2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初忍者 | トップページ | またまた »

せいじ

朝、布団の中で考えた。
政治家はどんなことをする人だろうと。
僕は『全員が”しょうがないな”と妥協するような予算を組む。』ことが仕事だろうと思っている。


国の中には女性も男性も居る。
お金持ちもそうでない人もいる。
お年寄りも子供もいる。
寒い地方に住んでいる人も温かい地方の人もいる。
海のそばの人も山の中の人もいる。
都会に住んでいる人も田舎暮らしの人もいる。
日本国内に居る日本人も外国に住んでいる日本人もいる。


二項対立で見てしまうと、片方が喜ぶ予算や法律はもう一方の人は喜ばないモノかもしれない。
だから、しかたがない、それもアリだな、と思えるギリギリの所で、しかし良い方向へ幸せな方向へ進むことを考えるのが政治家の仕事だと思う。
だから、彼らは多くの人から”素晴らしい”と言われることのない仕事だと思う。
だから、大変な仕事だと思う。


ところがね。
最近のニュース報道などを見ていると、国の方向付けをしている政治家の皆さんは、『皆から喜ばれる予算やコトをやろう』としているように思う。


『お金を喜ばない人はいない。』と政治家の人に思われている。
『タダで勉強出来れば嬉しいに決まっている』と政治家の人に思われている。


僕らが子供のころは、何もなしにお金を人からもらうのは『施し』と言う意味合いが強く、はずかしいことだという気分があったように思う。
だから、何だかバカにされたようだ、と思っている年配の方も多いように思う。
でも、お金をもらうのは嬉しいんでしょ、と言われているような気がする。


何だかね~
と言うようなことを考えておりました。
寝ぼけるとロクなこと考えないね。

« 初忍者 | トップページ | またまた »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/47334399

この記事へのトラックバック一覧です: せいじ:

« 初忍者 | トップページ | またまた »