2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

今日はおやすみ

久しぶりの休みらしい休み。
何も予定がない…と頭では思っているので、患者さんに紹介された展覧会のはしごをする。
ギャラリーSTAGE-1(銀座)で開催されている『第2回天の川展』と、青山のワタリウム美術館(>>>)でやっている『アロイーズ展』。


『天の川展』は本当に小さなギャラリーでの作品展で、患者さんも作品を展示していた。
Nさんの作品は創作の人形で、現代美術作品が並ぶ中では一番親しみやすく感じましたが、同時にオリジナリティーを感じる唯一の作品でもありました。
こう言う作品展は難しい所があるな~と少し思ったりした。
作品の傾向が作家さん毎にあまりにも違うので、安心して見るという感じではなかった。


地下鉄で外苑前まで移動して、増田屋でざるを一枚食べ、ぼちぼち歩いてワタリウム美術館へ。
『アロイーズはアウトサイダーアートの女王です。』と言われて見てきましたが、確かにそんな印象を受けた。
数年前に原美術館(>>>)で、ヘンリー・ダーガーの展覧会を観たが、その時のことを少し思い出していました。
強烈な色の印象、そしてその色がとてもビビットで美しい、なのに何か寂しさのような満たされなさのようなものを感じる作品群でした。
彼女は精神的な問題を抱えていたようですが、そのことが物事を見るということに与える影響はやっぱりかなりあるように思いました。
ピカソが求めた状態を無垢のまま与えられたと考えるのは、ちょっとうがった見方なのかもしれない。


見終わって、あのキラーストリートを歩いて原宿まで散歩をすることにした。
出てすぐの所に、美術写真本の専門店のような本屋があって、中に入るのもはばかられるような敷居の高さを感じたので、入り口前のワゴンに山積みされていた本をパラパラと立ち読み(見)した。
何冊か見たけど、とても面白く、こんなのにハマったら大変なことになるな~と思って、手に取っていた本をあわててワゴンに戻しましたね。

つい買っちゃうんですよ。
重たい本で良かった。
昨日のレッスンの筋肉痛が無かったら、今ごとひ~ひ~言いながら持ち帰っていたところでした。


原宿に着いて思い出しました。
今は夏休み真っ只中。
ファストファッションのお店の前は人だかりで、今日は平日なのに何故?とか思いながら、しかしおぢさんは早々に引き揚げるべきだな…と副都心線に乗りました。
そして今、整体院に戻ったところ。
途中池袋でビールを一杯ひっかけて来ました。
今日はもう帰るばっかり。


さて、明日からまた頑張ります。

マース・カニングハムさん

マース・カニングハムさん(>>>)が亡くなられました。
ご冥福をお祈りいたします。


カニングハムさんはモダン・ダンスの最後の巨匠と言われた方でした。
僕自身は15年前に来日公演があった際に、一度作品を拝見しました。
当時、75歳くらいだった彼は現役で、舞台の後ろの方で動いていたのを覚えています。
作品は単調な中に動きと構成を見せて行くと言うようなもので、華やかさはありませんでしたが緻密で芸術作品の持つ重厚さがあったと思います。
ただ、正直に書けば、当時でも少し"懐かしい”と言う印象だったのを覚えています。
それはたぶん、彼が新しく作った時代が、また新たに彼のような要素を生み出し、新しい時代を作っていったと言うことなんだろうと思います。
マーサ・グラハム舞踊団で頭角を現し、独立してジョンケージと共同作品を作り、フォーサイスやピナ・バウシュだけでなくローザスのケースマイケル等にも影響を与えたと聞くと、現在のダンスシーンの展開を最初に切り開いた方だったんだなと思います。


ピナや忌野さんマイケルなどに続き、カニングハムさんも…と聞くと、20世紀が終わっていく感じがしてしまいます。
やはり寂しいですね。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

090725_152301_3

何かの間違い…ではありません。
三重県の県庁所在地『つ(津)』です。
東海地方在住の方にはあたりまえですが、その他の地方にお住まいの方にはちょっと変わった地名なのではないでしょうか。
たぶん日本で一番短い地名だと思う。


関西地方では、短音の言葉を発音する時に、同じ音を続けて言います。(と思います。)
一般的なのかどうかは分かりませんが、三重県北部ではそうでした。
例えば、『つ』は『つぅ』と言います。
『絵』は『えぇ』で、『字』は『じぃ』です。


なんかそんなことを思い出していました。


そう言えば、坊主(髪型のね)のことを、こちらでは『ぼ~ず』あるいは『ぼーず』と言いますね。
でも、三重県北部では『ぼぉず』あるいは『ぼおず』と言います。
『ぼ』の字を伸ばすのではなく、『ぼ』の母音である『お』を強調して伸ばすんですね。
なんででしょう。
とそんなことを思った訳ではありませんが、数日前にほとんどボ~ズのような髪型にしました。
割合に評判が悪い。
カクガリ?と患者さんに言われたりして。
こうなったら、本気のボオズにしてやるか…

なつやすみ

昨夜はダンスレッスン。

忍者修行と呼んでいるクラスに行って来た。
月木とあるこのクラス(>>>)、月曜の方に良く出ているのだがたまに木曜にも出る。
月曜よりは木曜の方が忍者的な香りが濃厚に漂う。
昨日は月曜なので、ダンス的な何かを感じつつ踊る…ことが多かった。
のに、最近は床運動が多くあっちへごろごろこっちへごろごろ、ぐるっと回ってお尻を着いたと思ったらそこから1回転して長崎平和像みたいな格好になり、そこから肩肘を着いて肩に乗って行きながらお尻を持ち上げ、戻って来たら半回転して床に飛び込んで横回転する…以下続くって感じの振り付けだった。


振り付け(バレエだとアンシェヌマン!?かな)ってすぐに覚えられるものですかね?
僕は最近、忘却は記憶の彼方へ…の人なので、何物かを覚えるということは非常に苦手なんですが、動きだけはなんとか身体に入って来ます。
でも、入ってくるだけで出来ないことの方が多い。
ようするに分かってるのに身体が言うこと効かない状態ですね。
ああ楽しい(泣)。
最後の振り付け(ここのクラスではフレーズと言います。)は5~6回は通します。
だいたい、最後の1回になってやっと全部通して動けるようになっていいます。
ま、動けるようになるだけで言い訳ですが、最後は順番は出来るけど身体が鉛になって軽くない状態で終わりです。
昨日もそんな感じ。


終わって、先生とお話をしていたら8月はクラスはお休みだと言う。
何で?と聞くと、舞台の新作本番もあるが、その後、カンボジアに言ってワークショップをやり作品を作ってくると言う。
何でカンボジア?と聞くと、JCDNさんの企画で行ってくれと言われたから…だと言う。
去年はインドネシアに言っていた記憶がある。
お身体にだけは気をつけて下さい気をつけてもしょうがないけど…などと戯言を言って帰って来ました。
8月15日に『ダンスがみたい!』(>>>)で観ることが出来ます。
『Creation 2009』と言う作品で、久しぶりの新作です。
日本のコンテンポラリーを語る上では外せない…と形容詞のつくカンパニーです。
まだチケットはあるようなので、なつやすみを利用して是非どうぞ。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

3年

Imgp0726_2

Aさん  おめでとうございます。


てあて整体スクールの認定整体師の誕生です。
Aさんは2006年秋の入学でした。
あれから3年、ずいぶんと頑張りました。
途中、2回ほど事情があって休学する時期がありましたが、なんとか卒業までこぎつけました。
本当に良かった。


彼女は最初からかなり筋が良い方でした。
数回練習をすると出来てしまう。
でも、これが落とし穴になります。
こう言う場合ほとんどの方は、数か月すると自分が何をやっているか分からなくなります。


あれっこれでイイのかな?
本当にこれで合っているの?
大丈夫なのかな?
先生は全然注意してくれないし?
間違っているんじゃないかな?
どうやってやれば良いんだろう…


とこんな感じになります。
そんなことを考えていた時に、授業を休む時期が重なったりして少し苦労しましたが、ここまでくれば大丈夫。
3年やれば身体に染みついています。

3年と言えば桃。
今日、山梨から来ている生徒さんに桃を頂きました。

Imgp0728


柔らかくなってからでも美味しいんですが、硬いうちに食べて下さい。
と言われました。
今日帰って硬いうちに食べてしまいたいと思います。
僕もモモは硬いのが好きです。
シャリっとするくらいの硬さの爽やかで柔らかい甘みが好きですね。
そう言えば昨日は生徒さんからシュークリームをもらってしまいました。
なんだか皆さんから頂き物ばっかりして、ありがたい限りです。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

夏休み

宮里藍選手が海外の大会で優勝したようですね。
おめでとうございます。
高校生でプロ大会に優勝し学生中にプロ宣言をしてプロゴルファーとしての道を歩き始めた…と言う点では、石川君と非常に似た経験をしていると思います。
この二人に共通していることは、とても素直だと言うことだと思います。
そして笑顔が可愛い。
これ、プロ選手としてだけでなく人としても大切なことだな~と、昨夜TVを見ながら思ったものでした。


先週
整体スクールの名古屋教室の卒業生からメールが来ました。
練習会をしたいので名古屋関係の人にメールをしたいとのこと。
僕の方から連絡をして皆で集まって練習会をすることになったようです。
良かった良かった。

僕が居ないところでの練習会は、本当は気をつけなければいけない部分もありますが、その心意気が嬉しいじゃありませんか。
なんと言うか師匠冥利につきるってもんです。
来週はもう名古屋で授業があるので、その時のチェックをビシビシしたいと思います。


来週からもう8月。
今週からほとんどの学生の方は夏休みですね。
8月はかなり変則的なスケジュールになっていて、整体の患者さんにはご迷惑をおかけしています。
予約がなかなか入りにくく、どうしても土日や夜から埋まってしまい勝ちになります。
空いている日はぽっかりと空いているので、ダメモトでメールを下さい。
数回のやり取りをすれば、必ず予約を入れられます。
夏休み明けや8月下旬であれば、まだ予約は入ります。
連絡をお待ちしています。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

人は変われる

『人は変われる』(高橋和巳著 三五館)


こう言う本はあまり読まない訳ですが、人間50にもなると色々と考えるところもあったりして、手にとってしまいました。
30歳代でこの本が納得出来て腑に落ちる人はいるんですかね~
自分の時のことを考えると全然無理ですが、しかしそんな人もいるのかもしれません。
40歳代なら沢山いるのかもしれません。
僕はこの歳になってやっとなんとなく…て感じです。


30歳ぐらいになるまでに人は大人として、世界と自分についての解釈を獲得するが、40歳、50歳になったとき、その解釈は少々古くなりはじめる。
つまりそれまでの解釈では説明出来なく・納得出来なくなる。
そこで、その古い解釈を変えるために、人間には3つの能力が備わっている。
一つは自分から離れることが出来る能力、次は絶望することが出来る能力、最後が純粋性を感じる能力。
でね…


と言うような内容でした。
特に88~9ページ、122~3ページは、なるほどな…と納得と言うかうなずいてしまいました。
こう言う本は、タイミングが合わなければ全く無意味ですが、タイミングが合えば様々なことが霧が掃われるようになる可能性のある本だと思います。

8月 セミナー

8月のセミナー等お知らせです。
 

・ダンスの身体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 >>>

 → 8月4日(火)13:15~16:15


・触診教室(東京) >>>

 → 8月9日(日)10:00~11:30


・痛みと痺れの解剖生理学(東京) >>>
 (ページの下に記載されています。)

 → 8月23日30日(日)10:00~13:00


・骨格調整専科(東京) >>>

 → 8月2日9日23日30日(日)
    16:00~20:00 計4回


いずれも募集中です。
この機会にどうぞっ!



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月26・27日、8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

帰って来ました。

実家の四日市から奈良に行って帰って来ました。
本日、電車の中に7時間くらい居た計算になります。
これくらい電車に居ると運動不足…ではなく


冷えです。


鉄道各社バカじゃないの~


長袖のカットのTシャツの上にカーディガンを羽織っていましたが、身体の芯から冷えました。
乗車している人の服装とか、声の大きい人への対応だろうとか、そんなこと考えていたら脱力するくらいに気が抜けてしまった。
今日は帰ってゆっくりお風呂に入って温まります。


男子諸君も長袖の羽織モノと襟に巻くストールは常備しましょう。

法事と痺れ  追記

24・25日と法事で奈良に行ってきます。
奈良と言っても大仏さんを拝みに行くのではなく、正座をして脚をシビレさせて来るだけですけどね。
連絡が取りづらくなると思いますが、宜しくお願いします。


シビレと言えばさっきまでダンスのクラスに行ってました。
2時間ぶっ続けで動いて(本当は這いずり回って)きたんですが、最後に二人組でストレッチをやりました。
背中合わせになって床に座って、片方がもう片方の背中に乗っていく。
下になった側は前屈をしていくことになる訳ですね。
これをやって起き上がった瞬間、左足の親指が痺れてきました。

初めてです。

患者さんの親指の痺れは何人も診ていましたが、自分の親指が痺れたのは初めて。
驚きました。
一瞬、怖くなりましたね。
何をやっても痺れている。
んんん~と考えて、左臀部(外旋筋)をゆっくりストレッチし、股関節をゆるゆると動かしました。
これで少し良くなりました。
次に膝を曲げて膝裏の太もも側の筋肉(膝カ筋辺り)をマッサージしました。
で、また、少し良くなった。
次はなんだろ~と思い、壁の前に寝て足を壁に持たせ掛け、身体をL字にして脚をぶらぶらしました。
うんずいぶん良くなった。
最後の脚を上げるのは、自分の中では解剖学的な説明は全く出来ませんが、これが良さそうな気がしたのでやりました。
そして、股関節をユルユルと脱力しフリーにして、とりあえず修了。
まだ、痺れは残っていましたが、着替えてスタジオを後にしました。


スタジオから駅まで10分くらいをぼちぼち歩いていたら、左腰(腰椎3・4辺り)の筋肉(腰方形筋・起立筋・広背筋辺り)が痛みだしました。
これは古傷で骨棘が出ていると3年ほど前に整形の先生に言われた場所でした。
あああ、これか、と思い痛みがあるのに、少し安心したら痺れがどんどんと引いて行きました。
今、整体院に帰って来ましたが、最初の痺れを10とすると1か2くらいになっています。


自分としては初めての経験でしたが、良い経験をしました。
痺れは不安で気分の良くないものですね。
僕の場合は、左足拇指が痺れ、左ふくらはぎ・左内転筋・左臀筋下部がぼ~っとした感じがしました。
力は入るのにボーっとしていて、変な感じでした。
患者さんの気持ちが少し理解出来ました。


こう言う時は整体師は面白いですね。
痛みや痺れが出ても、自分の体験を経験にして使える可能性があるので、少し気楽に感じていることが出来ます。
明日以降どうなっているか分かりませんが、また出るようだったら報告します。


とりあえず明日明後日はお休みです。
宜しくお願いします。


追記:

一夜明けて、痺れはなくなりました。
不思議ですね~
それにしても、いつも患者さんに言っているように、やりすぎは禁物、ストレッチは力を抜いてだらだらとやるに限ります。
ちゃんちゃん



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月26・27日、8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

皆既日食

東京の昨日は曇りで、残念ながら皆既日食は見られませんでしたが、台北にいる妹から写真が送られて来たのでおすそわけ。


写真の割に小さいですが…

3


木漏れ日の影が三日月になってます。

5




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月26・27日、8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

セミナーのご紹介

芸術家のくすり箱というNPO法人があります。
僕もそこの会員になっていますが、そこで治療家向けのセミナーがあるのでご紹介します


■MUSIC WELLNESS DAY 2009
 演奏家の手の障害 ~ピアニストを中心に


日時 : 9月13日(日)14:00~16:30
場所 : 日本財団ビル
      港区赤坂1-2-2
講師 : 酒井直隆先生
      宇都宮大学大学院工学研究科教授
      横浜市立大学医学部客員教授
      洗足学園音楽大学客員教授
料金 : 一般 5,500円
      会員 3,500円
詳細 : 芸術家のくすり箱 >>>




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月26・27日、8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ハリー・ポッターと謎のプリンス

映画館の中で座って何かを観たくなった。
何にしようかな~
と思ってやっていたのがこれ。
『剣岳・点の記』もよかったが、今日の気分ではなかった。


シリーズ物は次が観たくなりますね。
このシリーズもそうで、前作を観て次は???と思っていたところでした。
今作は映像が奇麗だった…と思います。
ストーリーは次回作に続く内容で、前作と次回作の間のト書きのような感じになっていると言うと言い過ぎかな。
が、面白いですよ。
ただし、今までのを観ていないと、ちょっと面白みはわからないところもあるかと思います。


こういう世界観って何なんでしょうか。
日本だと妖怪の世界ってことになるんだろうか。
英国は島国で森も深く歴史が古くて、日本と似たようなところがあると思っていますが、全体を通した湿りけはその最たるもののように思います。
来年再来年と続くシリーズを早くも観たくなりました。

18本目

A LONG V・A・C・A・T・I・O・N

今日から本格的に夏休みの方もいるんではないでしょうか。
先週末からの連休が明けて、平日の休みに入り、あああ~休みだ~なんて背伸びをしている方も多いと思います。


え~僕はまだお仕事をしております。


昨夜は僕の整体の先生と僕の整体の生徒さんで飲み会でした。
先週やったワークショップの打ち上げ…と言うのが名目で、要するに暑気払いでした。
飲むのに理由なんかいらないんですけどね。
なんとなくそれらしいことを言ったりします。
2杯目に100円(!?)の焼酎を飲みましたが、案の定100円効果が少しだけ出ております。
頭の片隅に鎮座されておるのですね。
でも、すぐに吹き飛ぶくらいのパワーでした。


ははは


さっき思い立って近くの古本屋に行ってきました。
クリスタルケイさんかアイさんの曲が聞きたくなったので、CDを探しに行ったんです。
で何故か、大滝詠一さんの『A LONG V・A・C・A・T・I・O・N』を買ってしまいました。
今、掛かっています。
このアルバム、僕が大学を出て社会人になった年に発売されているんですね。
驚きました。
なんとなくもっと昔に聞いていたような記憶があります。
どれも懐かしい曲です。
覚えているはずもないのに歌詞が口をついて出てきたりします。


鈴木茂さんって知ってますか。
はっぴいえんど繋がり…ってのは、ずいぶん後になって知りました。
この人の『バンドワゴン』てアルバムが好きで、たぶん丸1年くらい毎日聞いていた記憶があります。
こっちは調べると75年なので、僕が高校生くらいですね。
今、突然思い出したので、今度探してみようと思います。
好きになるとかなり繰り返し聞く方で、シャカタク・高中正義・サザン(の一部のアルバム)などは丸1年位毎日聞いていた時期があると思います。


肩の力が抜ける音楽でも掛けて、畳の上でひっくり返って、深呼吸でもしてみて下さい。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月26・27日、8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

この夏のスケジュール

7月

26日(日) てあて整体スクール・東京 説明会 >>>

27日(月) てあて整体スクール・東京 説明会 >>>

※ 8月2、8、23、30日の日曜日には骨格調整専科>>>をやります。
   7月中はその募集も行っています。


8月

 1日(土) てあて整体スクール・東京 説明会 >>>

 4日(火) てあて整体スクール・名古屋教室説明会 >>>
        ダンスの身体のしくみと使い方セミナー・名古屋 >>>

 5日(水) てあて整体スクール・名古屋教室説明会 >>>

 8日(土) てあて整体スクール・東京 説明会 >>>

 9日(日) 触診教室・東京 >>>
        てあて整体スクール・東京 説明会 >>>

10日(月) てあて整体スクール・東京 説明会 >>>

15日(土) 夏休みを頂きます。
16日(日)      ”
17日(月) 京都でセミナー参加のため休みです。
18日(火)           ”
19日(水)           ”

23日(日) 痛みの解剖生理学・東京 >>>

28日(金) マッスルエナジー・テクニック・セミナー・東京 >>>

30日(日) 痺れの解剖生理学・東京 >>>


9月

16日(水) アレキサンダーテクニーク・イントロ・ワークショップ・名古屋 >>>


ふ~
けっこう盛り沢山ですね。


夏休みを利用して、整体学校・スクールの見学をしたい方、この期間にスキルアップをしたい手技療法の先生、名古屋ではダンスの身体の仕組みのセミナーもやります。
どのセミナーも参加資格は特にありません。
興味のある方は問い合わせをしてみて下さい。


良い夏にしましょう。

全英オープン・ゴルフ

このゴルフ大会は、THE OPEN CAMPIONSHIP と言います。
オープン大会の代表のような大会です。
その大会に若干17歳の青年が挑戦しました。
結果は残念ながら2日目を終えて予選敗退。
本戦に進むことは出来ませんでした。
昨夜(と言うか今朝)10番ホール位までは頑張ってライヴで見ていたのですが、今日の仕事もあったので1時半過ぎに寝ました。
初日はダイジェストで見て、昨日を見た感想ですが、やはり彼は素晴らしい選手です。
『分を知る』と言うことが出来ている人だと思いました。
高校生の年代では稀有のことではないかと思います。


2日目10番ホールで打ったボールがバンカー(砂場)の中央にある草地に入ってしまいました。
草地は全英オープン名物(!?)の素晴らしいもので、ほとんど打ち出すことは出来ません。
多くの選手がこれを試み失敗し敗退していきました。
17歳の彼は自分のボールの位置を確認すると、1打罰を受け入れることにしてバンカーの後ろからボールを打つことにしました。(アンプレアブル)
これ、中々出来ません。
初めての全英オープンで、しかも17歳。
自分を過信していなくても、『ひょっとして出来るんじゃないの…』と思うことの方が多いでしょう。
しかし、彼は迷うことなくボールを持って戻って来ました。
この人はすごいな~と思った瞬間でした。


そして、次のホール、大方の意見はダメと言うことになるそうですが、パー4のホールでドライバーを抜いてボールを振りぬきました。
そのホールは2打でグリーンに乗れば良いので、ドライバーを使ってそんなに近くまで寄せる必要はないとのことでしたが、彼はこの時は挑戦をしました。
彼のゴルフスタイルを貫いたと言うことでしょう。
日本の大会でも昨年、チラチラと見ていた時には、彼は挑戦をする姿を見せてくれていました。
その時々に、僕はまだ若いですから挑戦する姿がなくなってしまってはいけないと言っていました。
挑戦する心を持ちながら、冷静に判断をして引くことも出来る。
本当にすばらしい選手だと思いました。


それにしても、全英オープンと言うのはすごい大会です。
昨年デビュー1年目にして1億円の賞金を稼いだ選手が、そして自分を知っている彼がどんなに頑張っても、やはり17歳の経験では足りないものがあると言うことのようです。
風が吹いた時、グリ-ンが硬い時、雨が降っている時、芝が長い時、草に絡まった時、それぞれに自分の持っている選択肢が多い必要があります。
自分の今のテクニックでは対処できない場合、どうしようもなくなってしまう訳ですから。
その上で精神的なタフさも要求される大会のようです。
今回はタイガー・ウッズも予選落ちをしてしまいました。
古くは3日目まで2位だった中島選手のことを思い出したりもしました。


ゴルフ
面白いですね~
僕はやんないけど、観るのは本当に好きです。


今度は打ちっぱなしでも行ってみようかな。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

アレキサンダー・テクニーク イントロ・ワークショップ(名古屋)のお知らせ

今週、月曜日に東京で行ったアレキサンダーのワークショップを9月に名古屋でもやることになりました。
アレキサンダーって!?何、って言う人が多いと思います。
先ずはイントロ・ワークショプを受けてその真髄に迫って見て下さい。


■アレキサンダーテクニーク イントロ ワークショップ IN 名古屋

日時 : 9月16日(水)13:15~16:15
場所 : 短歌会館 地下展示室 (伏見)
料金 : 5,000円
申込 : メール >>> teate@nifty.com
講師 : 石坪佐希子
      アレキサンダー教師
      アレキサンダー・アライアンス東京校ディレクター

アレキサンダー・テクニークは、今より楽な身体の使い方を学習してもらうためのプログラムです。
手技療法をしている方は、故障のある人の治療を行った後、その人の身体の使い方のアドバイスをする際の参考になります。
趣味やプロとしてダンスや身体を使った表現をされている方は、自分自身の身体の使い方を再発見することにもつながります。
欧米のパフォーミングアーツ系の大学や教育機関では必須科目となっているアレキサンダーテクニークですが、日本ではまだまだ認知度は高いとは言えません。
そこで、名古屋でもアレキサンダー・テクニークを知ってもらいたいとワークショップを企画しました。

実際にやることは、ハンズオンワークと言って、アレキサンダー教師が肩口や腕・首などに手を置くことで、受けている人に自分の身体の感覚を感じてもらったり、アクティビティーと言って実際に身体を使う時の方法を一緒に考えたり感じたりします。
例えば手技療法の方であれば、自分自身が手技をしている姿勢を見てもらったり、逆に患者さんに歩き方を指導する方法をやったりします。
また、ダンスをされている方なら、アラベスクの時にどうしても重心が取れないとか無理な力が入ってしまう、などと言ったことを一緒にやってみると言うことです。

石坪先生は15年ほど前にアメリカでアレキサンダーテクニーク教師の資格を取り、その後理学療法士の資格も取られ、アメリカの病院や大学などでの仕事の経験もあります。
日本に戻ってからは個人でアレキサンダーのセッションをすると同時に、アレキサンダー教師育成プログラムの指導者として活躍されています。
名古屋でのセミナーの機会はほとんどないので、貴重な機会になると思います。


東京で行われたセミナーの一こまです。

Imgp0699_2

Imgp0701

Imgp0702



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

夏休み

名古屋から帰って来ました。


今回はめずらしく、僕がいる間は名古屋は良い天気で、帰ってくることになったら雨でした。
3代続いた雨男家系なので、名古屋はイベントではなくなったんだな~と一人納得しておりました。
帰って来たら暑い。
と言うか前から暑かった。


暑いので。
こんなのどうですか?と人から教えてもらったのも含めて、最近、はまりそうになっているサイトと動画です。


小林十市さんブログ >>>

以前、ダンス関係の患者さんから教えて頂いてから毎日見ています。
ブログジャンプ。
自動シャッターでジャンプしているんですが、これが神出鬼没。
どこでも飛んでます。
今は旅行中ですが、海外でも飛んでいる。
書いてある内容なんかも含めて、あこがれの人です。


小林聡美.JP >>>

大好きな女優さんです。
幾つかあるコンテンツが面白い。
まだ全然見ていませんが、ポストクラブとかゆきゆきてシリーズとか見始めています。
あああ~良い。


マイケルジャクソン指でスリラーを踊って見た >>>

そのまんまです。
本家PVとの比較になっていて。
秀逸。
こう言うのはイイんだと思います。

『できそこないの男たち』

分子生物学者の福岡伸一さんの本。
最近は朝や休日のニュースバラエティーなどでコメンテーターとして良く見かけるようになったのでご存じの方も多いかと思う。
『生物と無性物の間』『動的平衡』などとても面白く読んだ。
今回はかなりキャッチーな題名。


俺のこと!?


と思って手に取った。
内容はオスはどうやってオスになっていくのか、これを解き明かしてきた学者達の白熱したレースを解説しながら、DNAや性染色体からの解説(how)を試みている。
いつもながら非常に読みやすく、深くうなずきながら読んだ本でした。
特に男性の方は興味があるかな~


地球が誕生したのが46億年前、それから最初の生命が発生するまで10億年、それからの10億年は生命の性は全てメスだった。
現在も生命の基本仕様(デフォルト)は女性。
その女性を無理やり作りかえた(カスタマイズ)したものが男で、だから男性にはカスタマイズにつきものの不整合や不具合が多々ある。
人は女性として生まれ、あるものはそのまま女性に、そしてまたあるものは男性になる。
種の中でのDNAの多様性を担保するため、男性は作られ、女性と女性のDNAとDNAを掛け合わせる手助けをしている。
だからこそ人類は今まで生き延びられてきたのかもしれない。
そのかわり不整合・不具合の多い男性は、平均寿命も短く病気にかかりやすく精神的にも弱い…ってことらしい。


ははは
図星ですな。


『できそこないの男たち』(光文社新書 820円) >>>




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

スケジュール

14・15日は名古屋で整体スクールの授業をやっています。
この2日間は東京にはいませんので、宜しくお願いします。
整体の予約・整体スクールの見学申込などはメールで受け付けています。


今回は15日(水)14:00から15:30まで、名古屋市短歌会館で(伏見)コア・ストレッチの教室をやります。
また、14・15の両日とも授業見学が出来ますので、ご希望の方はメールで申込下さい。
16日は千種で勉強会です。
僕を知っている人なら参加OK。
ご希望があったら連絡下さい。
宜しくお願いします。


名古屋と言えば…
8月4日(火)13:15からやっぱり名古屋市短歌会館(伏見)で、『ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー』をやります。
名古屋では久しぶりの開催です。
平日の昼間なんて無茶な日時設定なんですが、ここでやっておかないと名古屋では本当にしばらく出来ません。
無理を承知で決めましたので、まだの方は是非いらして下さい。
お待ちしております。


では名古屋で。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

パフォーミングアーツと仏教とアレキサンダーと整体と

先日、ダンサーさんと話をしていて面白い話になった。


作品を作る時に大きな矛盾が起こる。
作品は繰り返し何度もリハーサルをし、舞台に上げる。
その時、振り付けや演出をして、繰り返し”する”ことになるその振りは最初、『感動』と言うものだった。
と言うのだ。
動きやタイミング・きっかけや順番ではなく、『感動』の何かの要素のようなものだと言う。
例えば、ついと顔を横に振り向けるという動きがあるとする。
それは、そこでその時に初めて何かがあって必然的に偶然に、振り向ける。ということが起こって欲しい。
だけど、リハーサルを続けていると、どうしてもタイミングや動きや振りになってしまい、その振り向くということの真ん中にある『感動』のような要素が抜け落ちてしまう、と言うのだ。
でも、何度も何度も繰り返している内に、その『感動』のエキスのようなものを掴みかけることがある。
掴みかけることがあると言うことは、その時にはその『感動』のエキスのようなものを感じることが出来ている、気がする、と言うこと。
それがいつも掴めずに苦しむんですよね~と言っていた。


昔読んだ本に偉いお坊さんの話があった。
そのお坊さんは朝になるとお勤めをするために、門前を通るという。
その門前に何時も同じように同じ失敗をして座っている小僧さんがいた。
(失敗の内容は忘れました。)
そして、その偉いお坊さんは、その小僧さんを初めて見た時に、大笑いをしたと言う。
そして次の日もまた大笑いをし、3カ月経っても半年経っても1年経っても大笑いをしたと言う。
偉いお坊さんは、毎日同じことを見ているのに、毎日始めた見た”ように”大笑いをしていると言うこと。
色即是空と言うらしい。
刹那は永遠、永遠は刹那と言うらしい。
仏教では常に新し目で、初めてモノを見るように見なさいと言うらしい。


アレキサンダーテクニークでは、人が生きていく上で、つい身につけてしまったクセを一度そこに置いて、最初から考えてみよう、と言うようなことを言う。
習慣化した動きを抑制しやめてみることで、本来の動きが獲得出来る可能性があると言う。
何時も常にフレッシュで初めてことに当たるようにすれば、人は生まれながらに持っている生理的な動きの質のようなものが出てくる、あるいはその質のようなものから動きが始まれば生理的な動きになっていく、と言うことらしい。


整体をやっていて難しいのは、2回目以降の患者さんを初めて見たように見ること。
どうしても過去の記憶に支配されてしまう。
あの時ああだったから、今日のこれはアレが原因でこうなっているのではないか…
これは、現状を認識して推論を立てているのではなく、前回の予断に囚われて正しい判断が出来なくなっている可能性がある。


全てが同じ何かひとつの法則に乗っていると考えるのは、非常に危険な考え方。
全てのことは全く初めての経験で、この今今の今は、全く初めての今だと考える。


あたたかい日曜日です。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

れんげ

Imgp0664 Imgp0670


『れんげ』って化粧水です。
患者さんに頂きました。


午前中、ほんとうに珍しく、患者さんのお宅におじゃましていました。
患者さんと言ってもダンサーの方で、先日、別件で連絡をしたら、スタジオが出来たから一度遊びに来て下さい、とのこと。
たまにそう言う優しい声をかけて頂くと、ほいほいとつい乗ってしまうんですね。
ご迷惑も顧みず伺ってしまいましたが、N@Yさんありがとうございました。
本当に楽しい時間でした。
常日頃、僕はあんまり人のお宅におじゃますることはないんです。
何故なんだかは分からないが、あまり出かけて行って話をすることはありません。
だいたい何をしゃべって良いのやら分からないし、どんな面(つら)下げて行けば良いのかも分からない。
今回は、本当にひょんなことから話が進んでしまって。


あっはい


と言ってしまった時には行く日が決まっていました。
スタジオを拝見すると言うのが理由と言えば理由。
そんな理由なんかいらないのに…別に会いに行って話をするって理由だけでいいじゃん、と思われる方も多いでしょうが、おじさんとしてはとっかかりが何か欲しい訳ですね。
なんとなく不安になってしまう。
おじゃましてスタジオを見てお茶を飲みながら色々な話をしました。


マイケルのことやピナのこと忌野さんのことや肉親という存在のこと、ダンスをする時の身体の感覚や創作の時の意思の動き、身体を捉える感覚の曖昧さや明確さ、一人称と二人称と三人称とそれ以外の人称について、病気のことや健康のことや年齢のことやなんやかや。
そんなことを話しているうちに、『れんげ』って言う化粧品の話になった。
これ一本で全部オッケーと言うことらしい。
すっぴんでどこでも出かけるそのダンサーさんは、日焼けをしそうになると『れんげ』をばしばし肌に塗ると言うことのようだ。
で、うちのカミサンに頂き物をしてしまったという訳。


整体を受けに来てくれている時も色々な話をしたが、だからなのかお宅でも同じように色々とお話をさせて頂いた。
少し調子を崩している時期があったので、なんとなく心配な感じがしていたが、そんなことは必要がないと言うことが分かった。
また、お会いしましょう。と握手をして分かれてきた。


今日は不思議な珍しい日になった。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

痛みの解剖生理学・痺れの解剖生理学

てあて整体スクールからセミナーのお知らせです。
手技療法の先生に、解剖生理学のセミナーを企画しました。


一般的な解剖学・生理学は自分のスクールや学校で勉強をして来たと思います。
なので、てあて整体スクールでは『痛みと痺れ』に特化した解剖生理学の講座を開きます。
講師には医学的な知識だけでなくボディーワーカーとしても活躍中で、しかも哲学にも造詣の深い安田先生をお招きします。
『痛みと痺れ』についての解剖生理学的な知識は、必ず明日からの治療に参考になることと思います。
参加しやすい日曜午前の時間を設定しましたので、是非ご参加下さい。


■痛みの解剖生理学・痺れの解剖生理学 >>>

日時:8月23日(日)10:00~13:00(①痛み)
      30日(日)10:00~13:00(②痺れ)

場所;てあて整体院

料金:1日だけの参加の場合 5,000円
   2日とも参加の場合   8,000円

定員:20名

申込:メール >>> teate@nifty.com

講師:安田毅
    アレクサンダー教師・ライフサイエンス・エデュケーター
    医大生(現在5回生で病院での実習中)

内容:
人の身体に『痛み』や『痺れ』が起こった時、どのような経路でそれを感じ経験するのか。
その感覚の伝達経路(感覚器・神経・脳)はどうなっているのか。
分かりやすい解剖学的な視点から説明します。
また、痛みや痺れから推測出来る原因や、看過すると重大な問題を含んでいる可能性について生理学的な視点から言及します。
そして、痛みや痺れに関係する様々な考え方を、広く「哲学、解剖学、生理学、神経科学、代替補完医療など」を含めて解説していきます。
後半には質疑応答の時間なども取りますので、手技療法をされている先生には是非受けて頂きたい講座です。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ああっと あれをあれして欲しいんだけど… あれってあれだったっけ?

メールを書く機会が増えてきた。
それも自分宛のメール。


あっあれあれ…


と思ったら携帯メールを打ってPCに送っておく。
そうしないと、ほとんどのことを忘れてしまう。
ほとんどのことをと言うのはオーバーかもしれないが、感覚的にはほとんどのことを忘れてしまう。
何故だろう・・・
なんてことを考えていたのは数年前までのことで、最近はそんな無駄なことは考えず忘れて失敗しないために、メモやメールでそれを書いておくことにしています。
先日も患者さん(50歳代女性)と話をしていて大うけにウケタ話がある。
買い物に行く時の話。

患 : 買い物に行くでしょ。
    そうすると忘れるわけよ。

僕 : (うんうん)

患 : でね、メモを書くわけ。

僕 : ですよね~

患 : そしたらそれを持って行くのを忘れるの。

僕 : 書いたメモをね。
    そりゃ僕もです。どこかに置いてくる。

患 : そうなの。
    でね、今度は持って出たのにどこにあるか分からなくなるの。
    メモが見つからないのよ~
    ちゃんと持って出たのに。

僕 : あはは
    それもある。

患 : でもね~
    こんなこと、昔は信じられなかったんですよ。

僕 : そうですよね~
    最近、富にヒドイい。

患 : アラ先生もそ~う(笑)
    昔は恥ずかしくって人に言えなかった。
    でも最近はね~笑っちゃって。
    自分でも可笑しくってね。

僕 : そうです。
    僕なんかメモ書いてる途中に何買うか忘れる。

患 : あっら~私なんか。
    自転車にのって買い物に出たのに、何しに出たのかしら?なんて。
    自転車で目的地を忘れたりして。

僕 : あはは
    それは…
    でもあるか~
    立ちあがって、何かを取りに行ったんだけど忘れるとか。

患 : そんなの日常茶飯事よ。

とまあ、延々と続くんですね、こんな会話が。
なので、携帯メールでPCにメモとして送るんですけどね。
最近は素早く携帯を取り出さないと、何をメモしたかったんだかすぐに忘れるので、それも大変になって来ました。

でもやっぱりちょっと不思議。
久しぶりに来た患者さんなんて、背中を触った瞬間に前回の状態が分かるんですからね。
これはたぶん整体師はみんなそうなんだと思いますが、顔と名前が一致しなくても身体を触ると、あああの人か…って分かります。
何だか頭の中か身体の中に『湧いて』来るんですね、前回の感触が。
この感触はメモしなくても大丈夫なんですよね。


でも、あれについてはメモしないとね。
あれをあれして欲しいんだけど… あれってあれだったっけ?ってことになりますから。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

5ミリの動き

10年ぶりくらいに昔の整体仲間に会った。
彼は整体師ではないが、ゴルフ関係のトレーナーのようなコーチのようなことをやっている。
業界では有名な人になっているらしい。
仕事の話で呼ばれて会いに行ってきた訳だ。
整体の学校にいたころには、あまり話をしたことはなかったが、今回は整体の話や体の見かたのような話になった。


結局は動きが見られないとダメですよね。という話になった。
彼も僕も人に技術や知識を教えることもやっている。
止まっている状態も大切だけど、最終的には動いている状態でどこがどうなっているかが分からないとね、という話だ。
ゴルフならスィングは大切だが、問題は重心の動き。
スィングの軌跡ばかりを追っていても良くなるものではない。
重心の移動がどうなっていくかが分かり、それをほんの小さなアドバイスで変化をつけられるかどうか、が問題になる。
彼は一度、『靴の中でちょっとだけ足を前に移動して下さい。』とアドバイスをして、スィングを変えてしまったことがあると言っていた。
プロゴルファーのスィングは多くても1センチくらいしか軌道は変わらない。
これが5ミリになるとトーナメントで上位になってくるらしい。
厳しい世界だ。


全く同じことがバレエやジャズのダンスでも言える。
重心の位置が変われば、使う筋肉も変わってくる。
それが本人に分かれば、自分で調整出来るようにもなってくる。


なんてね。


そう言う話は楽しいね。
でも、そんな話ばかりでもない。
整体10年やっていると、いなくなる人も多い。
何パーセントくらいですかね、生き残るのは?なんて話になった。


5%


20人で1人くらいなのかもしれないな、なんて話になった。
がんばりましょう。
いなくなると酒も一緒に飲めなくなる。
また今度、会う約束をして今日は別れて来た。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ヒトのかたち五億年

人間科学全書 イラスト・ガイド私たちヒト2
というシリーズの中の一冊。


『ヒトのかたち5億年』 >>>


を読んだ。
表紙の絵を見て面白そうだと思い、パラリとめくったページ(はじめに)にこんなことが書いてあった。
『自分のからだ、つまり人体がなぜこのような形をしているか、考えてみたことはありますか。』
うんうんと何度もうなずいてしまった。
そう言うことが好きでこの業界に入ったってところもあるくらいでね。
で、読んだ。
面白い本です。
すぐに読めてしまう。
手描きの絵も見やすくて、身体のことについて興味のある人にはオススメの本です。


何故、膝は前に曲がるのに、肘は手前に曲がるのかとか。
何故、頬骨はこんなアーチになったのか、とか。
何故、腰には肋骨がないのかとか。
何故、指は5本でこんな長さになったのかとかとか。


面白いね~
って思う人だけどうぞ。

触診教室

Imgp0659


今日は月に一度の触診教室でした。
毎月、だいたい第一日曜日にやっています。(8月は第二日曜日です。)
今日、集まった方々は、整体師、整体の勉強中、全くの素人、鍼灸学校の生徒さん等でした。
聞くと、『身体の診方』を知りたい、『触診で何が分かるのか』を知りたい、と言うようなことが多かったので、最初に少し話をしました。


人の身体は200くらいの骨と600くらいの筋肉があります。
そして、それらはそれぞれに繋がっています。
独立して”ある”と言う訳ではないんですね。
例えば肩甲骨をはさんで反対側にある菱形筋と前鋸筋。
これらは言葉としては別々になっているし解剖学でも別々のものとして学びますが、実際には筋膜で繋がっています。
菱形筋を引っ張ると肩甲骨と同時に前鋸筋も引っ張られるし、逆に放すと前鋸筋の方に縮みます。
言葉はモノとモノを分けるために作られますが、名前がついて言葉で表現したからと言って別々のものになるということでもありません。
ようするに、解剖学を別々のモノの集まりとして考えることには無理があって、繋がっているものを区別するツールとして解剖学や文字や言葉を使っていると捉える方が良いと思うのです。
例を上げます。


『膝』ってどこでしょうか。

膝のお皿あたりを膝と言います。
解剖学的に表現するなら、大腿骨遠位ですね。
ふとももの遠い側(膝側)ってことです。
ではふとももの骨の遠い側が膝だとして、そこから1センチ上がった場所は膝でしょうか?
そこも膝だとしたら、そこから1センチ上がった場所は?
さらにもう1センチ上がった場所は?
と考えていくと、どこからどこまでが膝だとはなかなか断定しにくいし決めにくいですね。

そして

膝が内側を向いていると言う場合、ほとんどは膝の骨の変形ではなく、ふとももの骨の向きの問題ですね。
では、ふとももの骨の向きの問題はどこで起こることが多いかと考えると…当然、股関節ですね。
股関節が内側を向くと、膝も同じように内側を向く。
だって股関節は骨盤と”ふとももの骨”の関節で、膝は”ふとももの骨”の遠い側だから。
だとすれば、膝のことを考える時、股関節のことも考えた方が良い…とは思いませんか。


と言うようなことを話しました。
繋がっちゃってるんです。身体は。
同じようなことは、腰にも肩にも言えますし、当然身体中のどこもかしこもそんなことです。


さて
だいたいこの話を聞くと、???って感じの吹き出しが頭の横に浮かんできます。
???ばかりを持って帰ってもらってもしょうがないので、手の練習をします。
今日は基本の基本。


Imgp0658


手の置き方・触れかたです。
手を目いっぱい力を入れて広げて下さい。
そして、入れていた力を抜いて下さい。
そうすると手は、少し丸みを帯びた状態に戻ります。
この動き。
広げた手がもどるという動きには、意思を使っている訳ではありません。
でも筋力は使っていますね。
この戻る力だけを使って触れます。
写真のようにももに手を当てて、手首の力を抜いて肘から手前に引っ張って来ます。
そうすると、手指は相手のももの形状に沿って動いてきます。
隙間なく手が当たっていれば、それが触診の時の基本的な手の感覚になります。
意思を持って力の入った手指では、相手に緊張を与えることが多い。
だから意思を抜き力を抜いた手で触れることを、最初に練習します。


先ずはそこから。
来月もやります。
8月9日です。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

扉をたたく人

静かな映画でした。
ストーリーは悲惨なものでしたが、観た後はすっきり感の残る映画で、最近観た中では一番だったのではないかと思います。
出演している4人の俳優さんが皆すばらしく、特にモーナ役の女優さんとゼイナブ役の女優さんが素晴らしかったと思います。

年齢によって観方・感じ方が全く分かれる内容ではないかと思います。
年とっちゃったのかな~
以前だったらイライラを募らせていたかもしれません。
休日を過ごすのには良いと思います。


扉をたたく人 >>>


17本目

日々のこと

僕は整体師で整体スクールの先生でMETや骨格調整セミナーの講師で、内弟子にとっては師匠で、ダンスの身体の仕組みを教える踊る手技療法家でもストレッチ教室のインストラクターでもあります。
そして、アレキンダー教師を目指すトレーニーでも、コンテンポラリーダンスを踊り舞台にもたまに出たりする人でもあります。
休みのに日はたいがい映画を観るか美術館に行くか散歩をしています。
たまに何やってるんだろう…と思ったりすることもあります。


昨日はアレキサンダー・テクニークを受けに行き、その後にクチコミ・マーケッティングのセミナーに出て、映画を観た後、立ち呑み屋で一杯ひっかけて、メールチェックに整体院に戻って来ました。
今日は朝から整体スクールで腰痛についての講座をして、午後からは整体の患者さんを診ていました。
この後はたぶん新しいテキストを作ることになる。
明日は朝から触診セミナーで初心者の方・柔道整復師の方・ホメオパシーの方などに触診を教えた後に、昼飯を食べたら整体をし、その後スクールをやったら、また整体をします。


見ているとナンダカ忙しそう。


でも、結構時間はあって、移動の時や予約の間に窓から空を眺めてはアイスを食べたりもしています。
さっきは患者さんに教えてもらった『しろくま』を食べた。
これ旨いね~
今年の目標はきちんと立てようと思っていたのに、あんまりきちんとは立っていなくて、やるべきことを考えていました。
ひとつは整体スクール生のためのこと、そして患者さんのためのこと。
整体スクール生のためには解剖学のテキストを作っていました。
半年かけて…と言っても実際はそんなに時間は掛かっていませんが、60ページくらいのテキストが出来あがりました。
へ~っとか言いながら、割合に皆喜んでいるようです。
去年、卒業生にアンケートしたら、解剖学がもっと勉強したい(!?)と言う声が多かったので作ってみたのです。
そして、患者さんのためには、ダンスの身体の仕組みのテキストを作り、今度は大人のためのバレエ入門のようなテキストを作り始めています。
あと、基本的な手技のDVDも作ろう…と考えてはいるんですけどね。
なかなか腰が重くっていけません。


なんだかたまにくたびれそうになることがあるので書いてみました。
けっこう頑張ってんねオレ。


そう言えばもう夏ですね。
先週くらいから水だしのお茶を、患者さんに出すようにしています。

Imgp0656


このポットみたいなのに、お茶っ葉をザザッと入れて水を入れ、冷蔵庫に放り込んで3時間もすれば飲めます。
チョ~簡単。
以前もらったフレーバーティーがあったので、それで作っているのですが、すこぶる評判が良い。
本当は温かいものが良いと言うのは分かっているのですが、やっぱりさっぱりすっきりと言うのも捨てがたいのですね。
あはは
清濁合わせ飲む、本音と建前の分かる整体師です。


数日前、メールで質問が来ました。
リスフラン関節とショパール関節を動かす運動は?トウシューズの中で足指を丸めないで伸ばす方法は?ってな質問でした。
バレエ歴5年トウシューズ3年の僕と同年輩のお医者さん(!?)でした。
帰り支度をしていた時で時間があったので、写真を撮って送りました。
こんなの。

Photo

Photo_2

ねっ!


それにしても
いろんなことやってるな~
と思ったら楽しくなって来た。


上の水出し茶の横のチョコは今日の頂き物でした。
I さんありがとう


さてみなさん
明日も頑張りましょう。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

7・8月スケジュール

■てあて整体スクール東京 説明会 >>>

7月のてあて整体スクールの説明会を、7月6日(月)・11日(土)・12日(日)に行います。
場所はてあて整体院です。
それぞれ授業の前に簡単な説明を聞いていただき、そのあと授業を受講して頂くことが出来ます。
スクールの場所・雰囲気を自身で体感し、生徒さんともお話をして色々と質問をして下さい。
 

■てあて整体スクール名古屋教室説明会 >>>

東京同様に名古屋でもスクールの説明会を行います。
7月14・15日の両日、金山にある教室で授業を受けて頂くことが出来ます。
午前の授業と仕事帰りにも通える夜の授業があります。
お好きな方をお選び下さい。


■8月骨格調整専科 4回コース募集中 >>>

てあて整体スクールでは、骨格調整だけに特化したコースを募集しています。
スクールの骨格調整の授業だけを受講することのできるコースです。
4回完結1カ月間のコースで、修了後は1回=1000円でリピート受講も出来ます。
卒業生同様に勉強会の案内やセミナーの案内もお届けします。
本コースへの編入制度もありますので、先ずは骨格調整からと言う方は検討してみて下さい。
手技は難しいものではなく、検査と調整が一体化したもので、再現性が高く安全で効果の実感出来るものを厳選しています。
8月2・9・23・30日の各日曜日、合計4回です。


■触診教室 >>>

7月5日(日)に毎月恒例になっている触診教室を行います。
整体を始めたばかりの人や整体とは全く関係のない人でも、人の身体の触り方・触診をして何が分かるかを説明します。
もちろんベテランの先生も歓迎します。
自分とは違う方法を学んで参考にしてみて下さい。


■ダンスの身体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 >>>

名古屋では久しぶりのダンス系セミナーです。
8月4日(火)13:15~16:15に、伏見にある名古屋市短歌会館で行います。
バレエ独特の身体の使い方を解説します。
大人から始めた人や昔からやっている人も、今更聞けないことにお答えしますよ。


■コア・ストレッチ教室 in 名古屋 >>>

身体の芯(コア=深層筋)から緩めるコアストレッチの教室です。
7月15日(水)14:00~15:30に伏見で行います。
ご興味のある方はどうぞ。


■マッスルエナジー・テクニック・セミナー >>>

久しぶりの開催になります。
東京でMET(マッスルエナジー・テクニック)セミナーを行います。
8月28日(金)10:00~15:30。
ほんの少しの力で患者さんの、特定の筋肉の緊張を抜いたり、骨格調整(関節の調整)を行います。
安全で効果が高く再現性の高い療法を学んで下さい。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

GENERIC X

六本木スーパデラックス
知っている人は知っている。
知らない人は全く知らない…と思う、クラブのような空間で、ダンスパフォーマンスを観て来た。
患者さんのダンスの先生が出演していると言う。


GENERIC X
サミュエル・マチュー・カンパニー


東京日仏学院プレゼンツの日仏コンテンポラリー・ダンス・パフォーマンスだ。
ダンスをする空間ではないため、床はコンクリの打ちっぱなしで、天井も梁がなく裸の躯体が見えている。
ダンサー男性3人女性2人に、音楽をする人が男性1人。
日本人3人にフランス人(だと思う)3人という構成になっていた。
解説によれば『フランス文化が抱える一般市民の主要テーマについて問いかけをします。また人と人や、文化や社会間の相違を明らかにしようとしています。でも、ここにあるのは真実ではなく、ひとつの考察・記録・ここを尊重した多様性についての報告書』とあります。


ふむ


その通りのパフォーマンスでした。
説明が多いな。
とは思います。
でも、音も良く、ダンサーも良く、構成も良く、動きも間も良いので楽しい空間になっていました。
最近のフランスの流行りなんでしょうか。
ダンスのトレーニングと言うよりは、コンテンポラリーの動きのトレーニングを受けた人が動いている感じがしました。
空間の構成については”みごと”の一言で。
無意識なのか意識的なのか、どの瞬間を切り取っても美しい写真が撮れそうな構成になっていました。
さすが、フランス…なんでしょうか。
それともそれも計算なのか。

楽しい時間でした。


▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月6・11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 7月5日>>>

ピナ・バウシュ

訃報です。


ピナ・バウシュさんが30日に亡くなられました。


彼女の作品は、数年前に『七つの大罪』を埼玉の芸術劇場で観ました。
緻密な構成とスケールの中に、人の心の中に潜む機微を現出させる、稀有な振付家で演出家でダンサーでした。
残念です。


心からご冥福をお祈りいたします。


関連記事 >>>

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »