« 2013年2月 | トップページ

2014年1月11日 (土)

真剣にやっているのに全然上手くいかない時にどうするか。

整体院を開業したけど患者さんが来ない。
患者さんは来るけど痛みが取れない。
一度来た患者さんがリピートしてくれない。


これから開業する人は心配ですよね。
整体院をオープンして上手く行かない時にどうやってそれを乗り切るのか。
あるいはどうやって改善していくのか。
僕自身もいつも考えていることですが、初めて開業した人や開業3年目位までの方に、ちょっと考え方の参考をと思います。

上手く行かない時にどうするか。
今やっていることを分析して、それを改善していくと言う方法があります。
新患さんが来ないのなら、どんな宣伝で来ているのか、どんな宣伝は来ていないのか、文章の書き方はどうなのか、インターネットのアクセス解析はどうなっているのか。
そうやって分析しそれに対応するような方法を取ると言うことです。
患者さんは来るけど痛みが取れないのなら、自分の技術レベルが低いのではないか、原因が分かっていないのではないか、技術が少ないのではないかなど分析し、セミナーに行ったり練習会に出たりする。
リピートしてくれないのは、患者さんに次の予約の話をしているのか、予約の話はしつこすぎないか、予約の話はしていないのかなど、そしてそれに対応するようなことを考える。
たしかに重要なことです。
でも、そんなことはやっている、やっているのに全然良くならないって時にどうするのかって話です。
「患者さんに来て欲しい。」「痛みを取りたい。」「リピートして欲しい。」
真剣にそう思っているのに、全然そうならない。
やり方を変えても考え方を変えても改善しない。
そう言う時にどうするか、って話です。

その想い(「患者さんに来て欲しい。」「痛みを取りたい。」「リピートして欲しい。」)から生まれる考えや行動からは、新しい患者さんも痛みの改善もリピートもないんなら、その想い自体をやめてしまうという方法があります。

患者さんに来て欲しいと思わない。
痛みを取りたいと思わない。
リピートして欲しいと思わない。

そんなことしたら、それこそ全然人っ子一人来なくなるし痛みは増すしリピートはゼロになると、思いますよね。
でも、「患者さんに来て欲しいからこうする」と言う時の、こうするが間違っているから来ないんだから、患者さんに来て欲しいと思わないでこうしてみたら、ひょっとしたら来てくれるかもしれない。
可能性ってそう言うことです。
今のままのやり方が正解なんだったら、患者さんは来ます。
でも今は患者さんが来ていないんだから、そのやり方は不正解と思うのが道理でしょう。
であれば、今のやり方の前提になっている「患者さんに来て欲しいから」と言う前提を崩してしまうところから、別の考えが浮かぶかもしれません。
少なくとも、不正解か正解かはまだ分からない方法が考えられることになります。
(「患者さんに来て欲しいから」と言う前提から生まれる考えは不正解なんだから。)

さてどうでしょうね。
それで上手く行くのかどうか。
どうなるかは分かりません。
少なくとも、「患者さんに来て欲しいから」と言うことで考えた方法を、突き詰めて出来ることを全部やっていると言うことが前提です。
それがダメなんだったら、「来て欲しいとは思わないで」考えついたナニカが正解に繋がる可能性はあると思います。

****** 整体スクールについ知りたい方は ******
・てあて整体スクール 東京 >>>
てあて整体スクール 名古屋教室(千種) >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>
*******************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

当たり前のことを当たり前に。

****** 整体スクールについ知りたい方は ******
・てあて整体スクール 東京 >>>
てあて整体スクール 名古屋教室(千種) >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>
*******************************************


『 当たり前のことを当たり前にやってれば、必ず上手く行きますよ! 』

先日、てあて整体スクールの卒業生の開業祝い兼新年会で、パーソナル・スポーツジムを開業している別の卒業生が、これから開業する卒業生に対して発した言葉です。
んな馬鹿な ・・・ と思う人もいると思います。
そんなに世の中甘くない。
競合も沢山いるし先に開業した整体師も沢山いる。
それなのに、当たり前のことをやるだけで上手く行くなんてホンマカイナ!?と思いますよね。
でも、実際はこの通りです。
では、その当たり前にやれば成功すると言う当たり前のことってどんなことなのか。
先日は当たり前だからと確認しなかったので、少しだけ書いてみます。


毎日、自分の体調を管理する。
掃除は毎日欠かさずにする。
患者さんは玄関まで迎えに行く。
着替えは手渡しする。
患者さんの痛みを取る。
痛みが取れない時は何故取れないかを説明する。
患者さんの体の今の状態を話をする。
どれくらいで痛みが軽くなるか取れるかを話す。
どういう方針で整体しているかを話す。
自分で出来るケアの方法を話す。
ストレッチの方法・回数等を一緒にする。
トレーニングの方法・回数等を一緒にする。
笑顔で接する。
評価・批評をしない。(判断はする。)
つり銭は新券を用意する。
季節の挨拶をする。


ブログを毎日更新する。
常に勉強を続ける。(手技・知識)
新しい媒体について検討する。
新しい宣伝方法について検討する。
健康に対するトレンドを知るようにする。
同業者との意見交換・情報交換をする。
他業種の人との交流をする。
健康食品・健康グッズの情報を知るようにする。
自店の評価を客観的に判断する。
(人の意見、自分で客観視)
自分自身の評価を客観的に判断する。
休みを取りリフレッシュする。
年内・5年後・20年後の目標を更新していく。
日々のフィードバックをする。(整体・売上・体調等)
等等

まだまだありますが、これらが当たり前のことです。
これを毎日、欠かさずにやって行きます。
そうすれば必ず上手く行く。
僕もそう思います。
そしてもう一つ僕から付け加えたことがあります。

全てのことには理由がある。

です。
整体院の中で起こる全てのことです。
整体院の看板・床・壁・照明・椅子・机・カルテ・患者着などの備品や設備にも、それを選んだ理由があります。
そして、つり銭の受け渡しやベッドへの案内の仕方、患者着の渡し方・アクセサリーの預かり方などにも理由があります。
整体院の中のモノ・中で起こることは全て理由があって決まります。
理由があるというのはつまり、当たり前のことと言うことです。
その当たり前のことを毎日続けていくと言うことです。




▼▼▼ 整体スクール見学会など ▼▼▼
てあて整体スクール・東京 >>>
整体スクール名古屋教室(千種) >>>
てあて整体スクール 院長ブログ >>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ