2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブルース・ファートマン | トップページ | 卒業生 »

コトバノチカラ

数年前から身体で感じたことを『言葉にしない。』ようにしていた。
自己分析的には自分は男性脳(左脳)優位で論理を優先するあまり、自分の感じたことや感覚を、その上(表層)にのっけてしまい理性(論理)でねじ伏せようと言うようなことをしていたとに思う。
それではいけない…と、感じたことを言葉にせず、そのまま身体の中に残すことを心掛けてきた。


それで良いこともある。
しかし、それで良くないこともある。


最初にあるのは言葉なのか、ソノコトなのか、と言うことはかなり大きな問題だとは思う。
しかし、言葉にした途端に、ソノコトのソノモノから離れていくと言うことについてはどうしようもない。
例えば、『ここに白いカップがある。』と言ったとする。
こことはどこか、白とはどんな白か、あるとはどう言う状態であるか、はそれぞれ聞いた人や感じ方によって変わってしまう。
言葉にすることで、全く事実をまげてしまうことにも繋がることもある。


昨日、アレキサンダーの授業に出てきた。
アレキサンダーはボディワークの一つ。
身体の使い方を思い出す手伝いをする、と言うようなものだ。
説明が既に回りくどい。
こちらから何かをすると言うことではなく、ハンズオンワークと呼ばれる手による接触や示唆的な言葉を投げることで、相手に気付いてもらうことが前提になる。
相手に気付きが起こると、それは身体の反応としてあらわれる。
手で触られて瞬間、『身体が開放されるような』とか『全てを赦されるような』とか『首が持ち上がるような』とか、そんなことが起こる。
身体の中にとろけるような感覚が起こることもある。
それら起こったことを、昨日は皆がそれぞれに感想として言葉にしていた。
手で触られた感覚は、言葉にするとかなり曖昧な表現になってしまう。


ようするに言葉にしづらい感覚だからだと思う。


それを言葉にしたい。
と思った。
アレキサンダーはだから、日本でメジャーにならないのではないか。
言葉にして分かったつもりになるよりは、曖昧な表現で自分の感覚を大切にするという手法は分かる。
それでもそれを言葉にしたいと思った。
その努力をすることが、自分に出来ることなんじゃないかと思いついた。


またまた難しいことを思いついてしまったもんだ。




【大切なお知らせ】

てあて整体スクールでは3月からスクール生の募集を再開します。
また、新年度からの授業料改訂に伴い4月までの間、授業料を一括で納付される方に対して授業料の減免(△50,000円)をさせて頂きます。
詳しくはお問い合わせください。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月6・7・8日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月9・10・11日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技療法をしている人のためのセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)セミナー 2月25日(木) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« ブルース・ファートマン | トップページ | 卒業生 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/47590437

この記事へのトラックバック一覧です: コトバノチカラ:

» 単身?遠距離?自分の引越し相場を知る [引越し 相場 | 単身/一人暮らしの引越しが安い]
引越しの料金の見積もりは引越し業者一社で済ませていませんか? タイプ(種類)や距離によって引越し相場は様々です。 [続きを読む]

« ブルース・ファートマン | トップページ | 卒業生 »