2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ストレッチ か~ら~の~っ 

僕のやっている整体スクールでは、ストレッチの授業があります。
ストレッチは患者さんに指導が出来るようになるために、どんな時にどんなストレッチが良くて、そのストレッチはどんな風にするのかと言うことを教えています。
で実は、普通のストレッチともう一つ、ストレッチのような運動のようなこともやります。


コア・ストレッチ


なんて呼んでるんですが、身体の芯近くにある脊椎(背骨)と肩甲骨・股関節を一つ一つ動かすことで、その周りにくっついている筋肉をゆるゆると緩める方法です。
一つ一つ動かすために、なるべく身体の力を抜くことが大切です。
なので床の上で横になって動くことが多いストレッチです。
今日もそんなことを練習していました。
皆、ひ~ひ~言いながらやっていましたね。
そこで、何故か背骨を上から順番に動かす話になり、昔、ジャズダンスでやっていた”ドルフィン”と言う動きや”スネイク”と言う動きを解説してしまいました。
授業が終わって、何か質問は?と聞いたら、『ムーンウォークはどうやってやるんですか?』との質問。
ついつい教えてしまいました(笑)。


Imgp3311


ムーンウォークも出来る整体師!
ってのは売れそうもありませんが、そう言えば昨日、骨格調整専科を終了した方はこんな方でした。


Imgp3307


ダンスの先生です。
昨日、編入をして整体を本格的に学ぶことになりました。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 3月20日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

春一番

「春一番」って変換したら『貼る一番』だって。
なんだか消炎鎮痛剤のコマーシャルみたいです。


てことではなく、昨日は貼る一番ならぬ春一番が吹きましたね。
とても温かい日で、昼間は過ごしやすかったんですが、夜になったら風が強く、自転車で帰る時は風に流されそうになっていました。
ついでに、強い風に乗って飛んでくる花粉を、全面的に顔面で受け止めていたらしく、家に帰ったら目がシバシバして来ました。
風呂に入っても治らず嫌だな~と思っていたら、今日は少し良い感じです。
しかし、シバシバって通じるんですか?
なんとなく僕はそんな体感なんですけどね。


花粉症は免疫機能の過剰反応とか言われています。
先日、TVショウでどこかのお医者さんがやっている花粉症治療のコースのことをやっていました。
そのお医者さんのやって花粉症治療コースと言うのがユニークで、薬などを使うものではありませんでした。
二泊三日か三泊四日か、花粉の出ていない森林の中にあるコテージのようなところに宿泊して、周りを散歩したりすると言うものでした。
食事療法も少しはするらしのですが、一番はストレスレベルを下げると言うことが目的だと言っていました。
ストレスのレベルが下がると、花粉症の症状はほとんど出なくなるとのことでした。
その宿泊治療コースに参加した方々の、7~8割に効果が出ているとのこと。
薬を使わずにです。


結局、身体ってそう言うことなんだなと思ったりしました。


にしても、僕も花粉症の症状が出ることがあります。
対処方法は気合といつも言っていますが、それもまんざらでもないか…と自分で自分を慰めたりしています。
まあ、人さまにはオススメ出来ませんけど。


ストレスレベルを下げるなら、整体院でやっているクレニオ(頭蓋仙骨療法)は良いかもしれません。
まだ聞いたことはありませんが、今度患者さんに聞いてみようと思います。
試してみたい方はご相談を。


ところでこのセミナーまだまだ空きがあります。
気になる方はお問い合わせを。
※ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

言葉と現実

いつもチェックしているブログは沢山ありますが、つい昨日(2月23日)の山田うんさんのブログ(『踊り』)にこんなことが書いてありました。


『本当に大事なものはそういうもんなのでしょうか。好きとか嫌いとかいう感情を超えていて、その存在が自分を存在させてくれていることになるようなもの。妥協の余地がない、簡単にどうにもならない、本当に真剣に勇気と情熱がないとどうにも辻褄が合わない困難なもの。
私がやっているのは私にとって踊りなのか喋りなのか表現なのか運動なのか形なのか、どこにも収まらないところにある気がします。人はそれを踊りと呼ぶけれど私は「踊る」という言葉の意味が私の「踊る」と同じような気がしません。』
http://d.hatena.ne.jp/yaun/20110223


そうです。
彼女にとって『踊り』とはそう言うものだと思います。
誰にもそう言うものはあると思います。


言葉にすると、そのものから離れてしまう。と言うのは、ここ最近痛感するようになりました。
説明すればするほど言いたいことから離れてしまう。
細かく細かく説明をしていけばいくほど、言いたいことから微妙なズレが生じ、微妙なズレが微妙なズレに上乗せされてズレはどんどん大きくなっていきます。
まして微妙なズレは実際には全く違うものよりも違いが微妙な分、ぜんぜん伝えたいこととズレてしまう。
白と生成りの違いはとても嫌ですが、白と黒の違いは明確で分かりやすいと思ってしまう。
何が言いたかったんだっけ忘れちゃった。


あっ
思いだした。


だから、言葉による説明はなるべくいい加減にするのが良いと思うように少しなって来ました。
細かく説明するよりも、おおざっぱにだいたいこんな感じと言う方が、あとは雰囲気を取ってもらった方が、実際には伝えたいことが伝わるような気がします。


ところでこのセミナーまだまだ空きがありますのでどうぞ。
※ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

旅立ち

息子が大学の受験に彼の人生初の一人旅に出ました。
しかも飛行機に乗って。
親としては非常に心配をしております。
しかしだからと言って、飛行場まで付いて行くようなことや、まして試験会場まで付いて行くようなことはしません。
本人もさすがに心配だろうとは思うのですが、ここは手を差し伸べるところではありません。


と、何だかエラソウなことを書いていますが、もうすでに19歳になる男に対して、考えてみれば失礼な話です。
手を差し伸べると言うことは、彼を信頼していないと言うことになるからです。
でもね。
やっぱり生まれた日から知っていると、にわかにそうとも思えないのが親と言う生き物です。
幼稚園の時のことや小学校の時のことは、つい昨日のことであります。
昼となく夜となくフガフガ言いながら寝ていた動物が、一丁前の言葉を話すようになったのは、ついこの前のことです。
しかし、人は成長します。
10歳の子供にとっての1年は、人生の10分の1です。
我々のように50年も生きていると、1年は50分の1になってしまいます。
彼らは日進月歩で進んでいます。


つい先日も吉祥寺の舞台でダンス公演を見ました。
その公演には5年程まえから知っているダンサーが出ていました。
彼女は5年前まだ大学で舞踊を選考している学生で、身体の良く動く娘でしたが、まだまだ完成されたダンサーではありませんでした。
それが5年の間に、みるみる成長して大きなカンパニーでソロを取るようなダンサーに成長しました。


私学の受験は全て終わっていて、一応、春からはどこかの大学に行けることにはなっています。
今日、向かった大学が彼の本命です。
先ほど現地に付いたそうです。
試験は明後日。
実力を出し切って欲しいと思います。
実力さえ出せれば、合否は二の次ではないかと思っています。
合格に越したことはありませんが、この一年間の努力はどちらの結果でも彼に良い影響を与えると思います。
もちろん合格に越したことはありませんけど。


みなさん
北北東に念を送って下さい。


がんばれ~!!



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

昔の名前で出ています。

最近どうもズレ感を感じる訳です。
まあ、今までだって時流に乗って何かをしたり考えたりしていた訳ではありませんが、何となく、何かが違うな~と思う訳です。
それはたぶん、進化しなければ現状維持は出来ないってのと似ていて、僕自身はあまり変わってませんけど、世の中が見えない部分で変化しているんだろうかなと思ったりする訳です。


今年でもうすぐ53歳になります。
いいおっちゃんです。
ま、悪いおじさんかもしれませんけど。

 
ネットやパソコンは全く疎い。
人さまからは詳しいと思われている節もありますが、全く違います。
僕はたしかにPCには慣れてはいます。
でも慣れているだけで、いつもやっていることは手早く出来ますが、やっていないことについては全く素人で知らない。
そこのところがズレを生み始めているのではないかと思ったりします。
ネットの世界は日進月歩。
目まぐるしく新しい何かが生まれているように感じます。
その何かに置いてきぼりになっているような感じです。
とは言っても、それを追いかけていた訳ではないので、自分でも分らないのですが、たぶんそう言うことなのではないかと思ったりしています。
今までは従来型の常識に乗って、見よう見まねでサイトを作りブログを作りましたが、今はそれとは違う流れがあるように思います。
思うだけで本当は分かってないんですけど。



どうするか。


これ以上は何か新しいことをやるのはやめようかと思っております。
整体院にしてもスクールにしても、原点に帰ろうかと思っています。
ようするに、『人集め』ではないんですね。
患者さんのために何が出来るか、スクール生のために何が出来るかです。
バレエをやっている人の故障をどうやったら防げるか、どうやったら大人からバレエを始めて動けるようになるかです。
初めて人の身体を触る人をどうやって、人の身体を診ることの出来る整体師にするかです。
どうやって骨格調整の出来ない整体師の方々に、骨格調整を覚えてもらうかです。
あたりまえなんですけどね。
ズレ感を感じた時に、ちょっと人集めの方法を勉強しようかなんて思ったもんだから。
それは違うぞと思ったりする訳です。


そう言うことで、セミナーや内容見直しなどぼちぼちとお知らせしていきますので宜しくお願いします。
まあ、旧来型の告知方法ですけどね(笑)。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

バレエの身体の使い方について何処で聞けば良いのか …

大人になってバレエを始めるという男性が増えていると聞きます。
大人バレエ女子が増えていると言うのは、もう10年くらい前から言われていました。
僕なんて男性比率5%の時代からやっているものから考えると、本当に隔世の感があります。
皆さん楽しくバレエ・レッスンを受けていますか。
子どもの時ならいざ知らず、身体の使い方を説明されないでレッスンを続けると言うのは辛いものです。
いや、説明されないのではなくて、説明が分かりづらいのは辛い。


・軸を感じて。
・背中を引き上げて~ でも肩はあげないっ!
・お尻は締めて下さい。 でも固めないように。
・膝と膝の間をくっつけて下さい。 でも、閉じるんじゃないのよ。


なんて、正直言うと分かりにくいですよね。
そんな方々のために、『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』と言う、長い長い題名のセミナーをやります。
東京ではずいぶん久しぶりの開催になります。
今回は主婦の方が参加しやすいように、3月1日(火)の昼間です。
男性の方はごめんなさい。
お仕事を休めたら来て下さい(笑)。
1回くらい週日のレッスンを休んでも良いのではと思って、こんな曜日にしてみました。
全身の骨格模型を使った簡単な解剖学的な説明から、プリエやタンデュなど基礎的なテクニクの解説も行います。
そして、参加者それぞれの悩みも伺います。
連絡をお待ちしています。

■ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

日時 : 3月1日(火) 13:00~16:00
場所 : てあて整体院(大泉学園3分)
      東京都練馬区東大泉 1-26-12-507
申込 : ℡ 03-3922-7230
      mail teate@nifty.com
定員 : 10名 (2名以上でやります。)
料金 : 15,000円 (テキスト・消費税込み・当日清算)
       ※一度参加した方は半額(7500円)
       ※大人からバレエテキストを購入頂いた方は13,000円
       テキスト購入はコチラ(>>>)のサイトからお願いします。
講師 : あら木やすひろ (てあて整体院・スクール院長・現代舞踊協会会員)
内容 :  1.身体のしくみ・骨格・筋肉と身体の使い方
       ・ダンスに必要な簡単な解剖学 ・どの筋肉がどう働くか
       ・ポーデブラとバットマンの関係   ・アラベスクはどこに乗る
       ・ポアントはどこの筋肉を使う   ・ターンアウトの筋肉と使い方
       ・脚を上げつときの筋肉と使い方  ・ルチレの筋肉と使い方
       2.身体を使った説明・ストレッチ
       ・ターンアウトで使う筋肉?
       ・ポアントはどこで伸ばす?
       ・身体のコアを緩めるストレッチ
       ・股関節・背中を緩めるストレッチ
       ・前ももに力を入れないで身体を動かすストレッチ
申込 : メールでお申込下さい。( メール >>> )
      「氏名」「年齢」「性別」「住所」「経験の有無」を明記して下さい。
他  : 身体を動かしますので、スカートは避けて、着替えをご用意下さい。
      テキストはこちらで用意します。


お待ちしています。


▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

Anonym - 失い得るもの -


吉祥寺シアターで観てきました。


Anonym - 失い得るもの -  >>>


Dance Theatre LUDENSの新作です。
6人の女性ダンサーと2人男性ダンサー
今回は岩淵さんは創作に専念してダンサーとしては登場しませんでした。
非常に緻密に構成された作品作りが特徴のカンパニーで、日本では珍しい(と言うのも失礼だが)洗練された舞踊芸術をいつも見せてくれる。
今回も入り口は入りやすく、見た目に難しいことをやっている訳ではないのに、現代社会と人間に対する深い洞察があることが分かる。


緊張と弛緩。
日常と非日常。
どこにでもある生活と不合理。
いつも普通に見えているものの中に潜む狂気。


ここのところの岩淵さんの作品に通底するものをきちんと見せてくれた舞台でした。
ダンサーも今回は若く経験少ない人も多かったように思いますが、大田さんがきちんと要をしめてくれているのが分かりました。


どこか村上小説に通じる、時代と国籍を超えた作品を見せてもらいました。


あっ
ようするに
とっても
面白かったと言うことです。
ありがとうございました。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

青い地球 PROJECT


成城から発信する現代ダンスシーンの最先端。


青い 地球PROJECT >>>


を観てきました。
とにかく凄いダンサー達が登場します。


一部 山口華子、小澤加帆里、花輪洋治、冴子
二部 池田素子、松永雅彦、井上恵美子、内田香
三部 米沢麻佑子、二見一幸、折田克子


花輪先生も井上先生も折田先生も、ご本人が踊ります。
もちろん他のダンサーも本人もおどります。
見ておきたいなと思って行ってきました。
2つ好きな作品がありました。


■ Collage (+n) 池田素子作品

くるりの『東京』と言う曲をバックに、池田さん本人が踊ります。
彼女の踊りはNYやパリを思い起こさせます。
洗練された動きの断片がとてもシャープで、現代と生身の人を表現しているように見えます。
外国人監督が撮った外国映画に登場するTOKYOと言うか、日本人が見ている日本のようではなく、一歩引いて俯瞰したところから見ている感じ。
音楽も日本語の日本の歌なのに、映画音楽のように心地よく流れます。
東京に来た時のことを思い出したりして、ぐっとくる作品でした。


■ Bantu  二見一幸作品

池田さんの作品とは違って群舞作品でした。
シンプルな衣装にシンプルな照明で、人の動きがきちんと見えます。
にしても6人と言う人数で作る、フォーメーションと言うか位置関係は、今まで見たことがないものでした。
舞台上の全員のポジション(位置関係)が、どれも初めてみるような位置を取っていて、そこからも微妙なズレ感を感じました。
このズレ感が、日常とも非日常とも違うなにかを表現していて、コンテンポラリー(現代)ダンスなのに、古典作品を観ているような重厚感と安心感がありました。


しかし、このホールはダンス向きではないように思います。
他のホールで見たい作品もいくつかありました。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ここは誰、私はどこ !?

昼飯にざる蕎麦を食べていて思いつきました。


あれっ今、蕎麦食ってんだよな…
それにしては味がない。
蕎麦ってどんな味だっけ?
って言うか味わって食べてない。。。


まあ、その
何故、そんなことを思ったかは不明ですが、そう思った訳です。
モノを味わって食べてないと。
そこで思いだしたのが、先日出たブルース・ファートマンと言うアレキサンダー教師のワークショップのことでした。
自分の身体のことが嫌いな人は多いけれど、自分のことを嫌いな身体は殆どいない。と言う話。
最近、みんな自分のことを考えてないんじゃないか。
こんなに一生懸命自分のためにやってくれている身体のことについて、気持ちを向けていないんじゃないかと。
って言うか僕自身のことなんですけどね。


そこで、昼飯のざる蕎麦問題になって来る訳です。
味わって食べてみようと思いました。
自分の身体でじっくりと蕎麦の味を味わおう、と思って食べたら、旨いってこともありますが、自分の身体が繊細になって喜んでいる感じがしました。
不思議と言えば不思議であたりまえと言えば当たり前です。


そう言えば自分の身体のことについてはあんまり考えていなかった、と整体師としては人に言えないような状況でした。
僕は『自分』のことは良く考えます(笑)。
でも『自分の身体』ことは、後回しにする傾向があるように思います。
自分の身体のことを考えると、不平を言われそうな使い方をしているからかもしれません。
だいたいが自分の身体を”使う”てのも、何だかうすら寂しい考え方ではないかと思ったりします。
いや、自分の身体のことを考えないのではなくて、自分の身体のことを忘れているのかもしれません。


脳は身体の一部です。
心は脳の機能の一部と言われたりもします。
自分てのは心にあると思います。僕は。


自分の身体のことを考えることは、自分のことを考えることにも繋がるんだろうと思います。
いつもいつも、自分ではないことで頭を使っているのかもしれません。
あああれはどうしたんだろう、あれはどうなった。
次は何をして明日はどうして。
あいつはどうしているだろう、あの娘は。
今日までにあれをやらないと。
明日までに用意しておかないと。
そんなことばっかりで頭が一杯になっているのかもしれません。


たまに、自分の身体のことを考えようと思った蕎麦食いの午後だったのでした。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

バレエをやっている時の膝の痛みについて

先日、バレエをされている女性から質問を頂きお答えさせて頂きましたが、同じような悩みを抱えている方が多いのではと思い、その内容を紹介しようと思います。
ご本人には確認を取りブログ等で紹介することについて了解頂いています。
ちょっと長いですが、全文掲載したいと思います。

 
質問 :

あら木先生へ

54歳女性、バレエ歴7年ポアント5年位かな。
7月の発表会に向けて、ポアント レッスンを始めた途端、左膝に痛みを感じ、診断は左外側半月板損傷でした。
2週間 安静を守りましたが、膝はきちんと伸びません。
(ロッキングという症状だそうで す。)
動かすと痛みがあります。周りの筋肉を鍛えて膝に負担をかけないようにしな がら、乗り切るしかなさそうです。
あわてて、先生の著書(注)を見返してみました。
膝の機能回復につき何か教えていただければ、幸いです。よろしくお願いいたします。

(注:著書とはインターネット販売している『バレエのコツと体の使い方 >>>』と『35歳からのバレエ入門 >>>』のことです。ご興味がある方はどうぞ。)


答え :

こんにちは
ご連絡ありがとうございます。
てあて整体・あら木です。
ご質問の件です。

外側半月板損傷と言うことは、股関節の開きよりも爪先の開きが大きいことによって、膝から下に外側への捻りの負荷が掛かったことによる損傷ではないかと思います。
また、半月板損傷している”そのままの状態”でのトレーニングでは、痛みが取れる方向へのトレーニングは難しいと思います。

膝の痛みは膝に捻りの力が加わった時に、膝を通っている靭帯や筋肉や筋膜に捻りの力が加わって起こることがほとんどです。
痛みを取るには、膝を動かす時に爪先と膝の方向が同じになるようにすることが重要になって来ます。
したがって、2つのことをする必要があります。
1つは膝に捻りの力が加わらないような動きが出来るだけの、股関節の可動域・柔軟性をつけると言うこと。
もう1つは、膝と爪先が同じ方向に動くような動きをトレーニングすると言うことです。
この場合、筋肉を鍛えると言うよりは、正しい動きを筋肉に教育すると言う感じです。

股関節の可動域・柔軟性は日々のストレッチをお願いします。
爪先と膝が同じ方向に動くようにするには、その前に膝上の内側か外側に硬くなっている筋肉があるので、そこをゆっくりとマッサージして緩めて下さい。
硬くスジのようになった部分があると思いますが、これはスジではなく筋肉が硬くなったものです。
ゆっくりと緩めて下さい。
次に、1番2番でのプリエできちんと足裏全体に体重を乗せ、爪先と膝と同じ方向に出すように何度も正しいプリエの練習をして下さい。
この時にプリエしながらきちんとターンアウトしていくことが大切かと思います。

以上が注意点です。
年齢から考えて、筋肉の疲労が抜けにくくなっているかもしれません。
充分に睡眠を取り、ゆっくりとお風呂に入り、時間を掛けてストレッチをするようにして下さい。
また、動かした後にはアイシングを忘れないで下さい。

これでも痛みが出るようなら、一度、整体師やカイロプラクターなどに診てもらうことも良いと思います。
実際に診て見ないと分からないことが多いですから。
がんばって下さい。


返信 :

あら木先生へ

昨夜、レッスンしてきました。
バレエの先生が私用に膝に負担にかからないメニューをしてくれました。
また、先生も膝が足首の方向より内側に入るのが原因の一つだと指摘され、レッスン中に何回も膝の注意をしてくれました。
帰りアイシング、入浴。
今朝膝の痛みはありません。 !(^^)!
徐々に復帰し発表会で踊りたいです。
有難うございました<(_ _)>


答え :
 
おはようございます。
てあて整体・あら木です。
良かったですね。
これからも気を付けてレッスンして下さい。


と言うような内容でした。
膝の痛みはバレエの故障の上位に来るものだと思います。
参考になればと思います。
 



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ストレッチ教室のご紹介


■コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

日時 : 3月10日(木)13:10~14:40
場所 : 短歌会館 2階和室 (伏見駅1分、金山駅3分)
      名古屋市中区錦二丁目13番22号 TEL 052-231-2233
料金 : 2000円(当日清算)
定員 : 10名
申込 : メール >>> teate@nifty.com
      ℡ 03-3922-7230


■コア・ストレッチ教室 in 八幡山(東京) >>>

日時 : 2月27日(日)10:30~12:00
場所 : スウィートフェアリー・バレエ・スタジオ(京王線・八幡山駅1分)
      杉並区上高井戸1-2-1 ミハタホール地下1階
料金 : 2500円
定員 : 12名 → あと6名
申込 : メール >>> teate@nifty.com
      ℡ 03-3922-7230


コア・ストレッチとは、身体を引っ張り伸ばすだけのストレッチと違い、コンテンポラリーダンスのエクササイズを取り入れたストレッチです。
身体の中心にある背骨と股関節・肩関節を、ひとつひとつ動かすことで、身体の芯から緩めていきます。
難しい動きやきつい引っ張りではなく、床の上でゴロゴロと動き回ることで、骨を動かしてい行きます。
大きな動きをしている訳ではないのに、終わった後は身体がポカポカして心地よいけだるさがあります。


バレエやジャズ・コンテンポラリーなどのダンスをされている方は、そのままコンテのエクササイズですので、日々のトレーニングにも使ってもらえます。
時間が許せばフロアで少し歩きながら体幹を緩める動きもやります。
股関節の力を抜き前ももの力を抜いて、身体の重さを利用して動かしていきます。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

それは おっちゃんの勝手やでぇ~ (笑)!

110212_222301


昨夜、所沢MOJOと言う音楽喫茶と言う名の、ライブ・ジャズ・バーのような所に行ってきました。
木村充揮さんのソロライブがあると言うのを見つけました。
数日前に『毎日かあさん』を観て、エンドロールに流れる木村さんの『ケサラ』にやられてしまい、そうだどこかでライブでもやってないかなとネット検索したら、数日後の昨夜ライブがあることが判明。
しかも電車で15分くらいの所沢です。
運命と書いてデスティニーって誰かが言っていましたが、行くべしだなと思って行ってきました。


けして広いとは言えない店内に時間が迫るにつれ人が集まって来ます。
いまどき珍しくなった禁煙でも分煙でもない空間に、ごちゃごちゃと人人人。
しかも何だか一風変わった風体の人が多い。
何なんですかねこの人達は…と思いながら中に入って行きました。
年齢層はかなり幅広く、僕よりも上の年代の方もいるし20歳前後の人もいました。
とりあえずのワンドリンクをすっと飲み干してしまったので、ウィスキーをWロックでもらいました。
つまみは柿の種の小さな袋やチョコレートをご自由にとあったので、いくつか掴んでカウンターに座りました。
オープニングアクトの人達の、薄っす~くてペコペコでポコポコ言うような音を楽しんだ後に、木村さんが登場しました。
とりあえず水割りを3口くらい口に付けて。


え~っと
ぼちぼちやりますんで。
皆もテキト~にやってて下さい。


と始まりました。
僕の知っている曲も多く、ブルースを何曲も楽しませてもらいました。
天王寺出身できっちきちの大阪人。
眼の前の客との掛け合いがないと、寂しくておもろのおなってしまうようで、突っ込みを要求したりしていました。
ライブ音源のCDを聞くと、アホ~なんて声が掛かっていましたが、本当に普通にそんな感じでやっていました。
最後に何かやろうか … と言ったを良いことに。


ケサラっ!


と叫んでみました。
沢山リクエストが上がって。
どれにするかは、おっちゃんの勝手やで~ (笑)!
と言って唄ってくれたのがこれでした。



良かった。。。




▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

しょうがない人


しょうがない人 >>>


原田宗典さんの小説です。
名前は知っていて、たしか読んだことがある…と思って読み始めたら、全然記憶にない文体でした。
ナンデダロウ … と考えて、さっき思いつきました。
清水義範さんです。
最後のむねノリとよしノリのノリの部分しか被ってないですが、清水さんと間違えて読み始めたみたいです。


ええ~
内容的には、僕の好みではありませんでした。
何というか、こんな書き方すると良くないとは思うのですが、文体の練習のために書いた習作…って感じでした。
僕にはですけど。
だからすらすら読みやすいのですが、引っ掛かるものがない感じです。
それでどうしたって思ってしまった。
いや申し訳ないと言う感じ。
僕には伝わらないものだったようでした。


父と子と言うテーマのような気が少し、父性と男についてがテーマのような気が少ししました。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ぎっくり腰

大泉学園で整体院と整体スクールをやっています。
もう10年も大泉でやっていますが、大泉のことは全然分りません(笑)。
なんとなく不思議な街だな~と思ったりします。


整体院に来る患者さんの半分くらいは、西武線を利用して電車で来ます。
スクール生は8割以上が電車利用。
と言うことで大泉在住の方は、患者さんの半分弱くらいと言うことになります。
主婦の方やOLの方が多いので、そんなに頻繁にいらっしゃる訳ではなく、月に1回程度、体の調子を整えに来たり、疲れを抜きに来たりします。
電車を利用して来てくれている方々は、ほとんどがバレエをやっている人たちです。
僕(院長)自身がダンスをやっていることもあり、ダンスな大人の人が沢山来てくれます。
ダンスは独特の動きや独特の言葉を使うので、その説明をしなくて済むのが良いと言う方や、接骨院や整形外科では分ってくれないことが分るのが良いと言って頂いています。
僕自身も故障をしたので、その辛さは判ります。


と言って、ダンスの人ばっかりと言う訳でもないので、ぎっくり腰の方や寝違えや膝痛と言う方もいらっしゃいます。
これまた僕自身がプロのぎっくり腰ストなのです。
もうかれこれ20回くらいはぎっくり腰にやられました。
最初は20歳の時なので32年前ですね。
性懲りもなく忘れた頃に見舞われます。
どこかの国では『魔女の一撃』なんて言われますので、ついつい近寄って行ってしまうのかもしれません。


ぎっくり腰にも色々な種類があるようです。
くしゃみをした時や何かを持ち上げた時にギクっと来ることもありますし、朝起きて布団から出ようとした時に、あれれれれ~おっかしいな~と思っていると、午前中一杯をかけてジワジワと腰が痛くなり、結局は歩けないほどになってしまうと言うこともあります。
いずれの場合も『疲れ』あるいは疲労物質の蓄積が、前提としてあるように思います。
蓄積疲労に何かのきっかけを与えると、痛みを感じると言うことです。
個人的には『腰が助けてくれ~と叫んでいる感じ』なんて思ったりします。
身体の状態を無視して、仕事をしたり遊びをしたりしていると、ある程度までは大丈夫ですが、限度を超えると、やって来る感じですね。


お正月が終わり寒さが緩みかけてくるこの時期は、ぎっくり腰が増えてくるかもしれません。
年末から溜まった疲れは、お正月に休んだだけでは抜けていきません。
疲労物質は動かさないと出て行かないんですね。
ゆっくりと寝正月して貯めた疲労物質の上に、新年会があり仕事があり、気候は寒暖の差が出て来て、身体が対応できなくなってくることがあります。
そうなると、ぎっくり腰や寝違えとして身体に現れることがあります。


もしぎっくり腰や寝違えになったら …
絶対にやってはいけないことがあります。


・ゆっくり温める → ダメです。
・ゆっくり動かす → ダメです。


ぎっくり腰や寝違えでは筋肉が炎症を起こしていることがあります。
温めると炎症が進む危険があるので絶対にダメです。
同じ理由で痛んでいる部位を、ストレッチしたり動かしたりもダメ。
何となく動かしたくなったりしますが、1週間はがまんして下さい。
では何をするか。


・アイシング → オススメです。
・ウオーキング → これもオススメです。
・痛まない場所のストレッチ → オススメです。


アイシングは炎症を抑えるため、ウォーキングは関節を動かし血流を良くすることで、疲労物質を流すことを目指します。
ただし、ウォーキングは痛みが激しい場合は、やめておきましょう。
ストレッチはアキレス腱のストレッチ、足首・手首を回す(手足の指の)ストレッチは良いです。
患部を触らずに、身体の動きが改善されます。
あとは … 
数日したら整体院や接骨に相談してみて下さい。


あれっ
大泉の話はどうしちゃったんだっけ?
ま、イイカ



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

毎日かあさん


久しぶりに携帯から更新です。


『毎日かあさん』


を観て来ました。
あの小泉さんとあの永瀬さんのあの西原さんの映画です。
今年に入ってバーレスク・ソーシャルネットワークと来てこれです。


良かった。


けして面白いとは言えません。
そんな生半可な感じではない。
何故か身につまされる所もあり、けして似ている訳でもないのに共感したりします。
いや似ているのかもしれません。
もちろん旦那さんのほうに。


エンドロールの終わりに一瞬出る西原さんと鴨志田さんの写真に、あ~の憂歌団の木村さんのケサラ…


色々なことを自分の立場や境遇で感じられる映画じゃないかな~
オススメです。

マッスルエナジー・テクニック・セミナーのお知らせ

マッスルエナジー・テクニック(MET)のセミナーをやります。


・患者さんにも術者にも優しい。
・検査と調整が一体となっている。
・習熟度を上げる必要がなく、再現性が高い。
・安全。
・患者さんも実感しやすい。
・他の手技との相性が良い。


などと言われます。
筋肉の持っている固有の性格(PIR、RI)やテコの原理を使って、狙った筋肉や狙った関節を調整します。
テキストがあるので、セミナーの後も復習が出来ます。
ご興味のある方は問合せをどうぞ。


■マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー >>>

日時 : 3月21日(月・祝) 15:00~20:00
場所 : てあて整体院(西武池袋線 大泉学園3分)
      東京都練馬区東大泉 1-26-12-507
料金 : 30,000円
申込 : 電話 03-3922-7230
      メール teate@nifty.com
詳細 : 詳しくは >>>


価値組の治療院経営>>> と言うサイトで紹介されています。
内容をご覧になって検討してみて下さい。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ごちになります。

Imgp3261


センセイ
もう2月だから。


と頂きました。
チョコチップの入ったパンと、チョコのケーキと、ブラウニーです。
Mさん
ありがとうございます。
と言うか、ごちそうさまです。


Mさんが5年前に最初にやって来た時は、20年ぶりにバレエを再開してまだ半年目でした。
その時は週に1回のレッスン。
ところが最近は週に7回もレッスンを受けて、子どものクラスの助手もするという猛者。
はまっちゃった大人バレエの典型です(笑)。
バレエをやっていると、マッサージの先生や接骨の先生に言っても、優雅で良いね~とか楽しそうだねと言われて困っていたとのこと。
バレエレッスンがどんなものか、バレエの身体の使い方がどんなものか、リハーサルが続くとどんな身体の状態になるか、説明しなくても分かってくれて相談出来るのが嬉しいと…言ってもらっています。
Mさんの良いところは、自分を分かっていて、壊れる前に来てくれることです。
どうせ調整するなら、壊れてからよりも壊れる前の方が、痛みも少ないし治りも早いと言うモノです。
自分の身体の声を聞けると良いですね。




▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

昨日の夜、整体院を後にして自転車で家に変える時、あっ風の冷たさが変わったと思っていたところでした。
キーンと冷えて寒いと言うよりは、冷たいと言う感じの空気に変わりました。
今朝起きて、空気がかなり緩んでいるのがわかりました。

 
春が来たみたいですね。


まだ、温かくなると言うことはないでしょうが、空気が緩んで柔らかくなる季節がやって来ます。
季節は移っていきますが、身体はそれに合わせて少しずつ変化をします。
身体も緩んでくると言われています。
体調を崩しやすくなるのは、気候の変化と身体の変化が上手くタイミングが合わない時に起こるようです。


もう数か月前に植えたチューリップの球根から葉が出てきています。
そう言えば数日前から、ペンの先みたいに丸まっていた芽が少し開いて葉のような形になって来たのが分ります。
植物は気候に合わせて、成長をしているんだろうと思います。
 

Imgp3242


毎年言っていますが、季節の変わり目は特に身体を動かすと良いですよ。
身体を動かすことで、関節の動きを良くし、筋肉を動かすことで、筋肉を柔らかく疲労物質を抜き血行を良くします。
適度な運動はストレスを感じるホルモンを半減させてくれたりもします。
人の生命活動は結局、破壊と再生の繰り返しです。
壊れた細胞や老廃物などを外に出し、栄養素や酸素を身体の各部に運んで新しい細胞を再生する。
血液やリンパがその運搬を担っています。
体温を保っているのも、筋肉を動かすことによって出来る熱を血液が身体中に運んでいるからです。


まあ、難しいことは考えず、散歩に出て下さい。
昨日までとは違って、割合に優しい空気になっています。




▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
◆マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー 名古屋 2月11日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー

『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』と言う、長い長い題名のセミナーをやります。
東京ではずいぶん久しぶりの開催です。
3月1日(火)の昼間です。
1回くらい週日のレッスンを休んでも良いのではと思って、こんな曜日にしてみました。
ご興味のある方はどうぞ。


■ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

日時 : 3月1日(火) 13:00~16:00
場所 : てあて整体院(大泉学園3分)
      東京都練馬区東大泉 1-26-12-507
申込 : ℡ 03-3922-7230
      mail teate@nifty.com
定員 : 10名 (2名以上でやります。)
料金 : 15,000円 (テキスト・消費税込み・当日清算)
       ※一度参加した方は半額(7500円)
       ※大人からバレエテキストを購入頂いた方は13,000円
       テキスト購入はコチラ(>>>)のサイトからお願いします。
講師 : あら木やすひろ (てあて整体院・スクール院長・現代舞踊協会会員)
内容 :  1.身体のしくみ・骨格・筋肉と身体の使い方
       ・ダンスに必要な簡単な解剖学 ・どの筋肉がどう働くか
       ・ポーデブラとバットマンの関係   ・アラベスクはどこに乗る
       ・ポアントはどこの筋肉を使う   ・ターンアウトの筋肉と使い方
       ・脚を上げつときの筋肉と使い方  ・ルチレの筋肉と使い方
       2.身体を使った説明・ストレッチ
       ・ターンアウトで使う筋肉?
       ・ポアントはどこで伸ばす?
       ・身体のコアを緩めるストレッチ
       ・股関節・背中を緩めるストレッチ
       ・前ももに力を入れないで身体を動かすストレッチ
申込 : メールでお申込下さい。( メール >>> )
      「氏名」「年齢」「性別」「住所」「経験の有無」を明記して下さい。
他  : 身体を動かしますので、スカートは避けて、着替えをご用意下さい。
      テキストはこちらで用意します。


お待ちしています。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
◆マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー 名古屋 2月11日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

自分のからだ


ブルース・ファートマンと言うアレキサンダー教師がいます。


僕は今でもアレキサンダー・テクニークの教師育成プログラムで学ばせてもらっているのですが、僕に指導をして頂いている石坪先生の先生にあたるのがブルースです。


アレキサンダー・テクニークは自分本来の身体の使い方を学ぶワークです。
と言うと何のことか分かりづらいのですが、その分りづらいところもまた特徴だったりします。
人は本来的に自分自身の動きを持っています。
快適な動きと言うか、無駄のない動きと言うか、楽な動きと言うか。
それが人となって社会生活をしていく上で少しずつ不要とも言えるクセを身につけてしまいます。
その本来は不要なクセを思い出させてくれるのが、アレキサンダー・テクニークです。
そのクセを止めるのも続けるのも自分次第なのですが、それを知っていると言うことが大切です。
だから、アレキサンダー・テクニークでは『これこれこうが良い』とか、『こうした方が良い』と言うような指導はしません。
自分がどんな風に感じるのかを、とても大切にします。
何が起こったのか分らないと言う人も多いですね。


アレキサンダー・テクニークの醍醐味は、ハンズ・オンと言うワークです。
これは、受ける人をアレキサンダー教師が触る(手を触れる)と言うものです。
このことで、受けている人自身に体の中のことを気付いてもらうと言うものです。
触っただけで体の中に変化が起きるなんて…と思われるかもしれません。
何だか怪しい感じがすることもあるようです。
でも、これは至極当然のこと。
西洋医学的にも説明・解説は難しいことではありません。


一昨日。
ピースフル・ボディという、ブルースが講師のワークショップに参加しました。
平和な体・自由な体と言うような意味でしょうか。
幾つかのゲーム的なグループワークの中で、面白いものがありました。


2人一組みになります。
先ず一人がマフラーを巻くか、髪を櫛で梳かすかを、いつも通りにします。
次に、巻かれたマフラーを、もう一人が相手を愛しむように慈しむように外し、また同じように相手を慈しむように愛しむように巻きます。
そして、相手に巻いてもらったマフラーを、今度は自分で相手にやってもらったように、自分を愛しむように慈しむように外し巻きます。


僕はマフラーを巻きました。
相手に外してもらい巻いてもらいました。
そして、自分で外し巻きました。


全く違う感覚がありました。
そして、悲しくなりました。
正直に言うと、マフラーなんて巻けば温かくなるモノでしかありませんし、そのモノを巻く自分の身体もモノのように扱っていたのかもしれません。
ゆっくりと自分のことを考えてマフラーを巻くだけで、何故か申し訳ないようなスマヌスマヌと言う気持ちになったんですね。
そして、マフラーはいつもよりも柔らかく温かい”感じ”がしました。


自分の身体のことを嫌いな人は多いけれど、自分のことをきらいな身体と言うのにはほとんど会ったことがない、とブルースは言っていました。
今日、とても久しぶりに朝寝坊をして9時間近く寝たら、左足のひふく筋も歯の痛みもかなり軽減していました。
タスケテクレ~って言っていたのかもしれないですね。
ちょっと科学的(解剖学的・生理学的)ではない書き方をしましたが、モノの捉え方は様々です。
身体の症状は痛みや不定愁訴としてあらわれる、と言うことだろうと思います。
自分の身体のことを想うと言うのは、自分の固有受容器を賦活させ活性化させることで、免疫機能やホメオスタシスの機能を働かせると言うことだろうと思います。


でも、自分の身体のことをたまに想う…って考えるのも悪くないと思いませんか。




▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
◆マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー 名古屋 2月11日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

お酒が美味しい季節となりました。


昨日は昼間に時間があったので、神楽坂のスタジオにクラスを取りにいきました。
近藤さんのコンテ・クラス。
全くそうは見えないステップを幾つか組み合わせて、ブルースのような曲に合わせて動きだすとアラ不思議。
昭和の匂いのするジャズに見えるではありませんか。
と言ってもジャズダンスでないのは間違いないのですが、なんとなくジャズのムードがプンプンする。
昭和の香りのする動きになるのでした。


途中、左ひふく筋内側が攣りそうになり、と言うか攣り、ムギギギ…となっているシシャモのようなフクラハギと足首を掴んでストレッチしていると、大丈夫!?と近藤さから声が。
大丈夫ダイジョウブと答えはしたものの、良く考えてみると去年のGWに肉離れ気味になった部位だと思いだして、ちょっとヤバイと思ったのでした。
手で揉んだりストレッチしたりしても、”その”硬さは変わらず、踵を使いながらレッスンを受けました。
ひぃひぃ言いながらやっていると、気をつけてね俺達トシだからさっ!とニヤリと笑って言われてしまいました。
確かに気をつけないといけない歳には、もう10年以上前から成っているのでした。 (笑)


今回の筋肉の攣り(痙攣)は、ごくごく軽度の肉離れに近いものだと思います。
昨年4月末の時は、バレエのレッスンで左斜め前方にパデシャで移動している時。
前側の左足で床を蹴った時に、ピキッっと来ました。
この時は明らかに肉離れみたいだったので、そのままスタジオから出てアイシングをしてテーピングをしました。
なんとか2週間で動けるようにして、GWのWSには出ましたが、それからあまり調子が良くないですね。


肉離れは筋肉から腱に移行する部位で、しかも斜めになっているような場所で起こりやすいと言われています。
三角形の斜辺のような場所と言うことになります。
ひふく筋の筋腱移行部はまさしくそう言う場所で、僕の場合はその筋腱移行部からひふく筋の筋膜にかけてナニカが起こったようです。
身体の感覚としては、ひふく筋の筋膜が急激に引っ張られたことによって組織が変性したような感覚です。
ビニール袋を強く引っ張ると伸びて戻らなくなりますよね。
あんな感じ。
だから少し時間が掛かるかなと思っています。
しかし、動かない訳ではないので、良く養生をしたいと思います。


こう言う場合の原因は何か。
いくつもあると思いますが、ベースはお酒じゃないかと思います。
このところ気候のせいもあって日本酒が美味しい。
最近は燗酒を飲んでいました。
沢山飲む訳ではないのですが、毎日のことで疲れが抜けなかったんじゃないかと思っています。
お酒を飲むと消化吸収等よりも先にアルコールの分解が最優先されます。
そのことで、寝ている間も肝臓は働き続ける必要が出てくることになります。
結局、疲労物質の抜けが悪かったと言うことがあると思います。


これに加えて僕の場合は冷え症と運動不足。
冷え症は酷くて、当然レグウォーマーをしていますが、それでも足先は冷たくなります。
患者さんに言っているくせに、運動不足になっていると思います。
ダンスレッスンは週に1~2回くらいだし、整体院までは自転車通勤。
脚を使って歩くと言うことが、休日くらいしかないですからね。
日常的な運動が少なくなると、血行が促されなくなり、筋肉は物理的に伸び縮みせず体温も上がりにくくなります。
血行が促されないと疲労物質も筋肉中から流れないと言うことになりますね。


いや~
ははは


寒いからって酒ばっかり飲んでちゃダメですね。
歩いて、身体を動かして、ぼちぼち緩めていくことにします。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
◆マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー 名古屋 2月11日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ハーバード白熱教室 講義録 下

ハーバード白熱教室講義録・下 >>>


勢いで読んでみました。
上巻の方が読みやすかったように思います。
内容が今一難解になって来て、分かったような分からないような感じになることしきり。
たぶん3割くらいしか理解していないと思います。


でも、読んで良かった。


考えることをポジティブに捉えている。
答えが出ないことでも、考え続け議論し続けることに意味があると再確認させてくれる。
『正義』や『善』や『道徳』について考えることが、現実社会や政治にとっても大切なことなんだと教えてくれる。
そんな本だと思いました。


こんな質問がありました。


あなたは政治家です。
あなたの弟は暴力団あるいはギャングで殺人の罪で訴えられている。
あなたは弟の居場所を知っている。
弟の居場所を警察から聞かれた時、あなたは弟の居場所を教え警察に弟を突きだすか?


この問いにハーバードの学生と東京大学の学生が答えています。
質問はハーバードの講義と東京大学の特別講義で別々にされていました。
本を読む限り、ハーバードの学生のより多くが、弟の居場所は教えないと答えていました。
東京大学の学生の多くは、弟を警察に突き出すと言っていました。
これが何を意味するのかは短絡出来ません。
日本とアメリカの社会の在り方、家族の在り方、警察や国や公権力に対する思いの違いが大きいだろうと思います。


以前、読んだ本にこんな文章があったように思います。


親友と言うのは、
夜中の2時に君の家に車で来て、トランクの後ろに死体が乗っているのを見せ、今日泊らせて欲しいと言われた時に、君が”何も聞かずに”泊めてやる人ことだ。


さて、どんな風に考えますか。
僕には何人の親友がいるんだろうか。
ハーバード白熱教室、良い本だと思います。




▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
◆マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー 名古屋 2月11日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

名古屋に行ってました。


昨日から2月。
実は今月から名古屋で物件を借りることにしたのです。
と言っても、1月末まで整体院をやっていたところの居抜きです。
それで名古屋に行っていました。
その受け渡しと言うか引き渡しでした。
とんぼ帰りだったのでどなたとも会わず、と言っても先月まで整体院をやっていた先生とは会ってきましたけどね。
ここから整体院(>>> )と言う金山駅から3分にある整体院です。
4~5年前までは内弟子一号と呼んで、たまにブログにも登場していた女性。
おおの先生が整体院を閉めると言うので、スクールの名古屋教室として引き継ぐことにしました。


閉院と言っても、この経済情勢で経営が立ち行かず…と言うことではなく、旦那さんの転勤に伴って泣く泣く閉めると言うものです。
昨日も言ったけど、3年10カ月の間、本当にお疲れさまでした。
本当に素晴らしい整体師になったと思っています。
閉院数週間前からのブログを見ていて分かりましたが、患者さんが後から後から来院され、手に手にプレゼントを持って別れを惜しんでいることが良く分かりました。
患者さんに支えられて…なんて軽々に言う人もいますが、本当に良い関係を築いていたんだなと思いました。


2月からは同じ場所で僕が整体スクールをやります。
でも、名古屋スクールは別にお知らせしたとおり、月に3日(4月から4日)しか使いません。
他の日はこれまた卒業生が整体院として使う予定になっています。
それでも今回は、僕が借りている物件なので、整体の予約もお受けすることが出来るようになりました。
詳しくは本格稼働が始まってから、紹介ページとブログでお知らせしていこうと思っています。


これまで通って頂いた方も、新しく受けてみたいと言う方も、一度お問い合わせ下さい。
自分で言うのもなんですが、ダンスやバレエに強い整体師です(笑)。
身体の使い方やレッスン方法・ストレッチ方法、身体を緩める方法や、バレエの先生が行っていることの意味をもっと噛み砕いて説明することなど、そしてレッスン疲れやお稽古での故障などは、これまでも沢山診させて頂いています。
整体師としては10年以上のキャリアがあります。
実は現代舞踊協会の会員でもあり、アマチュアに毛が生えた程度ですが舞台にも立たせて頂くことがあります。
連絡お待ちしていますね。


新しい季節が始まります。
宜しくお願いします。


▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 2月27日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
◆マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー 名古屋 2月11日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 2月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 2月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »