2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« はしご | トップページ | 動画 »

人物


『あの人は人物だからな…』


最近はほとんど使わなくなりましたが、人物と言う言葉にはそんな使い方がありました。
人間が出来ているとか、ひとかどの人だとか、懐が大きいとか、尊敬出来る人だとか、そんな意味合いです。
昨日、そんな人に出会いました。


昨日は朝からセミナーをやっていました。
てあて整体スクールの卒業生が、自身の20年来の経験をもとにした和の身体操作術を指導するというものでした。
その卒業生は別の整体学校を卒業して僕のところにやってきた人でした。
ようするに整体学校を二つ出たことになります。
彼にセミナーをやることを勧めたのは僕です。
近い将来に開業を予定している彼に、人前で話をすることやエクササイズ指導をすることなどを経験してもらうためと、開業した後のコンテンツを一つでも二つでも作っておくという意味がありました。
日時を決め場所を予約し募集をしたのは僕でしたが、彼は以前に卒業した整体学校の校長先生にもその話をしたようでした。
昨日、その校長先生と奥さまが生徒さんを連れてセミナーにやって来てくれました。
僕が主催をしているセミナーだと言うことは承知の上でした。


出来ないことだと思います。


恥ずかし話ですが、整体の業界は割合と排他的で、自分の手技・技術・療法などを絶対と考える方もいらっしゃいます。
自分のやっている療法以外はダメと言う考え方です。
生徒さんが他の療法の勉強をすることは、特に嫌う先生が多いように思います。
今回のように、その先生自らがやって来てくれる、と言うのは稀有のことだと思います。
その先生は治療院もやっていますが、その治療院で卒業生に僕の指導している手技を使うことも了解してくれています。
だから、その彼は僕の手技を使って、先生の治療院で修行をさせてくれているのです。
僕も卒業生や在校生には、様々なところに勉強に行くことを奨励しています。
世の中にある療法は、ほとんどがきちんとした考え方と手技を持ち、長い時間・時代を生き抜いてきた療法だからです。
それは時代に洗練され淘汰された結果であることから、どんな手技も方法も効果があるものだと思います。
それにしても、卒業生が学びに行った先に、一緒に行きお礼を言うということまでは出来ていません。


こう言う人を人物と言うのだろうと思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール 授業体験見学会 9月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月13・14日 >>>
整体学校の様子をお知らせする学校新聞 >>>

▼▼▼ 整体師のためのセミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 10月25日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー 9月27日(東京)・10月14日(名古屋) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

« はしご | トップページ | 動画 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/46269666

この記事へのトラックバック一覧です: 人物:

« はしご | トップページ | 動画 »