« 新患さんをリピーターにする | トップページ | 宣伝広告② »

2006年5月 7日 (日)

宣伝広告①

先ずは新規の患者さんを獲得する方法として、「新聞折込」「チラシのポスティング」「手配りチラシ」「フリーペーパー」「駅の看板」「置き看板」「ホームページ」「クチコミ」「近所の会社への挨拶」「商店会への入会」「電話帳広告(イエローページ)」「名刺・ショップカードの配布」なんてことを書いてみました。


開業すると、あれもやろうこれもやろうと思って片っ端からやる人・あれにしようかこれにしようか迷いに迷って始められない人・あれもこれもどうせダメダと最初から機会を否定している人がいます。
それぞれに利点がありそれぞれに欠点がありますので、少しそのへんのところを考えて見ましょう。
間違っても「やる前からあきらめたり。」「迷ってしまって何も始めなかったり。」「分かりもしない結果を予測してやらなかったり。」ということのないように、とにかく始めてみて下さい。
自分にあった内容にカスタマイズして始めてみれば良いのです。


 ・新聞折込
  資金力のある方なら継続することで効果がある可能性があります。
  一般的には難しいかも・・

 ・チラシのポスティング
  地域によっては効果があります。
  ということは地域によっては、全く効果がない方法ということです。
  500枚→1件問合せならやるべきですね。

 ・手配りチラシ
  プライス訴求が出来る形態の開業なら効果はあります。
  夜よりも朝配るほうが良いようですね。

 ・フリーペーパー
  地域と媒体によって効果がかなり違います。
  担当者が競合のレスポンス資料などを持っていれば可能性大
  資料がないようなら、効果が薄いか1回でやめるところが多いかも・・

 ・駅の看板
  地方都市なら以外に安いが効果は???

 ・置き看板
  以外に効果が高い媒体です。
  必ず自店のチラシを一緒に置いて下さい。
  名前と場所を一度に覚え、内容はチラシとHPで確認出来るからか。

 ・クチコミ
  あなたの腕が勝負です。
  しかし、半分以上はあなたの人間性の勝負になります。

 ・近所の会社への挨拶
  手配りと同じでプライス提案が出来ないと難しい。
  ご挨拶程度に考えたほうが良いかも。

 ・商店会への入会
  商店会のカラーによります。

 ・電話帳広告(イエローページ)
  ぼちぼち効果のある媒体です。
  但し1年に2回しか掲載機会がないので、早めに問合せを。

 ・名刺・ショップカードの配布
  必ず必要です。
  いつも携帯して渡せるようにすることです。
  チラシはなくしますが、名刺大のカードは財布やパスケースに入ります。

 ・ホームページ
  効果大
  これについては別途書きます。


ホームページは2006年現在、差別化の可能性のある唯一の媒体です。
これは間違いのない事実です。
多くの整体院がオープンしていますが、未だにホームページを持たない整体院も沢山あります。
また、個人でホームページを作って月に30人の新患を集めている整体院もありますが、一日のアクセスが10件にも満たないというサイトもあります。


これについては別途スペースを割いて書きたいと思います。
僕自身もアナログ人間なので、本当はあまり詳しくありませんが、それでも月に15名程度の新患さんを獲得することは出来ています。
だから、たぶん誰でも出来ることばかりだと思います。
ようするにやるかやらないかということですね。
とりあえず考えてみたいという方は、「SEO対策」という言葉を検索して調べてみて下さい。


媒体について、もう少し詳しく聞きたいという方は、スクールでやっている開業講座にご参加下さい。
2~3ヶ月に1回は開催しています。


てあて整体スクールでは随時生徒を募集中 >>>
  スクール説明会開催中です。
  お問合せ下さい。

金融・経済関係のブログを読みたい方は >>>
人気blogランキングへ

|

« 新患さんをリピーターにする | トップページ | 宣伝広告② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84763/9946161

この記事へのトラックバック一覧です: 宣伝広告①:

« 新患さんをリピーターにする | トップページ | 宣伝広告② »