2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コア・ストレッチ | トップページ | 食事 »

好き嫌いと良い悪い


なかなか難しい問題ですよね。
『好き嫌い』と『良い悪い』。
僕は会社員時代、と言うか50歳位まで、好き嫌いと良い悪いは別々のものでした。
ものすごく卑近な例をあげれば、美人な人だからと言って好きだとは限りませんでした。
これは言い方だけの問題ではないんだろうなぁと思ったりしていました。
カミサンや女性と話をしていて、どうやら女性の多くは好き嫌いと良い悪いは一緒になることが多いと言うことに気が付きました。
ハンサムと言っているのは好きなタイプらしいのです。


男性と女性のコミュニケーション・ツールは違うって話を聞いたことがあります。
もう何度も書きましたけど、男性は情報を使ってコミュニケーションして女性は感情(情動)を使ってコミュニケーションするらしい。
何故かと言うと左右の大脳を繋げている脳梁の太さが、女性の方が太くて男性は細いからだとかなんだとか。
そのために男性は論理を司る左脳と感情(情動)を司る右脳の繋がりが女性よりも細いので、感情で分かったことを理解するのに情報が必要になるってことらしい。
女性は子宮で考えるなんて昔言いましたけど、女性は最初から答えが分かっているってことなんでしょう。
男性は分かっていることでも、情報を組み立てて理解しないと感情まで届かず、つまり腑に落ちないってことのようです。
悲しい性ってやつですかね。
なんか横道に逸れそうですが。


好き嫌いは感情で、良い悪いは情報(論理)なのかもしれませんね。
元々、何もルールがない状態であれば、良い悪いなんてない訳ですから、ルールが決まったところで良い悪いと言う論理が出て来たのかもしれません。
それよりも好き嫌いは生存戦略に直結する問題なのかもしれませんね。
考えて分かるようなものでなないのかもしれません。
やっぱりなんか横道に逸れそうです。


で、まあ僕の場合ですけど、最近になって好き嫌いと良い悪いが一緒になって来ています。
だからなのかどうなのか、最近は色々なことの説明がなかなか難しくなって来ています。
何か問題があると、最初にあっこれは好き(良い)嫌い(悪い)って気持ちが来てしまって、だからそれはどうしてか、と言うことが分からなかったりするからです。
それでも良いんですけど、なんかこうスッキリしないですね。


ところで、男女のコミュニケーションの違いが、かなり分かりやすい会話があります。


女 『何で分かってくれないの。』
男 『じゃあ、どうすればイイんだ。』


これ、全然、通じないんですよね。
女性は感情のことを言っていて、男性は情報(何)を言っている。
だから通じません。
もし女性に『何で分かってくれないの。』と言われたら、男性は『そうか、ごめんね辛い思いさせて。』な~んて言えば良いらしいのです。
もちろん全部じゃないですけど、割合女性はそう言った言葉を求めているようです。
逆もありますね。


男 『会社で○○なことがあってサ。本当に頭に来る。』
女 『そう、それは大変ね。』


これもダメですね。
男性は会社で○○なことがあったと言う情報を言っています。(もちろん気持ちも言ってますけど。)
この場合、男性に対して「大変ね」と言う気持ちのことを言ってもダメですね。
お前に俺の気持ちが分かるか、となってしまいます。
こんな場合は、『そう大変ね』の後に、『そう言う時は△△って言う方法もあるかもね。』と何か情報を与えてあげると、『そうかもな~』となるかもしれません。
難しいですね。
ってやっぱり横道に逸れてしまった。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 4月23・28・29日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 4月10~13日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク ワークショップ in 名古屋 4月11日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 3月29日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 4月12日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« コア・ストレッチ | トップページ | 食事 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

「好き嫌いは感情で、良い悪いは情報(論理)なのかもしれませんね。」
→にすっごーく納得◎◎おもしろいですねぇ。
めっちゃよくわかる~♪

「元々、何もルールがない状態であれば、良い悪いなんてない訳ですから、ルールが決まったところで良い悪いと言う論理が出て来たのかもしれません。」
→ほんとに。人間の社会生活からルールを完全にとってしまったらぐちゃぐちゃになるけど、自分の中の(ある意味「無意識の」)ルールなんかは、取っ払えるようになるとすごく気持ちが楽になれそう。とか思ったりしましたー。

大阪1号(笑)さん

コメントありがとう。
この話はいつも考えていることです。
人と話をする時に、伝わりやすい方法はどれかと考える時には、一つの指標になったりしています。


ところで、大阪1号(笑)さんって、千里の方?

記事を読んで少し考えて、
「男性が美人だと思う女性を必ずしも好きなわけではない」
「女性は好ましいと思う男性をハンサムだという」
というのは、
「美形であるかどうかに関係なく、人は人に好意を持つ」
ということを違う角度から見ているのだな、と今さらに気づきました。
男女差って確かにあるけれど、ちょっと安心。

あさみさん

そうですねぇ。
でも、女性は強い男(色々な意味で)を好きになる傾向があります。
それはヒトの生存戦略上で重要な性質のようですね。
ちょっと違いますけど、人は(男女関係なく)長い時間一緒にいる人を好きになる傾向があるそうです。
これも、社会生活をする人間の生存戦略上大切な性質となっているようです。
でも当然”必ず”と言う訳ではないようですけど。

と脳科学の受け売りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/54314626

この記事へのトラックバック一覧です: 好き嫌いと良い悪い:

« コア・ストレッチ | トップページ | 食事 »