2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« てあて整体スクール 説明会兼見学会 のお知らせ。 | トップページ | カンパニーデラシネラ新作公演  『 異邦人 』 »

王道は本質を目指す。

ロンファン

101006_125202


大泉学園駅北口ゆめりあビルの地下にある中華料理店。
大泉学園で一番旨い店だと思っています。
この店の炒め物は絶品。
今日は豚バラ肉と茄子の辛み炒め950円と言うのを食べました。
いつものことですが、浅いお皿にのった料理をご飯の上に掛けて食べます。
お行儀が悪いのは分かっているのですが、ど~してもこれがやめられない。
そしてこの料理に付いてくる玉子スープ。
これも絶品です。
玉子スープってのは本当はこう言う味です、と言うのが分かる味です。(どうも分かりにくいね)
他で飲む玉子スープとは全く違います。
玉子スープだけ飲みに来たって良い位です。


101006_123701


このロンファン、ビルの地下と言う非常に悪い立地にも関わらず、いつも人で賑わっています。
そして最近、西武線桜台駅北口に、坦々麺専門の2号店を出しました。
お店で食事をしてそのことを知った時は、つい『良かったですね~』とお店の人に声を掛けてしまいました。
たまにしか行くことはありませんが、そんなことが口を出てしまうほど、気さくで美味しくて応援したくなるお店です。


何故、ロンファンはそんなに美味しいんでしょう。
以前、機会があって北京に行ったことがあります。
そこで色々なお店で食事を頂きました。
印象に残っているのはスープで、とても美味しいものとそうでないものがありました。
どんな何のス-プか忘れましたが、あるスープを飲んだ時に、”あっ!?”と思いましたね。
日本で飲んでいた玉子スープは、このスープを真似ているんだと思いました。
そのスープは玉子スープではありませんでしたが、玉子スープがこのスープを目指して作られたものだろうと言うことが良く分かりました。
上品で飲み口は軽く、鼻に抜ける良い香りがあって、ポタージュのようにぽったりとはしていないけれど、普通のスープのようにサラサラとしている訳でもない。
でも、日本で飲む玉子スープは、そのスープに似せて作った中国の玉子スープに似ている玉子のスープでした。
ところがロンファンでは、玉子スープではなくそのスープを彷彿させる、上質な味になっていました。
これなんだな~と思いました。


本質を目指す。


忘れられ勝ちなことですが、これにつきるように思います。
そして、最近はその”本質”が分かりにくくなっている。
様々なコトやモノでそんなことが起きているように思います。
文明が発達し時代が進み教育レベルが上がって来ると、”最初にあった本質の部分”に対して様々な解釈や方法が考えられ改良・改善が加えられます。
そんなことが続くと、”本当はどうだったのか。”ってのが分からなくなる。
『本質は辺境で継承される。』と言うのは、文化人類学で言われることですが、やはり本質はどこにあるかを基本に据えて何事もやる必要がありますね。


整体など手技療法はなんてその最たるものだと思います。
流行に囚われないようにしないとね。



※てあて整体院スタッフ・ブログ >>>


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 10月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 10月12・13・14日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)セミナー 11月3日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 10月11日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« てあて整体スクール 説明会兼見学会 のお知らせ。 | トップページ | カンパニーデラシネラ新作公演  『 異邦人 』 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/49665574

この記事へのトラックバック一覧です: 王道は本質を目指す。:

« てあて整体スクール 説明会兼見学会 のお知らせ。 | トップページ | カンパニーデラシネラ新作公演  『 異邦人 』 »