2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

選挙が終わりました。


衆議院議員選挙が終わりました。
結果は自民党と公明党の与党が最大議席を得たと言う結果となりました。

有権者の中で一番多かったのは、投票をしなかった人でした。
「選挙に行ってもどうせ何も変わらないでしょ。」と言う人
「どうせ選挙に行っても政治家や政党は変わらないんでしょ。」と言う人
「選挙に行って人や政党が変わってもどうせ何も変わらないでしょ。」と言う人
『どうせ何も・・・』と言う人たちが圧倒的多数だった選挙になったと言うことのようです。

これからの2年間4年間で何が起きたとしても、これは自分達が投票をしないと言う行動に出たと言う結果だと言うことを覚えておいて欲しいと思います。
とまあ、前回までであったらそんな感想を持ったと思うんですが、今回はちょっと違った感想を持っています。
つまり、前回まで選挙は投票しない人に腹を立ててました。
でも今回の結果を見て思っているのは、この結果は投票をした人の責任だと言うことです。
あたり前ですけどそう言うことです。
投票しなければ世の中を変えられるけど、投票するだけでは世の中は変わらないと言うことが分かってしまった。
それだけじゃダメみたいです。
ちなみに今の有権者に、今の首相にいつまでやって欲しいか聞いたアンケートによれば、圧倒的にすぐやめて欲しい人が多いそうです。(昨夜の時点で)
大多数が選挙に行かなかった、そして大多数が首相にすぐやめて欲しいと思っていると言うことは、首相にやめて欲しいと思ってる人は選挙に行かなかった、と言うことでしょう。
なんか笑える構図ですけど、実際は笑ってはいられないことが起こっていると思います。


選挙で団扇を配ったと大臣辞任した議員さんが、「指摘されたような法律違反はなく、脇が甘かった。」とおっしゃっていました。
そして当選されました。
脇が甘かった、と言うのは、上手くやれなかった、と言うことですね。
上手くやれなかったと言うのは、事の是非はともかく、問題にされてしまった、と言うことですね。
つまり、事の是非はともかく、と思っていると言うことです。
そして彼女は当選。
同じ時期に大臣辞任した議員さんも、圧倒的多数で当選しました。
僕ならタダで歌舞伎見せてくれるって言われたら、ありがとうございますと言って観劇して、その人には投票しないんですが、皆さん正直と言うかなんと言うか。

冗談はさておき、今回選挙に行った人はこれからの2年間4年間はちゃんと見ていると言うだけではだめみたいです。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会  >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会  >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
てあて整体塾@宇都宮 11月26日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

じゃ外で食べてくるよ。

奥さんが熱で寝込んでしまったらどうするか?
このところ女性から聞く話があります。
自分が熱で起きられなくなった時の旦那さんの反応です。

じゃ僕は外で食べてくるよ。

オイオイ、それじゃ家にいる小学生の子供の夕食と熱でうなされて寝込んでいる私の食事はどうなるの!
そりゃそうです。
奥さんやお子さんのことを考えず、自分のことだけ考える。
そんなのナシです。
でも、たぶん旦那さんは、奥さんは寝込んでしまって俺の分まで食事を作れないから”奥さんのことを考えて”自分は外で食べて来よう、そすれば俺の食事の心配はしなくてすむ、と思っていると思います。
つまり精一杯気を使ったと言うことです。
ホントにいるんですかねぇ、こんな男性。
と思っていたら、もっと凄い人がいることを聞きました。
状況は同じ奥さんは熱で寝込んでいます。
それを旦那さんに言った時に帰ってきた言葉です。

なんだ、じゃ俺の夕食はどうするんだ?

こんどは質問形式です。
笑い事ではありません。
寝込んでいる人に向かって、自分の食事はどするか寝込んでいるあなたが対処すべき(あるいはハズ)と言っています。
信じられない。
と思っていたら、何人もの人から「あら、そんな旦那多いわよ。」と聞きます。
本当にそうですか?
だとしたら、男を代表して謝っておかなければいけない。
すみません。
でも、僕があやまったところで、どうにもならんですけどね。
これ何が原因なんでしょうか。

たぶん、子供なんです。
自分では何も出来ない。
でも自分では何も出来ないとは思っていない。
周りが何でもやってくれることがデフォルトだと思っている。
そして申し訳ない限りの話だけど、女性蔑視。
どうしてそんなお子ちゃまみたいな男がいるんでしょうか。
どうして女性を下に見るんでしょうか。
もちろん本人はそんな風に思っていません。
それがデフォルト(初期値)なので、疑いようがないんです。
だって他の考え方はないので、気がつかない。

う~む
申し訳ない。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会  >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会  >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
てあて整体塾@宇都宮 11月26日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

1950年代生まれ


アベシンゾーさんは1954年生まれ。
僕は1958年生まれ。
だいたい同じ時代を生きて同じ年代だと思います。
僕らの年代って実はたぶんこんなこと考えてます。


==========

団塊の世代の後に生まれ。
戦争を知らない子供達と言われ。
子供の頃は高度経済成長でどんどん仕事で右肩上がりの青春時代。
でも親父の代は戦争に行っている世代で。
アメリカに憧れ海外旅行が夢だった世代で。
男女平等と言われながら専業主婦に育てられた世代で。
話し合いではなく多数決で学生時代を過ごし。
月に人が立ったのをリアルタイムで見て化学の万能性を信じた世代。

指示待ち世代なんて言われ。
だっておじさん達の考えたルールや言葉が分からなかっただけで。
こうやりゃ上手くいくってことは、"頭で"考えれば分かってた訳で。
でも団塊や戦中派がいるうちは線が細いとか言われ続けて。

やっと戦争を知ってる奴らが減って来て。
団塊の世代が弱って来て。
戦争を知らない子供の子供の時代になって。
子供の子供には伝言ゲームで伝わってないみたいだし。
おぼっちゃま君みたいな顔して。
壊したいことややりたいことは声に出さず。
ニッコリしながら弁舌爽やかに誰からも反対されないことで代表になって。

そしたらこれから何をやるか。
そんなの決まってんじゃん。
てな感じ。

==========

正直言って僕らの世代に力を与えるとタチが悪いんです。
僕もそうだから良く分かる。
一世代前や一世代後の人達には、言ってもイイことだけ説明します。
詳細に丁寧に誠実に話をする。
両方の言葉がある程度は分かるから通じ易い。
でも、話をしないことがある。
話題にしないことがある。
後で「えっだってそう言うものだから説明は必要ないと思って。」って言う為に。
知らない方が悪いって言う為に。
だって「僕らは誰よりも良く分かっている。」と思っているし、他の世代の人には説明しても分からないと思っている。
だから本当にタチが悪い。


今回は僕はヤバイと思う。
一回失敗しているから、かなり周到なはず。
タカをくくらないほうが良いと思ってます。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会  >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会  >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 手技セミナーなど ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク グループ・レッスン募集中 >>>
てあて整体塾@宇都宮 11月26日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

反対です。


現在の自民党政権が、集団的自衛権に関する憲法解釈の変更を閣議決定することに反対します。

集団的自衛権について日本の国としてどうしていくか、については議論の余地があり、今後変更される可能性があると思います。
その場合、憲法に書かれていることを変更しようと言うのであれば、憲法を改正するのが正しい手続きです。
憲法を”解釈”することが出来、その”解釈”を変更することが出来、その”解釈変更”を一政権だけで出来ることになれば、既に日本は法治国家ではありません。

憲法が間違っているのであれば、憲法を改正して下さい。
憲法は解釈出来るものではないし、解釈出来ないものは変更も出来ません。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 5月31日、6月1・2日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会 6月24~27日 >>>

▼▼▼ ボディワーク系セミナーなど ▼▼▼
マッピング・セミナー in 札幌 7月9日 >>>


▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 6月17日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 6月25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>"

そうれはどうなの ・・・

『○○コミュニケーションズ ”新人”の△△です。』

どうやら何かの営業らしい電話です。
特に興味がなかったのですぐに切りましたが、「新人の」ってのはどう言う意味なんでしょうか。
もちろん△△さんが新人だと言うことはわかります。
でもそれが、その会社のナニカを販売したり営業したりするのに、ナニカ影響があるんでしょうか。
もしくは僕はそれを考慮に入れて考えるべきなんでしょうか。
甘く見てくれってことなんでしょうか。
新人だからナニカ許してくれってことなんでしょうか。
それはどうなんでしょうね。


『腰痛はもんでもなおらない。』

と言うような意味合いの題名の本が送られてきました。
手技療法の先生からです。
とても売れている本のようです。
アマゾンや某大手書店で1位と書いてあります。
それを読めってことなんでしょうか。
腰痛の治し方を教えてくれると言うことなんでしょうか。
それはプロバレエダンサーに「バレエ入門」を読んだ方が良いと言うことのようなものではないのでしょうか。
プロ棋士に「将棋の戦法」と言う本を送るようなものではないのでしょうか。
それはどうなんでしょう。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 5月17・19・31日、6月1日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会 5月27~30日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ セラピストのためのセミナーなど ▼▼▼
アレクサンダー・テクニーク WS in 名古屋 5月28日 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 4月30日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 5月29日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>"

寄付して来ました。

今月もストレッチ教室で集まったお金を寄付して来ました。


Kifu1403251_001

Kifu1403252_001

寄付先は福島県で除染活動など復興支援活動を行っているNPO法人TEAM二本松さんと、東京でダンサーなどの健康管理を応援しているNPO法人芸術家のくすり箱さんです。
今月はストレッチ教室の集まりがあまり捗々しくなく、金額的には少なくなってしまいましたが、それでも寄付することが出来て良かったと思っています。

つい二週間前は東日本大震災からちょうど3年目と言うこともあり、その前後にはTVなどでも特番が組まれて、みんなの関心に登っていたと思います。
それが、たった2週間経っただけで、野球と集団的自衛権とロシアの話ばかりになってしまいました。
ホントに喉元過ぎるのが早すぎるように思います。
あれから何も変わってないです。
避難されている方はまだまだ27万人近くいらっしゃいます。

ま、そんなこと言ってても仕方がない訳ですから。
これからも毎月、寄付が出来るよう、こんな話が出来るよう、何かを続けていきたいなと思います。
ちょうど整体スクールを始めて10年になります。
これと絡めてチャリティー的な何かが出来ないかと考えています。
先ずは忘れないこと。
そしたら何か出来るかもしれないと思います。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 3月23・24日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会 4月22~25日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ セラピストのためのセミナーなど ▼▼▼
てあて整体スクール・骨格調整専科 4・5月生募集中 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 4月1日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 4月24日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

感動と気付きをありがとう!?

なんでしょうねぇ。
またいらんことを書きたくなって来てしまいました。
最近、良く目にし耳にする言葉です。


「感動を頂きました。」
「気付きを頂きました。」


何なんでしょう。
『感動』や『気付き』は誰かから頂くものなんでしょうか。
誰かが『感動』や『気付き』を製造していて、それを手渡してくれるんでしょうか。
どこかに行ったら売ってたりするんでしょうか。
どうもなんかこうオカシイとおじさんは思ってしまう訳です。
何故でしょうか。


「感動したなぁ。」
「ここで気が付いた。」


と言えないんでしょうか。
そして何故。


「感動をありがとう。」
「気付きをありがとう。」


なんでしょうか。
カンドウヲアリガトウ、って変じゃないですか。
喜ばせてくれてありがとう、ってああた。
別にあなたのためにやっていることではないでしょう。
一生懸命自分のためにやっていることなんじゃないかと思う訳です。
それを見て、感激したり感動したりするのはこっち側で、それは勝手に感動したり感激したりしているだけではないかと思う訳です。
それを、あたかも自分のためにやってくれたかのように、ありがとうだなんて。
そしてやった内容ではなく、『感動を』だって。
ナンカやっぱり変ですよ。
芸人じゃないんだから。
笑わせようとするのと同じように、感動させようなんて思ってやっていることではないでしょうに。
だいたい、競技だけを見て(しまったこれだと何を指しているか分かってしまう・・・)感動するってことは、かなりその競技に精通していたりその競技を好きだったりする場合だろうと思う訳ですが、最近の「感動」はその周辺情報コミコミで感動したりしているのではないかと思ったりする訳です。

ああ、おじさんの言っていることは自分のことながら分かりにくい。
何が言いたいんだと思います。
しかしさぁ。
なんかオカシイような気はしませんか。
「気付きを頂く」とか「気付きをありがとう」も同じことが言えるんですけどね。
どうもなんか、ねぇ。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 3月15・16・17日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会 3月18~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ セラピストのためのセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 3月2日 >>>
てあて整体スクール・骨格調整専科 募集中 >>>
指針整体専科 募集開始 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 2月25日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 3月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

最近の心配事

最近もまた色々なことを心配しておりまして、まあ全然自分とは関係がないというか、あまり影響はないというか、そう言うことなんですが、どうしても気にならずにはいられないことがあります。


子供は免疫がきちんと出来るまでには15年位かかる。
だから、乳幼児用の抗菌〇〇を。
医師も推奨しています。

って、コマーシャルをTVで見ました。


えっ!

です。

えっえっ!

です。
でもホントは。

えっえっえっえっえっ ええええええええええええええ~っ!!!!!

です。

だってそうでしょう。
免疫が出来上がるまで15年かかるから、子供はまだ免疫がないから『菌』から守るって。
あんた。
そりゃ話がムチャクチャでしょう。
と思います。
菌がなければ免疫は出来ないでしょう。
免疫ってのは免疫なんだから。
それがなければ出来ない。
つまり免疫を作れない状態を長く続けましょうと言うようにしか聞こえません。
そりゃ今はイイかもしれませんけどね。
今は。

子供が熱を出したり、戻したり(嘔吐)すると心配です。
そして可哀想。
なんとかして上げたいし、そうならないで欲しいと思う。
でもねぇ。
それで出来るものもあると思うんです。
ちょっと場合が違いますが、似たようなことを別のことでも感じます。

最近の子供靴は紐がありません。(ほとんど)
かなり探さないと紐で結ぶ子供靴はないんです。
マジックテープなんかで足をクルッと巻いてハイおしまいです。
簡単です。
自分で出来るようになるのも早いです。
良く出来たね~です。

でも、子供は紐を結べなくなっています。
最近の子供は紐も結べないし、マッチも擦れないし、マッチどころかライターも点けられない。
なんたることだ、なんて言う大人がいますけど、それは無理無知と言うものです。
だって結ぶ紐がないし、擦るマッチがないし、点けるライターが無いんですから。
火を直接見たことがない子供だっていますよ。

これやっぱり問題だろうと思うんですよね。
ちょっとくらい時間がかかったって紐を結ばせてあげたいし、マッチだって擦らせて上げたいと思います。
指先を使うことで繋がる神経もあるし、脳はシナプスの繋がりが増えれば増えるほど発達するって話もあるくらいなんだから。

そう言えば、家畜と暮らすと風邪をひかないって話もあるようですよ。
どんな風に捉えるかはそれぞれですけど。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 2月15・16・17日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会 2月18~21日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ セラピストのためのセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 3月2日 >>>
整体師のためのアレクサンダー・テクニーク 2月22日 >>>
てあて整体スクール・骨格調整専科 募集中 >>>
指針整体専科 募集開始 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 2月25日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 2月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

寄付

先月のストレッチ教室の参加費を寄付して来ました。
寄付先は福島県で東日本大震災の復興のお手伝いをしているNPO法人TEAM二本松さんと、東京でダンサーを中心に芸術家の身体のケアを手助けしているNPO法人芸術家のくすり箱さんです。

3554_576063992470734_1122405542_n1_


1月28日現在で東日本大震災で避難されている人の数は270,306人です。
27万人。
先月までは避難所(⁉︎)に住まわれている方がいました。
仮設住宅や借り上げ住宅ではなく、避難所にです。
自分の家に3年近く帰らない状態が続いています。


毎月やっているコア・ストレッチ教室の参加費は全額上記二つのNPO法人に寄付しています。
今後もそうします。


震災復興はこれからです。
忘れないようにしましょう。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 1月18・19・20日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験 見学会 1月21~24日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ セラピストのためのセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 3月2日 >>>
整体師のためのアレクサンダー・テクニーク 2月22日 >>>
『姿勢と歩き方』セミナー >>>
てあて整体スクール・骨格調整専科 募集中 >>>
指針整体専科 募集開始 >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 1月27日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 2月19日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

北極の氷がなくなる日

昨夜、ニュースTVを見ていました。
地球温暖化が進み北極の氷が溶け出していると言う話。
このままで行くと2040年には北極の氷は全てなくなるとの報道でした。
北極の氷や気象などを研究している学者が、どんなことになるのか全く予想がつかないと言っていました。
地球温暖化はもう随分前から言われていることです。
北極の氷が溶け出していることも言われています。
太平洋諸国で国土が水没してしまう危機にある国があると聞きます。
地球は赤道近くで温められた空気や海水が、北極と南極で冷やされて循環しています。
その一方の北極の氷がなくなってします。
それはもう目の前に来ている現実です。

そして今年は異常気象でした。
日本の夏の暑さや台風の猛威や竜巻など枚挙に暇がありません。
アジアの国ではフィリピンが巨大台風でおおきな被害を受けています。
フィリピンの巨大台風は今年のことだけでなく、これからも続く可能性があるとのこと。
それもこれも異常気象のなせる技で、原因は地球の温暖化、そして北極の氷が溶け出していると言うことにも関連しているとのことです。
今年は猛暑でしたが、冬も早く来て豪雪になるといいます。
温暖化はどこに行ったと言う人がいますがそれは間違いで、北極の氷が溶け出した関係で気圧や寒気の流れが変わり日本には寒い冬が来たと言うことらしいのです。

温暖化と二酸化炭素の排出量は同じ動きをしていると言われています。
正比例の関係にあると。
現在は二酸化炭素の排出量を”減らそう”と言う動きがあるようですが、普通に考えれば”減らす”努力ではなく”なくす”ことを考えていく時期なのではないかと思います。
それはそれは難しいことで、つい最初から無理だと言いたくなることでもあります。
二酸化炭素は僕の小学生くらいの化学知識によれば、火を使うことによって出てくるようです。
人間が生きていても出しています。
植物はこの逆ですね。
火は人間が人間になるために必要だった、あるいは火を発明し使いこなしたことで人間は人間になったとも言えると思います。
人間が人間として行き進化してくることが、人間自身を滅ぼすことになるのかもしれませんね。

今、僕が考えられる火のもと二酸化炭素のもとは、ガソリンで動く車と火力発電です。
これら二つをいかに”無くしていく方向にするのか”が問われる時代になって来たように思えてなりません。
そんなのやっぱり無理ですかねぇ。
でも、そうやって、ドードーはいなくなったし、タスマニアオオカミもいなくなったんだからねぇ。

ポイント・オブ・ノーリターンと言う言葉を思い出します。
イシンのイシハラさんが良く言っています。
昔、車椅子の天才ホーキング博士に聞いた話です。
地球外生物はいると思うか?とホーキング博士に聞いたところ、即座に居ます、と答えたそうです。
では、なぜ地球外生物は地球にやってこないのか?と聞くと、それはつまりそこまで発達した知的生命体は自分の作ってきた文明や文化でその星の環境を壊し、その星で生きていくことができずに滅亡してしまうからと答えたそうです。
その、知的生命体がその星の環境を壊し絶滅するのにどれくらいの時間が掛かるのかと答えたとこころ博士は、宇宙的な時間軸で考えればほんの一瞬、地球での時間でも100年か200年くらいの時間ではないかとのことでした。

回りだした歯車は止まれない。

後戻り出来ないところまで来てしまっていることを、ポイント・オブ・ノー・リターンというらしい。
イシハラさんはそのポイント・オブ・ノー・リターンを越えてしまったのではないかと、とてもとても危惧していました。
数年前のことです。
僕も今同じ気持ちです。
従来の考え方では難しい時代に入ったように思います。
どうやって今あるものをゼロにするか、減らすのではなくゼロにしてしまう発想が必要です。
そしてそれは、自分が自分の生活で、個人ではじめるしかないんだろうと思います。


年の瀬にちょっと考えてみました。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 授業体験見学会 12月28・29・30日 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) 授業体験見学会 1月21~24日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ ストレッチ教室 ▼▼▼
コア・ストレッチ教室 in 東京 12月6日 >>>
コア・ストレッチ教室 in 名古屋(愛知) 1月23日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

より以前の記事一覧