2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« リビング・イン・ア・ボディ | トップページ | 仙台は本当に様子の良いイイ街でした。 »

立川雲黒斎家元勝手居士

  談志が死んだ
→ だんしがしんだ ←

   死んだ、分かってた
  しんだ、わかってた
→ しんだわかてた  ←


不謹慎です。
でも、今日はあえて。
落語は人間の業の肯定である。とは立川談志さんの言葉。
その談志さんが亡くなられました。
どうも力が抜ける。
もう、イヤんなっちゃいます。


話下手だった僕は高校で話術部と言うのに入りました。
剣道部に入っていたんですが、その他に文化系の部にも入らないといけなかった。
当時、話が上手いのは噺家の人達でした。
実家の四日市は関西圏(と三重県人は思っている)なので、吉本新喜劇を観て育った世代ですが、吉本よりも落語家さんの話に興味がありました。
円生さんや小さんさんが好きで、良く聞いていました。
この二人は自分と比べると年代も上で、大人と言うよりは爺さん達の話。
ナンカもう歴史上の人物って言うか、生まれた時から爺さんの落語家だったような人達でした。
少し下の年代で、小三治さんと枝雀さん談志さんは、面白いな~と思って観た大人達。
一番は枝雀そして談志で小三治。(敬称略ですみません。)
その枝雀さんも亡くなり談志さんも亡くなってしまいました。
もう小三治さんしかいなくなっちゃった。
小三治さんのインタビュー記事がありました。>>>


残念、と一言では言えない。
最近は自分が自分になってくる過程で見聞きしたり、たぶん何らかの影響を受けた方々がどんどんと他界されて行きます。
ようするに足元がちょっと緩んできてしまうようなおぼつかないような、心もとないような薄ら寂しいような、がっかりしたような気が抜けたような、力が入らなくなるような、どうもこの…と何故か円生さんの口癖をつぶやいてしまうような気持ちになります。


談志さんは、芝浜が十八番(おはこ)と言われています。
一度、TVか何かで観ました。
本当に確かに凄い。
そう言えば、首灯篭も観ました。
これも凄い。
夜道で生首をヌッと差し出すのが突然見えて、ちょっとのけぞってしまった記憶がある。
キキ迫るものがある。
寒気さえしてくる。


でも、僕は芝浜より首灯篭より無精床だったかの方が好きかもしれません。
もう随分以前に桂枝雀さんと二人会を開いた時にかけたのがソレだったと思います。
これもTVで観ました。
今日は枝雀が相手だから負けてらんない、とかなんとか。
身ぶり手ぶり大きく、あっちに飛び出しこっちに倒れて噺をしていました。
こん時の何時もと違う談志さんの別人さに驚きました。
あれっ欠伸指南だったっけかな。
ようするに人情物ではなくて、ただの与太話みたいなものでした。


昨日、TVニュースでチラと映像を観たんですが、何かのマクラで『最近、忘れっぽくなってね。』「へ~、何時頃から?」『えっ、何の話。』ってバカバカしい小噺をしていました。
若いころの談志さんだったら、この馬鹿らしさを人間考察から説明していたんだろうと思います。
そして説明しながら笑を取っていたんだろうと思う。
でもそのニュース映像では違いました。
『えっ、何の話。』
って言ったと思ったら、胸の前の高い位置で腕組みしたかと思ったら、う~なんて言いながら客席を左右にずい~っと見て周り。


『 ・・・ ってね。 』


バタバタと手を舞台について、噺が始まりました。
そこで映像は終わりましたけど。
去年か一昨年位の映像でしょう。
4~50歳代位の生気漲る感じではなく、枯れて行く感じの芸。
飛び出してしまった小さんさんが、円生さんと違い人間国宝になっても寿限無や蛸踊りみたいに何の意味もない与太話をしていたのを思い出しました。
そっちの談志さんも観たかった。
今はもう遅いですけど。


生で観ておかないといけないですね。
人は死ぬんだってことを思います。
結局、テレビも映画も動画も写真も文章も、生ではありません。
一緒の時代に生きた人は、出来るなら生で観て聴いて感じておかないとと、本当に今回は思ってしまいました。


立川談志師匠のご冥福をお祈りいたします。




▼▼▼ 東日本大震災チャリティー企画 ▼▼▼
チャリティー・触診セミナー 11月27日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 12月7日 >>>
コア・ストレッチ教室 12月25日 >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 12月12・17・19・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 12月6~9日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« リビング・イン・ア・ボディ | トップページ | 仙台は本当に様子の良いイイ街でした。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/53330508

この記事へのトラックバック一覧です: 立川雲黒斎家元勝手居士:

« リビング・イン・ア・ボディ | トップページ | 仙台は本当に様子の良いイイ街でした。 »