2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ハロウィ~ンって何!?


最近、良く耳にしたり目にしたりするハロウィ~ン。
黄色いかぼちゃをくりぬいてロウソクをともしたりして、黒いコートや黒い三角帽をかぶって魔女的な格好をしてみたり。
読売巨人軍のカラーに身を包んだ輩がたくさん出歩いているようです。


ハロウィ~ンって何!?


と言うのが正直な感想です。
アレハナンデスカァ?
ワタシワッカリマシェ~ン!?
つい数年前からでしょうか、やたらと目にするようになって来ました。
秋の風物詩にしたい人が沢山いるんだろうなと言うことは分かります。
分かりますがあまりにも意味が分からない状態です。
おじさんとしては当惑しております。
別に困らなくっても良いとは思うのですが、何となくソバに寄ってこられたりしたら、どういう顔をすれば良いかが分からないのです。
それにクリスマスとかバレンタインとかと違って、プレゼント的なものはあるんですか?
そしてもしプレゼントがあるとすれば、それはどういった意味なんでしょうか。
また、プレゼント的なものがナイとすれば、いったいハロウィーンとは何をしていれば良いのでしょうか?
いろいろとおじさんは考えてしまう訳です。

バレンタインは僕が子供のころからありました。
女子が男子にコクっても良い日と言うことになっていました。
昔は女子から男子なんてああた、それは、はしたないと思われていた時代でした。
そしてそのお返しは今のようにホワイトデーではなく、クッキーデーと言っていた記憶があります。
たぶん1975年位まではそうだったんではないかと思います。
しかしその後、クッキーではなく何だってお返しはOKと言うことになったようでした・
これはバブルと女子と様々な業界の陰謀で、クッキーなんてたかがしれた金額のものでは許さないからねっ!的な何かが働いたと、おじさんになってから分析したりしていました。


だから今回のハロウィ~ン騒ぎも誰かの陰謀だろうとはうすうす感じています。
しかしながら、陰謀だとしても、プレゼント的なものがなければ、その業界は潤わない訳ですね。
あんな仮装だけでそんなに儲かるものではないでしょう。

だったら何か・・・

あれっ

ひょっとして。

お化粧品業界!?デスカ?

いや

まてまて

それはないだろう。

だって

お化粧品だけで

そんなには儲からんだろう。

だとしらら何なのか。


ひょっとしてこの失われた20年の間に、何か起爆剤になるようなイベントをでっちあげて一山当ててやろう、と思ったけど、実際にはフワフワした雰囲気だけが先行してしまって、どうしよっかなこれから的な状態だと言うことなんではないか。
これから勝負の時で、どこかの業界がハロウィ~ンと何かを結び付けていくってことなんでしょうかね。
いずれにしても、やっぱりおじさんにはヨクワッカリマシェ~ン!!


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

映画二本


トランス >>>

名古屋で観てきました。
40億円の名画を盗んだが、それがどこに行ったのか。
記憶の中に潜り込んで探し出すと言う。
面白そうな設定なので観に行きました。
内容は掛かれている通り。
トランスとは催眠療法の一種のようです。
今、見ている映像が創られた記憶なのかそれとも真実なのかってとこが見どころです。
映像も美しく内容も面白い。
娯楽作品でした。
ここのところ数作品、ちょっとなぁと言うのを見ていたのでちょうどよかったです。


グランドイリュージョン >>>

マジックとメンタリズム。
やっぱり興味が出てしまいます。
これも娯楽作品。
使っているトリックやマジックはそれほど難しいものではなく、その部分の楽しみはあまりありませんでしたが、ストーリー展開が早いのと映像が綺麗なので割合に面白い作品だったと思います。
ただ、設定はちょっとなぁと言う部分もありました。

20本目



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

寄付して来ました。

131015kifu1_001

131023kifu2_001

先日、福島県本宮市で行ったチャリティーセミナーで集まったお金と、10月のストレッチ教室の参加費を寄付して来ました。
福島でのセミナーはNPO法人TEAM二本松さん>>>に、ストレッチ教室の方はNPO法人芸術家のくすり箱さん>>>に寄付をしました。
TEAM二本松さんは福島県で除染活動や子供たちの一時疎開や食品の放射線の線度測定などを行っています。
芸術家のくすり箱さんは芸術家(特にダンサー)の体のケアをサポートする活動をされています。
先日も書きましたが9月現在の避難者などの状況は以下のようになっています。


避難者    29万人
仮設住宅 11万人
そして避難所に現在も99人が住まっていらっしゃいます。


東日本大震災があってから2年半が経ちました。
原発の問題に目が行きがちになりますが、今もまだ避難生活をされている方が全国に29万人もいらっしゃると言うことを忘れないようにしたいと思います。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

踊りについて

10月27日にTOKYOZA STUDIO PERFORMANCE Vol.10に出ました。
西武池袋線富士見台駅から7分のところにある小さなダンススタジオ。
そこで行われた、ダンスのスタジオ・パフォーマンスに自分でソロ作品を創り自分で踊りました。
自作自演です。
今回のパフォーマンスはTOKYOZAを母体とする、80Naked Stonesと言うナオコモリさんとノリエハマナカさんと言う二人のダンスユニットが企画をして行われました。
TOKYOZAは前身のJBCと言うダンススタジオ(カンパニー)時代からお世話になっていた所で、創始者のエムザブロウ(ジュンキョウヤ)先生は僕のダンスのルーツにあたる先生です。
(僕自身はキョウヤ先生の愛弟子のリツコヒキタ先生に師事しました。)

ソロ作品は2度目・2作品目です。
20年ほど前に一度だけ、僕のダンスの先生の公演の企画で作ったことがあります。
最初、5分位の振付を作って行ったら、それを3分位に凝縮された記憶があります。
振りの数は全く同じで、動くスピートを早くしました。
それはそれはきつい動きでしたが、まだダンスを始めて10年に満たない僕の踊りを、舞台に乗せられる最低限の状態にしてもらったと思っています。
それ以降、群舞作品は何度も作ってきましたが、ソロ作品は一度も作りませんでした。
前にも書いたことがある思いますが、『素人がテクニックもないのに思いつきで作った作品』が僕はダメです。
そんなのは舞台に乗せるべきじゃないと思う部分があります。
それが許されるとしたら、若いダンサー・振付家に限られるように思います。
通過儀礼として作っておく。
そんな感じなのかもしれません。

だからきっと、自分はソロ作品は作らないと思っていました。
それがナントナク、創ろう、創っておこうと思いました。
55歳にもなって通過儀礼を今からやると言うのは、恥ずかしいことだと言うのは知っています。
それでも、創っておきたいなぁと思ったと言うことです。
自分のやりたいことだけ、ウケを狙わず、自分だけがイイと思ったことだけを創ってみる。
そう思って創りました。
だから、こんなに動かないでも良いものかとか、こんなにヘンな動きをしても良いものか、とか、そんな風に思うこともありましたが、それはそれで脇に置いておいて、やっぱりこれがやりたいから作ろうと思って創っていたと思います。
もちろん、やりたい創りたことと見せたいことは違うので、どうやって見えるだろうかと言う部分については意識を強くもっていました。

最近、自分が人間として変質して来ているのが分かります。
いや、分かっているのか分かっていないのかは分かりませんが、そんな気がうっすらしています。
たぶん、筋力や走力や跳躍力など数値的に表される体力は、あまり変化はないと思うんですが、身体の中でナニカが変わり始めている兆しを感じます。
それはもちろん身体の変化だけではなく、頭の変化と言うことにもなります。
年齢からすれば壮年期から老年期に入ってきたと言うことなんだろうと思います。
もちろんですが、自分が老年期に入っていたと言う自覚はありません。
自覚はありませんが、きっとそうなんだろうと言う肌感覚です。

そんな時に今回のソロ作品は創りました。
ソロ作品を創る作業がこんなに楽しくないとは思ってもいませんでした。
何しろスタジオに一人で入って、一人で音をかけ一人で体を動かしていたんですから。
あたりまえですが誰も何も行ってくれません。
構想も振付も照明も音楽も衣装もタイミングも動きも表情も、なにもかも一人です。
群舞を作っている時は、ダンサーがいろいろ言うのにカチンと来たこともありましたが、それでも自分以外の人の意見や考えを聞くことが出来ていた、と言うこと。
それが全くない状態で、何もないゼロ=無の状態から何かを創っていく作業でした。
約1か月前にスタッフに踊りを観てもらい、一言二言感想のようなアドバイスのような言葉を頂きました。
実はそこからこの作品はガラリと変わりました。
踊っている動きは殆ど変りませんが、作品自体は違うものになったと思います。
見た目的には、的が絞れて見やすい作品になったと思います。
そして僕自身の頭の中が変わったように思います。
いつもなら動きや振りのことだけを考えていましたが、今回は気持ちと言うか感情の風景と言うかそんなものを考えるようになりました。
最初のノリエちゃんとユキ先生の言葉。
そして、通し稽古毎のユキ先生のアドバイス。

会が終わってアンケートを見ました。
100通近いアンケートの中に2通、僕の作品について書いてあるものがありました。
一つは良かった面白かったと言うもの、もう一つは意味不明と言うものでした。
正直言ってこれはとてもうれしい。
賛否が分かれ、しかも2通で賛と否に分かれたと言うのは嬉しいことです。
作品がどちらでも良いもではなく、良いにしろ悪いにしろどちらかの印象に残ったと言うことだからです。
そして、終演後に観に来てくれた方から頂いた言葉も忘れられません。
『たぶんこの人(僕のこと)、人生で今が一番踊りが上手いんだろうなと思った。とっても良かった。』
『印象的なダンスで、こう動きたいと言うのがはっきり見えた。』

ご来場いただいたみなさん
ありがとうございました。
次回はまだ分かりませんが、必ずまた踊ります。

988327_530936680316799_1929074387_n

1376364_530937120316755_1220545175_

1391992_530937230316744_570039813_n



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

呪いの時代

最近、しばらく読んでいなかった内田さんの本を読みました。

呪いの時代 >>>

以前、『あなたのためを思って言っている。』と言う言葉の後に誰かに何かを伝えることは、その伝える相手に対して呪いをかけていることになる、と言うようなことを内田さんの本で読んだことがある。
たしかに、あなたの為と言われると、反論できずそれをするにしろしないにしろ相手は心に何かしらの負担を負ってしまうと言うことなんだろうと思う。
子供を育てる時に、言ってはいけない一番の言葉なんだろうと思った記憶がある。
その『呪い』と言う言葉の入った本。
内容は雑誌に連載した内容に加筆修正したもののようでした。

久しぶりに読んだ内田さんの本は、やっぱり『僕が言いたかったことはこう言うことだったんだ。』と膝を打つような内容で、たぶん時代の空気をある年代にとっては適格に表しているんだろうと思いました。
そう言う見方もあったのか・・・とはならずに、殆どの内容がソウダソウダと思えることでした。

最後の方に危機について書かれている文章がありました。
危機はリスクとデインジャーに分けられるが、これまでリスクばかりに目が言っていたと言うようなこと。
リスクとはつまり回避したり小さくしたりすることが出来るもので、デインジャーは回避不能なものだと言うことです。
例えば、サッカーの試合で後半44分に1点負けている状態はリスクと言う、と言います。
だから1点負けている状態をなんとかするための、回避方法や勝つための方法はいろいろと考えられる。
でも、そのサッカー場にゴジラが突然現れて、会場を踏み潰していくと言うような事態は、デインジャーと言って回避出来ない、と言う考え方でした。これまでは。
でも、実は『今日はなんだかイヤな感じがするから、サッカー場には行かずテレビで観戦しよう。』と言う人は、そのデインジャーが回避できたと言うことになります。
ただそのデインジャーを回避する方法については、客観的な証拠もなく説明が出来ないと言うことになっています。
内田さんはでもそのデインジャーを回避するのは『ある種の能力』と言っています。
あああ何かそうだなぁと思う。
詳しくは本を読んで下さい。
面白い本だと思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

サイコ

渋谷セルリアンタワーの中にある能楽堂でデラシネラの『サイコ』を観た。
小野寺修二さん率いるサイコと人間国宝の津村さんのタッグです。
能楽堂と言う空間に入ったことがなく、一度だけ京都の東本願寺にある能の舞台を見たことがあるだけで、全く予備知識を持たないで観ることが出来ました。


舞台には小野寺さんと津村さんの他にコンテンポラリーダンサー二人と女優さん、そして太鼓をたたく方が居ました。
能の様式に乗っ取っている部分とそうでない部分があったんだろう、と言うようなイメージはわきましたが、どこが能でどこがそうでないかは分かりませんでした。
全体にはギクシャクした感じや常に違和感がありました。
それは不完全で不十分なものを見ていると言う感覚ではないように思いました。
あの空間にあまりにもそぐわないコンテンポラリーの動き。
(特に鈴木ユキオさんの動きは独特)
そこに能の権化のような人間が、あるいは人間ではない何か(もちろん津村さんのことですが)が登場する。
津村さんが登場することで、世界は一度に能の風景に昇華されてしまいます。
そこからあがき続ける様子が、僕が感じたギクシャク感や違和感につながったのかもしれません。


しかしそれらは心地の良いものでした。
緊張感のようなものとも言えました。


舞台が転換し進行しながら、突然、喜怒哀楽が身体にドンとぶつかってくるような感じがありました。
太鼓の音もあったからかもしれませんが、後半部分で気温が数度下がりヒヤッとしたと思ったら鳥肌が立ちそうになった瞬間がありました。
かと思うと空気がぐにゃりと歪んで和らぐようなものになったり。
不思議なと行ってしまうと、解釈を放棄してしまったことになりますが、しかし他の舞台では感じたことのない肌感覚がありました。
ストーリーはヒッチコックの『サイコ』。
それを僕は観たことがなかったのも良かったのかもしれません。
しかし、津村さんと能楽堂の力は凄い。
あれだけ飛び抜けた動きを駆使しても、結果は能の舞台を観たと言うことに落ち着くような気がしました。
いや、面白かった。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

amness


10月18日(金)横浜にあるKAAT(神奈川芸術劇場)で『amness』を観た。
ローザス設立メンバーの池田扶美代さんとCo.山田うんの山田うんさんのデュエット。
昨年、KAATで創作が始まったが、共演が決まったのは2011年のことだったらしい。
それから、往復書簡のように『一日一単語』のやり取りをずっと続けてきたとのこと。
ブログやFBでたまに拝見していて、どんなものが編みあがっていくのか創作されていくのかが楽しみな舞台だった。


KAATの中ホールはリノリウムが貼られただけの何もない空間。
始まってみると照明にも色はなく、地明かりのような淡い白い生成のような色のグラデーションだけの照明でした。
音楽はバッハ。
山田さんは赤のドレス、池田さんはハッとするようなグリーンの短いワンピースで踊りが始まった。


現在進行形の自伝を二冊同時に読んでいるような感覚。
興味深く読むのを止められず、夜も寝られなくなってしまうような本。
それが二冊同時に、二人同時に進行していきます。
自伝は上中下巻の三冊構成になっていて、中巻は二人の自伝が一冊になっている。
同じ風景、同じ時間に二人が、居る。
そしてまた、下巻を同時に読んでいるような感覚。
動きや振りは似ているようでもあり似ていないようでもあり。
質感は同じようでもあり違うようでもあり。


他にない世界。
凄く良いものを観ました。


終わってアフタートークがありました。
これは聞かなきゃ良かった。
舞台は舞台上で起きていることが全て。
終わって自分の体の中に残ったことが全て。
色々、思うのは良いけれど、ダンサーにそれを確認したり聞いたりする必要はないなぁと思いました。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 11月16・17・18日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 11月19~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 11月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

22~25日は名古屋です。

毎月恒例の名古屋行です。
火曜日から金曜日まで行っています。
実際には月曜の夕方に名古屋に向かって金曜の夜に帰ってきます。

名古屋では今、アイチ・トリエンナーレと言うのをやっています。
トリエンナーレって何!?って感じなんですが、どうやら様々な芸術活動が集まってきて、名古屋(実際は愛知)中で展示や実演(パフォーマンス)やワークショップなどがあると言うことのようです。
のようですと言うのは、まだ殆ど見ていないからです。
ではそれ、いつまでやっているのか?って言うと、今週の日曜日27日までなんです。
知ってました?
実はかなり大がかりなイベントですでに何か月も続いています。
僕はストレッチ教室を伏見と言う街の会場でやっていますが、そのすぐそばにある長者町や繊維町(だったっけか)では、商店街に沢山の展示やイベントをやっているようです。
夏から見られるタイミングはあったんですが、時間が少し足りずにいけませんでした。
今回は今のところ観に行けるかもしれないと思っています。
一日だけブラブラする時間がありそうなんですよね。


てことで、どこかの通りでアホ面下げて歩いているのを見かけても知らんぷりして下さい。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>


▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

福島ボランティア 番外編


1383350_524850070925460_861591118_n

ボランティア当日の昼に食べた、鶏ソースカツ丼540円(!?)。

デカイッ !
安いっ!
旨いっ!

丼の上に乗っているタワーのようなカツは3枚ありました。
一枚がアジフライ位の大きさでヒジョ~に食べがいがあり、しかも旨いと来ています。
その上540円って ・・・
福島恐るべしです。

1382328_525567217520412_1382552969_

そしてこれは、福島でコーディネイトしてくれたウエダさんのお嬢ちゃんアオイちゃん手作りの”可愛いナニカ”です。
本人によるとアイホンに着けるキーホルダーとのことでした。
残念ながらガラケー使用者としては、ガラケーに着けることを検討中です。

1376549_525566054187195_187699076_n

そして福島ではいろいろと頂ものをしてしまいました。
手拭やお菓子やドリンク剤。
ドリンク剤は仮設住宅の自治会長さんからの差し入れでした。
本当はこっちから何か持っていかないといけないのに。

ありがとうございました。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>


▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

20110311~20131016 東日本大震災 ボランティア

1069326_524782544265546_373262526_n


福島県本宮市に手技のボランティアに行って来ました。
双葉町の仮説住宅の集会場でクラニオと言う手技をやって来ました。
台風の関係で午後に2時間しかできませんでしたが、4名の体に触れて来ました。

1383712_503372423092882_1606283332_

クラニオは頭やお腹や足に、ほとんど触れるだけのようなタッチで触れていく手技療法です。
難しい説明も出来ますが、受けられる方々は日々の疲れや身体のこわばり痛みなどが軽くなります。
今回で3回目のボランティアでしたが、仮設住宅を見たり地元の方々と話をして色々と考えてしまいました。
復興庁(>>>)が9月25日現在の東日本大震災の状況を報告しています。

避難者数  289、611人
仮設住宅  107,768人 (残りは公営・民間住宅など)
避難所         99人 (避難所とは公民館・学校など)

また、読売新聞6月11日付(>>>)によれば復興住宅の計画戸数は岩手、宮城、福島など8県で計2万4841戸。
うち完成したのは6県の364戸で全体の1・5%だけらしい。


今現在、避難されている方々が約29万人もいて、そのうち約11万人が”仮設”住宅で暮らしている。
そして現在も避難所で暮らしている方々が99人もいます。
仮設住宅は『仮設』の住宅です。
仮に設置した住宅と言う意味でしょう。
そこに2年半以上。

関東では福島県にある原子力発電で電気を作ってもらっていました。
それは忘れてはいけない。
絶対に忘れちゃいけないと思います。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>


▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

福島

明日明後日(15・16日)と福島に行って来ます。
15日はチャリティー・セミナーをやります。
解剖学入門・触診セミナー』です。
本宮市総合体育館の会議室でやります。
興味のある方はお問い合わせ下さい。
当日の飛び込みもOKです。
16日は仮設住宅に行って、クラニオ(頭蓋仙骨療法)のボランティアをしてきます。

今回は本宮駅のそばで一泊して来ます。
何もなければ結構時間があるので、そばに流れる川でもブラブラして、ぼんやりしてこようかと思っています。
二本松の大七と言う日本酒が好きなので、夕ご飯の時に飲めたらと思っています。
遊びに行く訳ではないんですが、せっかく福島まで行くのでおいしいものが頂けたらと思っています。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

食べ物

暑いですよね。
10月なのにどうしたのかと思います。
患者さんから聞いた話です。
彼女はフード・コーディネイター。
表には出てきませんが、聞くと誰でも知っているような仕事もしています。
その上、アロマの資格も持ち、昔は某日本料理屋さんで働いていたこともあり、現在は薬膳の勉強もしています。

秋と春は食事に気を付けておくと、冬と夏がちゃんと過ごせるんですよ。
とのころでした。
特に秋は前半と後半では違った方向で気を付けるとのこと。
前半は夏に貯め込んだ熱をさますような方向の食べ物を摂って、後半は冬に備える食べ物を摂ると良いと言うことでした。
で、何がいいんですか?
と聞くと、センセイ(僕のこと)はキクラゲと葱が良いかもとのことでした。
普通の人ならユリ根やクワイなんかも良い食べ物だそうです。
何故かと言う詳しい説明は忘れてしまいましたが、湿気と寒さに対処するために肺に気を付けるためだと言うようなことでした。
いつも漢方的にもアロマ(植物療法)的にも説明してくれて、とてもためになります。

ところで昨日、久しぶりに料理をしました。
作ったのはカレー。
だからまあ料理と言うよりは調理ですね。
ジャガイモを切って玉ねぎを切ってニンジンを切って肉と炒めて、水入れてルー入れて煮たらおしまい。
昔から切って焼くとか、切って煮るとか、そんなものしか作ったことありませんでしたけど、
作って食べるのはナンカ良いですよね。

以前、料理の本を読んでいて書いてありましたけど、旬のモノが一番良いって。
魚にしても野菜にしても、基本は旬のものが沢山ふつうに出来るので安いし、その季節に良いものが多いって。
秋はやっぱり、たまに料理をしたくなります。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

アメリカン・ポップアート展

国立新美術館に『アメリカン・ポップアート展』を観に行ってきました。
やっぱり、ウォーホルはイイ。

1377103_521389441271523_1947828219_


写真が鮮明でないので、実物を見て下さい。
モウタクトーもモンローも良かったですけど、キミコ・パワーズが良いですねぇ。
そしてロバート・ラウシェンバーグも何だかよかったです。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

R100


R100 >>>

観ました。
これはどうもねぇ。
前半、1/3位をショート・フィルムに編集しなおせば良いかもしれませんが、全体を通しては僕にはダメでした。
ナンテ言えば良いんでしょうか。
なにかありそうな気もしないでもないんですが、この作品については自分で作っておきながら言い訳が多すぎる。
これじゃ見ていても安心して入り込めない。
バカバカしい世界でも、荒唐無稽な世界でも、つじつまが合わなくても、気持ち悪くても、綺麗な映像美でも、意味不明でも、とにかく何かその世界に入り込めれば映画は成立するものだと思いますが、それを引き戻して言い訳されたんでは、世界に入り込む手前で足踏みしてしまいますね。

次ダメだったら厳しいんじゃないだろうか。
18本目



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

男の作法

池波正太郎さんの本を読みました。
と言っても剣客商売などの小説ではなく、エッセイのようなもの。


男の作法 >>>


いつ書かれた本なのかと思ってみてみると、昭和56年(1981年)と書いてある。
調度、大学を卒業し社会人になった年の本と言うことになる。
もう30年以上前のことだが、既に大人になっていてその頃の様子はなんとなく覚えている。
6年ほど前に亡くなった父よりも7歳年上だが、書いてあることを読んでいると父のことを思い出した。

本を読んでなるほどと思う人は、既にいなくなってしまっているでしょう。
昔はそんな風に思ったんだなと、なんとなく理解は出来ないまでも雰囲気は分かると言うことだろうと思う。
でも、40歳代以下の人がこの本を読んでも、雰囲気は分かると思ったその雰囲気はたぶん、全然書かれている内容とは違ったものとなっていると思います。
つまりもう通じないと思う。
池波さん自身も書いていることだけど、ここで言っていることは池波さん自身の時代には通用しそうだったことだけど、1980年代ではもうすでに通じなくなっていて当然だとおっしゃっている。
なるほど、このあたりから急速に時代と人は変化したんだなと思いました。


1981年と言えば第二次世界大戦が終わって35年位。
「もう戦後は終わった」と言われていた時代です。、
つまり戦争のことを、そろそろ忘れましょうと言う時代でした。
と言うことは、殆どの人が戦争時代のことを知っている時代でもあったと言うことです。
高度経済成長が終わってなんとなく近代化された時代、戦争のことを知っている人が、そろそろ定年退職し始める時代でした。

ある種の真実があると思います。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

自分のつかい方

読みました。
FMアレクサンダー本人の書いた本です。

自分のつかい方(The Use of the Self)  >>>

『自分のつかいか方』
再読です。
読んでみて感じたことは、アレクサンダーさんはかなり悩んでいたと言うこと。
そして、何かをすると言う思いを止めるだけではなく、新しい使い方(たぶんディレクション)を常に思い続けること、です。
もう一度か二度読み直した方が良いかもしれないなぁと思いました。
アレクサンダー・テクニークの本は何冊も読みましたが、やはり本人が書いた本を読むのが一番良いように思います。

僕自身は直接アレクサンダーさんから指導を受けていないので、アレクサンダーさんから指導を受けた人の流の中で指導をうけていることになります。
それぞれの先生はそれぞれに素晴らしい先生ですが、それでも本人ではない。
本人の言葉が残っているのなら、それを出来るだけ自分で解釈すると言うのは大切なことだろうと思いました。
もう2冊くらい本人が書いた本があるので、それも読みたいと思ってますが、翻訳されていないようなんですよね。


内容とは別ですが、とにかく代名詞を使わず形容詞を繰り返し繰り返し使う書き方は、本を書くことを職業としていない人の本と思って読んでいくと、本人の性格や考え方まで見えて来るようでした。
正確で分かりやすいとは思うんですが、とてもしつこいなぁとも思いました。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

地獄でなぜ悪い

午前中、人間ドックでした。
『 あなたはウナギィ うぉううぉうお~♪ それともイヌですかぁ~♪ ららら~♪ 』と言うCMソングを何故か思い出しつつ受けてきました。
今回も愉しいお医者さんで、僕の胸部X線写真を見ながら、『胸椎がぁぁぁ ちょっと狭いねぇ 腰とか痛くないですか?』と聞くのでハイと答えると、『こりゃ歳とるともっと腰が痛くなるねぇ(笑)』とニコニコしながらおっしゃっていました。
何故か憎めないですが、それはアカンでしょ、と思ったのでした。
そんなこんなで今日はお休みにして映画を観に行きました。


地獄でなぜ悪い >>>


國村さん堤さんが出ていて友近まで出てるらしい。
ヤクザモノだけどアクション活劇ってことで、ちょっと不安はありましたが、役者さんの顔ぶれで観に行きました。
え~
コメントのしようがない映画でしたね。
ちょっとなんとも言えない。
コメディにしては壮絶なシーン(戦慄や恐怖は感じませんが)が多すぎるし、ストーリーがいくつも錯綜しすぎているようでした。
ようするに、映画青年の夢をかなえたいって映画だったのかと。
やってみたかった台詞やシーンを全部入れ込んだ感じなんでしょうかね。
國村さんと堤さんはやっぱり良かったですけど、正直言うとちょっと口直しが欲しい映画でした。


17本目



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

生きてるってサ(笑)


今日、70歳代の男性の患者さんと話をしていてこんな話になりました。
文字にすると何だか物凄いテーマですね。
でもそんな話だったと思います。
軽く話をしていたんですが、そういうテーマだったと思います。


『サラリーマンを約20年、開業して来月で12年になるけど、開業して5年から10年位までは怖かったですよね仕事をしていないと。
患者さんが来なかったりスクール生が入ってこなかったりすると、明日をも知れぬ生活をしているような気になるし、そんな時に休日を取ったり映画を観たりは最初は出来なかった。
最近まで整体もしてなくて授業のない時に、休んで遊んでいるとナンダカ悪いことしてるみたいで。』


と言うようなことを話しました。(これ僕の話)
それを聞いた70歳台の患者さんが、『それはイイことだよね。恐ろしさがあるってのはイイことだ。』とニコッと笑って言ってくれました。
あああ~そうか、あれはイイことだったんだと、ちょっと不思議な感覚になりました。


生活って言うのは、ご飯が食べられて寝るとこがあって、実はそれで成り立っているんだなって、最近は思うようになっています。
別にイイ服着たところでどってことないし、旨いものって言ったって飛び上がるほど旨い訳じゃないよね。とこれは患者さんの言葉。
確かに、そうです。
そうなんです。
もちろん、若いころには格好良い服来て旨いもの食って、って言うモチベーションと言うかそうしたいって気持ちが強くてイイ。
でも、本質的な問題と言うか、生きてるってのは、そんなことじゃなくてイイんだよね、ってとこで何故か意気投合してしまいました。


来月6日で整体院を開業して丸12年。
続けてこられたからそう思えるんだろうと言うことは分かります。
生活苦で廃業していたら、そんなこと言えなかったとは思う。
でも、本質的には生活って、食って寝て、それだけのことなんだよなって思います。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

凶悪


凄い題名ですね。
午前中に観に行って来ました。
都民の日でしかも1日だったので、かなり大勢の人が映画館に来ていましたが、この映画はそれほど沢山は入っていませんでした。


凶悪 >>>


リリー・フランキー、ピエール瀧、山田孝之の映画で、しかも悪を描くと言う。
特にリリー・フランキーの悪役を見たかったので行って来ました。
後味の本当に悪い映画でした。
しかし良い映画だと思います。
嫌いな映画ではありません。
何件もの殺人を犯した死刑囚の告白から始まった、実際にあった話だそう。
これが実際にあったと言うことや、こんなことをする人間がいると言うことに、非常に嫌な感じがしました。
怖いとか恐怖とか戦慄とか震え上がるとか、そんなことではなく。
同じ人間として、自分の中にもきっと同じようにあるナニカを感じて、嫌な感じを受けたのかもしれません。


それにしてもリリー・フランキーは本当に怖い。
ピエール瀧が可愛く見えて来るくらいだから。


16本目





▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 10月19・20・21日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 10月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技・開業のセミナー ▼▼▼
チャリティー解剖学入門・触診セミナー 10月15日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 10月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »