2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

またまたNYネタ

NYから帰って来て1週間が経ちました。
もうずいぶん昔のことのような気もするし、電車に乗ったら明日にでも行けそうな気もしたりして不思議な感じです。
最初に幾つか思いついたキーワードを書いていたのですが、それについて、ちょっと時間が出来たので書いてみます。
長くなるかな~


NYは近い

いや遠いです。
片道12時間位かかります。
でも、飛行機に乗って降りた時の感想は、近いな~NYでした。
不思議ですね。
30歳代に行った時は、永遠のような時間でしたが、今回は飯食って雑誌読んで映画観て飯食ってうとうとしたら着いたって感じで、不思議でしたね~
歳を取ると一日が短くなる一年が短くなるって言いますが、12時間も短くなりました。
そうなると、面倒だな~と言う気分が薄れて、またすぐに行きたくなるんだろうと思います。


NYは人のデカサがバランバラン

日本と比べて…なんて言う話をしたい訳ではないのですが、これは本当に不思議な感覚でした。
街を歩いていると、突然眼の前に人のベルトが見えてきます。
ナンダナンダ…と思っていたら、2メ-トルをゆうに越す男性が歩いています。
地下鉄に乗ったら、たぶん身長が130センチくらいの黒人の大人の女性がいました。
どこを歩いていても、縦横の大きさが今まで見て来た人間と規格が違うのです。
今まで見て来た人達(日本国内ですね)は、縦横の比率がおおよそ同じくらいだったのですが、NYでは全く違います。
縦に長い人も横に広い人も、縦横に広い人も、縦は短く横に広い人も、縦横両方短い人も居ました。
これだと、考えていることを口に出さないと、伝わらない…と感じるんじゃないでしょうか。
だからなのか、やたらと声を掛けますね。
『サンキュー』『エクスキューズミ』
街中でも声を掛け合っている人が沢山いました。
この光景は今の日本ではほとんど見られなくなりましたね。
おおよそ同じ規格で上下20%くらいの違いしかない人間だからなのか、なんとなく同じようなことを考えているように感じてしまっているのかもしれません。
本当は皆別々の事考えているのにね。


調子が悪い時は食べないこと

これはまあ最近気をつけていることです。
昔は疲れていたりお腹が減っている時には、何かを食べて栄養を取らないと…なんて思っていました。
でも、疲れたり調子が悪い時には、食べない方が調子は良く保てます。
これは断言できますね。
今回はアメリカ本土に行ったにも関わらず、豚肉と牛肉はほとんど食べませんでした。
サンドイッチに入っているスライスされた肉を少々頂いただけ。
ブログにも書いた通り、朝食はコーヒーと前日の残りのサラダだったり小さなパン。
昼食はちょっとつまんだだけだったり、アジアン料理の店に行っていました。
夕食はベトナム2回・韓国1回・中華1回でした。
2回行ったのはサイゴン・グリル>>>
ここはDNA(ダンススタジオ)に留学に来ていた日本人も僕の友人も、旨い飯屋は?と聞いた時に出てきた店です。
ユニオンスクエアから歩いて5分くらいのところで、日本で食べるのと同じようなフォーや焼飯・焼そばがありました。
でも、いざとなったら食べないことです。
これにこしたことはない。


土日のスタジオはカルチャーセンター

NYでダンスのオープンクラスを取ってきたなんて言うと、すっご~いなんて言われます。
でも、実際にはそんなことはないんですね。
特に土日のクラスはカルチャーセンターみたいなもので、地元のおじさんおばさんもやってくるし、日系企業に勤めているOLさんもやってくる。
もちろんブロードウェイで踊っているかも…て言うダンサーも来ているし、日本から留学して来ましたなんて人もいる。
レッスンは日本と同じで、最初に体を緩めるエクササイズのようなものがあり、後半にはコンビネーションがあります。
コンビネーションはDNAは長かったですが、ステップスやルイジはそうでもありませんでした。
たぶんスタジオの特色なんだろうと思います。
基本的にオープンなので、踊れようが踊れまいが関係ありません。
日本のように、踊りが好きでとか追及してるとかハマっちゃったとか、そんな感じではなく、体のために週に1回はレッスンに来ていると言う方が多かったように思います。
もちろん、平日の夕方や夜のクラスで、中上級なんてのを取ると、少し踊れる人ばっかりってクラスもありますが、旅行者でも土日なら安心して受けられると思います。


伝えるよりも理解すること

英語の会話のことです。
僕もカミサンも英語は苦手。
でも僕は聞くのは何故かある程度大丈夫です。
20歳代から英会話のテープを聞いたり、一時期は会話のスクールに行ったこともあったんです。
(でももう25年も前のことですが。)
何かを伝えようとした時、聞いていることがわからないカミサンはほとんど意思の疎通が出来ませんでしたが、僕は相手の言っていることの半分くらいが分かったので、なんとか意思の疎通が出来たと思います。
会話って聞くことが先なんだな~と思いました。
だから、しゃべることよりも聞く練習をしていくと良いと思います。
ま、本当は聞いてしゃべれれば一番良いとは思いますけどね。
これはまあ日本語でも言えることですかね。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのセミナー ▼▼▼
ダンスの体のしくみと使い方セミナー in 名古屋 10月11日 >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

NY紀行 ついでに

4日目にゴスペルツアーに行ったことは書きました。
トミー富田と言う、その筋では有名な方のツアーです。
ツアーの申込をしたメールの返信に、服装のことが書かれていました。
日曜朝の正式な礼拝に参加するので、本来はきちんとした格好をするものだが我々は旅行者なので、あまり堅苦しいことは言わないが、おしゃれをして来てくれると参加している地元の人々も喜びます云々と言うような内容でした。
正式なと言っても礼服ではないだろうから、男はジャケットあるいはスーツ(上下)で女性はスカートを履いて踵を止める金具の付いている靴なんだろうと言う程度のつもりでした。


着物でも着ていこうかな~と思い、そうは言っても夏物は持っていないので浴衣(ゆかた)はダメだろうかと事前に問合せをしました。
結局、渡航前に返信が無かったので、ジャケットと白いシャツ・ネクタイと革靴を用意していくことにしました。
カミサンには靴は踵を止める紐があるやつねと言っておきました。


当日朝、ホテルの集合場所に集まった人の格好を見て驚いてしまいました。
半数以上はTシャツにジーンズでスニーカー。
女性にもジーンズの方がいました。
男性10人くらいの中でジャケットを来ているのは僕ともう一人。
ネクタイをしていたのは僕だけでした。
女性20人くらいの中でスカートを履いていたのは6~7名。
洒落たワンピースを来ていたのは4名くらいの方々でした。
トミー富田さんはグレーのスーツにネクタイと言ういでたちでした。


教会に行くとツーピースのスーツを来て帽子までかぶった黒人女性が集まっていました。
言っちゃなんだけど恥ずかしかった。
どうしてそうなるのかが不思議と言うのは良くないかもしれませんが、非常識だな~と思いましたね。
正式な場と言えば、最低でもジャケットを着ると言うのは常識です。
常識って言ったってアメリカのでしょと言えばそれまでですが、それでは相手の信仰している宗教を否定することに繋がり、ひいては相手を否定することに繋がります。
参加していた黒人の方々も慣れたもので、ああカンコーで来ている東洋人なんだな…と言うように見ていたのかもしれません。
最近はあまりそんなこと言う人は少なくなったように思いますが、非常識なことは恥ずかしいことです。
知らないと言うことは良くないことだと思います。
もちろん僕は知らないことだらけですが、しかし、それは恥ずかしいな~と思って知るような努力をするようにはしています。


ところで女性の皆さんへ。
踵を止める金具(紐)のないミュールのような靴は正式な場ではNGです。
あれは部屋履と言う位置づけで、かなりカジュアルな靴になります。
どんなに素材がゴージャスで高級品でもです。
スリッパみたいなもんですね。
素材や値段ではなくて、そのものの意味合と言うのが大切になります。

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
骨盤と腰と下肢の調整の方法セミナー 9月19・26日 >>>
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

NY紀行 4日目

8月30日 NY4日目


この日は朝からゴスペル・ツアーに行くことになっていた。
が、先ずは腹ごしらえ。
ホテルを出てスタバでコーヒーとサンドイッチを一つ買い。
セントラルパークまで歩いて行った。
あまり時間がなかったので、入ってすぐのベンチに座ってぼんやりする。
ここは犬の散歩が多いですが、みんなリードを外して走らせていました。


Sh3f0037


食事をしてそそくさとホテルに戻って、トミー富田>>>と言うハーレムに住む日本人のやっている、ハーレムの教会の日曜礼拝に参列するというツアーに行った。
日本から直接申し込みが出来るし、旅行会社のツアーよりも安く、トミーさん自身が教会の会員と言うこともあり、もしゴスペルを聞きたいと言う方がいたら、申し込みをされると良いと思う。
アポロシアターをチラと見たり、ハーレムで昼食をしたりと楽しいツアーとなった。


Imgp2378 Imgp2366


ホテルに戻ったのが午後2時。
この日はNY最終日なのでゆっくりと…と、渡米前の予定では何も入れていなかったのだが、DNAがとてもよかったのでもう一度ダンスクラスを取りに行くことにした。
クラスはBDC(Broadway Dance Center)>>>のビギナー・ジャズか、DNAのモダン(Int/Adv)>>>だったが、日曜日の昼間のジャズ・ビギナーよりはモダンの方が良いかなと思ってDNAに行くことにした。
DNAのモダン・クラスもサイモンソン・テクニックとあり、フェイネマンと言う女性の先生だった。
この先生は中東系の人だと思うが、ぽっちゃりしたアラサーの可愛い小さな方だった。
動きは非常に緻密で正確なテクニックを持った女性。
コンビネーションは体のひねりや重心の移動などを使い、流れるような動きでとても気持ちの良いものだった。


が、にも関わらず、全然出来ん。


久しぶりにスタジオの真ん中で立ち往生してしまいました。
2時間あるレッスンの途中から、突然体が硬くなり動きも覚えられなくなって(ま何時ものことですけどね)来ました。
さすがに疲れがたまってたんでしょうね。
ちょっと悔しい思いでした。


DNAのクラスはどれも2時間。
1時間は基本テクニックのエクササイズとストレッチのようなもので、たぶん毎回同じことをやっていると思う。
その後、日本で受けるクラスと比べるとちょっと長めのコンビネーションをする。
そのちょっと長めのコンビネーションを、20回くらいも繰り返すだろうか。
毎回、様々なポイントの説明をし、1人1人に声をかけながら繰り返していく。
これだけ何度も繰り返すと、自分なりのこなし方と言うか、様々な”試し”が出来て、ダンスのレッスン・練習としてとても良いものだと思った。
繰り返す回数が少ないとどうしても順番や動きを追ってしまい、ダンスをするというところまではいかない。
繰り返すことで、自分のダンスを探していくということになるように思う。
周りを見ていても、みんな全然別のこなし方をしていましたからね。


終わってもう何もすることがない。
エンパイア・ステートビルから夜景でも見るか、と思っていましたが、食事の時間が遅くなりすぎて、結局は散歩をして帰ってきました。
良く歩き、よく踊った4日間でした。


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
骨盤と腰と下肢の調整の方法セミナー 9月19・26日 >>>
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

NY紀行 3日目

8月28日 NY3日目
この日はDNAの昼間のクラスを取る予定にしていたので、その前にDNAのあるマンハッタン南を散策することにする。
僕は特に希望がなかったのでSOHOでやっぱりお土産さがしと、さすがにここはウィンドウショッピングと言うことになりそう。
昨日も一緒に歩いてくれたSちゃんが今日は休みと言うことなので、終日アテンドしてもらう。
10:00ちょっと遅れてホテルのロビーで落ち合いSOHOへ。


Imgp2313


SOHOのことは旅行ガイドなどで読んで知ってはいたが、感覚的には原宿とか青山って感じなのかなと思う。
バナナリパブリックで息子のTシャツを買い、ユニクロを横目に次に入ったのがこの店。


Imgp2314


オールセインツって言うんですかね。
古いミシンが壁一杯に陳列されていて、とても面白い空間が出来ていました。
メンズ・レディスともに少し落ち着いたカジュアルで、と言っても20歳代から30歳代くらいの人向けの店でした。
ここでも息子のTシャツをゲット。
時間が無くなってきたので、レッスン前に少しだけ腹ごしらえをすることにして、ディーン&デルーカ(日本にもあるね)に入って、カリフォルニアロールと生春巻をちょっとだけつまみました。


Sh3f0032


なるべく軽いお腹でと言うことで、写真の海苔巻と春巻を3人でつまんでDNAに。
DNAはダンス・ニュー・アムステルダム>>>の略で、NYに留学していたダンサーや知人のダンスの先生等に聞くと、ここだけは行っとくように、とのことだったので、今回のメインでもありました。
KatitiKingとJanaHicksとLaurieDeVitoは受けると良いよ、とも聞いていたので、この日はキングのレッスンに飛び込みました。
ステップスでもそうだったですが、ここでも場所を見つけるのに手間取ってギリギリに到着。
1階の受付で、初めてだからっ!!と目を血走らせて言うと、そこに名前とサインと言われ、こちらは名前だけの登録のようで、すんなりと2階のスタジオを案内された。


Imgp2315


見上げると吹き抜けになった天井に天窓があり、自然光でレッスンを受けることが出来た。
クラスはコンテンポラリー・ジャズ(サイモンソン・テクニック)と言うもので、ルイジの体の使い方と言うか日本で僕がやっていた体の動きに近いものがあり、楽しく"踊る"ことが出来た。
キングさんはとてもチャーミングな黒人女性で、現役時代はそれはそれは素敵なダンサーだったろうと言うのが良くわかりました。
サイモンソン・テクニックをきちんと受けたことはありませんでしたが、脊椎・股関節・肩関節を意識して、考えられる様々なポジションでそれらを別々に動かしていくと言うもので、とても良く組み立てられたメソッドだと思いました。
日本でもレッスンを受けられると思います。
ルイジのレッスンでも思ったことだが、体の中心を緩めながら動かすと言うか、緩むから動くと言うようなイメージで、日本のダンスレッスンにある『一生懸命感』とは対極にあるような動きの質だと思った。
動きの質やソノモノの本質を伝えるのは難しいが、ここまで違うと面白いな~と思いました。
こう書くと批判しているように聞こえるかもしれないが、それらが日本に伝えられた時代背景(日本にその時あったダンスや日本人のメンタリティー等諸々)や状況を考えれば、そうやってでも伝えることが大変に意義があることだろうと思うし、そうやってしか伝わらなかった時代だったんんだろうと思う。
だからなのか、最近になってコンテンポラリー・テクニックのクラス(日本)では、緩めると言うことや抜くと言うことに力点が置かれているように思う。
これもまた時代かと思ったりなんかしたりしてね。
なんてことは終わってから考えましたが、スタジオはこんな感じ。


Imgp2318
(左の方で手を振ってるオッサンが僕です。)


この日はスタッテン・アイランドに行くフェリーに乗って、自由の女神をタダで観ようとフェリー乗り場に行きましたが、あまりの人の多さにうなだれて帰ってきました。
その足で地下鉄にのってチャイナタウンに行って夕飯(飲茶)をしました。
そして夜。
本当に観光らしい観光と言うことで、ミュージカル『ビリーエリオット』を見ました。
映画リトルダンサーの舞台版で、ビリー役の子役のダンス・タップ・歌が凄くて、人の可能性って限りがないな~なんてことを思っていました。
カミサンとSちゃんは何故か号泣。
Sちゃんは彼の境遇に自分の今を重ねて、何度でも泣けるとこぶしを握り締めておりました。
この日もブラブラと歩いてホテルへ。
疲れた体で稽古着を洗ってから寝たのでした。


つづく




※パーソナルトレーナー、スポーツトレ-ナー、ピラティス・インストラクターの皆さん向けの『骨盤と腰と下肢の調整の方法』セミナーをやります。
詳しくはコチラ >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
骨盤と腰と下肢の調整の方法セミナー 9月19・26日 >>>
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

NY紀行 2日目

8月27日 NYに到着して一夜が明けた。
朝は昨日の夜の残りのサラダに、またまたデリで買ってきたコーヒーと小さなパン1つ(2人で)。
この日は11:00からルイジのクラス>>>なので、その前にセントラルパーク辺りを歩こうかと思っていたが、モタモタしていたら出発が遅れてしまい、地下鉄でコロンバス・サークルまで出て少しだけ歩くことにした。
ホテルは54丁目のヒルトンなので、歩いても行けなくなかったが、地下鉄にも乗りたかったので(おのぼりさんね)駅に向かった。
コロンバスサークルから歩いてすぐのところにあるはずのルイジのスタジオは、以外に見つけにくいところでした。
68丁目の通りは住宅街のような所で、そこのガラズの窓にA4くらいのチラシが貼り付けてあるだけでした。


Imgp2277 Imgp2274
(またまたアホづらです。お許しを。)


ルイジ・ジャズは70年代から80年代に掛けて、日本で起こったジャズダンス・ブームの原点ともなっているものだと思います。
僕自身が最初に(84年)にジャズを始めた時の先生はルイジ系の先生でした。
元々、ルイジとアルビン・エイリーに師事していた先生が、そのダンススタイルを日本で紹介し、そのスタジオで指導を行っていた先生に、僕は師事したと言うことになります。
ルイジからは直系の曾孫(ひまご)弟子になります。
しばらく休んでいたルイジ本人が先週から復帰したと言う情報が入っていたので、本人のレッスンを受けたいと思って行きましたが、ご本人はいらっしゃらずフランシスと言う方のレッスンを受けました。
もちろんフランシスもルイジの直弟子で、そのスタイルを頑なに伝えているようでした。


現在のジャズと比べるとかなり時代掛かったような印象を受けるスタイルで、フォッシースタイルと言うか往年のショウダンスと言うか、懐かしく楽しい良い時代のダンスでした。
テクニック的には僕らが習っていたこととは違っている印象でした。
2番に立って両腕を上に挙げ、片方づつ腕を交互に天井に引っ張ると言う動きに象徴されますが、20年以上前に習った時には、手先をとにかく先に先に引っ張って体を動かすと言うような指導を受けた記憶があります。
(もちろんそれに伴って体幹が引っ張られる訳ですが。)
ところが、フランシスの動きを見ていると、体幹と肩甲骨が動いているだけで、腕はその動きに付随しているだけと言う印象でした。
また、腕をセカンドポジションにして行う動きも、殆どがもっと手先の位置は中心に寄り、手の平で空気を抑えるようにしていました。


コンビネーションは、まさにアメリカまさにショウまさにミュージカルと言うもので、皆楽しそうにやっていました。
平日の午前の授業と言うこともあり、近隣のマダムが健康のために来ている…と言う方々が半数以上、2~3割はショウビズを目指している方と実際にショウビズの世界にいる方と言う感じでした。
年齢もバラバラで20歳代からたぶん70歳近くの方までいたと思います。
男性は僕以外には黒人が一人、女性は10数名がいらしていました。
楽しいクラスでした。
終わって昼食。
南の方にあるユニオンスクエアそばのサイゴンレストランと言うベトナム料理の店で、フォーと焼きそばを食べました。
疲れていたこともあると思いますが、肉っていう頭にならなかったですね。


Imgp2280


昼食の後はお土産散策。
ユニオンスクエア周りにあるスーパーや本屋さんに行きました。
夕がた昨夜も会ったダンサーSちゃんと会い、チェルシーマーケットに。
元倉庫を改装した商業施設で、ちょっと面白い場所でした。
食べ物屋さんが多かったですが、女性には人気のような感じ。
観光をしていないね~と言うことになり、ハドソン川沿いのハイラインに行きました。
以前は鉄道が走っていた場所を、緑道のようにして市民の散歩道にしています。
ここからの夕日は綺麗だった。


Imgp2286 Imgp2287
(少し前にハドソン川に飛行機が不時着したのがこのあたりみたいです。)


そこからまたブラブラして、コリアタウンに行き、夜はチゲを食べました。
やっぱり肉は食べてないですね。
時間が遅くなったので、この日はタイムズスクエアを通過して歩いてホテルに帰着。
ぐったりとなって寝たのでした。


つづく



※パーソナルトレーナー、スポーツトレ-ナー、ピラティス・インストラクターの皆さん向けの『骨盤と腰と下肢の調整の方法』セミナーをやります。
詳しくはコチラ >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
骨盤と腰と下肢の調整の方法セミナー 9月19・26日 >>>
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

NY紀行 初日

Sh3f0014


8月26日午前11時に成田を発って、JFKに付いたのが11時15分。
12時間掛けて15分後の世界だった。 眠い。


カミサンがNYは始めてだったので、半日観光のツアーに行った。
と言っても、空港からバンに乗ってマンハッタンを北から南に下っていくというものだった。
車の中では案内にオジサン(明らかに胡散臭い)が、色々としゃべっているがマイクを使わないので何を言っているのかあんまり分からない。
眠い目をこすりつつ、あああアメリカだ~とぼやっとしながら車中の人となっていました。
1か所だけ○○パーク(忘れた)に途中下車して、バッテリーパークで自由の女神像を見なさいと言うことに。
写真のような横向きの女神を拝むことになりました。
ここにはリスがいますね。
そして、ハトもいました。
これでツアーは終わり、ホテルに戻ったのが2時半くらいでした。


この日はブロードウェイのステップス>>>で19:45からのジャズを受けようと思っていましたが、18:00からのコンテンポラリー・ジャズを受けられそうなので、荷物を解いて用意をしそのままステップスに向かいました。
受付で初めてで、このクラスを受けたいと言うと(実際には指さすと)、んじゃこれに名前と住所と紙を渡されました。
始めてクラスを受ける時は登録が必要なようです。
そして今日は代講だけど良いか?(たぶん)と聞くので、オッケ~おっけ~と日本人まるだしの答えをしてしまいました。
かなり時間が押していたので、焦りながら書きこむと小さなカードをくれてレッスンの人となりました。
シングル・レッスンは17ドル。
円高だからか安く感じます。


スタジオは受付左にある2スタでした。
代講として入ってきたのは東洋人。
とは言っても最初っから英語でのレッスンです。(あたりまえか。)
レッスン内容は日本で受けているコンテンポラリーとさほど変わらず、しかし洗練されているのかな~と言う気分がありました。
先生は30歳代の女性で、途中、Are You Japanese?と聞くので、や~っと応えると。
じゃ日本語でも大丈夫ですよ、質問とか、と言われてしまいました。
日本人の方だったようですね。(今調べたらトミカワアキコさんと言う女性でした。)
木曜の夜だったのですが、代講の先生だったからか受けていたのは僕らを入れて7人くらいでした。
東洋系が4人で白人系が3人だったかと思います。


つっかれた~


と言うのが感想。
しかし、初日に踊っておかないと、眠れないし次の日もないと思ったので良かったと言うところでした。
ステップスはブロードウェイの74ストリートいうちょっと上(北)の方にある老舗のダンススタジオで、日本からダンスを受けに行く人には人気が高いスタジオだと思います。
僕自身は始めてでしたが、以前のアルビンエイリー・スタジオと似た雰囲気があり、NYに来た感を感じることの出来るスタジオでした。
しかし、ここを始めとしてどこのスタジオもでしたが、入り口が分かりにく。
表のドアには殆ど表示はなく、ガラスの扉を開けた中に、小さな案内版があるくらいでした。
面白かったのはエレベーターで、正面から入って降りる時は右から下りるという方式になっていました。


終わって疲れ果ててホテルに。
NYにダンス留学してカンパニーのスクールを卒業し、今はオーディションの日々と言う友人が時間を作ってくれたので、夜はお茶を飲むことにしました。
食事をする気力はなく、きちんとお腹に何かを入れると、間違いなく調子を崩すと思ったので、57ストリートくらいにあったデリでサラダを取って半分だけ食べました。
残りは翌日の朝ごはん。


泥のように眠る … と行きたいところでしたが、初日は時差ボケでうつらうつらして翌日までって感じでした。


つづく


▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
骨盤と腰と下肢の調整の方法セミナー 9月19・26日 >>>
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>

帰ってきました。

明日まで夏休みを頂いているのですが、さっきNYから帰ってきました。
26日に出発をして今日まで渡米しておりました。
NYで色々考えたことなどは、しばらくネタとして使う予定でおりますが、とりあえずご報告です。


今回のニューヨーク行きの目的は、『カミサンをNYに連れていく』と言うものでした。
17年ほど前に仕事とは言え、僕だけNYに行きアルビン・エイリーやブロードウェイダンスセンターのダンスレッスンを受けていたので、なんとなく申し訳ないな…てな気持ちがあって、いつかはNYにと思っていたのでした。
で、今回はNYでレッスンを受けると言うのが主目的で行くことにしました。
終わってみたら本当にそんなことで、自由の女神は見たけどそばにも行かなかったし、エンパイアステートビルからの夜景も見ていないし、美術館も回らなかったし、ロックフェラーセンターもメイシーズも行かなかったし、ましてや五番街をウィンドウショッピングもしていないし、ジャズバーにも行かなかった。
メインがダンスレッスンだったので、そのスケジュールに合わせて近くを散策するというものでした。
でも一応、タイムズスクエアは通過しております。


Sh3f0025


あはは
阿保づらでございます。
そして、今回、受けたレッスンは、ステップスとルイジとDNA(ダンス・ニュー・アムステルダム)。
DNAは2回行ってきました。
内容としてはコンテンポラリー・ジャズとかモダンとかでした。


Sh3f0016
(ステップスのボーイズ更衣室)


今回のキーワードは。


・眠い
・体のでかさがバンラバラ
・重要なのは伝えることではなくて理解すること。
・フレンドリー
・海老と鶏の日々
・栄養より空腹。
・んでレッスン


でした。
本当にちょっと体重が減ったので、明日もう一日お休みをいただいて、明後日から社会復帰します。
あっそうだ。
NYは本当にいろいろと面白かったです。


詳しくは明日以降。
では



※パーソナルトレーナー、スポーツトレ-ナー、ピラティス・インストラクターの皆さん向けの『骨盤と腰と下肢の調整の方法』セミナーをやります。
詳しくはコチラ >>>

▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 体験見学会 9月11・12・13日 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) 授業体験見学会 9月14・15・16日 >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体・手技関連のセミナーなど ▼▼▼
骨盤と腰と下肢の調整の方法セミナー 9月19・26日 >>>
マッスルエナジーテクニック(MET)セミナー・名古屋 10月10日(別サイトに飛びます) >>>

▼▼▼ 大人バレエ組のためのテキスト ▼▼▼
大人から始めた人のための 『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
『35歳からのバレエ入門』 >>>