2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 船越保武彫刻展 | トップページ | 2015時代を創る 現代舞踊公演 »

役割とか分際とか

ブログに書くようなことではないのかと思いつつ。

人に役割がなくなったように思う。
あるいは役割と言う考え方が減った。
以前は人には役割があって、その役割を全うすると言うことが前提としてあって、その上で自分を考えているようなところがあったが、今は役割はなく自分を全うするよう考えているように思う。
個人が大きくなって来たと言えるのかもしれない。

子供は子供時代に子供の役割をするものだった。
そして子供として扱うものだった。
男は男として振る舞い生きていたように思う。
女性は女性として生きていたように思う。
男は男として女は女として扱われていた。
例えば妻は妻として夫は夫としてあったように思う。
学生は学生で政治家は政治家で。
それぞれの役割や分際を生きていたように思う。

それが最近はなくなってきた。
個人が個人を生きている。
良いことだと言えるのかもしれないし、良くないことと捉えることも出来るかもしれない。

個人の権利が重なる部分はどうすれば良いのかを考えたことがある。
個人が個人の権利を主張するのは当然のこと。
ただ、個人の権利を主張しすぎると、重なる部分をどうすれば良いか。
例えば”いまココ”に誰かが存在していたら、”いまココ”と言う”ソコ(日時場所・位置)”に他の人が存在することは出来ない。
隣に立つことは出来ても、同じ位置・空間を二人の人間が占めることは出来ない。
そんな場合はどうすれば良いのか。
どちらかが自分の権利を譲ることしか出来ない。
権利を譲ると言う行為を、権利を放棄すると考えると嫌な感じがするんだろう。
そう言う人が増えたように思う。
しかし同時に全く同じ権利を主張することは出来ても、行使することは出来ない。
自分の権利を主張することは悪いことではなく当然のことだが、それを全員がしてしまうとぶつかってしまう部分がある。
それを回避するため役割や分際と言う概念があったのか。
誰にも全ての可能性があると言うのは幻想ではないのかと思うが、しかし可能性は可能性でしかないのであることはあるのかもしれない。
何だか分からなくなって来た。

▼▼▼ 整体スクール見学など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 学校見学 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 学校見学 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター光が丘教室での講座 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 船越保武彫刻展 | トップページ | 2015時代を創る 現代舞踊公演 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/62178634

この記事へのトラックバック一覧です: 役割とか分際とか:

« 船越保武彫刻展 | トップページ | 2015時代を創る 現代舞踊公演 »