2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

現代舞踊公演 終わりました。

あっちゅうまに終わりました。
本番当日は台風が来る中、雨の日の開催となりました。
沢山来てもらってよかったよかった。
個人的にはあまり感想のない公演だった。
感想がないと言うのはおかしいか、あまり高揚もせず緊張もせずああ終わったと言う感じの公演だった。
緊張しそうになると緊張を止めようと強い習慣性が出るのか、気がつかないうちに緊張しない状態が出来上がっていると言う感じだった。
気がついたら落ち着いている。
ところが前日リハの最中から少し緊張があるように感じた。
どこと言ってではなく、身体の芯が緊張を始めたような感覚だった。
モトコさんの声かけや確認が柔らかく静かに厳しくなったからなのかもしれない。
明るく柔らかく失敗は許されないんだから・・・と言う確認のようなことだったのか。

本番のことはあまり覚えていない。
暗転の中、床に倒れた時に天井を見てしまい、モトコさんの方に首を振ったのは気がついた。
少し大きなアクションになったかな、あるいは、しまったとどこかで思ったのかもしれない。
その他はあまり覚えていない。
色々なことを考えながら踊っていたようにも思う。
首を自由に背中は長く広く。
ここは手を引っ張りすぎないように。
バミリはどこだったっけ。
横よりも早いかな、あっているかな。
次は足を振らないんだったっけ。
そうやって色々なことが頭の中を駆け巡りながら、身体は静かに落ち着いてコントロールしているつもりで動いていた。
終わって感想を聞いた。
殆ど全員が「作品はよかった」「他と一線を画していた」「大人」「綺麗」「素敵」と言ってくれた。
ただし、僕個人に対しては、「緊張していた」と昔のダンス仲間全員が言っていた。
動きがぎこちなかったんだろうと思う。
小さな動きなっていたんだろうと思う。
周りを確認しながら動いていたんだろうと思う。


ま、こんなものか。


大きな穴を開けなかったのは良かった。
でも、やっぱり舞台は普段のレッスンが出る。
普段の動きしか出ない。
『舞台上でのいかたが良い』と言ってもらって声をかけてもらった。
それについては出来ていたように思う。
出来ていたと言うのは間違いか。
それしか出来ないし、それが舞台上の僕と言うことになる。
今日、ダンスの舞台をほとんど始めて見たと言う方から言われた。
「先生はいつもと同じ様子」
なるほどと思った。
それは僕の良さなんだろう。
やったるでぇ的な何か、オーラ的な何かではない、いかた。


次があったらイイなぁ。

▼▼▼ 整体スクール見学など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 学校見学 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 学校見学 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター光が丘教室での講座 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

2015時代を創る 現代舞踊公演

5月末からリハーサルをして来て、いよいよあと数日で本番になった。
今回は池田素子さんに声をかけていただいてダンサーとして参加する。
ダンサーとして、だ。
57になってこんなことが起こるとは思ってもみなかった。
長生きはしてみるもんだ。
リハーサルはいつもとは少しちがう感じ。
最初の2回位は振り写しのようなことがあったが、その後はずっと構成をしているような感じ。
ここでコレをしている時に、そっちはこれをやってもらって、そうなるとココで誰と誰が出会うから、そうなると・・・
とまあそんな感じ。
つまり、一度振りをもらったら、それが出来ていると言う前提。
ま、出来ていないこともあるが、マークして踊るなんてことはない。
けしてない。
そうやって音もなく作って来た作品に8月に入って音が入った。
音が入っても長さは殆ど同じ。
当たり前と言えば当たり前だが、すごいと言えばすごい。
凄いと思ってはいけないが、なるほどと思ってとても気をつけていることがある。
足や手の動きだ。
あたりまえだそんなこと。
でも、当たり前でもない。
一歩も無駄な足を踏まない。
ひとつも無駄な腕の動きはない。
踏めないし出せない。
踏みそうになるし出そうになるが踏まないし出さない。
考えてみれば当たり前。
けれどもそんな風にそのことに気をつけて踊ったことはまれだ。
まれなのはアマチュアだからだろう。
でも今回はプロの舞台だ。
そんなこと言ってられないし言わない。
一つも無駄足や無駄な手がないと自然と舞台が張り詰める。
あまり張り詰めたくなかったと池田さんは言っていたが、やはり張り詰めた感じになる。
それが壊れたり破れたりするところに生身が感じられるのかもしれない。
良い作品。
自画自賛。
怪我をしないで本番に臨めるよう。
頑張ります。

▼▼▼ 整体スクール見学など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 学校見学 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 学校見学 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター光が丘教室での講座 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »