2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 19日からのスクールは通常通りです。 | トップページ | 東京に戻りました。 »

今できることは

札幌のネットカフェから更新しています。
息子の大学入学手続きと住まいを決めるために北海道にやって来ました。
ひと段落ついたので、今思っていることを書いておこうと思います。


11日3時前。
僕は地元大泉学園駅のホームに降りました。
降りた瞬間、ホームは大きく揺れ電車も建物もユラユラと揺れ始めました。
かなり長い間揺れは続いたと思いますが、収まったようだったので駅近くにある整体院・スクールに帰り中の様子を見ました。
本が散乱し水槽の水が少しこぼれ時計が落ちたくらいで、ほとんど問題はなくあまり大きなことがあったと言う認識はありませんでした。
PCをつけニュースを聞くと、次第に大変なことが起こっていることがわかってきました。
患者さんの予約までの間に時間があるので、自宅まで徒歩(30分)で帰ったところ、妻と息子は引越しのための部屋の片付けを何事もなくやっていました。
後で思うと奇跡的に何もない家族だったようでした。


その日僕は名古屋から帰ってきていて、予約していた新幹線を何故か1時間早め、いつもなら名古屋でする昼食をやめてお弁当を買って新幹線に乗り込みました。
これがいつもの通りだったら、たぶん新幹線でどこかに閉じ込められていたと思います。
お昼を外で食べていたら地下鉄の中で立ち往生していたかもしれませ。
また、妻も息子も1週間前までは、仕事や受験があって夜10時までは帰ってきませんでしたので、この日3人が自宅近くにいたというのは本当に考えてみると不思議な符合であったと思っています。


あれから5日が経ちました。
事態は収束する気配すらなく、もちろん復興に向けた取り組みは急ピッチで進んではいますが、今だ被災された方の安否も分からないことも多く、被災者の人数もどんどん増えています。
そんな中、昨日14日に僕たち家族は札幌にやってきました。
計画停電が発表された日で、普通なら羽田までの乗り継ぎができるはずもないのに、何故か運転をしている区間に幸運にもあたっていました。
乗り継ぎに時間はかかりましたが、ほとんど支障もなく札幌に着くことができました。
これも奇跡的に幸運だったと思っています。


あの日から、時間が空くとツィッターとTVのニュースを流しっぱなしにして現状を把握しようとしていますが、依然として分からないことが多いことと、あまりにも被害が甚大であるために、僕の頭では処理できないほどの大きさだということがおぼろげながら分かるようになって来ました。
今は何ができるのか。
と皆さんと同じように考えています。
いくつか思ったことがありました。


1.自分が無事で元気でいることを伝えていこう、と思っています。

地震の後、スクール生向けに自分の安全とスクールの状況を連絡しました。
多くの方から返信を頂きましたが、僕自身が安心したのは、メールをくれた本人が無事だったと言うことでした。
そして、みんなが僕の無事を喜んでくれました。
あの人はどうしているだろうと心配することは当然だろうと思いますが、自分は無事ですと相手に伝えることは相手の元気につながるような気がしています。
だから僕は自分の近況を報告していきたいと思っています。
あっ別に人にそうしろと言っている訳ではありません。
人それぞれに思うところは違いますから。


2.自分の仕事をまっとうしたいと思います。

こう言う時はついつい周りのことが気になります。
気にしたり心配したりすることは、良いことだろうと思います。
でも、優先順位としては、まずは自分の仕事をすることが大切かと思っています。
僕ならまずは患者さんに良くなってもらう、スクール生に指導をする、セミナー受講生に技術を教えるなどですね。
その上で、被災者の方々のことを考えたいと思います。
薄情と思われるのかもしれませんが、自分自身がしっかりしていることで、支援も心配もできるのだと思います。


3.被災者の方々のことを考える。

順番が逆じゃないかと思われるかもしれませんが、ずっと考えていたらこうなりました。
被災者の方々や被災地のことは、正直言うと何も考えていなくても考えてしまいます。
心配すればするほと、仕事が手につかなくなり家庭でも硬い顔をしてしまいます。
でも、それじゃ被災者の方々への協力をしたいときや、時間や余裕が出来て何か行動を起こしたい時に、何も出来なくなってしまいます。
そして気をつけていることをひとつ。


自分の状態が少し普段とは違うと言うことを気にしない、しかたがないそういうもんだと思うようにしています。


TVやツィッターや様々な媒体からくる情報を見ていると、どうしても体が硬くなり呼吸が浅くなっているのが分かります。
正直に言うと、それが見えないように普通に振舞っているようなところもあると思います。
自分では分かっていませんけどね。
ここ数日のツィッターの書き込みを見ていると、多くの人が少し躁状態になってきているのではと思っています。
元気を出そう出そうとしているような感じ。
それは硬い体への反発というか、ゆり戻しみたいなものかもしれません。
それが良くないとは思いませんが、僕はそういう風にテンションがあがっていくと、どこかで息切れがするタイプのようなので、今は心配はしかたがない、出来ることをやろうかな、深呼吸でもして・・・と思うようにしています。


こうして下さい、ああして下さい、ではありません。
僕はいまこんな感じです。


明日には東京に戻ります。
原発は心配ですが、状況は時々刻々変わります。
その場で出来ることを出来るようにやっていこうと思います。


被災された方々にお見舞いを申し上げます。
そして、とにかく早い復興をと願っています。


みんな
がんばっていこうね。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室  3月20日、4月1日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 4月14日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック(MET)・セミナー  3月21日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 3月13・14日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 3月8・9・10日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 19日からのスクールは通常通りです。 | トップページ | 東京に戻りました。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/51127719

この記事へのトラックバック一覧です: 今できることは:

« 19日からのスクールは通常通りです。 | トップページ | 東京に戻りました。 »