に環境がとても良くて、窓の外には大きな木の緑が見えベランダにも植栽があり、広い道路から少ししか入っていないのに車の音がほとんど聞こえない。
2回で外階段だからすぐに上がってくることも出来て、中の様子も写真の通り落ち着いた雰囲気です。
床に琉球畳を敷いてその上で整体の施術をします。
整体を受けられた患者さんが、床に座ってひとしきりお話をされてから帰ると言うのもうなずけます。
日々の疲れを癒しに、また原因の分からない調子の悪さを調整しに行くには最適ですね。


江本先生
がんばって下さい。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

離婚の危機!?

あああ~
それはまずいわね…


と妻


あっああ
まっまあでもさ


と僕


一昨夜、風呂に入ろうと思ってTシャツを脱いだ所を、見られてしまいました。

いやいや

別に

キスマークとかそんなのがついていた訳ではないのです。

腹がね。

少し

こう

膨らんで来ていると。

おへその周りが、マシュマロチックになっているというだけなんですけどね。



冒頭のような会話となった訳です。
荒木家では結婚当時の契約事があります。
ハゲは赦すがデブは赦さんというものであります。
頭髪問題は問題にしないが、腹周りの脂肪層関係については、離婚を検討する条件にさせて頂く、というのがその契約事となっています。
だから笑いごとではないのです。
ま、逆に言えば…ね…ってこともあるんですが。


そんなことで、昨日。
再開されたシアタールーデンス(>>>)のダンスクラスに行ってきました。
少し首肩と頭が痛かったんですが、そんなの気にしてはいられません。


例によって忍者訓練が始まりました。
床に立って横に倒れたかと思ったら、肘で腕立て伏せをし、そこから反転して片足を天井に上げて向きを変えて立つ。
数歩歩いたと思ったら、脚を振り上げてフェッテ。
反対脚でジャンプして位置を変えたら、左右に揺れた流れで床をゴロゴロ。
四つん這いになったらそこからジャンプ。
反転して仰向けに四つん這いになった所から、頭を中心に反転。
片脚を上げて蹲踞の姿勢から膝周りをして倒れる。


なんてことをやって来ました。
そうすると翌日の肘はこんな感じになります。

Imgp0568

離婚の危機を乗り切るため、しばらく頑張ります。

がまの油

役所さん初監督作品とあれば観ない訳にはいきません。


『がまの油』 >>>


導入部分を観ていて
???これで大丈夫。
このまま引っ張っていって大丈夫なの。
と思いましたが、さにあらん。
全然大丈夫なのでした。


なんともイイ作品です。
色々な観方をすることが出来ると思います。


悲しいのか面白いのか。
ふざけているのか真面目なのか。
踊らされているのか踊っているのか。
開いているのか閉じているのか。
生きているのか死んでいるのか。


14本目

図解 手を添えるだけで、骨の歪みがなおる!

療術師である吉田邦夫先生の本。


『図解 手を添えるだけで、骨の歪みがなおる!』(PHP研究所 1,300円) (>>>

を読んだ。
分かりやすい。
ご自身の体験をもとに体系化された方法だが、中にも書いてある通りオステオパシーの考え方とベースを同じにしているらしい。
骨格調整を勉強したことのない整体師は、この方法であれば安全簡単なので施術にも使えるように思う。
(えっ?と思うかもしれませんが、様々な方法があるので、そんな整体師もたまにいらっしゃいます。)


値段のことを言ってはいけないが、そう言う意味でも一読の価値あり。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ひるび~る

キル・ビルではありません。


昼 ビール …  です。


飲みたくなるんですよね~
最近。
昼からビールをね。
くぃっとやりたくなります。
いつのころからと考えてみたら、去年、50歳になったのを機に解禁してみたんです。


昼ビール


昼からアルコールを摂取することについては、まあ、罪悪感と申しますかなにかそのジイ行為のような(あっ昼から失礼)後ろめたさのような、そんな感じがあったりする訳ですね。
ナンデでしょう。
ある種に属する人々にとっては全くもってカンケ~ネ~ってことらしいのですが、僕が所属している種族ではなんとなく後ろめたい感じは否めない訳です。
楽しいことだからなんですかね~
それとも、大人だけに赦されたことだからなんですかね~
でもまあ、昨年くらいからたまにお天道様がいる内にビールを飲んだりすることが、ほんとにたまにあるようになりました。


昼にビールとなれば、サンドイッチと言うのが僕の定番なんです。
???と言う人もいますが、サンドイッチとビールは本当に合います。
と思います。
特にきゅうりだけのサンドイッチなんかもう、最高です。
ちょっとカラシが効いた薄いサンドイッチをパクリとやってのむビールは良いですね。
そして出来れば木陰が良い。
ついでに風なんか吹き抜けてきたらもう・・・ね。


しかし、今日は仕事です。
今度の休みにはちょっとどこかで昼ビールと行きたいと思います。

Dance seed 2009 ~ わたくしの森羅万象 ~

ブリック・ワンに行って来た。
ダンス・シードという名前だけは聞いていた。
友人からの紹介の舞台だった。


『第三の視点』と言うことを考えた。
舞台を作る者としての自分と、踊る主体としての自分の二つの視点だけで舞踊作品を作って良いものか。
そこに観客という第三の視点のあるなしによって、作品世界は大きく違った見え方をする。
今日見た4作品のどれがとは書きたくないが、いくつかの作品に観客の視点を無視したあるいは想像できない作品があった。
もちろん、自分の中にある心象風景や感情の高揚失墜を、身体表現に還元することも一つの方法だとは思うが、それだけでは、自閉的な印象しかのこらなかったり、元グラビアアイドルが転職して登場した浅草の劇場を思い出してしまうほかない。


ダンスシードという名の示す通り、習作試作から作品へという謳い文句にあるように、実験的な作品群だったと思うので、それぞれに感想を書きます。


『 廃墟のセピア 』   木村真理子作品
見せたいものが美なのか醜なのかが明確になっていなかったように思う。
"前衛"という、その当時の最先端という、今となっては矛盾を孕んだ言葉を思い出す。

『 Okichi 』   しずか作品
病的なもの個人に内在するオリのようなものを見せられたような、覗き見をしてしまったような気分になる。
前半、殆ど後ろ向きに、あるいは顔を見せないようにしていた効果が不明。

『 demonstration 』   afterimage - c
青年の抱える焦燥感・飢餓感・羞恥と言った独特の感情や場面を、音・映像・ダンスを強引に引っ張りながらダンサーが繋げることによって表現した作品。
疾走感があり、か弱さがあり、強引さがあり、軽さがあり、若さがあり、男性性もあり、展開も意外性もある素晴らしい作品でした。
僕はこの作品で元気をもらいました。

『 ツンドラ 』 Nomade-s振付作品
物語を紡ぐという意味で完成された作品。
オーケストラが奏でる印象派の絵画を見ているような気分になった。
静かに転換する場面や役割の流動的な変化など、方法論のしっかりした作品だったと思います。

名古屋で勉強会

Imgp0556_2

卒業生の整体院をお借りして、名古屋で初の勉強会を開催しました。
雑魚寝になって手技の練習をしています。
中に一人、てあてスクールでは教えていない手技を練習している人がいますが(誰でしょう…)、それも御愛嬌です。
『危険でなければどんな手技でも練習して良い。』と言うのがルールです。
セミナーや他の学校で勉強してきた手技や方法についても練習をします。
隣の部屋でも別の手技を練習していました。(↓)

Imgp0558

この勉強会は最初、内弟子をやっていた卒業生が言いだして始まりました。


センセイ、知り合いと練習をしたいんだけど場所を借りても良いですか?


ってことだったと思います。
色々なセミナーや集まりに出て行って得た知識や、その時練習場所や相手がいないと言っている者同士で、自然発生的に出来たものでした。
その内弟子君が独り立ちした後、それを引き取って勉強会という形で継続しています。
もう3年くらいになるかと思います。
僕の知り合いの整体師や治療家・学生の方々などにも声を掛けています。
東京ではナンデモアリの勉強会だけでなく、講師を呼んでアレキサンダー・テクニークのイントロワークショップやピラテスの入門ワークショップ、解剖学のセミナーなどもやったりしています。
名古屋でも今後そんな展開が出来たらなと思っています。
あの人とこの人を繋げたいっていう願望があるようですね。僕には。


終わって皆で昼食を食べに行ったら面白いことを聞きました。
目の前の生徒さんがちょっと口ごもっている。
どうしたんですか?と聞くと、センセ~こんな話大丈夫なんですか?と言う。
こんな話って?と聞くと。
他の療法を持ち上げるような話や、てあて整体で指導していない内容の手技療法を解説したりし合っている、というのが不思議だったようです。
他の学校を卒業した後に入学して来た方なんですが、この業界はかなり排他的な雰囲気の先生が多いと言います。
自分の療法は正しい…とこれは良いんですが、"だから"他の療法はダメとか良くないとか言う先生が多い、なのにここの生徒さんはセンセイの前で他の療法の話を楽しそうにしている…と。


それはだってそうですね。
自分のところ"だけ"が正しいなんてことはなくて、殆どの療法は患者さんがいて結果が出て今まで継続してあるものです。
であれば、それは結果を出すことが出来る、患者さんにとってニーズのある療法だろうと思います。
僕はやっていないし、てあて整体スクールでもやっていないけれど、必要とされるものだと思います。
ってなことでね。
だから、他の療法を勉強することも奨励しています。
勉強はいつまでも続けることですから。


ただひとつだけ。
開業してしばらくは『何かひとつの方法』を追及することです。
『何かひとつの方法』が身に付いて身体の一部になるまでやることです。
そうすれば、何かを語る言葉を得たことになると思います。
基準と言っても良いかもしれませんね。
それを持っていれば、沢山の勉強をすることは有益です。
それを持っていなければ、目標なく基準なく羅針盤のない航海を続けることになるかもしれません。
ははは
ちょっと熱く語ってしまった。


Imgp0559

秋には名古屋でもアレキサンダーのワークショップを考えています。
しかし、在校生がモデル立ちをしているのは何か意味があるのだろうか…


■東海地方の開業卒業生

 ・ここから整体院 >>> 金山にある女性専門の整体院
 ・整体屋 しみず >>> 可児市の整体院、ストレッチ・ヨガも学べます。
 ・江本施療院 >>> 八事日赤の静かな整体院
 ・整体 ハスハナ >>> 千種駅3分の女性専門の整体院(携帯サイトです。)


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

触診教室 7月5日

触診教室(>>>)のお知らせです。

7月5日(日)10:00から11:30まで、てあて整体院で触診教室を行います。
もう毎月恒例になっていますが、人の身体の触り方、患者さんの身体の診方の練習をやります。
このところ全くの初心者の方や体を使う他の仕事をされている方からの申し込みがあります。
どうしようかな~ 
と考えている方も、どうぞいらして下さい。

また、毎月来てくれているプロの方もいますので、整体師やカイロプラクターの方、柔道整復師の方なども、どんどん来て下さい。
いらして頂いた方の要望に沿って、内容を変えていきたいと思っています。
基本は、体の触り方、触診をして何が分かるのか、指の練習、などです。
参加費は3000円。
申し込みはメールでお願いします。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

『橋本治と内田樹』『態度が悪くてすみません』

『橋本治と内田樹』(筑摩書房 1,890円) >>>

橋本治さんと内田樹さんの対談本。
内田さんは最近、むやみやたらと本を出す。
しかも対談本が多いように思う。
ここ数年怖ろしい数の本を上梓しているが、橋本さんはその上を行く多作の人だったようだ。
僕は橋本さんのことは、変なセーターを来ているおじさんで、東大のタテ看を描いた人だと言うことくらいしか知らなかった。
絵とコピー(止めてくれるなおっかさん…)が印象的で、以前はTVでもたまに見かけたが、最近はとんと見なくなったと思っていた。


どうやら内田さんは橋本さんのファンらしい。


他の対談本と比べて、とにかく内田さんがしゃべっていない。
受け答えが『はあ』とか『へぇ』って感じで、そこが逆に内田ファンの僕としては面白がって読み進んでいました。
文章は対談を本当にそのまま文章にしたようで、読みづらく理解不能のところもあるが、どうしても止まらなくなって読み進んでしまいました。
内容は…これまたすごい。
今回の本は『あら木はバカだ』とは書いていなかったので、少し安心。
しかし、橋本さんと内田さんの対比はとても面白かった。


『態度が悪くてすみません』(角川書店 760円) >>>

内田樹さんの本です。
様々な所に書き散らした(!?)エッセイ集のような読み物です。
題名に騙されて(笑)購入。
一気に読みました。
こういう本を暇つぶしに読むというのはいかがなものか…などとも思いますが、暇つぶしには最高の本だと思います。

内田さんはまあとにかく、様々な命題について哲学的な論考をし明晰にきっぱりと説明されるのですが、それが一般人には分かりにくいな~と思っていると、ただ一言で『だってそれは面倒じゃん』とか、そんな分かりやすい説明をしてくれるので助かります。

『私のハッピー・ゴー・ラッキーな翻訳家人生』ってのが面白かった。
後ろ向いて舌出してるくせに、前向くと糾弾に対しては完全に論破する。
ホント~に態度の悪い人だ(笑)

備忘録のことを以前は美貌録だとばかり思っていました。

書きたいことが沢山になって来ました。
頭の中にわらわらと湧いてきて、しばらく放っておくと、どこからか漏れて行きそうです。
名古屋で授業をやり合格者が出て、勉強会をやってきました。
そして、名古屋卒業生の整体院に突撃隣の整体院をやってきました。
と、こんなことをやっていたら、整体を教えると言うことについて…と整体ってことについて、何だか書きたくなって来ました。


どうも、僕は人の書いていることや言っていることを聞くと、???ホント~?と疑問に思ってしまうようです。
いけない性格ですね~と思いつつ、しかし肯定からよりも否定や疑問から新しい考え方や理解が生まれるような気がしたりして、いつもそんな風に考えたりしているのです。
それと最近2冊本を読みました。
相も変わらずの作者を追っかけているのですが、面白かったのでこれも紹介したい。
しばらくそんな話題をお待ち下さい。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

帰って来ました。

名古屋から帰って来ました。
月曜夜以降に頂いたメールには、返信や資料を送るのが遅れたりでご迷惑をおかけしました。

スミマセン

明日、早々に取り掛かります。
宜しくお願いします。


今回は名古屋で初の勉強会をしました。
卒業生を含む8人が参加。
皆の顔を見ていたら、なんだかちょっと嬉しくなりました。
みんな一生懸命なんですよね。
しかも楽しそうにやっています。


整体はヘラヘラ出来るものではありません。
患者さんの身体を預かる仕事です。
身体とは究極的には命です。


でも、楽しく勉強することは勉強の方法としては一番良い方法です。
そこから柔軟な発想も出てくるし、意欲も目標も出てきたりします。
開業した卒業性が4人もいて、色々と刺激された方も多かったと思います。
僕自身も沢山の刺激を頂いてい来ました。
来月もやろうと思っています。


頑張りま~す。

9・10日は名古屋です。

6月9・10日は、てあて整体スクールの名古屋教室で授業を行っています。
期間中は連絡が取りづらくなると思いますので、宜しくお願いします。
 

今回は名古屋で初の勉強会もやります。
何だかちょっと楽しみです。
こちらは先月開業した卒業生の整体院をお借りします。
授業見学希望の方はメールでお申し込み下さい。
授業は朝9時から昼まで、金山にある卒業生整体院・ここから整体院でやっています。
( メール >>> ) 



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

一生懸命

昨日の卒業生もそうだったが、今日も頑張っている別の卒業生からメールが来た。


開業して2年。
1年目くらいから芽が出てきて、昨年くらいから毎月予約が埋まるようになってきた。
今日のメールでは6月の予約ももう一杯になったという。
二人ともアラフォーと呼ばれる年代の女性。


共通しているのは『頑張っている』ということだと思う。


最近、頑張らないと言うのが流行のようになっていやしまいかと思っている。
そんなに頑張らなくたってイインダヨ。。。
なんてみんな優しくなってしまった。
この前TVを観ていたら誰かが、歯を食いしばって頑張ります。と言っていたのを新鮮に聞いたような気がする。


思うんですけどね。
みんな頑張ろうよ。
頑張って頑張って、それでもがんばって。
で、たまに休めばイイジャナイカと思います。


頑張る時にはコツがあります。


笑いながら頑張ることです。


うつむいて無口になって頑張ったって力は出ません。
よっしゃ~っ!と気合一発。
笑い顔で突っ走ってはどうでしょう。


けっこう元気が出てくると思います。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月8・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 6月7日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

卒業生からのメール

去年、実家の埼玉に帰ってきた卒業生。
二人の子供を抱えて三重県から通って来ていた主婦だ。
(あっ旦那さんも一緒です。はい。)
実家で出張を始めたがなかなか芽が出ない。
少し前には随分と弱気なメールも来ていたが、昨日になって元気なメールが届いた。
がんばれば、この不況でも患者さんは増えるんですね。
了解をもらったのでメールを転載します。


*********

荒木先生、

お元気ですか?
7月の勉強会と解剖のテキストについてのお知らせありがとうございました!

お蔭様で、5月の患者様の延べ人数は74人で、希望の時間が空いていなくて 断った方を含めると80人を超える予約が入りました。
5月まで1人2時間の施術 時間だったので1日4人ぐらいしか施術できない為、希望の方全てをさせて頂く事ができませんでした。
6月からは1人1時間40分ぐらいにさせて頂き、5人ぐらいできるようにしたいです が・・・。
急に患者様が増えたので、自分の体がついて行かないようです。

糖尿病の患者様の血糖値や血圧、そして体重まで下がりその方が、健康ランド友達の方々にお話したのが患者様が増えた理由のようです。
この方は血糖値を下げたくて来られていたのでは無く、初めは五十肩がきつくてでした。
結果として3週続けて通って頂きよい結果が出ました。

整体の世界に入って早や2年、(勉強を始めて)本当に毎日が勉強です。
大変な事もたまにはありますが、とにかく毎日楽しいです!

基本手技は特にお年寄りに気に入って頂いている様で、患者様の平均年齢は70歳を 越えていると思います。
腰痛、肩こりなどの痛みだけでなく、多くの高血圧の患者様の血圧も安定してきて多くの方に喜んで頂いております。

本当に荒木先生のところで学べて幸せだったと思っています。

ありがとうございました!


*********

この卒業生にはいつも元気をもらう。
いつも笑顔でどんどん歩くというイメージがある。
僕も頑張ろうと思う。


■埼玉県北埼玉郡の整体院

 整体院くらく >>>

 ページはこれから増えていく予定だそうです。
 お近くの方はどうぞ。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月8・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 6月7日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

フリスラ

Imgp0472_2

フリスラ(>>>)って知ってますか?
コレ↑なんですけどね。
バランストレーニングや体幹トレーニングに使われるらしいんですが、これ、バレエの練習にとても良さそうです。
知り合いから聞いて、買ってみました。
うちの整体院にはバーがあるので、バーにつかまってフリスラに6番に立ちます。

Imgp0476


そのままターンアウトしてみたり、プリエしながらターンアウトしたりしています。

Imgp0477

Imgp0475


『お尻を締める』って言われて、どうすれば良いか分からない方なんかには良いのではないかと思います。
結局、お尻を締めるのではなくて、下肢をターンアウトしていく運動をしていると、お尻が締まったような状態になるってことなんです。
床の上に靴下で1番に立って、そこから足裏全体を滑らせて(つま先を外・かかとを内)いくとターンアウトしていくんですが、この感覚をつかむのに丁度良さそうです。


使ってみたい方は言って下さいね~


▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月8・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 6月7日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

結局は1番で立てているかってことにつきるのかな…

Sa391007_2

昨日のリベンジで、スポーツクラブのバレエレッスンに行ってきました。
午前中の短いクラス。
やや初級より上って感じの内容ですが、動きは単純でカウント(とは言わないかバレエでは)も単純。
前横後横の繰り返しなので、バーについては全然オッケーって感じでした。
実はバレエのレッスンはずいぶん久しぶりなので、ちょいと心配はしていたのですが、なんとか無難に出来ました。
で、考えていました。


『力を込めないこと。』
『胸を張ったり顎を上げたりしないこと。』
『脚は常にターンアウト方向に運動を続けること。』
『肩を張らないこと。』
『肘を下げないこと』
そして『自由に楽に』なんてね。


でもそれ全部やるのは難しいことなんですね。
一つ一つ確認しながらやるのは無理だと思います。
ひとつひとつではなくて全部一度にです。
全部一度にという表現が無理なら、それらは全部同じひとつのことをやった結果です。


結局は1番で立てているかってことにつきるのかな…と思います。


1番で立てれば。
脚の筋肉はターンアウト方向に動き続けています。
そうすると、お尻から太ももの裏・内側にかけては、引き締まったような状態になります。
この状態のままで、膝を緩めて踵を持ち上げるとプリエになります。
(踵は床につけたまま、踵を持ち上げる動きを脚でする…ということです。)
膝を曲げないで股関節を少し緩めるとタンデュが始まります。
足裏で床を押して立っているのを、足指と足指の付け根で床を押して立つとルルベになります。
タンデュで前に出した脚の股関節を緩めていくと、ロンデュジャンプしていきます。


1番で立てれば。
上半身は胸を張らず背骨の上に頭を載せるだけ。
そうすれば前にも後ろにも反らない。
両足重心のまま股関節を緩めていくとカンプレに繋がる。


考えだせばきりがないですね。
結局は1番で立って、バーにつかまった最初に決まるんだなとかなんとか考えていました。
いつも患者さんやセミナーで説明していることをやってみていました。
基本に忠実に立つことに意識を置いて力を抜いてやっていました。
そうすると以外に動けるものだということに気がつきました。
レッスンに出ている皆さんを見ていても、結局は立てる人が動けていたようでした。


結局は1番で立てるということ。
脚をターンアウトさせて、余計な力を抜いて立つということ。
立っていて動いていないように見える姿勢ですが、その時の身体の中でちゃんと動きが出来ているか、筋肉の方向性があっているかということが大切です。
止まった中に動きのある姿勢から、次のステップが生まれるんだと思います。
タンデュに出す脚は、出す時に踵から出すのでもターンアウトするのでもなく、ターンアウトし続けている脚を前に出したら踵が出て行ってターンアウトするもの…なんだろうな~と思います。


言うは易く
行うは難し


その前に僕はストレッチから。

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月8・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 6月7日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

それが出来りゃ~世話はない。

合わない振りってありますよね…
ソユ時、どうしますか?
振りってのはダンスの振り付けのことなんですけどね。


最近、いつも行っているスタジオにレッスンが無かったりとか時間が合わなかったりとかで行けていない。
こりゃマズイと思って、こう言う時はスポーツクラブのレッスンに出たりするんですね。
1時間くらいのジャズだと、気分良く身体を動かせてくれて、汗も出るし緩むしで丁度良いのです。
ところがですね、たま~に合わないことがあるんですよ。
その…振りが。


今日がそれ…だったんです。


何とゆ~か、合わないんですね。
振り付けが悪いということは100%ない訳です。
ひとつひとつの動きが出来ないということもありません。
ステップは初級から中級と言ったところだと思います。
それくらいだったら僕もなんとか出来る訳です。
そして、無理な動きだということもありません。
知らない動きでもない。
振り付けが長すぎて覚えられないということでもない。
動きが嫌いってことも特にない。


ただ、カウントは合わない。
合わないってのは失礼な話で、カウントは先生が決めるものだから、その通りやりゃ~良い訳ですが、それがどうしても身体に入ってこない。
自分のカウントとは違うと思ってしまう。
自分のカウントにすると周りの人とは違ってしまって、そうならないようにどこかで合わせようとしたりする。
そうこうしている内に、ステップは次にすすんでいるので飛ばしたりして帳尻を合わせる。
むむむ~と頭の中に???マークが並び始めると、次は動きのことが気になる。
この動きはこうやりたい…なんて思ってしまうと、モウダメ。
足が止まり始めたりする。


振りは分かる、繋がりも分かる、でも"その"カウントで出来ない、もうちょっとこうやって動きたい。


そんな不遜なことを思ってしまう。
と、もうどんどんドツボにはまります。
振り付けが繋がってコンビネーションを踊る段になると、回数を重ねる毎に動きが繋がらなくなり小さくなってきます。
一発目が一番踊れる。
変なヤツです。


コマッタコマッタ


さてこれ、何でなんだろうと考えてみています。
たぶん、ひとつのスタジオで長く踊っていたので、自分の中に何かルールのような動きの質のようなものが出来あがってしまっていて、それに合わないと、微妙な違いなのに、ものすごい違和感を覚えてしまうってことがあるようです。
でも、振り付けは振り付けです。
なんとかしたいと思うのです。
自分のクセや習慣に固執することなく与えられたものをそのまま動いてみる…
なんてね。
それが出来れば世話はないんですが。


先ずは無理やりにでも入れるってことかな。
振りを。
そして繋げる。
動いてみてやってみて、それでも違和感があるかどうかなんですよね。
って言うか、違和感がなくなるまで踊りゃ~良い訳です。
そうですそうです。


と、言うことでまた行こうっと。

建具屋さん

センセ~ 今、何やってるんですか?
時々そんなことを聞かれます。
その時々によって答え方は違いますが、今日の答えは。


建具屋さん。


どうも建てつけが悪いから、調整してんですよ。
あっちこっち押したり引いたりしながら。
なんて答えました。
いつも来てくれている患者さんだったので、僕が整体師だってことは知っている(!?)し、整体に来て調子が悪いのを良くしてもらいに来ているってのも知っている"はず"なので、こんな答えになりました。


ナンデ足指ノシビレナノニ腰ナンダ???


って顔していたので、だってカンナの歯を出す時って、反対側から叩いたりするじゃないですか。
あっちの調整するのにこっちを引っ張ったりもするんですね~
なんて、結局、分かったような分からないような答えになっていました。


整体師は建具屋さんのような仕事だと思うことがあります。
建具屋さんは大工さんが作った家の中に、ぴったりはまるドアや障子なんか作ったり備え付けの家具を作ったりするのが主な仕事ですが、そのドアや障子や家具がガタついていたり建てつけが悪くなったりした時の修理(修繕)をしたりもします。
すでに家の中にあるものを調整して、今の家にぴったりはまるようにするのも仕事ってことですね。
そこにあるものを取りかえるんじゃなくて、そのまま少し調整して使いやすくする。
なんとなく整体師に似てると思いませんか。


どの状態が一番調子が良いんだろう…なんて考えながら調整していくのは楽しいもんですよ。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月8・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 6月7日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

キヲツケマショウ





6月です。




なんとなく忙しない春が終わって、初夏がやって来るな~って印象です。




初夏と言っても、もうすでに先月くらいから夏みたいでしたけど。




解剖学のテキストもなんとかなったし、次は手技の教科書DVDでも作ろうかと思ったりしております。




今度は半年もかからないようにしたい。




それに整体院のHPも新しくしたいと思っていたのでした。




色々なことを考えていると、色々なことを忘れてしまうので、いったい何を先ずやるべきなのか分からなくなったりして。




でも、まあ今月からは、忙しなくだけはしたくないなと思ったりしています。




気をつけないと、忙しなく休んだりしてしまいますからね。








キヲツケマショウ。








▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 6月8・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月9・10日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 6月7日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー 6月28日(日) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »