« 2010年12月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年5月31日 (火)

一生懸命やっているのに結果が出ない人に

チラシも看板もサイトもブログもやっているのに、整体院に患者さんが来ない。
考えられる方法は全てやっているのに患者さんが良くならない。
なんてことありませんか。
僕はありました。
けっこう何度もあったし、今もそんなことで悩むこともあります。


どうしましょう。
困りました。


何故困るのかと言うと、『最善と思われる方法・次善の策と思われる方法』を、『一生懸命』『全部』やっているからです。
これだと他にやりようがないって思いますよね。
これだけやって上手くいかないんだから、やっぱりダメなんだ … 、これは自分が整体師や開業や個人事業主に向いていないんだ … なんて思いたくなります。
って言うか思ってしまいます。
どうしましょう。
僕はこう考えました。


今やっている方法は、今やるべき方法じゃないんだ。


です。
つまり、今最善・次善と思う方法でも、それは実際はちょっと前や少し後に最善・次善の方法かもしれないってことです。
そして、一生懸命やるって言う方法自体が違っていて、テキト~だな…と自分が思う方法でやる方が今に合っているのかもしれないってことです。
ようするに、これはダメだな~効果はないかもしれないって方法を試してみるチャンスなんだろうと思います。
少なくとも、今やっている方法では患者さんは来ないし患者さんは治らないんだから。
だったら、違う方法でやるしかない。
違う方法を考える場合は、今やっている方法で集まらないんであれば、『今はダメだと思う方法』をやってみる価値はあります。
何故かというと、今とは逆の方法ってことになって、「誰も来ていない方法」の逆で「誰かが来る方法」に成る可能性ああるからです。
ちょっと数学的な考え方かもしれませんけど、人の考えは実はそんなものってこともあります。


一生懸命についても同じです。
自分が思っている一生懸命が、人から見て一生懸命に映らないかもしれないし、誰にも伝わっていない方法なのかもしれない。
だったら「自分が一生懸命だと思わない方法」をやってみる価値はあります。
逆の方法は逆の結果を産む可能性がありますから。


さて、ここでもう一つ。
最善・次善の方法は分かっているけど、『自分には出来ない』って思ってしまっている場合。
これはダメ。
自分には出来ないって思っているのは自分です。
先ずは周りの人に聞いてみて下さい。
出来るはず、おかしくない、って言われたら、やってないのは自分の怠慢。
そこは良く考えるとこですね。



▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 >>>
整体スクール名古屋教室(金山) >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

▼▼▼ 整体師応援セミナー ▼▼▼
マッスルエナジー・テクニック・セミナー 随時開催 >>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年7月 »