2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 整体師入門講座 | トップページ | 貴乃花親方 »

春 … かぁ

このところ問い合わせを頂く患者さん
ほとんどの方が”腰をやって”しまったと言う方です。
ぎっくり腰って方もいるし、腰が痛い重いと言う方も。
診させて頂くと、腰だけでなく肩がガチガチと言うかカチカチと言うかコッチコチと言うか硬った~いですね。
どうしたんでしょう。
もう4月も下旬に入っていると言うのに、このところは寒い。
季節がおかしな感じです。
元々、東洋医学では春は骨盤や身体がゆるむ季節なんて言われていますが、ようするに季節(気候)が冬から夏に向かって暖かくなるに従って、身体がそれに順応していくと言う季節なんですね。
例えば夏になれば汗腺は開いて汗が出やすくなるようになるなんてことがあります。
この時期は元々、身体の変化と季節が行ったり来たりするのが合わなくなることがあるので、それも原因になってるようです。


それと関係あるかないか。
時代の流れなのか。
全く分かりませんけど、最近。
断食(プチ)とかファスティングと言う言葉を聞きます。
ダイエットの一種なのかなぁと思っていたら、そうでもないらしいようです。
身体の調子を良くすることも目的の中の大きな要素で、ついでにダイエットも出来るってことなんでしょうか。
(すみません。詳しく調べていないので曖昧で。)


僕はその理論も方法も知りませんけど、疲れたり調子が悪くなったら、なるべくお腹が一杯にならないようにしています。
昔は全然違いましたね。
身体のために栄養を摂らないといけない、なんて思っていました。
たぶん親の世代が戦中派だったので、食べ物がない時代を経験していて、何か食べていないときちんと身体も動かせないと思っていたようです。
今は全然、違いますね。
食べたいと思えばいつでも食べられるし、元々、食事や栄養はベースとして行きわたっている。
その上に立った考え方をしないといけないってことです。


いつも書いていることですけど、ヒトがヒトとして人になるように進化した時代、ヒトの常態は「お腹をすかせて」「歩いていた」んだろうと思います。
食べ物を探している時、お腹をすかせている時が普通だった。
そして食べ物がお腹に入っている時、満腹の時よりも、食べ物を探している時に、ヒトの身体の機能が上がるように出来ている(はず)、だと思います。
そうでなければ、食べ物は探せないし獲得できなかった訳ですから。
だからまあ、調子が悪くなったら、機能を上げるために空腹にして歩くと。
それが良いんだろうと思っています。
医学とか生理学とか栄養学とかには相反する考え方かもしれませんけどね。


腰とか肩の調子が悪くなったら、とりあえず朝食を抜いてみると良いかも。
で、一駅歩いてみる。
一駅歩くと、春がね。
以外に色んな所に見えたりします。


何だか良く分からないけど、そんなことを思いました。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 4月23・28・29日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
整体師入門講座 4月28日 >>>
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 4月26日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 整体師入門講座 | トップページ | 貴乃花親方 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/54528921

この記事へのトラックバック一覧です: 春 … かぁ:

« 整体師入門講座 | トップページ | 貴乃花親方 »