2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ダンサーに対するセミナー | トップページ | "にゅ~"盆踊り大会 »

植物の種(しゅ)を絶滅させるにはどうすれば良いか。

植物の種(しゅ)を絶滅させるにはどうすれば良いか。


もうずいぶん以前、絶滅の危惧のある植物を保存するための機関の長をされている方の話を聞いたことがあります。
どうやったら、希少になってしまった植物の種を絶滅させることが出来るか。
簡単です、とその長の方は仰っていました。


毎日、適度に太陽に当て。
毎日、適度な水を与え。
毎日、適度な栄養を与え。
毎日、適度な温度に保った場所。


で栽培していると、すぐに本当にすぐにその植物の種は弱くなって、途絶えてしまう(絶滅する)とのことでした。
一般的には逆のことを思いますよね。
気温はどうか水分は栄養は日光は当たっているかなんて考えます。
でも、それはその植物に対する環境からの刺激を少なくすることになり、刺激に対して強くなっていく”機会”を奪っていることになる。
そうやって気温の変化や水分量の変化・営業素の枯渇などに対して、対応出来ない種になると、少し環境を変えるだけでその種は生きていけなくなってしまう。
とのことでした。


人にも同じことが言えるのかなと思います。
子供には無限の可能性があります。
過度の刺激はダメですが、外からの刺激をシャットダウンしてしまうと、子供の神経組織や筋肉も今のままの状態にしか適応出来ない状態を作り出します。
環境が少し変化するだけでそれに対応出来なくなる。
そんな気がします。
無理はいけませんけどね、ある程度の刺激は必要かと思います。


今年の節電もなんですけど。
てあて整体では今年は患者さんが入る一部屋だけ冷房をしています。
28度設定で扇風機を回しています。
それ以外は窓を開けて風を通して過ごすようにしています。
汗をかきます。
が、しばらくすると汗も引き、暑さに少し慣れてきます。
例年、『なついあつが来て30度を超えると頭が働かない』ってことを言っていますが、今年はまだ頭は働いています。(笑)
暑さに対しては少し耐性が出来て来たんだろうと思っています。
無理はダメですよ。無理は。
でも、自動的にエアコンを入れるのをちょっと考えてみるのも良いと思います。


昨日、久しぶりにベビーパウダーを買いました。
風呂上がりに汗が引いたところでベビーパウダーを付けると、かなり肌がさらさらで涼しい”気が”します。


今日も暑いです。
気を付けつつ、暑さが楽しめないかと思っています。


▼▼▼ 東日本大震災チャリティー企画 ▼▼▼
チャリティー・外反母趾セミナー >>> 7月30日

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 7月7日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 八幡山 7月10日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 7月25・30・31日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 7月5~8日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« ダンサーに対するセミナー | トップページ | "にゅ~"盆踊り大会 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/52082894

この記事へのトラックバック一覧です: 植物の種(しゅ)を絶滅させるにはどうすれば良いか。:

« ダンサーに対するセミナー | トップページ | "にゅ~"盆踊り大会 »