2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ボタニカル・ライフ

『ボタニカル・ライフ』(新潮文庫 いとうせいこう著) >>>


頂き物の本です。
いとうせいこう氏はずいぶん以前に一冊しか本を読んでいない。
TV番組でコメンテーターや文化人枠で登場しているのを見ることしかない。
不思議な人だが、体の芯の近くで共感する所のある人だと思っている。


子供のような大人
大人のような子供


見たものや自分自身をストレートに表現出来るが…せず、過去からのある種のパターン(文体)に嵌めた中でボキャブラリーを駆使してムードや雰囲気を現出させる。
そしてその目は真正面から物を見ることをせず、斜めを正面にして眺めたり俯瞰したり裏返したりを繰り返す。
繰り返しの中から、普遍的な表現と表現されるべきナニモノカを探そうとする。
ナンノコトダカ…


ベランダで植物を育てる男のエッセイです。
ばかばかしくもあり、楽しくも悲しくもあり。
あああ~わかるわかると思いつつ、そこまで考えてんのいとうさんなんて思ってしまう。
しかし、やはり年齢が近しいからか(調べたら3つ年下だった)、言いたいことや感じることが分かる。


男ってバカだね~
なんて言いながら読むのに最適。


ところで最近の整体院のベランダは…

090908_163401

10月のスケジュール

明日から10月です。
10月のスクールスケジュールが一部変更になりました。
10月31日は休講(5週目のため)でしたが、11月分の骨格調整の授業を行います。
したがって、11月の骨格調整土曜コースは、10月31日、11月7・14・21日の4回になります。


骨格調整専科(>>>)は、てあて整体スクールの骨格調整の授業に4回連続で参加するもので、骨盤の3方向からの調整の他、頸椎・胸椎・腰椎など骨格の調整と、梨状筋・腸腰筋など筋肉の調整を行うものです。
4回という限られた時間ですが、繰り返し練習することで必ず使える手技を身に付けてもらっています。
今まではスクールの様子を見るために、先ずはこの専科から入ろうと言う方や、他校を出たが骨格調整がいまいち身についていないという方、スキルアップに繋げて行こうという方などがいらっしゃいました。
10月は毎週月曜日に募集を行いましたが、お陰様で定員となりました。
11月の土曜コースはまだ空きがありますので、検討してみて下さい。


この他にマッスルエナジー・テクニック・セミナー(>>>)を、10月25日(日)に行います。
このところ平日に開催していましたが、日曜日にやって欲しいと言う声を聞きましたので、開催することにしました。
筋肉の持つ等尺性収縮後弛緩などの性質を使って特定の筋肉を緩めたり、テコの原理を使って骨格を調整したりします。


そして、名古屋では10月14日に、ダンスの体のしくみと使い方セミナー(>>>)を行います。
伏見にある名古屋市短歌会館というところで行います。
しばらく名古屋ではやっていなかったので、大人からバレエやダンスを始めた方はどうぞいらして下さい。
ダンス・バレエ独特の体の使い方を、簡単な解剖学的な説明と、実際に動いて確認をしていきます。
軸の取り方やターンアウトの感覚など覚えていって下さい。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 10月12・19・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

秋の味覚!?


Imgp0932

先日、セミナーをやった時に頂きました。
S先生、Oさんありがとうございます。
皆で美味しく頂きました。


Imgp0957

昨日、整体を受けに来た卒業生から。
巨峰…だと思います。
これから頂きます。


Imgp0958

今日、整体を受けに来た昔の仲間が持ってきてくれました。
台湾土産のカラスミです。
これもこれから頂きます。


いつもいつもありがとうございます。
全部美味しく頂いています。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 10月12・19・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

健康

WHO憲章の中の健康の定義によれば、「健康とは完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、Spiritual及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」とあります。
分かったような分からないような…
ようするに、病気がなくて体が健康だからって健康って訳じゃないよ…と、それに精神的社会的なものも含まれるのだよと。
そして、精神的と言っても『Mental』だけではなく『Spiritual』なことも含まれているよ…と言うことなんですね。
え~っとだから何だっけ。


整体師を10年もやっていると、なんとなく健康になって来る訳です。
サラリーマン時代と比べると圧倒的に健康なような気がします。
ところがこれ、良いことばかりでもないような気もする。
何と言うか過敏になると言うかセンシティブになると言うか、健康な分だけ不健康が気になる。


最近は電車に乗ると冷房が気になる。
サラリーマン時代は少しくらい寒すぎたって、キモチ~ッ!ってなもんでした。
仕事が大変でちょっとくらいストレスが溜まろうと、サラリーマン時代はうるせ~っ!てなもんでしたね。
ジャンクな食べ物だって、んま~いっなんて食べてたし。
それがね。
最近は冷房の寒さは気になるわ、ストレスは気になるわ、ジャンクフードなんか食べた日にゃ~けっこうもたれたりする訳です。


これって良いのかな…
なんてね。
思ったりもします。


しかしまあ、逆のこともあって。
このところの気候はとても清々しく。
窓を開けて整体をやっていると、風が通り抜けるし、遠くの街音が聞こえる。
以前は風や街の音なんてノイズ以外の何物でもなかったけど、このところはそれが気持ちが良い。
患者さんをやりながら、あああ~気持ち良いな~なんてつい思う。
通勤自転車で整体院まで来ると、咲いている花で季節の移り変わりが分かる。
だからまあ、最近の健康も良いのか…と思ったりもして。
またまた複雑なおぢさんなのですが。


ようするに。
昨日飲んだ缶ビール2本が腹にもたれている…
と、それを書こうとしただけだったんですけどね。
なんでこれくらいでもたれるんだろう…



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 10月12・19・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

咲いた

Imgp0947

咲きました。

なんて名前の花だかは知りません。

実家にあった球根を持ってきたのが先月だったか。

けっこう可愛い。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 10月12・19・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

紹介

来月の骨格調整専科を受講したいんです。


と突然の電話があった。
見学にはいらしたんですか?と聞くと、いいえと言う。
では、先ずは見学した方が良いんでは?と聞いてみると、いいえ大丈夫ですと言う。
でも…と何か言おうと思ったら、紹介してくれた人がいるんです、と言う。
どなたですか?と聞くと、○○カイロの先生だとのこと。


あああ~
○○先生。


ええ、○○先生とはカイロプラクティックの学校で同期だったとのこと。
卒業後6年ほど経ったが、自分はリラクゼーション系のサロンで働いていて、これから開業するのに技術が手に残っていないと思い、○○先生に相談したところ、僕のところで勉強させてもらえば、と言われたと言う。
○○先生は卒業後すぐに開業して、現在もバリバリと仕事をされている。
以前、○○先生のところで働いている人が、何人か僕のセミナーに来てくれた。
それを覚えてくれていて紹介してくれたらしい。


こう言うの、本当に嬉しいですね。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 10月12・19・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

小言おやぢ

何でだったっけな~


昨日はお弁当がなかったので、昼を外に行くことにしました。
何故だかパスタが食べたくなって、小さなパスタ屋さんに行ったのですが、お昼の時間を過ぎていてクローズしていました。
しかたがないな…と思いつつ、某ビルの中にあるイタ飯屋さんに向かいました。
何でだったっけな~僕はその店に足が向かないのです。
数回、行ったことはあるのですが、そのたびに今度はナントナク行くのやめよう、と思うのでした。


しかし、今回はパスタが食いたい。
どうしてもトマトのパスタが食いたい、と思ってしまったのです。
他に空いている店はチェーンの外食屋さんで、別に良いと言えば良いのですが、子供がうるさくて嫌だった記憶があるので、こっちのイタ飯屋さんに行くことにしました。


入り口で待っていると、奥に居る女性が出てこない。
入り口で待っている人が、何故か見えないようです。


ちょっとおかしい。


しばらくして手に何も持っていない女性がやって来て、テーブルに案内されました。
隣の席には食べた後の皿とグラスが、そのままになっておいてあります。
案内をした女性は、何故かそのまま厨房方面に歩いていかれました。


ちょっと変!?


しばらくして、水を持ってやってきた同じ女性が、水を置いてメニューを置いていきました。
隣の席にはさっきの皿とグラスがそのままです。
しかも、隣の隣にも水を持って来たのにです。


う~ん…


しばらくして、注文を取りに来た同じ女性が、やっと隣の皿とグラスを持っていきました。
皿とグラスがなくなったテーブルには、パン屑がいくつか残ったままでした。


そ~なのか~?


注文のトマトのパスタを持ってきた同じ女性が、チーズは掛けますか?と微笑む。
はいはいと僕。
僕はチーズがどんどん掛かったパスタが好きなのだ。
で、ひとしきりゴリゴリとチーズを削って掛けてくれたのだが、パスタの皿の外(つまりテーブルの上)にチーズがこぼれてしまったんですね。
どうすんのかな…と思っていると。


ささっ
とテーブルの下に手で払い落してしまったではありませんか!?


ひゃ~


不覚にも、ここで僕はちょっと笑ってしまいました。
だってねえ。
お客様の入っている、こじゃれたイタ飯屋さんです。
テーブルにこぼしたチーズを、床に払い落すなんて。
何と言うかまあ、僕の常識としてはあり得ない訳ですね。
それが平然と行われている。
皿を持ち帰るのに3往復を要するという感覚は、結局それだけが出来ないということではなくて、全体としてそんなゆるい感じになってしまっているんだな…と思ったら、肩肘はってまなじり上げてちょっとイラッとした自分がバカバカしくなってしまいました。


それにしてもと思います。
その後、テーブルを拭いてまわっている別の女性がいたのですが、その女性は隣のテーブルに残っていたパン屑を、やっぱりササッと床に落としてからテーブルを拭いたのです。
僕の常識がおかしくなったのか!?
テーブルの上のパン屑などは拭き取れば良いのではないのか?


どうも複雑な、昼時の小言おやぢなのでした。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

院長ブログ

僕はけっこう沢山のブログを書いていて、現在4本を同時並行しています。
正直言って何がなんだか分からなくなることがある。
でも、それぞれに書く内容・方向性が違っているので、まあなんとかなっているようです。
その中に『てあて整体スクール/学校新聞』と言うブログがありました。
これが何となく整体スクールの授業のことばっかりを書いていました。
でも、何だかもうちょっと気楽に書きたくなって、題名を変えました。


『てあて整体スクール 院長ブログ』 >>>


何がっ!?
って感じかもしれませんが、気分的にはかなり違います。
ぼつぼつと整体のことや業界のことなどについて書いてみたいと思っているので、興味のある方はそちらもどうぞ。


ところで昨日は連休最後の休み。
と言っても僕にとっては連休唯一の休みでした。
今年の連休は暇でしたね~


あはは


整体のスクールと整体の予約はありましたが、全然電話が掛かってこない。
窓を開けていると街の中も静かで、不思議な連休でした。
整体師になって10年が経ちますが、どんどん休みと仕事の日の区別がつきにくくなっています。
休みなのにPC仕事しに来たり(それじゃ仕事)、仕事なのに映画観に行ったり(それはサボリっ)、どっちがどっちだか分からなくなることがあります。
それも自由業を始めた良さなんですが、水は低きに流れる…で、なんとなくダラダラと過ごすことも増えてきたように感じていました。
で、夏くらいからなるべくお休みの日と言うのを作るようにしています。
休みの日は整体院に来ない。
昨日がその”決めた”休みでした。


何かやらなきゃな~と、いつもならどこかに出かけるんですが、昨日は終日ぼんやりと過ごしました。
昼間には先日破れたジーンズを縫ったりして。

090918_173501 090924_122001
(こんなの履いて良いんでしょうか…)


後はTVのニュース番組のはしご。
それにしても、朝からニュース番組を見ていると、ニュースの内容の8割くらいは同じニュースでした。
昨日は某ダムへの大臣の視察と、国連総会での日本国総理の演説関連。
でまあ、ほとんどの論調と言うか論評は同じ傾向でした。
これじゃあみんな同じようなこと考えるようにもなりますね。
TVはエンタテイメントと割り切って、文字の媒体をきちんとチェックしておく必要があるように思います。
これから整体師になろうかな…なんて考えている人も、今考えていることや思っていることが、人が言ったことなのか本当に自分でそう判断したことなのかを考える必要がありますね。


さて、今日は仕事の日です。
頑張ります。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

貧しい教育

僕の実家の隣の県の市長(33歳)が、本会議中にガムやアメをなめながら答弁をし議長に注意をされたらしい。
今朝の新聞に曽野綾子さんのエッセイが掲載されているが、このことに対してこの市長さんは何が悪かったのか分からなかったかもしれない、そして年代によって反応は様々だろうと言うようなことが書いてあった。
たしかに、年代によって反応の別れることだろうと思う。
喉が痛かったのでガムをかんだりアメをなめたりしていたと言うことだからだ。


TPOと言う言葉がある。
3~40年くらい前にメンズファッションの世界で良く言われた言葉で、時と場所と場合によって着る服を変えると言うものだ。
ようするにその場その場にふさわしい格好があると言うこと。
それは、個人の嗜好や考えも大切だが、環境や周りの人などとの関係をより重要に考えるということだろう。
着る服だけのことではなく、最近はそんな教育がされていないように思う。
個人の『権利』を主張することが正しく認められるべきことだと言う教育。
もちろん、それ自体は正しい。
しかし、個人(自分)の権利だけを主張すると、何か大きな違和感を感じる。
僕だけなのか僕の年代はそう思うのかは分からないが、”みっともない”という気分がする。


先日、新しい政権が出来て、新しい大臣の会見があった。
途中まで見ていたが、登壇する前に国旗に欠礼する大臣がいたことに違和感を覚えた。
一国の大臣が初めて国民に言葉を発する前に、国旗に欠礼すると言うのはなんだか気が抜けると言うか、みっともない感じがした。
これは市長さんとは違い、50歳代以上の方々ばかりだったので、若い年代だけがこういうことをすと言うことでないんだろう。
70歳代にならんとするある大臣さんは、檀上で立っている時に足を絡めていた。
友達の結婚式だって、もう少しきちんと立って話をするだろう。


しかし、人のことばっかりも言っていられない。
2~30年くらい前だか、はじめてペットボトル飲料が出て来た。
最初、350mlくらい以上のボトルに直接口をつけて飲まなかった…と思う。
なんとなく恥ずかしかった記憶があるからだ。
何かを飲む時は、それを容れていく容器(ペットボトル)ではなく、グラスに移してから飲むものだと思っていたのかもしれない。
でも、最近は僕自身も直接飲むし、人が飲んでいても変な感じはしなくなっている。
かわってしまったんだろうと思う。


整体を指導していて、患者さんの周りを移動するときに、”患者さんをまたがない!”と言うことを指導している。
それは患者さんを踏みつけない為という安全管理上大切だと言うようなことを言います。
また、患者さんの体を持つ時には、基本的に両手で持つようにするとも指導しています。
これも安全管理の観点からと言うような説明をしています。
でも、本当は礼儀に反すると言うのが僕の正直な考えです。
僕は人が横になっている上を通ってはいけないし、人の体を扱う時に片手で扱うなんてことはしてはいけない。と言うような教育を受けて来ました。


直線距離を通った方が早く目的地に着けるので、患者さんをまたぐ方が機能的と言えます。
片手で持つ方が手が近かったり自分の体を動かす大きさを省略できる分機能的といえます。
でもそれはみっともない。
患者さんに対する敬意が全く感じられない。
心の中にある敬意が表に現われていない。
そう、僕は思います。


冒頭の新聞記事で曽野さんが書いていました。
ガムを噛んだ市長が悪いんじゃない。
彼は貧しい教育しか受けてこなかったんだと。


僕は豊かな教育をしたいと思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

35歳からのバレエ入門

『35歳からのバレエ入門』(仮称)というテキストを作りました。
以前作った『大人から始めた人のための 今すぐ出来るバレエのコツと体の使い方』では、簡単な解剖学的な説明と、バレエの基本的な体の使い方について解説しました。
ちょっと真面目な感じでしたね。
読んでフムフムとうなずきつつメガネの脇を親指と人差し指でつまんで持ち上げるような(ってどんな)感じでした。
そのテキストをネットで販売し始めてから暫くすると、やっぱり出てきました。


先生の言葉が分からない…


レッスンを受けるたびに先生に色々と注意されて、ありがたくはあるが言っていることがイマイチ分からない。
イマイチどころか全然ってなこともある。
それの解説をしちゃぁもらえないか、という声です。
「頭を天井から吊るされるように…」ならまだ分かりやすい方で、「軸を取って下さい。」となると、やっぱり本当のところは分からない。
「お尻を締めて」だけなら分かるけど、同時に「でも硬くしないで」と言われると、何がなにやら分からなくなる。
もちろんナントナクは分かるけどね。
そこのところを通訳するようなテキストの要望がありました。
で、最近になって何とか出来あがりかけてきたところです。


今日はそのテキストの感想を書いて頂くモニターの方が来ました。
個人セッションを受けて頂いて、テキストを渡し、読んだら感想を送ってもらうことになっています。
個人セッションは僕の整体院のメニューで、何でもアリのコースです。
整体を受けるもよし、バレエのテクニックの質問をするもよし、ストレッチの方法やトレーニングについて聞くもよしのコース。
今日は整体をやって、バレエの質問コーナーとなりました。


軸が取れない・胸から引き上げる・肩甲骨の下から反る…
を実践するとこうなる。
スタジオで先生はあまり良い顔をされない…らしい。

Imgp0934


で、少しお話をしたり、意識する部分に触ったりしました。

Imgp0936


実はもうちょっとなんですが、本人の感覚は全く変わりました。
だいたい、細く見えますよね、横から見ると。
なのに、胸やお腹を引っ込ませている訳ではない。


バレエは力でするものではありません。
たぶん、抜く意識をする方が大切で難しく、そして効果があると思います。


感想が出来て動画の処理が出来たら報告します。
もう少々お待ち下さい。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

動画

てあて整体スクールという整体学校をやっています。
まぁ皆さんご存じだとは思いますけどね。
教材は基本的に全てオリジナルでして、基本手技・骨格調整・PNFストレッチ・症例別・法律問題・解剖学・開業と、だいたい7~8冊のテキストがあります。
それぞれのテキストは少しずつ見直しをしているんですが、今のところ全てテキスト・ベースの情報となっています。
ようするに、読まなきゃいけない教材ってことですね。
最近、世の中的には動画と言うのがかなり浸透しているようですね。
え~
僕も知ってはいた訳ですが、いろいろと自分に言い訳をしながら着手するのを遅らせていた訳です。


曰く時間がない。
曰くソフトがない。
曰くテキストがあるし。

それに  タイヘン…(と書いて面倒と読む) だし。


どれも、言い訳以外の何物でもない。
生徒さんからはもう数年も前から、ナインデスカ~と要望が上がって来ていました。
で、ぼちぼちと作ろうと、去年にはHDDビデヲを購入し、先月末にはやっとこさっとこ手技の動画を録画したところまでは進んでおりました。
ところがそこからが大変。
だいたいビデヲの編集なんてやったことがない。
ビデオにおまけで付いていた編集ソフトは取扱説明書がなく…って言うか、ようするに紙になっていない。
PCの前でヘルプとか使い方なんかを読んでいたのですが、前時代の人なのでらちが明かない。
しょうがないから180ページにわたるテキストを全部プリントして、眺めながらやろうと思ったら、どうもそのテキストとソフトのインターフェイスと言うのでしょうか、見た目が違っていて、結局は試行錯誤しながらでしか編集が出来ない。
ようするにいつもと同じ。
PCの前でソフトのボタンを押しては戻りを繰り返していた訳です。


なんてことを繰り返して今日。
ついに”とりあえず”つながった動画DVDを作ることが出来ました。


完成度は20%


個人的には人に見せられるような代物ではない。
しかし、勉強するには使える可能性があるんではないかと思っています。
在校生の誰かに貸出をして、評価をもらおうと思います。
そしたら、新しい教材として使うことが出来ます。


長カッタ…
次は骨格調整か…




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

人物


『あの人は人物だからな…』


最近はほとんど使わなくなりましたが、人物と言う言葉にはそんな使い方がありました。
人間が出来ているとか、ひとかどの人だとか、懐が大きいとか、尊敬出来る人だとか、そんな意味合いです。
昨日、そんな人に出会いました。


昨日は朝からセミナーをやっていました。
てあて整体スクールの卒業生が、自身の20年来の経験をもとにした和の身体操作術を指導するというものでした。
その卒業生は別の整体学校を卒業して僕のところにやってきた人でした。
ようするに整体学校を二つ出たことになります。
彼にセミナーをやることを勧めたのは僕です。
近い将来に開業を予定している彼に、人前で話をすることやエクササイズ指導をすることなどを経験してもらうためと、開業した後のコンテンツを一つでも二つでも作っておくという意味がありました。
日時を決め場所を予約し募集をしたのは僕でしたが、彼は以前に卒業した整体学校の校長先生にもその話をしたようでした。
昨日、その校長先生と奥さまが生徒さんを連れてセミナーにやって来てくれました。
僕が主催をしているセミナーだと言うことは承知の上でした。


出来ないことだと思います。


恥ずかし話ですが、整体の業界は割合と排他的で、自分の手技・技術・療法などを絶対と考える方もいらっしゃいます。
自分のやっている療法以外はダメと言う考え方です。
生徒さんが他の療法の勉強をすることは、特に嫌う先生が多いように思います。
今回のように、その先生自らがやって来てくれる、と言うのは稀有のことだと思います。
その先生は治療院もやっていますが、その治療院で卒業生に僕の指導している手技を使うことも了解してくれています。
だから、その彼は僕の手技を使って、先生の治療院で修行をさせてくれているのです。
僕も卒業生や在校生には、様々なところに勉強に行くことを奨励しています。
世の中にある療法は、ほとんどがきちんとした考え方と手技を持ち、長い時間・時代を生き抜いてきた療法だからです。
それは時代に洗練され淘汰された結果であることから、どんな手技も方法も効果があるものだと思います。
それにしても、卒業生が学びに行った先に、一緒に行きお礼を言うということまでは出来ていません。


こう言う人を人物と言うのだろうと思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

はしご

毎週土曜日はアレキサンダー・テクニークの先生が来て、個人セッションやグループワークをやってもらっている。
レインボー・ラボラトリー(>>>)と言うアレキサンダー・テクニーク・サロンとのコラボレーションだ。
アレキサンダーの先生は安田先生。
妙齢の女性で、ソフトかつ辛辣なその目は、何でもお見通しよっ!てな感じ…でもあり、優しく包まれるようでもある。
アレキサンダー・テクニークは一言で言うことがとにかく難しい。
難しいがあえて一言で言えば、自分本来の自由な体の使い方を思い出すためのセッションと言えるように思う。
ダンスや歌や演劇・楽器演奏など舞台芸術に携わる人を中心に広がっているが、日常の動作や体の不調などにも何かの効果が期待できるかもしれない。


でね。


僕の患者さんに紹介をしたんです。
背中が痛いとかダンスで体がうまく使えないとか、色々と大変な状況でアレキサンダーの体の使い方へのアプローチが良いかな…と思ったので。
昨日、その患者さんが整体を受けに来た。
しかも、隣の部屋から。


はしご … だった。


アレキサンダーを受けて、整体を受けに来た。
おほほほほほ~
と来るなり笑っている。
何事かと思ったら、先月から整体を受けたら薬を飲まなくて済むことがあると言う。
今まで薬なしではいられなかったんですよ、それが飲まなくても良い時間が出来たんです、とのこと。
全然いらなくなったってことではないが、これは劇的な変化だと言うことらしい。
そしてアレキサンダーを受けてみたら、なんとなく突破口が見えたような気がするとのこと。
うふふふふふ~
と僕も笑ってしまいました。


個人情報に属することなので詳しいことは書けませんが、その方の痛みは様々な原因から起こっているようでした。
僕の整体では全身の血行を良くするため、ゆっくりじっくりと全身に刺激を入れていきます。
そうすることで、背骨(脊柱)周りの靭帯や筋肉が緩み、体幹の動きが改善し骨格の歪みまで改善されます。
骨格の歪みが改善され血行が良くなると、リンパの流れも良くなってきます。
そのことがご自身の体の状態を良くしてくれるんですね。
僕が何をやったと言うよりは、本人の体が本人の体をケアしてしまったと言うような感じ。
そして、アレキサンダー。
自分を感じることから始めるので、不得意な人もいます。
でも、何度かやっているうちに何かが見えてくるようになります。
分からなくても、ナニカアル…と言う感じは残るみたいですね。


はしご … ってのも良いかもしれません。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>


▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ダンスの体とMETのセミナーやります。

9月10月のセミナースケジュールが決まりましたのでお知らせします。


■ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

 9月27日(日)に、てあて整体院で行います。
 10月14日(水)は名古屋で2カ月ぶりの開催です。


■マッスルエナジー・テクニック・セミナー >>>

 10月25日(日)に、てあて整体院で行います。
 久しぶりの東京での日曜日の開催です。
 今まで参加出来なかった方はどうぞ。


両方とも少し久しぶりの開催になります。
マッスルエナジー・テクニックのセミナーは日曜日に開催の要望が多かったので、この日を選びました。
都合をつけていらして下さい。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>


▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

たにく

Imgp0928


多肉植物と書いて、「たにくしょくぶつ」と読みます。
実はあまり好きではありませんでした。

ところが最近、いとうせいこう氏の『ボタニカル・ライフ』なる本を読み進んでおり、その中で拾った多肉植物を育てるという項目があり…
自宅にはお隣さんが置いて行った多肉植物が2種類ある訳です。
が、僕としては日々、目を避けて通って来た訳です。
ところが今朝、目があっちゃったんですね~


小さいのに多肉だ…


ポケットに入れて整体院に持ち込みました。
で現在、土を入れたカップに鎮座されているということになります。
小さいのに多肉。
アロエの一種なんでしょうか。
小さな葉にトゲがあります。
暫く様子を見ようかと思います。


そう言えば今日から連休でした。
たまに植物を眺めるのも良いかもしれません。

昨日のこと

映画館で『南極料理人』を観ていた。


途中、生瀬隊員演じる技師の誕生日が来る。
それを内緒で祝おうと、堺料理人演じる主人公が肉を焼く場面が出てくる。
火力が足りない…と言うところまで来たら、プツッと言う音がして画面が真っ暗になった。
電気式のレンジだったので火力を強くするために、照明を落としたのか…とも思ったが、セリフが続く割に長く真っ暗なまま。
どうしたんだろう…と思ったら、劇場の電気が点いた。


申し訳ありません。
故障によりスクーリーンの映像のみ落ちてしまいました。
しばらくお待ち下さい。


だって。
こんなことは長く映画を観ているが始めてのこと。
5分くらい中断の後、続きを観ることになった。
観終わったところで劇場の人が入り口に来て、申し訳ないのでもう一回観たい人にはチケットにスタンプを押すので、月内に観に来て欲しいということ。
一応、押してもらって帰って来た。
時間があったら、もう一度観てみようかと思っている。


ところで、民主党が政権を取った。
どうなることだろうと、期待と不安を抱きながら連日ニュース番組を追っている。
自分の年齢に近い人達が政権与党の中にいるのは、数年前からあったことだが、その近い年齢の人達が、自分の言葉で自分の考えでしゃべっているのは初めて聞いた。
これまでの与党にいた近しい年齢の人たちは、頭も良く如才ない人達で、安心と安定を売り物にしていたように思う。
若い”のに”良く分かっている…と言う感じ。
しかし、今回登場した近しい年齢の人達は、若い”からしか”出来ない考え方を持っているように思う。


もう、随分前からパラダイムシフトと言う言葉を聞いた。
実際に10数年前に会社を辞めることになったが、それまでの10年くらいは会社組織の構造的な変化が起こっていた。
”時代の流れ”についていけなくなった、年功序列・終身雇用の制度は雪崩をうって変化をしはじめていたように思う。
良いことなのか悪いことなのか、それは分からないことだが、現下の状況を切り盛りするには、明治以降の官僚統治機構は考え方を変え違った視点で世の中と人とを見ない限り限界が来ていたんだろうと思う。
それを変えて行こうという言葉は、新鮮で初々しく力強くはないが期待を持たせてくれるものとなっている。


全く新しい基盤・考え方を取り入れる時、それまでの基盤・考え方の延長にいる人は、全く理解が出来ない。
新しい人達が考えていることややることを、それまでの考え方で理解・解釈しようとしても、そこには文法や語法の違いがある。
出来ることは、自分の考え方を一旦横に置き、新しい方法を眺めながら、しばらくその新しい方法で現下の状況を切り盛りさせることでしかない。
新しい方法・文法が全て正しいと言うことはない。
古い方法が全て間違いと言うこともない。


新しい方法も古い方法の中で考えられてきたと言うことに変わりはない。
新しい方法を試してみて、間違っている部分は直せば良い。
それは古い方法でも同じことだろう。


未知だと言うだけで恐れていては、古い方法に縛られ続け新しい方法を試す機会を失うだけである。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

アレキサンダー・テクニーク イントロ・ワークショップ

Imgp0921

昨16日(水)、名古屋市短歌会館で表題のワークショップを行いました。
東京からアレキサンダー・アライアンス東京校ディレクターの石坪先生をお呼びしての開催でした。
参加者は20名となり盛大に行うことが出来ました。


参加された皆さん
お疲れさまでした。
そして、参加ありがとうございました。


今回は僕が主催するワークショップとしては初めてのアレキサンダーのワークショップでしたので、イントロ・ワークショップと銘打って行いました。
アレキサンダー・テクニークは欧米のパフォーミングアーツ系教育機関では必須の授業となっていますが、日本ではまだあまり知名度は高くありません。
誤解を恐れずものすごく簡単に説明すると、身体の使い方を楽にする方法を一緒に学ぶ…と言うようなものです。
他のボディワークなどとの一番大きな違いは、『ハンズオン』と呼ばれるワークです。
このハンズオンは、手を添えると言うことで、ただ手を添えるだけで、身体の中の変化に気付いてもらうと言うものです。
自分の身体の中の変化や状態に気付くことから全ては始まります。


今回は20名で3時間という限られた時間の中でのワークショップでしたが、全員の方に2回ずつハンズオンを行い、2回目はそこから足を動かして歩き出すという一種のアクティビティーにまで繋げました。
アレキダーテクニークとはどういったものなのかという説明をしながらのワークで、少しずつではありましたがアレキサンダーの紹介が出来たのかなと思っています。


最初は、てあて整体スクール名古屋教室の生徒さん向けのセミナーを考えていましたが、それだけでは勿体ないと思って募集を始めました。
多くの方にアレキサンダー(未知の方法)を知ってもらうことが出来て良かったなと思っています。
また、スクール生にとっては、これから整体をやって行く上で、整体とは違った身体の見方や捉え方を知ることが出来る良い機会になったかと思っています。


もっとやってくれ~という感想を何人かの参加者から頂いています。
次回も出来るように努力をしたいと思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

放課後のはらっぱ


この前の日曜日から名古屋に行っていました。
遊びに行っていた訳ではなく、整体スクールの授業とワークショップの主催をしてきました。
とは言っても、全部が全部時間が詰まっていた訳ではありません。
余った時間で映画(しんぼる)を観たり、展覧会に行ったりしました。
今回は愛知県美術館でやっていた『放課後のはらっぱ  櫃田伸也とその教え子たち』という展覧会に足を運びました。
じつは患者さんからの情報で、奈良美智さんの師匠とその弟子たちの展覧会があるよ、とのことだったので、これは行かずばなるまいとなった訳です。


良かった。


これはもう観るしかない訳ですが、良かったです。
特にこの櫃田先生の作品が素晴らしかった。
美大の先生の作品…て言うと、なんだかどうも分かりにくいのではないかなんて思っていたのですが、全然そんなことはなく。
風景画なのに何か心象的なものを訴えかけてくるような、具象でも抽象でもないような、風が吹いて来たり匂いや音を感じたりするような、とにかく言葉では上手く言えませんが、立ち止まって観入ってしまうような作品群でした。(櫃田先生作品)


そして、奈良さんや他の先生方の学生自体の作品やスケッチなどもあり、こんな風に作風は変わっていくものなんだと言うようなことも分かりました。
名古屋に足を運ぶ機会があったら、覗いてみると良いかもしれません。
10月25日までやっているそうです。


放課後のはらっぱ 櫃田伸也とその教え子たち >>>



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

先週から観た映画

サブウェイ 123 >>> (音が出ます)

デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの映画。
地下鉄を舞台にした心理物語。
この二人の俳優でなかったら成立しないかもしれない。
B級とまでは言わないが、方向性がいまいち分からずボヤッとした感じの展開になってしまったような気がする。
時間をつぶすには良いですが、それほど素晴らしいというものでもないような感じがしました。

23本目


シンボル >>>

ダウンタウンの松本さんの監督第二弾の映画。

松っちゃん真面目やな~
と言うのが観た直後の印象。
きちんとした映画と言うか、真面目に作りこんだコメディー映画です。
”お笑い”ではなく”笑い”を追及したという感じ。
映画祭を意識したのか、外国人にも分かりやすくなっているようで、普遍的な笑いを意識しているのではないかと思ったりもして。
それにしても、1作目を観ていないが2作目でこれだったら、3作目はかなり違う方向性でしかもそれがはっきりしたものが良いのかな~なんて、いらぬ心配をしたりして。
沢山作ったら良いよ…とTVの対談で、北野さんが言っていたのが頷けます。

24本目


南極料理人 >>> (音が出ます)
 
こう言う映画、最近多いですね~
面白いと思います。観てて。
でも、女性を主人公にしてしか出来ないと思っていました。
が、間違いでしたね。
女性の場合は2~30代ですが、男は4~50前後がバカバカしくて良いんだと言うのが分かりました。
ちょっと安心したな~
キャスティングも良かった。
堺さん生瀬さんキタロウさん豊原さんなんて、みんな渋い。

知人が『「かもめ食堂」「めがね」が好きで、さらに椎名誠の怪しい探険隊が好きな人なら超おすすめです。主題歌はユニコーン!←私にはこれが決定打』とありましたが、まんまとはまりました。
そのまんまの人ですから。

25本目




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

13~16日はお休みです。

13日から16日まで法事と名古屋で整体スクールの授業のため、東京を離れます。

期間中は電話やメールの返信など遅れることがあると思いますが、宜しくお願いします。
今回は13日に法事、14・15日と授業を行って、16日にアレキサンダー・テクニークのワークショップを主催します。
名古屋は秋なんでしょうか、それとも残暑なんでしょうか。


東京はもう秋です。

Dance drivin'

ダンスシアター他動式の公演を観に行って来た。
下北沢 ザ・スズナリ。
ここはお芝居の多い舞台だと思う。
袖がなく上手の手前と奥に『出入口』がある。
使い勝手の良くない舞台。
最近はこういった舞台でのダンス公演も多いが、出演者は大変だろうと思う。


ダンスシアター他動式は伊藤多恵さんの振付・演出によるもので、ご本人は出演していない。
伊藤さんも素晴らしいダンサーなので観たかったが、この振付では大変だなとも思った。
面白く楽しく素敵な舞台でした。


あえて言うのであれば、僕らの使っている文法と同じ文法を使って、全く違う語彙で文章を作り、その文章で心ソソラレル物語を見せてくれた…という感じでしょうか。
どこにでもあると言えばどこにでもある風景や情景を、今までとは微妙に位相のずれた動きで表現している。
言いたいこと表現したいことを、今までつかって来た方法をちょっと脇に置いておいて、別の方法を探したり作ったりしてみた、という感じでした。
だから、最初は戸惑いがあるのに、すぐに引き込まれその世界にどっぷりと浸かっていました。
ダンスのもつ、身体の動きや流れの美しさや楽しさも十分に見せてくれて、楽しめる舞台でした。

堂島ロール

Imgp0899


いただきました。
堂島ロール。
知ってはいましたが、目にするのは初めて。
なんとなくプロレス技を彷彿させるネーミングではありますが、裏腹に美しいお御肌。
先日、これまた頂いたスペイン・スパークリングワインのCAVAと頂きました。


ありがとうございます。
おいしゅうございました。


Kさんは先々週舞台の本番。
終わった顔を見ると、充実していたことがすぐに分かりました。
お話を聞くと、本番終了時は満足感でいっぱいだったが、時間た経つにつれ舞台でやったことが少しずつ思いだされては汗をかく…とのことでした。
皆おんなじです。


おつかれさまでした。
次回もまた、頑張りましょう。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

名前

整体って何だろうとたまに考える訳です。
ナンツッテ、実はそんなに考えません。
それよりも僕のやっているコトは他の先生とちょっと違う感じがする…てことは考えます。
最初にそれを感ずいたのは、内弟子5号に言われた一言からでした。


自分は整体院で働いていたが、センセイのところで修行をしてみて、驚いたことがある。
先生も患者さんも笑っているでしょ。
不思議でした。
 

と言うような内容でした。
そうです。
僕のところの患者さんは割合に笑っている方が多いように思います。
と言うか僕も笑っているような気がします。
もちろん笑わない時もありますけどね。
それは何故なんだろう…などと、ごくごくたまに考えます。


患者さんは基本的には具合が悪い訳です。
腰が痛いとか首肩が痛いとか、なんだか調子が悪くてねとか。
それが『僕のところ』に来て、なんとなく話をして笑って帰っていく。
だってセンセイ、私がいた整体院では皆暗い顔してましたよ、カンジャさん。
なんて5号は言っていました。
そうなんだよな~そりゃそうなんだけど…と思いました。


で、よくよく考えたら、僕は患者さんのことを名前で考えているんです。
例えば佐藤さんとか田中さんとか。
今日の患者さんは腰痛が主訴で、腰椎の調整と臀部の筋肉の調整が必要だな…てことも考えるんですけど、佐藤さん(仮名)は今日は疲れてるみたいだから、先ずは疲れを抜いてそれから調整だなとか、田中さん(仮名)は明後日本番だから楽になりすぎると使えないから、筋肉にちょっと元気を入れとこうかな…とか、そんな風に考えます。
そこのところが一番の違いなのかもしれないと思っています。
もちろん、プライバシーに入り込むということではなく、患者さんを一人の人として名前付きで付き合いをしているという感じになるんだろうと思います。


いかに差別化するか…なんてことを聞きますが、そんなこと考えるよりよっぽど良いような気がするんですけどね。
そしたら、患者さんの方で他の整体院と差別化して認識してくれるように思いますけど。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

あのねのね

あのねぇ』なんてコトがありまして。
その後どうなったかって話です。


脚の付け根の前側が痛いって患者さん
どこかの知らない手技療法の先生に、『あなたの身体はダンスに向いていない』と言われて僕のところへ。
その日は全身の調整をして重心の位置を確認し動きを診て終わりました。(詳しくは『あのねぇ』)
先日、確認のためにまた来てもらった最初の言葉は。


センセ~
痛み無くなりました。
レッスンしても痛くないんです。


どの身体がダンスに向いてないんでしょうか。


今日、有痛三角骨の患者さんのその後の経過を聞いた。( 詳しくはコチラ>>> )
中学生でバレエをやっている娘が、三角骨が痛いとやって来た。
足の専門と言われる病院で、初診時に『全身麻酔で手術』『1カ月は安静』と言われたらしい。
僕のところで診た限り、後頸骨筋などの足部底屈筋群の緊張の方が痛みの原因としては大きいように思った。
実際、その筋群を緩めた所、ルルベ(爪先立ち)をしてもその場で痛みが出なくなった。
これならレッスンも続けられる、しばらく様子を見ようと言うことになりました。
そして今日、その中学生の指導をしているバレエの先生の友人のバレエの先生がやって来ました。


あの娘。
コンクールに出て入賞したんですよ。
センセ~のお陰だって喜んでた。


だそうです。
手術はどこ行った。。。


あのねのねと思いました。
別に自慢で書いている訳ではありません。
僕のところで良くならない人だって沢山います。(沢山はマズイか)
そこのところではなく、言葉の問題です。
あらゆる可能性を考え、慎重に吟味して言葉を使う必要があるなと思います。


たった一言で人は病気にだって元気にだってなる可能性があると思います。


僕自身も心していきたいと思います。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

スクールの感想を頂きました。

8月に骨格調整専科に入学され無事に卒業された、柔道整復師のTさんからスクールの感想を頂きました。
Tさんは整形外科で働く現役の柔整師の先生です。
学んだ次の日から現場で使ってくれて、患者さんにも好評を頂いていたようでした。


20090906_121720_0037
(Tさんに了解を頂いて掲載しています。)


10月は新入生のシーズンです。
新たに勉強を始めようとしている方に、スクールの説明会を開催します。
この機会に先ずはスクールと生徒を確認にいらして下さい。


■9月説明会兼見学会

 21日(月)  9:30~
 26日(土)  9:30~
 27日(日) 15:30~

 場所はてあて整体スクールで行います。
 受講は無料。
 事前に申込メール( コチラ>>> )をお願いします。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

秋もみじ CAVA

Imgp0863
秋もみじ … おかきの詰め合わせです。


Imgp0862
CAVA … スペインのスパークリングワインです。


秋もみじはIさんに頂きました。
いつも美術展・博覧会情報をありがとうございます。
秋には根津美術館の改装オープンが待ってますね。
もう3年半も全面改装のためにクローズしていたので待ち遠しい限りです。

CAVAはスペインのスパークリングワインで、シャンパンとは違うそうです。
酒好きですが素人の僕は、スパークリングワイン=シャンパンと思っていましたが、正しくはフランスのシャンパーニュ地方のスパークリングワインだけをシャンパンと言うそうですね…って皆知ってますね。
Oさんは来週舞台の本番。
がんばって下さい。


ありがとうございました。
おいしく頂きます。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

ダンスのからだのしくみと使い方セミナー

月末に行うセミナーの案内です。


ダンスのからだのしくみと使い方セミナー >>>


日時 : 9月27日(日)10:00~13:00

場所 : てあて整体院(西武池袋線 大泉学園3分)
      東京都練馬区東大泉1-26-12-507

料金 : 15,000円
      但し、別途販売テキストご購入(>>>)の方は13,000円
      2回目以降の方は半額(7,500円)です。

申込 : メール >>> teate@nifty.com


大人になってからバレエを始めた大人バレエな方、子供のころにやっていて暫くぶりに再開した人、どうも先生の言っていることがイマイチ分からないという方はいらして下さい。
ダンスやバレエの身体の使い方は独特です。
普通の身体の使い方の理論では理解出来ない。
その辺のところを知ってレッスンするのと知らないままレッスンするのでは、上達の度合いも違います。
それに、分からないまま続けるのは苦痛ですよね。


ターンアウトって?
プリエって?
軸ってどこ?
引き上げるのって?

Img00026
Img00027

たとえばこの2枚の絵を見て分かることは?


そんな疑問を解消します。
日曜の朝の時間を有効に使いましょう。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月5・6・7日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
ダンスのからだのしくみと使い方セミナー >>>

教育

整体スクールの生徒さんと話していて気がついたことがある。

僕は

整体を教えているのではなく

生徒さんを育てている

つもりのようです。

最近は流行らないのかな~
そんな考え。
でも、流行らなくても良いか。
出来ることをやるだけだ。

国家資格

患者さんでパリでダンス指導のディプロマを取るべく勉強している人がいる。
毎年、夏休みになると帰ってきて施術を受けていかれる。
今年も先月に数回いらっしゃって、体の調子を整えていかれた。
いつもフランスや日本のダンス事情について話をするが、今回はちょっと驚いた。
フランスではバレエの指導は国家資格になっているということだ。
小中高等の学校で教える時も、民間スタジオで教える時も、国家資格を持っていないと教えられないとのことだった。
そして、一番驚いたのは8歳になるまでは、子供に一つのダンスだけを指導することは出来ないと、法律で決まっているということ。
ようするに9歳になるまでは、バレエだけを指導することは出来ないことになっているということだった。

 
う~む


日本では考えられない。
9歳だと早い子はすでにポアントを履いてコンクールに出てくる年齢だ。
それが8歳までバレエのレッスンをすることが出来ないらしい。
リズム運動などをやっているということだった。
子供の権利が守られているということと、将来のバレエ等芸術分野での生活の可能性があるため、年齢に合わせた指導法が徹底しているということだろう。
日本では将来の芸術分野での生活の可能性よりも、目の前の子供のことやスタジオの経営のことが考えられているのかもしれない。


それにしても国家資格。
日本でも国家資格とまではいかなくても、バレエ等の指導法の指導がもう少し増えても良いように思う。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月5・6・7日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

こまっちゃ

Imgp0858

はいっ 貢物。


と、頂きました。
下馬にある『やきがしや susucre シュシュクル』(>>>)の焼き菓子です。
女子ならどんな種類なのかも知っているとは思うのですが、おじさんは全くそんなことは知らないのです。
原材料名を見ると、小麦粉・マーガリン・粉糖・ごま・抹茶とある。
しかし食べた感じは、ココナッツのような甘さと歯触りがありますね。
Mさんは先週2本も本番舞台があってヘトヘトになりながやって来ました。


おいしゅうございます。


いつもありがとうございます。


・・・
・・・
・・・


あっ

今見たら
こまっちゃじゃなくて、ごまっちゃだった。

ははは
こまっちゃもんだ。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月5・6・7日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

湖のほとりで

映画館に行きたくて時間が合う映画を探したらこれだった。


『湖のほとりで』 >>>


イタリア映画はほとんど観たことがないと思うが、それにしても静かな映画だった。
音も俳優さんの演技もとにかく静か。
淡々と場面が変わっていく。
そこに片手をポケットに手をつっこみ片手に煙草を持った刑事が立って静かに質問をしている。
映画らしい映画と言う印象の作品。
オフィシャルサイトを見て驚いたが、主人公が僕よりも年下だなんて…
ちょっと信じがたい。


22本目

今しばらく

9月になった。


と思ったら東京はずいぶん涼しい。
夜はゆっくり寝られるし酒は旨いしで、どうも何をやっているのかが分からなくなることがある。
今日も患者さんが来ないので、おかしいなと思って確認の電話をしたら、僕の方が間違っていて、キャンセルを受けたのを忘れていたのだ。
確かに○○が入ったのでダメになった、と連絡をもらった。
その理由を聞いて思い出した。
まったく、酒が旨いとか言っている場合ではない。


とは言っても良いこともあった。
来ないな~などと思いながら、先日録画した動画の編集を始めようとしていた。
先ず、HDムービーから動画データを取り込むソフトが見つからない。
見つけたと思ったら今度は編集ソフトがない。
CDROMはあるから再インストールしてみる。
アンインストールしないといけないと出るので、そのように…とクリックする。
(???アンインストールが必要と言うことは入っていたってこと?)
インストール出来たと思って、また編集ソフトを探す。


ない。


なんで?


トリセツの端を眺めていると、ショートカットキーは出ないとある。
ふむ
と、ソフト名で探してみるが…ない。
ないはずはないと思って探してみるが…ない。


まったく…
と思って見たら、あった。
どういうことだ。
まあいい。


さっそくHDムービーからPCに動画データを取り込む。
これは何とかなった…ような気がする。
編集ソフトを立ち上げて、編集をするために素材(動画データ)を呼び出そうとする。
出そうとするが、出てこない。
『開く』ってのがあるから開いてみるが、そのファイルまでは行きつくが、ファイルの中には何も入っていないと仰る。
そうですか…
とちょっと横目で睨んで脇を見ながら、別の所から開いてみる。


ダメみたい。


うううと唸って、これは違うよな~とポチッとしたら開いた。
えええ~
全く…
まあいいかと、編集を始めようとするが、さすがにそんなにすぐ編集は出来ない。
動画は沢山のパートに分けて撮ったので、それぞれに名前を付ける。
30項目くらいになった。
名前さえ付いしまえばこちらのもの。
何ならこのまま卒業生やスクール生に配ったってイイ。


むふふ

思いましたね。


苦節数年。
やっとここまで来ました。
皆さん
もうちょっとです。
もうちょっとお待ち下さい。


それにしてもダブルブッキングじゃなくて良かった。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月5・6・7日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

休みと仕事

個人事業をしていて、今日は休みか仕事かってのは難しい問題…ですね。
と言うと、仕事してるのに休み気分なのかと言われそうですが、ま、そう言うこともなくはなくはなく。


今日は休みでした。


朝からシャンテに行ってシャネルを観て来たし。
その後、味噌ラーメンも銀座(って言っても白い暖簾のラーメン屋だったけど)で食べて来たし。
そこから美術館でも行こうかと思って、ふらふらしていたらやりたいことを思い出した。
一昨日、整体の基本的な手技を録画してあった。
これを編集してDVDにしてスクール生や卒業生(希望者)にあげたいな~と、ずっと思っていたのを思い出した。
それにバレエテキストももうちょっとのところまで来ているし。


そうだ、あれやろうかな。


と思ったらもう電車に乗って整体院に帰って来ていた。
さて、どこから手を付けるかと思ったら、別のことを思い出した。
8月の経理処理がまだやっていなかった。
まだって言ったって、まだ2日だし。
でも、整体院に帰って来たら、時間があるな~ってことになり、それにDVD作っててもそのことが気になってしまうんじゃないかと気になってしまってしまい。
結局、8月分の経理処理をやっていた。
僕は会計士に決算や経理処理をお願いしているが、毎月の伝票入力は全て自分でやっている。
それじゃあ会計士にお願いした意味がない…と思う人もいると思うが、しかし、僕はそうは思わない。
と言うか、思えない。
自分でやらないと気がすまないのだ。
この性格はどうしようもない。


で、結局こんな時間になってしまった。
これから手を付けると、せっかくの休みが休みでなくなる(ってもうなくなってるみたいなもんだけど。)ので、今日のところは経理処理だけで帰ることにする。
少し早目にビールを飲ませて頂く。
なにしろ今日はお休みだから。

単純な脳、複雑な「私」


『単純な脳、複雑な「私」』(朝日出版社 池谷裕二著) >>>


脳科学の本です。
脳科学者の著者が自分の母校(高校)で講演をした記録と、その後に数名の高校生向けに行った講演(セミナー)を記録したものです。
特設サイト(>>>)には、実際の講演の中で使ったPCによるシミュレーション映像なども掲載されています。


自分について知ると言うことは、自分の意思や心について知ると言うことでしょう。
知ることで安心するんだろうと思っていました。
『あああ~っ、そうだったのか~』なんて手を打って納得して、ニヤニヤした経験が何度もある。
何かが腑に落ちた時、肩の力が抜け気が楽になったような気分になる。
そんなことを求めて、最近、脳科学や心理学やそちら方面の本を読んでいるような気がしていた。
この本は、かなり脳の本質(構造と機能ではあるが)に迫っていると思う。
最新の脳科学で解明されて来ていることが、かなり大胆に書かれている。


読んで、空怖ろしい気分になって来た。
説明するのは難しいが、足元が崩れるような…と言うより、足元が浮遊するような感覚かもしれない。
若い人には読んでもらいたい。
知ることは良いことだと思う。
情報が増えると言うのは良いことだと思うが、幸福になるばかりとは限らないような気がする。

ココ・シャネル


『ココ・シャネル』 >>> (音が出ます)


観てきた。
実はコチラ(>>>こちらも音が出ます。)を観ようと思って行ったんだけど、終わって見たら違う映画だった。
シャーリーマクレーン扮する往年のシャネルを見間違うことはないが、若き日のシャネルに扮する女優さんがココ・アヴァン・シャネルの方の女優さんとそっくりで、途中まで違う映画だとは思わなかった。
ま、どっちでも良いんだけど。


少し違和感のある映画だった。
何故だろう…と思って考えてみたら、全編、英語でシャネルの人生を描いていたところあたりから始まっているのかもしれない。
シャーリーマクレーンが主人こうなら、恋愛話よりももっと別に描く部分はあったのではないか…なんて思ってしまったりもする。
でもまあ、あの時代の美しい洋服が沢山みられて気分良く映画館を後にすることが出来ました。
それにしても、ここ10年くらいで初めて、満席の映画館で映画を観ました。
シャネルは人気があるんですね。

21本目

二十世紀少年 <最終章>

観てきた。
二十世紀少年 >>> (音が出ます)
年代によって随分観方が変わる映画のように思います。


一本前に観た『色即ぜねれいしょん』は1974年高校一年生だったが、この映画の始まりは1969年小学校高学年。
これも丁度、ぴったりとハマる年代でした。
1969年の夏、僕は地方都市の小学校5年生。
万博や基地やともだちは、僕にとっても大切なものでした。


漫画の原作とは終わり方が違うと聞いていましたが、原作の方を読んでいないのでどこがどう違うのかは分かりません。
たぶんこの年代の人なら誰もが持っている、心の棘・ひっかかりのようなものが上手く表現されていたように思います。
駄菓子屋はあんなに昭和していたかな~という思いはありますが、まああんな駄菓子屋が近くに一軒くらいはあったのは間違いありません。
ただ、イジメについてだけは、あんな感じではなかった。
浦沢さんの記憶にはそんな風だったのかもしれませんが、あそこまで追い詰めるイジメは僕の小学生時代にはなかったなと思います。


色々思うところもありますが、楽しめる映画だと思います。


20本目


ことばのちから

昨夜、新しく与党になった党の重鎮政治家がTVに登場していた。
中で様々なことを仰っていたが、その言葉の力強さに驚かされた。
やや強引な論理展開ではあったが、理路整然と目的・目標に向かって道筋が見えているという印象を受けた。
彼はその仕事に対する実務経験があり、マネジメント経験があり、そしてある程度の失敗の経験もある。


今朝、新しく与党になった党の政治家がTVに登場していた。
中で自分の専門分野について様々なことを仰っていたが、その言葉は理路整然として濁りがなく、淀みなく流れる川のように澄んでいた。
難しい数式をいとも簡単に解いてしまうような印象。
彼にはその仕事に対する実務経験はないようだった。
ここしばらくは、新しい与党の政治家の方々の言葉を聞くことになると思うが、そこには経験や現実がないと言うことが当然ある。
経験や現実がない分、理路整然と足下から目標に向かって一本の道が見えるのだろうと思う。
これまでの与党の政治家の方々には、その経験や現実が足かせとなって言葉に滞りや淀みが見えていたのかもしれない。


人は自分の中に理論と信念を持つことで、理路整然とした考えと言葉を持つことが出来る…と思う。
ただそれは、力を感じられず、ひ弱な印象はぬぐえないと思う。
そこに経験と現実が加わり目的・目標が失われなかった時、その言葉には力強さが見えると思う。


力強い言葉を大切にしたい。
大きな声ではなく力強い声を。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月5・6・7日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
これからの整体師のための触診教室 9月6日>>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »