2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夏の終わりに | トップページ | ちょっと手伝ってくれる? »

たいへんだぁ

結局、政権選択を選択したんですね。
日本の政治を運営する政権が、いままでの党から新しい党に変わりました。
『いままで』が『新しく』なったと言うことなんだろうと思います。


2・30年くらい前、『戦後は終わった』と言う時代がありました。
リアルタイムでその時代を経験しましたが、僕自身は『終わった』時代しか知らないため、戦争や戦後はどんな時代なのかは分かりませんでした。
戦後が終わったと言う時代は、ガラガラポンをした後に出来る基盤やら基礎やら世の中を通底する共通認識やら常識やらが出来ていた時代のような感じでした。
まあ、僕自身はその基盤やら基礎やら共通認識しか知らなかったので、ガラガラポン以前やガラガラの時代がどんなものなのかは分かりませんでしたが…
橋本治さんによれば、20世紀はあらかじめ予定された答えがあると思っている、と言うような時代だったらしい。
確かに常識や「ああすればこうなる」という感じはあった。
でも、たぶんそれは戦後が終わった時代に共通のことではなかったかと思います。


そんな時代も終わった…と思った年がありました。
1997・8年だったと思います。
とにかく不思議な感覚のある年でした。
『巨人・大鵬・たまごやき』が終わったと言うのか、それまで基礎となっていたものが崩れた感覚がありました。
特徴的だったのは、茶髪でスーツ姿のサラリーマンが突然現れたということでした。
僕には信じられなかった。
そして、それから10年が経ちました。
茶髪にスーツのサラリーマン世代は、新しい党の中で新人議員として政治を動かす場に登場し始めました。


電電公社も専売公社も国鉄もなくなり、民間(個人)が社会を作る時代なのかもしれません。
お金の配分はマニフェストに書いた通り、進めていくことだとろうと思います。
たいへんだぁ…と思うのは、お金の配分以外の所。
海外から受けが良い新しい政権と言うのは、国内的にはどんな風に解釈すれば良いのか。
選んだからにはホッタラカシには出来ないんだろうと、とにかくそんな風に思う今日なのでした。

« 夏の終わりに | トップページ | ちょっと手伝ってくれる? »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/46077683

この記事へのトラックバック一覧です: たいへんだぁ:

« 夏の終わりに | トップページ | ちょっと手伝ってくれる? »