2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旅立ち | トップページ | 春一番 »

言葉と現実

いつもチェックしているブログは沢山ありますが、つい昨日(2月23日)の山田うんさんのブログ(『踊り』)にこんなことが書いてありました。


『本当に大事なものはそういうもんなのでしょうか。好きとか嫌いとかいう感情を超えていて、その存在が自分を存在させてくれていることになるようなもの。妥協の余地がない、簡単にどうにもならない、本当に真剣に勇気と情熱がないとどうにも辻褄が合わない困難なもの。
私がやっているのは私にとって踊りなのか喋りなのか表現なのか運動なのか形なのか、どこにも収まらないところにある気がします。人はそれを踊りと呼ぶけれど私は「踊る」という言葉の意味が私の「踊る」と同じような気がしません。』
http://d.hatena.ne.jp/yaun/20110223


そうです。
彼女にとって『踊り』とはそう言うものだと思います。
誰にもそう言うものはあると思います。


言葉にすると、そのものから離れてしまう。と言うのは、ここ最近痛感するようになりました。
説明すればするほど言いたいことから離れてしまう。
細かく細かく説明をしていけばいくほど、言いたいことから微妙なズレが生じ、微妙なズレが微妙なズレに上乗せされてズレはどんどん大きくなっていきます。
まして微妙なズレは実際には全く違うものよりも違いが微妙な分、ぜんぜん伝えたいこととズレてしまう。
白と生成りの違いはとても嫌ですが、白と黒の違いは明確で分かりやすいと思ってしまう。
何が言いたかったんだっけ忘れちゃった。


あっ
思いだした。


だから、言葉による説明はなるべくいい加減にするのが良いと思うように少しなって来ました。
細かく説明するよりも、おおざっぱにだいたいこんな感じと言う方が、あとは雰囲気を取ってもらった方が、実際には伝えたいことが伝わるような気がします。


ところでこのセミナーまだまだ空きがありますのでどうぞ。
※ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 2月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月10日 >>>


▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月12・13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 3月1日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 旅立ち | トップページ | 春一番 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/50959088

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉と現実:

« 旅立ち | トップページ | 春一番 »