2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 歌舞伎 | トップページ | 明日になってからじゃ遅いんだよ … »

大相撲

横綱朝青竜が引退しました。
とても残念です。
が、しかたがないことだとも思います。
相撲ファンならずとも色々な思いがあるのではないかと思います。


正確ではないと思いますが、横綱は番付上の役ではないとも言われます。
土俵入りの時に占める、”白い綱”は注連縄で白い紙(神垂)を下げていることから、結界の意味合いのあるものだろうと思います。
ようするに横綱は強い力士であると同時に、神性を秘めているものという捉えられ方をされます。
しかし、大相撲は興業でもあります。
二場所連続して優勝すれば、よほどのことがないかぎり横綱に”昇進”します。
これはどういうことなんでしょうかね。
”横綱の品格”と言う事が巷間喧しい状況になっています。
品格ってのは何でしょうかね。
 

興業的には強い横綱と言うチャンピオンが居て、それに向かって多くの人たちが向かって行くという構図。
これは宣伝効果も高く観客を呼べる構図だと思います。
その上、そのチャンピオンがヒール(悪役)で、それに続く次代のチャンピオンが品格を持ったファニーフェイスだとしたら尚更です。
でも、大相撲は日本の伝統だとも言います。
難しい問題だと思います。
簡単にどちらかに決めてしまうことは出来ないんだろうと思います。


例えば、横綱を本当に品格がありしかも無敵の者に与え神性を帯びさせるとしたら、10~20年に一度だけ誕生させるという方法があるように思います。
年間勝率9割以上で横綱審議委員全員が面接をして投票し、全員一致で承認するような人にしか与えないとしたら。
僕の知る限りで過去を思い出せば、大鵬関・北の湖関・千代の富士関・貴乃花関くらいなんですかね。
この人達を見渡せば、横綱の権威や品格は問題視されないように思います。
しかし、これでは大相撲の興業としての成功はないかもしれませんね。


ところで僕が好きだったお相撲さんは大麒麟でした。
もう誰も覚えていないだろうな~


【大切なお知らせ】

今年に入って入学生が増えたため、2月は新たな募集を控えさせて頂こうと思っています。
新規募集は来月くらいを予定していますが、詳しい日時は未定です。
予定が決まり次第、見学会などの日程をアップしたいと思っています。
入学や見学を検討されている方には、申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。
宜しくお願いします。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月9・10・11日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技療法をしている人のためのセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)セミナー 2月25日(木) >>>

▼▼▼ 大人バレエな人ためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 2月11日(木・祝) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 歌舞伎 | トップページ | 明日になってからじゃ遅いんだよ … »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

>その上、そのチャンピオンがヒール(悪役)で、それに続く次代のチャンピオンが品格を持ったファニーフェイスだとしたら尚更です。

これに近い構図として『王将』(ギョーザじゃなくて将棋のね)を思い出しますが、
でも、やはり坂田三吉と朝青龍とは何かが違う訳です。

坂田さんのハチャメチャぶりは日本人の琴線に触れるけども、
朝青龍は触れない。

もしかすると、モンゴル人の心性から観たら、
間逆になるのかもしれない。

国民性、民族性とは、
案外こうしたところに表れるものなのかもしれませんね。

そうですね。

大相撲で言えば、北の湖関が現役時代はヒールでしたね。
日本では珍しいタイプだったと思います。
”憎らしいくらい強い”と言われていました。
あの強面もあったかと思いますけど。

そう言えばモンゴルは中華思想の中心的な心理があるかもしれないですしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/47482730

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:

« 歌舞伎 | トップページ | 明日になってからじゃ遅いんだよ … »