2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 齢50を超えて | トップページ | 山下本気うどん »

ノーベル賞で思い出した。

2014年今年のノーベル賞が続々と決まっている。
物理学賞は日本の学者2人と日本から米国に国籍を移した学者1人が受賞された。
そのノーベル賞の知らせを聞いて思い出したことがあった。

もう殆どの同級生も忘れてしまったかもしれないので名前を出すが、僕の同級生でカトウダイスケという男がいました。
とても優秀な男で中学の時に同じ学校に転校してきました。
その彼は当時国立一期校だった名古屋大学に進学し、物理学を学んでいました。
それが確か2年生の5月の連休に亡くなりました。
大学の校舎の屋上で青酸カリを服毒しての自殺でした。


その前年に高校の同級生が何人かで集まって、名古屋で飲んだことを覚えています。
一次会はどこだったか忘れましたが、二次会にカトウが連れて行ってくれた店がアシベ・パークと言う店で、生まれて初めてジム・ビームと言うバーボンを飲んだ記憶があります。
貧乏学生だったのでウィスキーと言えばトリスとかホワイトとか、そんな時代だったのでバーボンなんて本当に始めてで、ウィスキーに味が(香り)ついているのにものすごく驚いた記憶があります。
その翌年、5月の連休に帰省するのに、東京駅から名古屋まで夜行列車に乗りました。
各駅停車で今も走っているかどうか、11時台の大垣行きの列車でした。
その電車に座っていると、たまたま小学校からの同級生が乗り込んできました。
「あら木君も行くの?」と聞くので、「何?」と聞き返すと、「ダイスケが死んだんだって。」と言うことでした。
お葬式に出席するか?と聞かれたのでした。


彼のことを覚えている理由はもうひとつあります。
小学校からお付き合いをしていた女の子がいました。
(つきあいって言ってもねぇ、子供だからアレですけど。)
中学になってカトウが転校して来た後、カトウが僕の彼女だった女の子と付き合うことになりました。
ある日突然、そのことが分かって唖然愕然呆然としたことを覚えています。
中学2年だったかと思います。
カトウはイイ奴だと思ってましたが、なかなか中学時代は話が出来なかった記憶があります。


葬式が終って数年して、中学時代の同窓会がありました。
その時、小学生の時にカトウの方に行ってしまった彼女と会いました。
もう随分遅い時間になって、カトウの葬式に居なかったねと話をしたら、彼女には知らせがなかったと言ってハラハラと涙を流していました。


そのカトウが死ぬ数日前に、やっぱり同じ名古屋大学に通っていた同級生に語った言葉を聞いたことがあります。
「自分には才能がないことがわかった。」と言うことでした。
名古屋大学と言えば一流の大学で、しかも物理学を勉強していた彼がです。
僕には信じられないことでしたが、本人にとってはそう言うことだったんだろうと思います。


今回、ノーベル賞を受賞した先生方が名古屋大学で研究を始められたのは、彼がなくなった2年位後です。
だから関係はありません。
でも、同じ大学の同じ研究をしていた所にいた、と言うことでカトウのことを思い出しました。
人は二度死ぬと言います。
一度目は肉体がなくなる時、もう一度は人の記憶から消えてしまう時。
カトウはきっと僕が死ぬまでは死ねないんだろうなと思います。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会  >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会  >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
触診セミナー・10月 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知)・10月 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 齢50を超えて | トップページ | 山下本気うどん »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/60453266

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞で思い出した。:

« 齢50を超えて | トップページ | 山下本気うどん »