2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

先生、まだ値上げしないの?

Imgp1406


誕生日のお祝いにと頂きました。
『聖』と言うお酒。
要冷蔵だそうです。
今は自宅の冷蔵庫に収まっています。
6月2日の本番が終わったらゆっくり頂きます。

Iさん
いつもありがとうございます。
そして『値上げはまだしないんですか?』も、ありがとうございます。
一応、色々と考え中です。(笑)


Imgp1407


友達のスリランカのお土産のお裾分け。
Kさん
いつもありがとうございます。
ブレンド紅茶、今飲んで見ましたけど、爽やかで美味しかった。

ありがとうございます。
頂きもの頂いたからって訳でもないですが、頑張って整体します。

(^-^)b



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 6月23・24・25日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

舞台


6月2日に久しぶりに舞台に出ます。
何度も書いてますが東京座と言うスタジオの試演会(発表会)です。
ナオコモリさんと言うカンパニー・メンバーの創作作品『花』に出させて頂きます。
そのリハーサルにこのところ通っています。


3月にリハーサルを始めて、作品作りが始まって暫く、正直なところよく分かりませんでした。
何が分からないかと言うと、作品の世界感や表現したいものが分からない、そして動きも良く分からない、と言う状態でした。
作品は5月に入って完成したので、しかたがないのかもしれませんが、それでも追悼や鎮魂の意味のある自分なりの情感を表現する作品は、僕は苦手と言うかやったことがないダンスでした。
僕はダンスでは状況を見せることで情感が浮き立つようなものが好きで、最初から感情を前面に出すようなものはあまり好んで観ないし、自分で作ったりもしたことがありません。
それが今回はそう言う意味合いの強い作品でした。
そして動き。
動きは東京座と言うところでエムザブロウ先生が作ったエクササイズ(基本的な動き)をベースにしています。
僕自身が東京座エクササイズを毎週のようにレッスンしていたのは15年前まで。
振付的に同じような動きは出来ますが、どうしても動きの本質が身体から出てきません。
何だか昔の歌を思い出しながらカラオケで唄っているみたいな、隔靴掻痒感が否めませんでした。


ううむ


なんて唸っていても仕方がないな、と連休明け位の時点で思いつきました。
こんな状態じゃ舞台に乗れない、なんて思いました。
動きの確認をさせてもらいながら、時間がある限りスタジオに行って練習をさせてもらっているうちに、今回の作品が僕の中に少しずつ入ってきているような気がします。
やっと舞台に乗れそうになって来ました。
そして、これは良くないことだろうとは思いますが、今回は自分のために踊ろうかと思っています。
我儘に自分思うように好きなように踊ろうかと思っています。

28年前にダンスを始めたのは、東京座(当時JBC)のエムザブロウ先生(当時ジュンキョウヤ先生)の一番弟子だった先生のスタジオでした。
今から考えるととても良い指導を受けたなと思いますが、そこではアマチュアとしての指導ではありませんでした。
試演会(発表会)になると、3カ月位前から週に4回位レッスンが入ります。
土日はほぼ一日中練習をしています。
『腕の角度が5度違う』とか『舞台ではそれは見せられない』とか、『そんなことなら辞めてしまいなさい。』なんて言われたことさえありました。
舞台に上がってしまえばプロもアマもない、と言うことだったようですが、日本ではプロのダンサーが少なく僕達もそれに近い状況の中で踊っていたからかもしれません。(発表会ではなくプロ公演に出る時などはそうですね。)

身体はとてもキツイですけど、楽しくレッスンが進んでいます。
楽しいと言うのは、身体的に気持ちが良いとか楽だとか癒されるとか、そう言うことではありません。
身体的には筋肉痛と関節痛と痣とマメと疲労と寝不足ですけど、連日、リハーサルで作品が出来あがって行くと言う喜びや自分の身体が変わって行くこと、動きが身体についてくることなどの喜びです。
面白いですね。
だからダンスは止められない。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月26・27・28日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

My Birthday Book

Imgp1402


My Birthday Book と言う本を頂きました。
『 May 16 』です。
牡牛座ですね。
この日生まれの人に贈る言葉がありました。


次々と現れるハードルを
必死で乗り越えましょう。
きっと成功が待っています。


ありがとうございます。
がんばります。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月26・27・28日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ダーク・シャドウ


ティム・バ-トン監督とジョニー・デップの

ダーク・シャドウ >>>

を観ました。
コメディなんですよね。
なんとなく面白い感じはあるんですけど、ものすごくと言うことではありませんでした。
たぶん文化の違いなんだろうと思います。
ヴァンパイヤや狼少女について前提となる原体験のようなものがないからだろうかと思います。
アメリカに独特の移民時代の昔話のようなものをムードとして身体に持っていないと、理解しずらい部分があるんじゃないかと思ったりします。
それでもけっこう楽しめたのはジョニー・デップだからなんだろうかと思ったりします。
次は『幸せの教室』かな。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月26・27・28日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

手技療法・エネルギーワーク・心理療法

僕は整体師です。
手技療法をしています。
手技療法にも様々あって、骨格調整などでボキボキ音がするものもあるし、俗に強揉みと言われているものもある。
逆に僕がやっているような指針整体などはトントンとノックする程度の刺激だったり、骨格調整も患者さんに2割位の力を使ってもらうだけだったりする。
そして、これよりももっともっと弱い刺激を使うクラニオ・セイクラル・ワークと言う療法や、これはセラピーではないがアレクサンダー・テクニークと言うボディワークも僕は使ったりする。
その、とても弱い刺激を使うクラニオやアレクサンダーについて、心理療法的なことやエネルギーワーク的なことを言う方が増えているように思う。
どうしてだろうか、と言うことは何となくわかる。


世はなべてストレス社会である。
ストレスフルな社会で生き生活していれば、そのストレスケアが大切になる。
ストレスケアの方法として心理療法(メンタルケア)やエネルギーワークは有効である。
そのアプローチ方法の一つあるいはそれらに関連する方法として、クラニオやアレクサンダーを考えると言うことらしい。


でも僕は、それはちょっと違うんじゃないかなぁと思う。
クラニオはまだ3~4年、アレクサンダーも6年程しか勉強していないので、真髄まで分かっていないと言うことなのかもしれないけど、クラニオもアレクサンダーも純粋に物理的な変化を起こさせる療法だと思っている。
その純粋に物理的な刺激が相手に物理的な変化を起こさせていると思っている。
もちろん相手のその物理的な変化は、相手の身体の中で新たな変化を呼び自然治癒と称されていることの連鎖が起こることも承知している。
その後『気分が良くなった。』とか『色々なことを思い出した。』とか、そういうことがあることも承知している。
でも、それは純粋に物理的な変化が起きたからであって、その心理的な効果を狙ってのものではないだろうと思う。
(と言うか僕自身は狙ってはいない。)


自分が与えている物理的な刺激が起こす変化をコントロール出来ない状態で、相手の心理的な側面をことさらに気にしてしまうのは、手技療法家としては時期尚早と言う感じがしないでもない。
そう言うことを考えたい気持ちは分からないでもないけどね。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月26・27・28日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

健康って

6月にあるダンスのリハーサルが毎週2~3回あります。
ゴールデンウィークには5日連続でダンスのワークショップに行きました。
ここ1カ月位は筋肉痛と膝痛・腰痛があります。
でも


健康だな~


と思います。
腰が痛くて膝が痛くて毎朝筋肉痛で真っ直ぐ起きられないのに、『健康だよなぁ俺』と思います。
健康って何なんでしょうね。
痛みがあっても、動こうと言う気持ちになって動けるのは健康だろうと思います。
痛みがあって、動こうと言う気持ちになれないのは不健康かなと思います。
痛みがなくても、動こうと言う気持ちになれないのも不健康だろうと思います。
最近は痛みがない状態が健康と思われているようだけど、昔からそうだったっけな~と思い起こしてみたりしています。
どうだったんだろう。


疲れたから少し身体を動かす。


って、昔は考えていたような気がします。
若かったからって言うことではなく、年寄もそんな風に身体を使って動かしていたように思います。
昨日、小学生の子が整体に来ました。
色々話を聞いていて一日に歩く歩数の話になりました。
万歩計を持っていたことがあって、4000歩位しか歩かないようなことを言っていました。
ううむ、とかなり考えてしまったものでした。


にしても健康についてです。
痛みがあっても健康な状態、健康と思える気持ち、ってのは大切なのかもしれないなと思います。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月26・27・28日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

東京座 第35回 試演会

20120423155420_0111_convert_2012042

6月2日(土)18:00から練馬文化会館つつじホールで、東京座と言うダンス・スタジオの試演会(発表会)があります。
何度かお知らせしましたが、僕もそこで踊ることになっています。
お時間と興味のある方は是非いらして下さい。
僕もチケットを持っていますので、連絡頂ければ当日受付預けなどに出来ます。
大きな声では言えませんが、特別価格でお分けします。(笑)

今回の試演会は今年の1月に亡くなられた東京座ディレクターのエムザブロウ(ジュンキョウヤ)先生の追悼公演的な意味合いもあります。
東京座のオリジナル・ナンバーと関係する沢山のスタジオからの創作作品で構成されています。
日本のジャズダンスの創世記から活動をされ、様々な作品で日本のダンス・シーンに衝撃を与え続けて来たエムザブロウ先生の作品を見ることが出来るめったにない機会です。
作品はオリジナルのエクササイズ(身体作りの基本動作)によって裏打ちされた、確実なテクニックを元に作られ美しさと力強さを併せ持った素敵なものばかりです。
(僕はナオコモリさんの創作作品で踊ります。)
本物を観たいのであれば、足をお運びください。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

54になりました。

1958年5月16日生まれ
ってことでこの前の水曜日に54歳になりました。
フェイスブックを始めたからなのか、誕生日がバレてしまい皆さんからお祝いメッセージを頂戴して感激しております。
バレてしまいって言ったってフェイスブックの個人情報に載せなきゃイイ訳で、ようするに分かって載せている訳ですね。
知られたくないフリをして知られたいんじゃないの、とかなんとか自分の中の自分に思いをやったりしております。



皆さん
ありがとうございます。
ぼちぼち生きております。


Imgp1386_convert_20120519123233_2
名古屋スクールで頂きました。
レグイォーマーです。


Imgp1393_convert_20120520141447_2
東京スクールで頂きました。
『からだはみんな知っている』って本です。




54はどんな感じと言われると、45ってこんな感じって時の感じだったり35ってこんな感じって時の感じだったりします。
17ってこんな感じとか25ってこんな感じってのとは違ってますね。
どこがどうとは言えませんけど。
しかしまあ、この年齢になってもダンス・リハーサルの筋肉痛と戦いながら仕事が出来ることに感謝しております。
まあ、40歳代の時は感謝だけでしたけど、50歳代になると筋肉痛くらい何トカナランカな、と思ったりもするようになりました。




髪が薄くなったのが気になりますけどね、何とかこれからも頑張って行きたいと思います。
宜しくお願いいたします。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

皮膚という「脳」


皮膚という「脳」 >>>

と言う本を読みました。
僕はこの本はダメだなぁ。
読んでいてどうしても疑わしい感じがしてしまう。
何故なんだろう、と読みながら考えてしまいました。

先ず、話の筋と言うか持って行き方と言うか論理展開と言うか、前提があってこう言う研究結果や実験結果があるからこうなる、と言う時の”こうなる”が信じられない。
『AならB、BならC、なので、AならD』みたいな感じ。
その上、推論を前提として推論するもんだから、何が根拠で何を言っているのか分からなくなってしまったりする。
別の人の研究結果なども、自分の推論の理由付けにしたりしている。
題名に惹かれて読みましたが、ちょっとイマイチでした。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 6月12~15日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
ストレッチ教室 in 大泉 6月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月13日 >>>


▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

15から18日は名古屋です。

今月も明日から名古屋で授業をやります。
ダンスの身体のしくみと使い方セミナーやストレッチ教室もやって来ます。
名古屋の皆さん宜しく。
期間中は連絡が取りにくくなると思います。
申し訳ありませんが宜しくお願いします。

15日(火)スクール授業、ダンスの…セミナー
16日(水)スクール授業、ストレッチ教室
17日(木)スクール授業
18日(金)スクール授業

内容については下(↓)にあるリンクからどうぞ。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

不思議だね


もう6~7年も来て頂いている患者さんがいます。
40歳を超えたばかりの女性です。
最初に来た時には30歳代中過ぎ位。
中学位までやっていたバレエを”再開”して1年が過ぎ、週に1回のレッスンが2回になりそうな時期で、腰痛が出たとのことでいらっしゃいました。
年齢を考えればもう少しレッスン回数を増やさないと上手にはならないですよね~なんて話をしていました。
それから月に1回位メンテナンスにいらっしゃるようになりましたが、年を追うごとにレッスン回数が増え、一昨年には週に5回になりスタジオの子供のクラスの指導助手をするまでになりました。

先月いらした時にオーディションの話をされました。
大好きなバレエダンサーの公演の出演者のオーディションがあるとのこと、それを受けてみようかと思っていると言うこと。
そりゃ楽しみですねとお話をしていました。
で、今月聞くと合格。
今秋からリハーサルが始まって来年には本番の舞台を迎えます。
もちろん、主役級のダンサーとしての合格ではありませんが、プロの公演にオーディションに合格して出ると言う。
何だか不思議ですねぇなんてお話をしました。
バレエを再開した時には、こんなことになるなんて夢にも思わなかったと。
年齢的にも故障が一番心配なので、ケアのお手伝いをしながら本公演を楽しみにしたいと思っています。

僕は僕で6月2日に本番。
昨夜もリハーサルがありました。
正直に言って今回は全然ダメで、振りすらあやふやな所がありました。
これではイカンと、時間を作ってスタジオに行き、昨日は5時間位こもって練習をさせて頂きました。
やっと、何とか振りは入りました、もう少し踊り込みをした上で、作品の世界を理解して自分なりの表現が出来ればと、思ったりしています。

ダンスは面白いです。
何が面白いのか分かりません。
レッスンやリハーサルをすると筋肉痛になります。
振りを貰っている時は、全然覚えられなくてカウントも中々入らず、まったくどうしてこんなにバカなのかと思ったりします。
それでも面白い。
頭を使わず身体を使うことだからかもしれないと思ったりします。
頭と言うか論理とか意識が介入しにくい世界だからかもしれません。
今の世の中で仕事や生活をしている時とは違う回路が回る世界だからかもしれません。

しかし不思議です。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

文体としての作風 ~ 『箱のなかの庭』を観て

北沢タウンホールで行われた、宮本舞さん率いる ZERO to INFINITY の公演『箱のなかの庭』を観た。


『世の中にはもう物語は語りつくされてしまったんじゃないか。
文学者が残せるのは結局は、文体だけなんじゃないか。』
と言っていたのは開高健だったかと思う。
たしかに、芸術家にとっては何を表現するのかよりも、いかに表現するのかが大切なのかもしれないと思う。
様々な心象風景や感情や状況やなんやかやは語りつくされた感があるのかもしれない。
であれば、身体表現をする芸術家にとって残るのは文体としての作風と言うことになるのかもしれない。


昨日観た宮本舞さんの『箱のなかの庭』からは、他にはない作風が現れていたと思う。
現代舞踊もコンテンポラリーも、多様な表現がどんどんと出され、独自の世界を作ると言うのは本人はそのつもりであっても難しい時代になっていると思う。
ああ、これはあそこのあの人があの時にやっていたあれね、なんて言われてしまうことが多いんだろうと思う。
それが、昨日の舞台に展開されていたのは、宮本さん独特の世界感だったと思う。
自身の持つ独特のフォルムと運動性から繰り出される振付も構成も、他にはないものだったと思う。
繊細で力強くはかなげでもありパワフルでもある。
でも、様々な動きと構成された場面ではあるが、一つの統一された流れを感じるものでもありました。


素敵で素晴らしい作品だったと思います。
面白かった。
なんだか力と勇気を貰いました。


と、全面的に褒めてしまいましたが、昨日観たのはゲネプロ。
2点だけ気になることがありました。
ちょうど真ん中位のパートで椅子を4つ使う場面がありました。
ここがどうしても間延びして見えてしまう。
なぜだとうと思って考えていたら、照明ではないかと思いました。
椅子のパートの前半の照明にもう一工夫合っても面白かったと思います。
(特に全体が同じ色での照明だったので、地明りみたいになると間延びするのかもしれません。)
それと、エンディング。
もう少し劇的にするか、もう少し引っ張ってフェードアウトするか。
ゲネのエンディングは少しブツギレのような気がしました。

お疲れさまでした。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

脳はなぜ「心」を作ったのか


読み始めて、ひょっとして以前に読んだことあったかな~と思いだしました。
結局、最後まで読んでしまいましたが、以前に読んだ本だったようです。
でも内容は1割位しか覚えていなくて、今回も楽しく読むことが出来ました。
記憶力の欠如ってのも、こう言う時は良いもんですね。(笑)
なんつって。

脳はなぜ「心」を作ったのか >>>

副題に「『私』の謎を解く柔道意識仮設」とあります。
心って何だろうとか意識てのは何かとか、私ってのは何かなんてことを考えます。
ま、皆考えるんだろうと思いますけど、考えれば考えるほど分からなくなる。
だからこの手の本は好きです。
読んでいて衝撃的な部分がありました。
話としては聞いていましたけど、なかなか信じられない話でした。
1980年代のカリフォルニア大学サンフランシスコ校のリベットの、意識と無意識と運動準備電位についての論文です。
ものすごくおおざっぱに書きます。

脳に運動準備電位を測るための電極を撮り付けた人に、心を落ち着けて「指を動かしたい」と言う気持ちになった時に、指を動かしてもらいました。
さらに「指を動かしたい」と自発的に意図した瞬間を確認しました。
つまり「意識」が「動かそう!」と「意図」する指令と、「無意識」に指の筋肉を動かそうとする準備指令のタイミングを比べる実験でした。
結果は「無意識」下の運動準備電位が生じたのは「意識」が「意図」した時刻よりも350ミリ秒早く、実際に指が動いたのは「意図」した時刻の200ミリ秒後だったのです。
ようするに人が「意識」的に運動を「意図」した時刻よりも数百ミリ秒ほど早かったんです。
動かそうと思う前に筋肉を動かす指令が無意識下で起こっていたと言うことです。

最初、何のことなのかさっぱり分かりませんでした。
動くのが先で後で意図するってどういうこと?と思いましたね。
でも、最近はそんなものかと思うようにもなって来ました。
意識は幻想でしかないのかもしれないと思います。
休日に何もやることがなくて外に出ると、意識していなくてもどこかに向かって歩いていますよね。
あっこんなとこに来たなんて、思ったりします。
ちょっと違うのかもしれませんけど、そんなことかもと思ったりします。
本当(現実)は身体が意識とは関係なく生きていて、その生きている自分の身体を後追いで意識が認識しているのかもしれないなんて思ったりします。

とまあ、こんなことを考えるきっかけになった本です。
意図する前に筋肉が動く準備を始めていると言う考え方は、脳科学では一般的なようで何冊かの本で読みました。
何のことだかわからないって人は読んでみると面白いと思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

テルマエ・ロマエ


観てきました。

テルマエ・ロマエ >>>

いや、まあ、その~
思った通りのお話ですね。
漫画を読んだことはありませんが、古代ローマの大衆浴場から銭湯にタイムスリップしてくる、と言うことくらいは知っていました。
で、何が起こるのかと思っていたら。
まあ、案の定と言いますか何といいますか。

何も考えずに楽しめる映画です。
阿部さんも北村さんも市村さんも濃いし、上戸ちゃんは可愛いしでした。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

大人バレエなリハーサル

実は7月にバレエの発表会に出ることになっています。
と言っても踊る訳ではありません。
踊らないのになぜバレエの発表会に出るのかと言うと、お手伝いと言う感じです。
ダンスで知り合った友達が、その発表会で振付をして自分も出演します。
そのバレエ教室は女性ばかりで男性がいないため、発表会の時には男性ダンサーをお願いしているらしいのですが、今回はそんなに踊らなくても良い男性の配役があったので声が掛かったと言う訳です。
演目はジゼル。
僕がやるのはクルランド大公って言う王様だそうです。
本番前に顔合わせしてちょっと打ち合わせすれば大丈夫と言われてOKしましたが、さすがに打ち合わせだけで舞台には上がれないなと、レッスンに顔を出しますと昨夜行ってきました。


1時間位のレッスンを受けたら、そのままリハーサルが始まりました。
あら木さん時間があるなら、とのことで、登場場面などの打ち合わせと言うかリハーサルが始まってしまいました。
バレエの舞台は初めてなので、あまり要領を得ませんでしたが、なんとか登場してジゼルとバチルドが顔を合わせる場面を作るあたりまでストーリーが繋がりました。
結局、あと数回リハーサルにおじゃますることになります。


なんと言うか勉強になります。
そして楽しい。
いつも踊っているコンテンポラリーやジャズダンスとは全く違う作りのダンスで、表現も割合に具象的、手ぶりなどに決まりごとがあるってことは知っていましたが、伝統のあるバレエ・スタジオだからなのか、表現がとても気品があって美しい人が多かったですね。
もちろん、大人バレエな女性の方々が多いので、テクニック的にはばらつきはありましたけど、身体が作る雰囲気が統一されていて気持ちの良い空間・時間でした。
7月15日日曜日にあります。
場所は…どこだったっけ(笑)。
今度確認しないと。


そして6月2日(土)には練馬文化会館で踊ります。
こちらは立ってるだけではなくて踊りを踊ります。
東京座と言うカンパニーの試演会です。
僕が出るのは『花~メメントモリ』と言う題名のナオコモリさんの作品です。
今年の正月に亡くなったエムザブロウ(ジュンキョウヤ)先生への追悼の気持ちを込めた作品です。
エムザブロウ先生が撒かれたダンスの花を、それぞれがそれぞれに咲かせると言うような気持ちで踊って欲しと言われています。
1年半ぶりの舞台で、普段は踊っていないエクササイズ(身体の動き)なので、四苦八苦していますが、なんとか無事に舞台に立ちたいと思っています。
もしお時間があったらいらして下さい。
チケットは僕も何枚か持っています。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

整体師には何が求められているんだろう。

ちょっと考えたことがありましす。
結論は出るのか出ないのか。

整体師には何が求められているか。
当然ですけど、腰痛や肩こりを治す技術だろうと、まあ思う訳です。
ではそれだけかと言われると、ちょっと違うような気もするし、違わないような気もする。
求められると言う位だから、求める人にとってと言うことになるだろう。
整体師に何かを求める人は、整体院に行って整体を受ける人ってこと。
と言うことは、整体を知っている人で、しかもこれから整体に来る人と言うことになる。

では、整体ってどんな時に行くのか。
大きく分けると2つあるように思う。
ひょっとしたらもっとあるかも知れないけど、大まかに分けると2つ。
一つは上にも書いたように『痛みを取る』時、そしてもう一つは『疲れを取る』時、だろうと思う。
一般に痛みを取る方を治療系、疲れを取る方を慰安系なんて言ったりする。
あっ、一般ではなく業界でかもしれない。
でも、だ。

治療系と言われている痛みを取るための場所で先ず思いつくのは、病院だ。
病院がダメだった時に考えるのはどこか。
となって出てくる選択肢の一つとして整体院がある。
では慰安系と言われいる疲れを取るための場所はどこか。
この場合はクィック系のサロンなどになるのかと思う。
そしてその中に整体院を含めて捉えている方がいるように思う。

どうなんだろう本当のところは。


最近、整体院やクィック系のサロンも増えているけれど、それよりも多くなったなと思うのがパーソナルトレーナーの方々のジム(サロン・スタジオ)だと思う。
彼らは何をやっているのか。
トレーニングやストレッチの補助や提案やをやっている、だけではない。
最近、見ているとO脚美脚調整・小顔調整・ダイエット・サイズダウンなど、身体のコントロールをすることを目的としたことが多い。
身体と言っても中からのものもあり外からのものもある。
かなり整体師の業界とクロスオーバーする部分が多くなってきているように思う。
では彼らは治療系や慰安系と言えるのかと言うと、そのどちらでもない。
極端に言ってしまえば、目の前のクライアントさんの要望に沿う形で、自分の中にあるあるいは自分の範疇にあると思われるものを提供していると言うことか。


では整体師は。
最近はエネルギーワークやヒーリング系や心理療法寄りの内容を打ち出すところが増えているように思う。
打ち出してはいなくても、それを取り入れている感じがする。
どちらかと言うと『癒し』の方向に動いている人達がいるように思う。
もちろん、最初から心理療法やヒーリング系のことをされていて、手技を加えると言う逆パターンもある。
『健康』やある種の『QOL』に対してはどうなんだろう。
従来の整体師はどちらかと言うとこちら寄り。
日々の健康のことや根本治療を標榜して、身体を動かすことや生活習慣についての話が多い人が多いように思う。
でもこれ、よく考えてみると一番お金を使いたくない分野のような気がしないでもない。
使いたくないと言うのは強すぎる言い方だけど、健康やQOLって不健康や痛みが出た時にしか考えないもので、『安全』とか『平和』とかに似た感覚ではないかと思う。
病気になった時に思いだす健康のありがたさみたいな。

そうなるとどうなんでしょうね。
整体師には何が求められているんでしょう。
『健康』や『日々の調子良さ』のプロにはお金はあんまり落ちないんじゃないかと、僕なんかは思ってしまいます。
今はネットでも健康や日々の調子良さには、無料で沢山の情報や知識が落ちていますからね。
僕なら何かもっと別のことをプロとお話がしたい。
例えば何なんでしょ。
少なくとも誰でも知っていて沢山の人が興味があってメジャ-なものではないことは確かなのか。
もしくは、”その人”とお話がしたいと言う、その人なのか。
だとすると、そこに整体師の生きる道があるのかもしれない。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ダンスを2本


連休中にダンスのようなパフォーマンスを2本観ました。

ICiT Dance Salon in  RAFT 5 >>>

中野坂上の駅から徒歩10分位にあるRAFTと言うスタジオでした。
知り合いが出ているのではなく、同じ企画で前日に知り合いが出ていたのを見て、どんなスタジオなんだろうと思って見に行ってきました。
なんとも言えない、と言うのが正直な感想です。
実験的な印象を受ける作品が3作品。
code20xxという名前の方のパフォーマンスは好きでしたが、後は良く分かりません。
パフォーマンスを見て良く分からないと言うのは良くない表現ですが、分からないものは分からない。
だから他の作品については評価も”ない”。
かと言って悪い訳ではないので申し訳ない気分がありますけど。


10年以上前に若い方のコンテンポラリー作品などを見ていた時は、当たり外れの外れが異常に多かった記憶があって、そんなことやらなくてもなんて思ったり、思いつきだけで舞台に出るなよと思ったりしたものでした。
最近はそんなことはほとんどなく、今回の作品も皆さんきちんとしたテクニックと構成だったと思います。
だから見るのに苦痛はない。
様々な実験や創意があって、新しい表現が生まれる可能性があって、その過渡期なんだろうなと思われるような作品でした。
code20xxさんの作品は、言いたいこと、あるいは見せたいもの、が一つで僕には分かりやすかったと言うところでしょうか。
一言だけ言えば、コラボレーションすることによる相乗効果は、まだ見えなかったかと思います。
それぞれ別に成立するんだろうと思います。

第6回東京国際ダンスワークショップ ReAction ショーイング >>>


一昨年、小野寺さんのショーイングに参加させてもらい、今年はじゅんじゅんさんのテクニック・クラスを受講しました。
そのじゅんじゅんさんのショーイングと、同時に開催されていたショロミさんのショーイング、そしてシュロミさんのソロダンスを見ました。
5日間と言う短期間で舞台に上げる作品を作ると言うのは、並大抵のことではありません。
今回はじゅんじゅんさんのテクニック・クラスを連続受講していての観劇なので、どんなものが観られるかとワクワクして見に行きました。


じゅんじゅんさん作品は、テクニッククラスでも少しずつやってみていたエピソードに加え、少しずつ作り上げて言ったシーンが折り重なって、重層的な作品になっていました。
ネガティブ・スペースと言うのか、身体の空いている空間や動きを埋めるうよな動きの連続から始まりましたが、この部分だけは消化不良気味な印象が少し残りました。
ぱっと見の面白味はあってキャッチーではあると思うのですが、自分自身もやってみていることや、幾度となく見たことのある動きや情景だったので、”その次の”、つまり練度と言うか完成度の高さ(あるいは危うさの強度)を求めてしまいます。
でも、その後の構成はやはり面白い。
小野寺さんの時にも思ったことですが、動きはそれ自体で存在するのに、見ている側は勝手に判断や解釈や印象を持ってしまうと言うことです。
椅子からの物語はとても好きな世界でした。


シュロミさんの作品は初めて観ました。
じゅんじゅんさんと比べると自由度の高い動きのように見えましたが、見ている内にダンス経験者やダンサーの受講が多いんだろうと言うことが分かりました。
身体の中に動きの質を持っている人達のような感じ。
テーマだけ決めて後はダンサーに任せるが、ダンサーは自分の動きや音楽や周りの状態に引きづられないように必死で戦っていると言う印象。
これも分かりやすい作品で楽しく拝見しました。


シュロミさんのソロ。
これは圧巻。
単純な動きが複雑な印象を見せる。
繰り返し行われる行為が日常や非日常を見せる。
そのまた繰り返しが何かの情感やココロの動きを、見ている側が勝手に思いこむような。
色んなこと考えました。

いやしかし、舞台は見ているばっかじゃダメだな。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 名古屋でやります。

来週の火曜日、5月15日14:30から、名古屋で『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』をやります。
詳しくはコチラのページ>>>をご覧ください。


クラシック・バレエやダンスを始める大人の女性が増えていますね。
20歳代や30歳代だけでなく、50歳代60歳代から始める方もいらっしゃいます。
それぞれの年代でそれぞれのキャリアで、それぞれのライフスタイルに合わせて楽しんでもらいたいと思います。
『ダンスの身体のしくみと使い方セミナー』では、大人から始めたクラシック・バレエやダンスで、どうも腑に落ちないことや理解しづらいことの解説をします。
先生の言うことを聞いて、『???』ってなることありますよね。


・軸を引き上げて。
・脚を挙げる時は、前ももは使わないで。
・お尻は締めるけど固めないで下さい。
・足首は伸びているものです。伸ばすのではありません。
・ターンアウトは脚の付け根から。
などなど


日本語としては分かるけど(笑)、良く考えてみると理解しにくいことがあります。
先生はそう言っているけど、本当は出来ないことを強調して言っているんじゃないの?
そんな風に思います。
その、先生の言っていることと、大人の常識と、大人の身体を繋げる解説をしたいと思います。
スタジオや仲間に今更聞けないことを聞きに来て下さい。
お待ちしています。


■ダンスの身体のしくみと使い方セミナー >>>

日時 : 5月15日(火)14:30~17:30
場所 : てあて整体スクール・名古屋ブランチ
      名古屋市中区金山1-3-17 明和レジデンス8C
料金 : 15,000円
定員 : 8名(あと3名)
申込 : mail teate@nifty.com
      ℡  03-3922-7230




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

持病

持病が二つあります。
一つは二日酔いでもう一つが筋肉痛です。(笑)
これはやっかいです。
分かっていてやるんだから。
世話~ないって言うか、バカです。


今年の連休は5日間で7回のダンスレッスンでした。
じゅんじゅんさんのワークショップ5日と6月2日のリハーサルです。
夕方から毎日行っていました。
初日WSはいつも通り、二日目のWSも割合に普通でしたが、帰りの電車で座って最寄駅まで来て立った所で持病が出てきました。
筋肉痛です。
三日目は朝から筋肉痛で、こんなんで動けるのかなとWSに行くと、今度はレッスンが終わった直後から筋肉痛でした。
この日から床と友達になるようにして、レッスン前に床の上でゴロゴロゴロゴロして股関節や肩関節や脊椎(背骨)をグニグニ動かしました。
その上でスタジオをジョギングして身体を温めるようにしました。
そして4日目。
もう朝からWSが始まっても筋肉痛でしたが、重たい身体も動かしていると何とか動くようになります。
静かに座っている所からゆっくり立ち上がると腰が痛いのに、動いていると立ったり座ったり飛び込んだりグルングルン回ったり出来るのが不思議ですね。
そしてこの日はWSの後にリハーサル。
筋肉は痛いと言うよりも、粘土で出来ているように伸び縮みしてくれません。
怪我をしないように少しずつ動きを出して行くようにしました。
なんとか終わって、最終日の5日目も同じような状態でした。


終わってみて、何とかなるもんなんだなぁと思いました。
体力は当然ながら落ちています。
でも全然動けない訳ではない。
かと言ってもの凄く動けるかと言うとそうでもない。
筋肉痛は常にあるけれども動きは出てくる。
身体も重たいけれども動けない訳ではない。
何と言うか、筋肉痛で身体が重いけど、たぶん調子は良いんだろうと思います。
もちろん、疲れて動きたくないって言う気持ちもあるにはありますけどね。
まったく、脳細胞が筋肉で出来てるもんで、どうしようもありません。

まあ、しかし良いGWでした。
今日は手技セミナーをやって、明日からは通常営業です。
頑張りましょう。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

日本人になった祖先たち

今日で連休も最後ですね。
なんだかあっと言う間でした。
連休中にやっと読了した本があります。

日本人になった祖先たち >>>

NHK BOOKSから出ている本です。
どうも、日本人の起源とか人間はどうやって人間になったのかとか言葉の成り立ちとか、そう言うことに興味があるようです。
この本はDNAから日本人の起源と言うか成り立ちのようなものを解明している本です。
面白いですよ、面白いと思う人には。
主題とは関係ないことですが、中に面白いことが書かれている部分がありました。
ちょっと書きだしてみます。

『 ミトコンドリアは細胞のなかのエネルギー産生装置で、他意ないで使われているエネルギーのもとになるATP(アデノシン三リン酸)という物質を作っています。 ところが、私たちが摂取した食物の持っているエネルギーのうちATPに変換されるのはおおよそ40%程度で、残りはミトコンドリアのなかで熱に換えられます。(中略)北方に進出したハプログループは、熱に変換する割合が大きく、一方南のグループは熱を能力が低いので、結果的にこれが両社の分布息の違いになって表れていると考えているのです。 』

現代人の共通の祖先は、東アフリカの一人の女性から始まって、世界各地に広がって行った、と言われています。
その時、何故ヨーロッパに行く人とアジアに行く人が分かれたのか、についての一つの原因がミトコンドリアにあった、って言うのは面白い、と言うか納得が行きますね。
そんなもんなんだろうな~なんて思ってしまいました。
面白い本です。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

またまた色々考えておりました。


『特保のコーラ』と言うのが出ました。
とりあえず飲んでみましたね、新し物好きとしては。
まあ、どってことない感じでしたけど。
いろいろとこのコーラについてはツィッターなどでつぶやきを聞いたりしました。
コーラに特保じゃ世も末だ、みたいなこととか、こんなケミカルなものに特保認定して良いのか、とか、業界との癒着ではないかという疑問だったりとか、です。
コーラが特保に指定されたことに関して感じるところがあったようです。
僕は特保のコーラと聞いても、ふ~んと思っただけで、このコーラを飲むと健康に良いのかなぁくらいのことでした。
電車の中で、その特保のコーラの広告を見ていて、あれれと思いましたね。
『このコーラは特定保健用食品である。』と言うことは別にでしたが、『食事の際に脂肪の吸収を抑える効果がある特定保健用食品である。』を見ていて、何だか変だなと思い始めました。

食事の脂肪吸収を抑制する作用のある食品 = 特定保健用食品

って、良く考えると変じゃないですか?
食べるのに脂肪を吸収させないんですよ。
人は生きて行くのにエネルギーを使います。
そのエネルギーはおおむね食事で取り入れます。
そして、脂肪ってそのエネルギー源の元で、生きて行く為に必要なものです。
それを抑える食品が特定保健用食品って …
たしかに現代人は脂肪過多になっているんだろうと思いますけど、保険用食品が脂肪吸収を抑えると言うことに気がついて、かなり考えこんでしまいました。

考えこむと言えば、もう一つ。
ゲンパツの問題なんですけどね。
安全性の確認が出来たら再稼働、ってことらしいのです。
僕は再稼働については特に反対はしていません。
でも、原発の『安全性確認』と言われた瞬間に、これは違うと思ってしまいます。
そして、不安に思ってしまいます。
だって原発は危険なものでしょう。
それは昔から変わっていませんが、今回の災害で日本中と言うか世界中の人々が再確認したと思うのです。

だから、安全性の確認ではなくて、ちゃんと『危険性の確認』をしてもらいたいと思うんです。
原発はここがこんな風に危険、そしてその為にはこう言う対策をしている、だから、危険度はこれくらいです、それでも必要だから可動しましょう、って話にならないと、安心はこないと思うんですね。
危険なものの安全性を確認するってのは、言葉の遊び。
昔風に言えば、詭弁ってやつだろうと思います。
それともう一つ。
危険性があるんだったら可動させない、って言う考え方もちょっと危険だろうと思います。
物事には完全に安全なんてことはないと思います。
火力だって風力だって太陽光だって、完全に安全とは言い切れない部分があるでしょう。
もちろん、原発と比べたら比べ物にならないくらい、危険性は少ないと思います。
でも、危険がゼロではないでしょう。
だから、危険性の比較をして、将来のことも考えて、今のことも考えて、それから判断しないと。
安全性の追求って言うのは危険だから行うことなんだからと思ったりしております。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

『お願いランキング』を見て考えてしまいました。



TVの深夜番組に『お願いランキング』と言う番組があります。
色々なものをランキング付けしてしまうと言う番組です。
『ちょい足しグルメ』なんてインスタント食品に、何かちょと足すと美味しくなるなんて企画もありますが、僕が一番好きなのは『美食アカデミー』と言うコーナーです。
料理人や評論家など3人の審査員が、様々な食べ物を審査してランキング付けします。
様々なと言っても、ある会社の商品のランキングと言うことです。
例えば、冷凍食品の会社の商品で売上1位から6位までを、審査・採点してどういう順番になるかなんてことをやります。
某外食店などは、この番組でかなり酷い評価を受け、メニューがガラリと変わったと言うようなこともあったようです。
数日前、某外食カフェのパスタ料理のランキングがありました。
売上1位から3位までと季節の特別メニュー3位までのパスタを評価するというものでした。


最初からちょっと衝撃的でした。
ランチタイムのOLに大人気で、売上1位のパスタが最下位になったんです。
最近、有名になって来た青年イタリアン・シェフが、『このジェノベーゼ・ソース不味い!』と言っていました。
彼の口からと言うかこの番組で『不味い』と言う言葉を聞いたのは、たぶん始めてのことだと思います。
その1番美味しくない不味い料理が売上は1位だと言う。


考えこんじゃいましたね。
イタリアン・シェフとOLさんの味覚が違うと言うことではないと思うんです。
隣にいた若い女性料理人も少し年配の料理評論家の女性も、ともにこの料理は美味しくないと言っていましたから。
なのになぜこの料理が売上1位なのか。
原因と言うか理由はいくつか考えられますね。
先ずはマーケッティングや宣伝広告です。
確かにこのカフェの前を通ると、綺麗な写真に撮られた商品が店頭から看板のように打ち出されています。
パッと見るとこの商品を頼みたくなるのは分かります。
その上、女性に人気のアボガドと海老にジェノベーゼ・ソースです。
そのジェノベーゼソースも「ランチを意識してニンニクを少なめに」したとのこと。
そして『ニンニクの替わりにコクを出すため、ブイヨンを加えている。』、だから味もばっちり、と言うことらしいのです。
これだけターゲット・セッティングが出来て商品が構成され、宣伝や打ち出しがマッチしていれば、売れるんだろうかと思います。


しかし、それで美味しくないんじゃ意味ないんじゃないかと思ったりします。
でも、売れている。
本当に考えこんでしまいました。


この某外食カフェでは専属の料理人は置いていないそうです。
だから社員が皆、同じ味の料理を出すことが出来るように、徹底的にマニュアル化し味を標準化するための努力をしていると言うことでした。
実はジェノベーゼ・ソースのニンニクを減らしブイヨンを入れたのは、味の標準化の意味合いがかなり大きかったようです。
ブイヨンを入れておけば、旨みを感じて味のばらつきが少なくなると言うことだったらしいのです。
そこはどうよ、と思います。
ようするに誤魔化しですね。
でも、売れている。
本当に本当に考えこんでしまいました。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

じゅんじゅんさん構成・振付のショーイング(舞台)見ませんか?

森下スタジオで一昨日から始まっている、じゅんじゅんさんのダンス・テクニックのワークショップ。
6日にショーイングがあります。


一昨日から始まっているワークショップの後に続いて行われている、クリエーション・ワークショップの最終的な目的地としての舞台(ショーイング)です。
僕も一昨年、小野寺修二さんのクリエーションに参加させて頂きました。
短期間で作られたショーイング作品ですが、完成された作品にはない臨場感とスピート感があると思います。
1,000円と言う金額も魅力的です。
同時にシュロミ・トゥイザーのショーイングもあります。
席に空きがあるので、コンテンポラリー・ダンスに興味がある方は是非どうぞ。

第6回東京国際ダンスワークショップ  ReAction ショーイング >>>

日時 : 5月6日(日)19:00
場所 : 森下スタジオ(地下鉄住吉駅5分)
      東京都江東区森下3-5-6
料金 : 1,000円
申込・問合 : Dance Theatre LUDENS
         http://ludens-lj-hp.web.infoseek.co.jp/
         E-mail dtludens@gmail.com
         Tel 080-3028-5320



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

舞踊作家協会連続公演 N0.162  追悼


舞踊作家協会(通称作家協会)の連続公演が、ティアラこうとう小ホールでありました。
信じられないことですが、協会の連続公演は毎月1日に行われて既に162回。
16年が経ったと聞きます。
途中、何度か観させて頂きましたが、今回が一番良かったように思います。
『追悼』と言う名前の公演は、昨年から今年にかけて亡くなられた協会会員の舞踊作家の先生方と舞台照明を担当されていた先生への追悼の意味があるようです。
今年、1月に亡くなられたエムザブロウ(ジュンキョウヤ改め)も、その追悼される側になっておりました。


それぞれの先生の特徴を美しく表現された作品達は、”オリジナル”の強さをまざまざと見せてくれました。
本当に個性的な方々だったと言うことが良く分かります。
こんなことを言うと叱られるかもしれませんが、今、巷にある舞踊やダンスのどれとも違うオリジナリティーを感じました。
それは、奇異な動きや突拍子もない装置や仕掛けではなく、動きを追及する中で生まれたものだろうと思います。


また、今回は追悼と言うこともあり、一般に高齢と呼ばれるような年代の方々のダンスを見ることも出来ました。
日々の鍛錬と無駄のない動きは、純粋に表現したい世界に連れて行かれるようで、心地よい時間でした。
特にヨネヤマママコさんの「牛に乗って家に還る」は素晴らしいの一言。
後世に残る作品であろうと思いました。


合掌。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

生まれ変わるなら清水ミチコ


いつだったか。
散歩をしていてふと思いつきました。

あっ
生まれ変わるなら清水ミチコだ。

すみません。
その時はさん付けで思いつかなかったもので呼びつけです。

何故なんだろう。
良く分かりませんけど。
彼女のブログはいつも読んでいます。

清水ミチコブログ >>>




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

顔があるもの顔がないもの

ダグラス・E・ハーディング著

『顔があるもの顔がないもの』 >>>

読みました。
友人が面白いと思うと思う、とくれたものです。
哲学書のようなジャンルに入ると思うんですが、難解と言うか分かりにくい言い回しが多い。
もうちょっとはっきり言えば、翻訳が下手です。
これじゃ全く伝わらないんじゃないかと思ってしまう。
途中から日本人が訳したのかと思った位です。


書いてあることはネタバレするので具体的には書きませんが、僕が読んだ限り『一つのこと』しか言っていません。
自分の、ある体験と言うか経験と言うか感覚と言うか覚醒と言うか納得と言うかを、様々な言葉を使って表現しています。
まあ、自分って何って話なんですけど。
翻訳の問題がありますけど、それでも僕には良く分からない感覚の本でした。


巻末の訳者のあとがき読んで思いましたけど、訳者の方がハーディングが言っていることを誤解しているんではないかと思いました。
それが根底にあるから分かりにくい訳になったんじゃないかって思ったりもしました。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 説明会・見学会 5月21・26・27日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 5月15~18日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 5月6日 >>>
アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ in 東京練馬 6月23日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月16日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの身体のしくみと使い方セミナー 4月30日・東京、5月15日・名古屋 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »