2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« キヨハラ | トップページ | 北海道に行ってきました。 »

大学卒業

息子が大学を卒業する。
昨日、3月6日にダンボールと一緒に帰ってきた。
5年前に行く時は大きなバック一つで行ったのに、帰ってきた時には小さなタンス一つとダンボール6箱と一緒に帰ってきた。
とは言っても今日から運転免許の合宿に行ってしまい、その後は卒業式に出るために北海道に行き、そこから新潟と三重の婆さんを訪ねて、実際に落ち着いて帰ってくるのは月末だ。
とは言っても帰ってきた。


人は自分の意思とは関係なく生まれ。
気がついたら人生を生きている。
取り立てて死ぬほどの理由もないのでそのまま生き続けている。
そしていつか死ぬ。
それだけの存在なんだろうと思う。
そこに何か意味があると考えるのは無理があるだろう。
死ぬほどの理由がないから生きているんだろうと思う。
もし仮に何か意味があるんだとしたら。
それはたぶん種を絶えさせないようにすると言うことだろう。
つまり子供を残すと言うこと。
これはかなり反感を買う考えかもしれない。
でも、「仮に意味があるとしたら。」と言うことで、実際に意味はないと思っている。
それに意味があろうがなかろうが別にどうと言うことはない。
と思う。


子供を残すと言うことはつまり、子供が子供でなくなるまで育てると言うことだと思っている。
そう言う意味では大学を卒業し社会人になるのは、その一つの目安になるのではないかと思っている。
そう言う”意味”で、卒業と就職は一区切りになると思う。


単純に、肩の荷が下りた。


これから先はきっと老後と言うことになるんだろうと思う。
仮にあるとしたらそれしかない存在の意味を全うしたら、もう後は意味のない存在ということだろう。
いや少し違うか。
種を保存するというのは、個人ではなく80億いる人類のうちの一つの個体しての意味。
だとすれば、残るは個人が在ると言う意味。
その個人が生きていると言う意味。


これは難しい。


▼▼▼ 整体スクール見学など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 学校見学 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 学校見学 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター光が丘教室での講座 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

▼▼▼ 資料請求・学校見学サイト ▼▼▼
てあて整体スクール 資料請求・学校見学サイト >>>

« キヨハラ | トップページ | 北海道に行ってきました。 »

日々是好日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/63312631

この記事へのトラックバック一覧です: 大学卒業:

« キヨハラ | トップページ | 北海道に行ってきました。 »