2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 皆既日食 | トップページ | 帰って来ました。 »

法事と痺れ  追記

24・25日と法事で奈良に行ってきます。
奈良と言っても大仏さんを拝みに行くのではなく、正座をして脚をシビレさせて来るだけですけどね。
連絡が取りづらくなると思いますが、宜しくお願いします。


シビレと言えばさっきまでダンスのクラスに行ってました。
2時間ぶっ続けで動いて(本当は這いずり回って)きたんですが、最後に二人組でストレッチをやりました。
背中合わせになって床に座って、片方がもう片方の背中に乗っていく。
下になった側は前屈をしていくことになる訳ですね。
これをやって起き上がった瞬間、左足の親指が痺れてきました。

初めてです。

患者さんの親指の痺れは何人も診ていましたが、自分の親指が痺れたのは初めて。
驚きました。
一瞬、怖くなりましたね。
何をやっても痺れている。
んんん~と考えて、左臀部(外旋筋)をゆっくりストレッチし、股関節をゆるゆると動かしました。
これで少し良くなりました。
次に膝を曲げて膝裏の太もも側の筋肉(膝カ筋辺り)をマッサージしました。
で、また、少し良くなった。
次はなんだろ~と思い、壁の前に寝て足を壁に持たせ掛け、身体をL字にして脚をぶらぶらしました。
うんずいぶん良くなった。
最後の脚を上げるのは、自分の中では解剖学的な説明は全く出来ませんが、これが良さそうな気がしたのでやりました。
そして、股関節をユルユルと脱力しフリーにして、とりあえず修了。
まだ、痺れは残っていましたが、着替えてスタジオを後にしました。


スタジオから駅まで10分くらいをぼちぼち歩いていたら、左腰(腰椎3・4辺り)の筋肉(腰方形筋・起立筋・広背筋辺り)が痛みだしました。
これは古傷で骨棘が出ていると3年ほど前に整形の先生に言われた場所でした。
あああ、これか、と思い痛みがあるのに、少し安心したら痺れがどんどんと引いて行きました。
今、整体院に帰って来ましたが、最初の痺れを10とすると1か2くらいになっています。


自分としては初めての経験でしたが、良い経験をしました。
痺れは不安で気分の良くないものですね。
僕の場合は、左足拇指が痺れ、左ふくらはぎ・左内転筋・左臀筋下部がぼ~っとした感じがしました。
力は入るのにボーっとしていて、変な感じでした。
患者さんの気持ちが少し理解出来ました。


こう言う時は整体師は面白いですね。
痛みや痺れが出ても、自分の体験を経験にして使える可能性があるので、少し気楽に感じていることが出来ます。
明日以降どうなっているか分かりませんが、また出るようだったら報告します。


とりあえず明日明後日はお休みです。
宜しくお願いします。


追記:

一夜明けて、痺れはなくなりました。
不思議ですね~
それにしても、いつも患者さんに言っているように、やりすぎは禁物、ストレッチは力を抜いてだらだらとやるに限ります。
ちゃんちゃん



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月26・27日、8月1・8・9・10日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 8月4・5日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 8月28日(金) >>>
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

« 皆既日食 | トップページ | 帰って来ました。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

>あああ、これか、と思い痛みがあるのに、少し安心したら痺れがどんどんと引いて行きました。

腰椎からのメッセージだったのかもしれませんね。

『ちょー負荷かけ過ぎ!!』

とか。(^皿^)

かもですね~

でも、負荷であって負担ではないですよ~

あくまで…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/45722560

この記事へのトラックバック一覧です: 法事と痺れ  追記:

« 皆既日食 | トップページ | 帰って来ました。 »