2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 椅子と日本人のからだ | トップページ | 可愛い子供のために電車の中ではベビーカーを畳んで子供は自分で立たせましょう。 »

それでも僕は東電を非難することは出来ない。


東京電力のことを思うと複雑な気持ちになる。
原発の事故が起こって、信じられないほど多くの方々が自分の家を離れ、避難所生活を余儀なくされている。
健康被害の心配がじわじわと私たちの周りを取り囲む。
兵糧攻めをされているように、心と身体の芯から疲弊していくような感覚がある。
怒りがこみ上げてくる気持ちは十二分に分かるし、それは当然のことだと思う。
でも、僕は何故か東電を非難したり悪く言うことが出来ない。


この震災が起きるまで、この原発事故が起こるまで、僕は原発に対しては反対か賛成かと問われたら、賛成と答えていた1人です。
クリーンでエコと言う言葉をどこまで信じていたかは分からないけど、CO2のこともあり化石燃料での発電には今後は限界を見るのが妥当だろうと思っていました。
もちろん風力や地熱や太陽光等と行った自然エネルギーには最初から賛成で、出来るだけ推進して欲しいと思っていましたし、今も思っています。
でも、現在の電力量を賄う時、もちろん原発推進の方針があったからという前提であっても、原発は”繋ぎ”としてだって意味のあるエネルギー”だった”ろうと思います。
それに、電気を消費…浪費する生活様式に突き進んできたのは、使う側の僕らの方だったと思います。
オール電化なんて言葉は、電気で何でもかんでも出来るようになって来てから連呼されるようになったことで、電気を勝手に使うようになって来たのは僕らだったと思います。
勝手にどんどん使うようになって、その為の電力は空気や水みたいにあると思って使ってきた。
放蕩息子の遊びに、金の工面を一生懸命してくれている親みたいな構図。


今後、原発がどうなっていくのか僕には分かりません。
この状況になってしまうのなら、今後は新しい原発を作ると言うのは難しいのかもしれません。
その場合、僕らは放蕩息子でいることは許されません。
別の稼ぎを計画し身入りが入るまでは、つましく生活する必要があるかもしれません。
時間が掛かります。
もう電気を浪費するような社会形態になっているように思います。
省エネや節電とは違う、エネルギーに対するパラダイム・シフトが必要になるだろうと思います。


被災した方々は大変で、こんなことを言うと叱られるのかもしれませんが、やっぱり僕は東電を非難出来ません。
今は応援するしかないと思います。
彼らは原発のプロだし、彼らが一番信じていた人達だろうと思うから。



▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 4月24日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月10日 >>>

▼▼▼ 手技療法家の皆さん ▼▼▼
チャリティー・アレキサンダー・テクニーク・ワークショップ 5月14日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 5月14・15・16日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月10~13日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 椅子と日本人のからだ | トップページ | 可愛い子供のために電車の中ではベビーカーを畳んで子供は自分で立たせましょう。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/51481339

この記事へのトラックバック一覧です: それでも僕は東電を非難することは出来ない。:

« 椅子と日本人のからだ | トップページ | 可愛い子供のために電車の中ではベビーカーを畳んで子供は自分で立たせましょう。 »