2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« れんげ | トップページ | スケジュール »

パフォーミングアーツと仏教とアレキサンダーと整体と

先日、ダンサーさんと話をしていて面白い話になった。


作品を作る時に大きな矛盾が起こる。
作品は繰り返し何度もリハーサルをし、舞台に上げる。
その時、振り付けや演出をして、繰り返し”する”ことになるその振りは最初、『感動』と言うものだった。
と言うのだ。
動きやタイミング・きっかけや順番ではなく、『感動』の何かの要素のようなものだと言う。
例えば、ついと顔を横に振り向けるという動きがあるとする。
それは、そこでその時に初めて何かがあって必然的に偶然に、振り向ける。ということが起こって欲しい。
だけど、リハーサルを続けていると、どうしてもタイミングや動きや振りになってしまい、その振り向くということの真ん中にある『感動』のような要素が抜け落ちてしまう、と言うのだ。
でも、何度も何度も繰り返している内に、その『感動』のエキスのようなものを掴みかけることがある。
掴みかけることがあると言うことは、その時にはその『感動』のエキスのようなものを感じることが出来ている、気がする、と言うこと。
それがいつも掴めずに苦しむんですよね~と言っていた。


昔読んだ本に偉いお坊さんの話があった。
そのお坊さんは朝になるとお勤めをするために、門前を通るという。
その門前に何時も同じように同じ失敗をして座っている小僧さんがいた。
(失敗の内容は忘れました。)
そして、その偉いお坊さんは、その小僧さんを初めて見た時に、大笑いをしたと言う。
そして次の日もまた大笑いをし、3カ月経っても半年経っても1年経っても大笑いをしたと言う。
偉いお坊さんは、毎日同じことを見ているのに、毎日始めた見た”ように”大笑いをしていると言うこと。
色即是空と言うらしい。
刹那は永遠、永遠は刹那と言うらしい。
仏教では常に新し目で、初めてモノを見るように見なさいと言うらしい。


アレキサンダーテクニークでは、人が生きていく上で、つい身につけてしまったクセを一度そこに置いて、最初から考えてみよう、と言うようなことを言う。
習慣化した動きを抑制しやめてみることで、本来の動きが獲得出来る可能性があると言う。
何時も常にフレッシュで初めてことに当たるようにすれば、人は生まれながらに持っている生理的な動きの質のようなものが出てくる、あるいはその質のようなものから動きが始まれば生理的な動きになっていく、と言うことらしい。


整体をやっていて難しいのは、2回目以降の患者さんを初めて見たように見ること。
どうしても過去の記憶に支配されてしまう。
あの時ああだったから、今日のこれはアレが原因でこうなっているのではないか…
これは、現状を認識して推論を立てているのではなく、前回の予断に囚われて正しい判断が出来なくなっている可能性がある。


全てが同じ何かひとつの法則に乗っていると考えるのは、非常に危険な考え方。
全てのことは全く初めての経験で、この今今の今は、全く初めての今だと考える。


あたたかい日曜日です。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 7月11・12日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
てあて整体スクール 8月骨格調整専科募集 >>>
これからの整体師のための触診教室 8月9日>>>

▼▼▼ 大人バレエな人のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体の仕組みと使い方セミナー in 名古屋 8月4日(火) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

« れんげ | トップページ | スケジュール »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/45608823

この記事へのトラックバック一覧です: パフォーミングアーツと仏教とアレキサンダーと整体と:

» カイロ プラクティック [カイロ プラクティック]
カイロ プラクティックは何だか胡散臭くて・・・と思っていませんか?整体 カイロ プラクティックというインチキもあるようですが、カイロ プラクティックについてきちんとした知識があれば騙されません! [続きを読む]

« れんげ | トップページ | スケジュール »